Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:ELO ( 8 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "Zoom"(2001) semスキン用のアイコン02

  

2009年 03月 08日

a0035172_1322882.jpg90年代以降に洋楽を離れてから、ニューアルバムは殆どノーチェック。最新作として購入するのは、レディオヘッドとブライアン・ウィルソンのアルバムくらいだったろうか。。。いや、もう一人いた。ジェフ・リンである。ELOである。エレクトリック・ライト・オーケストラである。
ELOの「楽団ひとり」となったジェフ・リンの最新作は、2001年の”Zoom”まで遡る。”Zoom”は、巷で殆ど話題にもならなかったアルバムであるが、80年代ポップの傑作”Balance of Power”(1986)以来のジェフ=ELOのオリジナルアルバムで、その思いもかけなさも相まって、内容は僕らの微かな期待を超えた素晴らしい出来であった。

ELOは70年代、フル編成のストリングスをロックに取り入れたシンフォニックな音楽性を独自のスタイルとし、かつジェフ・リンの「ポップの魔術師」と呼ばれるメロディが融合して、数多くのヒット曲を放った。彼らの70年代の到達点が2枚組大作”Out of the Blue”(1977)であろう。”Out of the Blue”とは、地球から離れてという意味だと思うが、字句どおりに訳せば「青色を超えて」という意味にもなる。

青とは435.8nm の波長もつ可視光領域の7色のひとつであるが、実は、青こそが最後の色、白のその先にある、恒星が最も高い温度で輝く色、波長スペクトル的にも色(紫)の「終わり」なのである。
つまり、70年代的なELOのオーケストラ・サウンドは、”Out of the Blue”(1977)で究極の青を超えたのであり、最終曲Wild West Heroの壮大な黄昏の向こうに完結したと見るべきなのだと僕は思う。そして、80年代ポップは”Discovery”(1979)によって始まり、”Balance of Power”(1986)のシンプリフィケーションに至る。ジェフの音楽は、オーケストラから最終的にシンプルなギターサウンドに行き着き、その派生として、ジョージ・ハリソンやトム・ペティのアルバムのプロデュース、トラベリング・ウィルベリーズの成功があったのである。

00年代に70年代的なELOを期待する意味はない。70年代のELOの音楽は70年代に存在したELOが奏でたものでしかありえないのだから。00年代のELO。。その時、僕は期待できたのである。70年代の黄昏の向こうにある00年代の彼らの音楽を。

果たしてELOの”Zoom”(2001)は傑作であった。特に1曲目で1stシングルともなった挨拶代わりのAlrightから、美しいメロディとジェフ・リンの掠れたファルセットが印象的な名曲Moment in Paradiseに繋がる導入部。ジェフ・リンらしいポップセンスが光るJust for LoveやStranger on a Quiet Street、落ち着いたバラード、空の蒼さへの想いIn My Own Timeやシンプルな黄昏Ordinary Dream、ジョージのスライドも聴ける枯れた魅力のA Long Time Gone、ELO風の懐古的ロックンロールMelting in the Sun、70年代風な音の味付けが心地よいLonesome Lullaby、などなど。
”Zoom”(2001)はギターとシンセサウンドによって構成されるが、同じシンセサウンドを特徴とする80年代初期の重厚な音に比べると、隙間としての「スペース」を意識したミニマルな作りとなっている。特にギターの音と単調なリズムが強調され、やはりこれは00年代の古くて新しい究極の(青の向こう側にある)ELOサウンドと言えるのではないかな。
[PR]

by onomichi1969 | 2009-03-08 15:19 | 00年代ロック | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra / Olivia Newton-John "Xanadu"(1980) semスキン用のアイコン02

  

2006年 11月 08日

a0035172_0243095.jpg映画は観たことも聞いたこともないのだが、サントラは最高に素晴らしい。オリジナルアルバムに勝るとも劣らない傑作だと思う。
アルバム構成はオリビア・サイドとELOサイドに分かれており、お互いがノリにノッていた時期だけあって、それぞれの楽曲がとても充実している。とはいえ、僕はELOのファンなので、やはり"I'm Alive"や"Don't Walk Away"、"All over the World"のいかにもELOって感じのポップチューンに痺れてしまう。
そして極めつけはオリビアをボーカルにフィーチャーしたELOサイドの表題曲"Xanadu"だろう。1980年という年を象徴するような爽やかでカラフルでドライな味わいのある曲だと思う。

