Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:Van Halen ( 2 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Van Halen "Balance"(1995) semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 08日

a0035172_11211424.jpg「ヴァン・ヘイレンのボーカリストは?」と聞かれたら、僕らの世代にとって、その答えは十中八九ダイヤモンド・デイブ・リー・ロスになるのではないかな。大ヒットアルバム”1984”(1984)でブレークし、彼らをスーパーバンドに押し上げた要因は、ギターヒーロー、エディ・ヴァン・ヘイレンの存在と共に、『ジャンプ』のPVで魅せたデイブ・リー・ロスの底抜けなパフォーマンス、そのボーカルの個性によるところも大きかったと思う。デイブがヴァン・ヘイレンというバンドの象徴的な存在だったことは間違いなかった。だから、ヴァン・ヘイレンがデイブと決別し、サミー・ヘイガーを新たなボーカリストに迎えるというニュース(1985年当時)には誰もが驚き、当初はがっかりしたのである。

当時のサミー・ヘイガーは、ソロのハードロッカーとして有名ではあったが、僕は、”Fast Times at Ridgemont High”(1982)『初体験リッジモント・ハイ』の主題歌や”Footloose”(1984)『フットルース』の挿入歌でしか知らなかった。たまにMTVでソロのPVを観た事があるが、その曲の印象は薄い。僕の知っている彼の曲は、如何にもハードロッカーというべきシャウト系のボーカルスタイルに似合わず、ポップな味わいのあるものであった。が、印象としては地味と言わざるを得ず、アルバムとして聴いたことは全くなかった。

サミー・ヘイガー加入当時はヴァン・ヘイレンとデイブがファンそっちのけの対立をしており、それはおのずとデイブvsエディという様相を呈していた。ハードロックファンの大勢がポップミュージックに寄り添い始めたデイブを見限り、エディ側についたのだと今では思えるが、やはり、当時のハードロックファンにとってギターヒーローの存在はものすごく大きかったのだろう。サミー・ヘイガー版ヴァン・ヘイレンのニューアルバム”5150”(1986)も予想以上の出来で、アルバムもシングル(『Why Can't This Be Love』)も全米No.1を獲得したことにより、その地位は完全に確立したと思われた。

僕自身は、1984年に観たベストヒットUSAでチャートNo.1となっていた『ジャンプ』のPVに魅せられ、それがきっかけで洋楽ファンになった(と言っても過言ではない)という経緯もあったので、デイブのいないヴァン・ヘイレンにあまり魅力を感じていなかった。確かに”5150”(1986)はいいアルバムだと思うけど、正直言って、デイブ時代のようなインパクト、その個性が乏しいという印象だった。ただ、実際のところ、ヴァン・ヘイレンというバンドの元々の特徴は底抜けにドライな味わいなのであるが、それに対してサミー・ヘイガーはウェットなのであり、その融合というのがハードロックバンドとして真っ当な方向に働いたという見方もできた。ヒットした『Why Can't This Be Love』や『Dreams』は正にサミー・ヘイガー調のウェットな曲であるが、これにヴァン・ヘイレンのドライさが融合することにより、楽曲そのものがパワーアップして生まれ変わったわけだ。

88年以降、あまり洋楽を聴いていなかったので、その後のヴァン・ヘイレンに対する関心はなくなっていったのであるが、1995年という年は、会社の寮にケーブルテレビが引かれていたこともあって、例外的にMTVを時々観ていた。その頃に、グリーンデイやトム・ペティ、ボン・ジョビなどの活躍と共に、当時のヴァン・ヘイレンの新曲『Don't Tell Me』のPVに遭遇したのである。このPVには正直驚いた。何に驚いたかと言えば、まずエディの髪型とヒゲである。そして音も80年代のハードロック調とは明らかに違う、所謂90年代の音になっていた。ヴァン・ヘイレンというバンドは、ウェットだドライだと言っても所詮は典型的な80年代のバンドだと思っていたが、そのヴァン・ヘイレンが堅実に変化を遂げているということに驚いたのである。
最近になり”Balance”(1995)をアルバムとして聴き、これがなかなかの名盤であることに思い至り、認識を新たにした。それは多分、僕自身が、90年代を経て、00年代も後半の今だからこその感想なのだとは思う。ニルヴァーナやチリ・ペッパーズ、R.E.M.、レディオヘッドが90年代を代表するバンドだとすれば、そこには80年代とは違うある種の気圧と彩度の変化があり、それは全体的に重々しい音圧とダークな色彩として、僕らに圧し掛かってくるように思える。
90年代とは、無根拠であることの「突き当った」感覚、その閉塞感こそがキーワードとして捉えられる時代である。それに対して80年代とは同じ無根拠でも、それはまだ自覚的に底抜けであり得た幸福な時代であった。そういう意味でヴァン・ヘイレンは80年代のバンドなのである。
そのヴァン・ヘイレンが変化を遂げ、『Don't Tell Me』は、90年代の流れの中に位置する曲、そのハードロック的な達成であると思える。アルバム全体からしてみれば、これまでの第2期ヴァン・ヘイレンの色合いはさほど変わらないが、この1曲のインパクトによって、このアルバムの印象はがらりと変わる。この90年的達成は、ヴァン・ヘイレンというバンドの変化によるものと捉えられるが、多分、それはサミー・ヘイガーがボーカルだったからこそ出来たことであり、結果的に彼らは80年代後半に正しい選択をしていたということになるのだろう。

