Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:ジョン・アーヴィング ( 1 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ホテル・ニューハンプシャー "The Hotel New Hampshire" semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 04日

a0035172_22574140.gif『ホテル・ニューハンプシャー』とは喪失の物語である。

家族、或いは父親が真っ当な存在としてのあり方を模索しながらも、結局はそれが永遠に失われてしまったことが語られているのだ。熊とは正にその真っ当さの象徴だったのではないか。この物語の中で、本物の熊が冒頭で殺されてしまうのは、家族としての真っ当さの死を象徴しているのだろう。そして、擬似の熊はその喪失の代替的な役割を担っており、彼らが常に失われたものへの快復を切実に求めていることの証しなのである。

父親はその失われたものを快復しようとホテルニューハンプシャーの経営を始めるが、家族はそれぞれに不具を抱えており、さらに新たな喪失にも見舞われてしまう。彼らは、それでも家族としての或いは生きていくことの真っ当さを求めることを諦めず、喪失感の中で彷徨<その象徴がウィーンであろう>し続けるが、結局のところ、彼らは何処に辿りついたのだろうか。もちろん何処にも辿りつかない。

村上春樹の小説『回転木馬のデッドヒート』の有名なプロローグは、その現代的な喪失感を的確に表現している。

「我々が意志と称するある種の内在的な力の圧倒的に多くの部分は、その発生と同時に失われてしまっているのに、我々はそれを認めることができず、その空白が我々の人生の様々な位相に奇妙で不自然な歪みをもたらすのだ」 

この映画<或いは小説>は、僕らにこう考えることを教えてくれる。それは一種の方法論として。

「それでも、僕らは意志し、生きていく。それしかないのだと、、」1984年アメリカ映画(2004-02-28)

みんなのシネマレビュー 『ホテル・ニューハンプシャー』
[PR]

by onomichi1969 | 2006-05-04 22:58 | 海外の映画 | Trackback | Comments(4)

アクセスカウンター