大好きだな、このアルバムも!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-11-08 00:29 | 80年代ロック | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977) その2 semスキン用のアイコン02

  

2006年 08月 05日

a0035172_246405.jpg人生は時に退屈なものである。それを傍から見ればオチのつかないエピソードの連続にしか思えない、と言ったのはアメリカの作家であるが、そんな人生の流れの中にもいくつかの漣(さざなみ)があり、さざめきがある。誰の人生でもだ。それは一見して無駄と思える大いなる時間の積み重ねの中にこそあるのかもしれないし、そこに折り重なったディテールの退屈さの中にこそあるのかもしれない。
僕らが歌を聴くという行為も退屈さに嵌ることに違いないのであるが、そんな退屈さの大いなる響きを感じ取れるのがELOの最高傑作"Out of Blue"(1977)だと言えないだろうか。(ちょっと大げさかナ)
このアルバムに「退屈さ」などという主題を感じる人はまぁほとんどいないとは思う。が、僕はやはりこのアルバムの魅力はその大いなる退屈さであり、それこそがシンフォニーであり、人生である(あった!)と感じるのだ。
それをロックミュージックで表現しえた実に幸福な時代の幸福な作品。それがELOの"Out of Blue"(1977)なのだ。

このアルバムの代表曲である03 Sweet Talkin WomanはELOらしいわくわくするような楽しい曲で、そこに僕らが恋をした時に感じる(その昔感じた)ある種のきらめき、あのキラキラとした瞬きを感じることができないだろうか。恋をした瞬間に変わる世界の空気と色彩、そんな感情がこの曲によって蘇ってくるようだ。そして、02 It's Overでの挫折の悲しみや04 Across The Borderでの新たな旅立ちを経て、09 Steppin Outでは人生の岐路とその後の人生が語られ、11 Big Wheelsや13 Mr. Blue Sky、14 Sweet Is The Nightといった名曲が心に染み入る中、最後に17 Wild West Heroでの壮大な黄昏に行き着く。

これは正に人生というシンフォニーである。

古臭さもその場違いな壮大さも、70年代の大きな物語の終焉という時代を僕らに感じさせる。実はELOこそ時代を映す鏡のようなバンドなのだといえる。80年代に入り、ELOはよりミニマルなバンドスタイルを追求していくが、それはシンプリフィケーションを推し進める80年代という時代の必然的な要請であった。時代は大きなシンフォニー、その広がりから小さなマキシム、その深みへの潜行と表層の戯れに二層化していく。さらに90年代、世の中は個闘の時代となり、ELOはジェフリンそのものになるのである。

ELOはロック&ポップ・ミュージックの立役者として、もっともっと評価されるべきだと僕は思っている。僕はELOが好きだ。なんで僕はELOが好きなのか?それはとても文学的な問いで、それはポップとは何か?ということに結びつく。ELOこそが、ポップを体現するが故に80年代という時代のポップを語るに足るバンドなんだナ。実は。

-------------------
Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-08-05 02:59 | 70年代ロック | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "Time"(1981) semスキン用のアイコン02

  

2006年 04月 11日

a0035172_11417.jpg充実のコンセプトアルバム。
今回の宝箱は宇宙船そのものとなって、時間と空間が織り成す4次元のSF的世界へと旅立った。
このアルバムはバラエティ豊かなELOのアルバムの中でも最もコンセプチュアルな作品で、アルバム構成にしても、楽曲にしてもかなり作り込まれているとの印象を受ける。ある意味で最もインパクトのあるアルバムともいえる。そういうわけで、一部にはこれまでの作品に比べオーバープロデュース気味との批判もあるけれど、そもそもELOの魅力はそのオーバープロデュース的な演出による夢物語への誘いにある。それはディズニーランドと同じコンセプトなのだ。だからある意味でElectric Light Orchestra "Time"(1981)こそが最もELO的な作品であると言ってもいいのではないか。(ただ、確かに色合いがくどいので繰り返し聴くには食傷ぎみ、ちょっと飽きやすいかもしれない。。。でも、、、いいアルバムだよ~。)