(それはそれとして、、、、こんな傑作がAMAZONで1円なのだから、不思議なものである)

-------------------
Van Halen "Van Halen"(1978)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2007-12-08 16:27 | 90年代ロック | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Van Halen "Van Halen"(1978) semスキン用のアイコン02

  

2004年 11月 27日

a0035172_4472827.jpg「ロックギタリストとは?」と言われて、僕が真っ先に思い浮かべるのは、ジミ・ヘンドリクスとエディ・ヴァンヘイレンの2人である。
フィードバックとライトハンド。この2人の登場によって普及したギターテクニックは、その後のロックミュージックシーンにとって革新的な意味合いを持つものであったろう。
確かに技術的側面から見れば、この2人のギタリストは超絶的である。しかし、その内実は、全く志向の違う音楽性に支えられていた対照的なギタリストだと思うのである。
ジミヘンといえば、ライブで見せるエモーショナルなインプロヴィゼーションに代表されるように音へのこだわりは常に彼の内面に向かっていた。クラプトンがクリーム時代の激しいインプロヴィゼーションをあっさりと封印したのは、彼の元々もっていた牧歌的なブルースへの志向があったのと同時にインプロヴィゼーションが陥る技術的な形式主義への懐疑があったからである。クラプトンがロックという可能性を前にして、クリームが構築してきた音楽から敢然と背を向けたのとは対照的に、ジミヘンはその破壊的な性格を前面に押し出し、エモーショナルな志向によってロックの技術論を打破することを目指した。そのために彼は常に自らの内面とギターサウンドを強引に引き合わせなければならなかったのだ。
しかし、ジミヘンの死から数年後に登場したエディ・ヴァンヘイレンにもはや内面はなかった。彼のギターサウンドは「底抜け」である。それが当時、60年代を引き摺っていた多くのロックギタリストと決定的に違っていた点であった。エディのインプロヴィゼーションには形式主義に対する懐疑や葛藤が皆無なのである。彼の音は最初から無機質で非牧歌的でありながら、その内面の欠如ゆえにある意味で圧倒的に牧歌的ロックなのだ。(1周引っくり返ったわけだ)それは正に80年代的な志向であろう。
ヴァンヘイレンの代表的アルバムといえば、1stアルバム"Van Halen"(1978)『炎の導火線』であろうか。第1期のヴァンヘイレンが正統派のハードロックバンドでありながら、なんとなく異端的なイメージがするのは、おそらくデイブ・リー・ロスという素っ頓狂なボーカリストのせいだろうw エディのギターがある時はメタリックに、ある時はメロディアスに炸裂し、デイブ・リー・ロスの如何わしげなボーカルが絶妙に交錯する。彼らのスタイルは新しいものであったが、そのスタイルの追求自体は正統的なハードロックバンドの方法論なのである。
なんだかんだ書いてきたが、僕はヴァンヘイレンが大好きである。それは、かく言う僕も80年代の底抜け人間だからなのだ。80年代的空虚さをもろともしない底抜けなサウンドは、この時代のヴァンヘイレンの最大の魅力なのである。

-------------------
Van Halen "Balance"(1995)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2004-11-27 04:49 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

アクセスカウンター