テレビドラマの主題歌ともなった名曲02 Twilightがまず素晴らしい。そして、05 Way Life's Meant to Be、11 21st Century Man、12 Hold on Tight、、、これら曲はELOの集大成的作品であり且つ新しいELOサウンドでもあると思う。基本的には前作の"Discovery"(1979)の流れを踏襲し、楽曲はシンセ中心という構成を確立しているが、すべての点において、ひとまわりパワーアップしたようだ。音が重厚なわりにメロディは親しみやすく、とにかくポップである。
その他、近未来的なサウンド03 Yours Truly, 2095に、幻想的な04 Ticket to the Moon、それにオーソドックスなバラードの07 Rain Is Falling、インストの06 Another Heart Breaksも好きなナンバーだ。斬新なSF的ロックンロール08 From the End of the World、と10 Here Is the News、とぼけた味わいの後期ELO風な09 Lights Go Downもなかなか良い。
そして、なんと言っても、アルバムの最初と最後に01 Prologueと13 Epilogueがあるのが素晴らしい。そう、アラビアンナイトでも何でも、物語にはプロローグとエピローグがあるものなのだ。この作品が一つの夢物語であることがここに宣言されていると言っていい。

これぞコンセプトアルバム。そのポップな達成。それがこの作品の最大の魅力だ。
やっぱりELOは、、、やめられない。。。

-------------------
Electric Light Orchestra "A New World Record"(1976)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Discovery"(1979)のレビューはこちら!
ELO "Balance Of Power"(1986)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-04-11 01:27 | 80年代ロック | Trackback(2) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "Discovery"(1979) semスキン用のアイコン02

  

2006年 04月 11日

a0035172_0133773.jpgELOは、このアルバムからシンセサイザーを楽曲構成の中心据え、よりキャッチーでポップなサウンドを目指した。楽しい音たちの集まり、アルバムがまるでヒットパレードのトレジャーボックスようだ。ジャケットからしてアラジンの魔法のランプを彷彿とさせる、その宝箱を開けると、流れてくる音楽が魔法のように僕らを夢物語の舞台、まるでディズニーランドのような別世界へと誘う。

Electric Light Orchestra "Discovery"(1979)は、ヒットメーカーELOの面目躍如たる大ヒットポップアルバムである。
1曲1曲のクオリティが高く、正にすべてがシングルカットできると言われた通りに充実している。(実際に各国盤を含めれば9曲中8曲がシングルになっているそうだ。。。)
01 Shine A Little Loveの軽快な滑り出しから、アルバム中最もポップセンス溢れる名曲02 Confusion、切ないバラード03 Need Her Loveに、魔法の如き楽しいアドベンチャーソング04 The Diary Of Horace Wimp、歌謡ポップ的な05 Last Train To Londonに、美しきスペースサウンド、このアルバムのクライマックスとでも言うべき06 Midnight Blue、そして、典型的なELOサウンドが楽しい07 On The Runと08 Wishingをはさみ、ELO最大のヒットナンバーでロック調の09 Don't Bring Me Downで締めくくる。。

まさに宝箱のようなアルバムだ。
そのわくわくする期待感、それこそがスペースサウンドなのだ。やっぱりELOはいいナ。

-------------------
Electric Light Orchestra "A New World Record"(1976)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Time"(1981)のレビューはこちら!
ELO "Balance Of Power"(1986)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-04-11 00:28 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977) semスキン用のアイコン02

  

2006年 04月 09日

a0035172_12265044.jpgElectric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)は、ストリングス/オーケストラ構成によるスペース・ポップミュージックとでも言うべきスタイルを完成させたELO中期の代表作である。
バンド或いはミュージシャンは、彼らがノリに乗っている時期に決まって2枚組みのアルバムを出す。その魁は言わずと知れたボブ・ディラン。。。ディランに限らず、ビートルズにしても、ストーンズにしても、フー、ZEP、エルトン・ジョン、Mac、そしてクラッシュにしても、溢れる音楽の奔流は常に2枚組みアルバムに行き着くのだ。(本当言うと、傑作は2枚組みの1つ2つ前にあったりもするが。。。)

ELOの場合、それが"Out of the Blue"(1977)である。
"A New World Record"(1976)によって成功を収めた彼らがその勢いのままに製作したら、2枚組みになってしまった、という感じだ。その為、このアルバムには一切の無駄がない、とは言えない。タイトに収められた"A New World Record"に比べ、このアルバムには幾多の遊び的な要素を感じるが、それはある種の余裕からくるものなのだろう。それが僕らにとって、とても心地よく感じるし、それこそがこのアルバムの大きな魅力でもあるのだ。

ELOは次作以降、完全にシンセサイザー中心の楽曲編成に変わる。このアルバムはELOにとって当時の集大成的作品と言って構わないだろう。
ELOはその後、バンド編成を幾たびか変えていくが、どのアルバムにも彼ら特有の音楽的煌き、そのキラキラとした夢遊感とワクワクとするような高揚感がある。僕はやっぱりELOが好きだナ。

-------------------
Electric Light Orchestra "A New World Record"(1976)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Discovery"(1979)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Time"(1981)のレビューはこちら!
ELO "Balance Of Power"(1986)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-04-09 12:34 | 70年代ロック | Trackback(2) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "A New World Record"(1976) semスキン用のアイコン02

  

2005年 09月 24日

a0035172_054061.jpgELOがそのポップ路線を確立したアルバムで、邦題を『オーロラの救世主』という。
文句なしに楽しくて、切なくて、ノリにのれる、バラエティ豊かな彼らの作品の中でもそのポップセンスが出色の1枚であろう。
本作品は、次作"Out of the Blue"(1977)のスケール感や"Discovery"(1979)の洗練さには欠けるかもしれないけど、当時の彼らのスタイルであるストリングスを用いたポップミュージックのエッセンスが、その瑞々しい感触が十分に味わえる充実のトータルアルバムである。

重層なストリングスから始まるプロローグから、ノリノリのロック&ポップへの転調がアルバム全体への期待感を煽る01 Tightrope、切ないラブソング02 Telephone Line、激しく楽しいロック+アリア!03 Rockaria!、スペース感たっぷりの彼ら独特のバラードチューン04 Mission (A World Record)、、、A面の展開がまずは素晴らしい。
B面は、コーラスゼーションの妙を堪能できる05 So Fine、彼らの代表的ポップチューンである惚けた味わいの06 Livin' Thingに07 Above the Clouds、そして、このアルバムのクライマックス的な盛り上がり、情熱的な彼ら特有のロックンロールである08 Do Ya、ラストを飾るのは哀愁感たっぷりのバラード、ELOの代表曲であるととも、このアルバムのエピローグを構成する09 Shangri-La。。。

改めて思うけど、ELOのアルバムはパッケージである。
これを分割して聴いてはその魅力は半減する。

このアルバムは、全体構成といい、各楽曲の質といい、ELOの魅力を十分に味わうことができる最適の一枚だろう。

そして、個人的には、Rockaria!がサイコーだ!

-------------------
Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Discovery"(1979)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Time"(1981)のレビューはこちら!
ELO "Balance Of Power"(1986)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-09-24 16:09 | 70年代ロック | Trackback | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "Balance Of Power"(1986) semスキン用のアイコン02

  

2004年 07月 10日

a0035172_31910.jpg久々に『ディスカバリー』を聴いてみた。確か『ディスカバリー』からELOのサウンドはそれまでのストリングス中心からキーボード中心のアンサンブルに変わった。
そして『アウト・オブ・ブルー』を聴いてみる。大仰なストリングス。う~ん、さすがに20年前の最新サウンドも今や古めかしさを拭い切れないか。。。
でも、でも、僕はELOが好きだ。いや、ジェフリンのあの変わらぬメロディラインが好きなのだ。
そこで、僕がお薦めしたいのがELOの80年代中期の作品『バランス・オブ・パワー』である。ELOの中で屈指の不人気アルバムでもある。
でもこのアルバムは素晴らしい。ここには当時の新しいELOサウンドがある。80年代後半から90年にかけてプロデュース業で大活躍するジェフ・リン・サウンドの萌芽、そしてELOサウンドの完成形がある。よりシンプルでポップなアレンジ。スカッとしたり、ダルっとしたり、これまで以上にキャッチーで親しみやすいメロディ。リラックスしたボーカル。主旋律を奏でるギターサウンド。どれをとっても今までにない味わいであった。
これまでのように凝りに凝ったサウンドではないけれど、リラックスし、よりシンプルに纏められている。今までのELOサウンドからひと皮むけたようだ。
今聴いても新しいELOサウンド。それが『バランス・オブ・パワー』なのです。

『コーリング・アメリカ』を聴いて欲しい。あのシンプルでトボけた味わい。ジェフ・リンはこのアルバムで掴んだんでしょうね。シンプル・イズ・ポップだってことを。
素朴になったスペース・サウンド。それはELOの完成形であり、またジェフ・リンが帰着したポップ・ロックの成果ともいえるのだ。(2000-01-20)

-------------------
Electric Light Orchestra "A New World Record"(1976)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Discovery"(1979)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Time"(1981)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2004-07-10 03:20 | 80年代ロック | Trackback | Comments(2)

アクセスカウンター