Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:Beach Boys ( 6 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Playlist : My Best Selection of The Beach Boys :Revision 2 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 08日

普段、音楽はアルバム単位で聴くのだけれど、せっかくitunesのプレイリストという機能もあるので、ちょっと趣向を変えてビーチボーイズの全アルバムからお気に入りの曲を自分なりにセレクトしてみました。勢いあまってブライアンやデニスのソロもすこし入っていますが、まぁそれはご愛嬌。

以下、マイベストセレクション オブ ビーチボーイズです。
全4.8時間。

Rev.1 ブライアンの新譜から3曲、カールのソロから2曲追加し、年代順に並べなおして全100曲で纏めました。
Rev.2 少しいじりました。"Love You"再評価!

1. Farmer's Daughter / The Beach Boys / Surfin' U.S.A.
2. Surfer Girl / The Beach Boys / Surfer Girl
3. The Surfer Moon / The Beach Boys / Surfer Girl
4. In My Room / The Beach Boys / Surfer Girl
5. Your Summer Dream / The Beach Boys / Surfer Girl
6. Little Deuce Coupe / The Beach Boys / Little Deuce Coupe
7. Ballad of Ole' Betsy / The Beach Boys / Little Deuce Coupe
8. Be True to Your School / The Beach Boys / Little Deuce Coupe
9. Spirit of America / The Beach Boys / Little Deuce Coupe
10. A Young Man Is Gone / The Beach Boys / Little Deuce Coupe

11. Fun, Fun, Fun / The Beach Boys / Shut Down, Vol. 2
12. Don't Worry Baby / The Beach Boys / Shut Down, Vol. 2
13. The Warmth of the Sun / The Beach Boys / Shut Down, Vol. 2
14. Why Do Fools Fall in Love / The Beach Boys / Shut Down, Vol. 2
15. Keep an Eye on Summer / The Beach Boys / Shut Down, Vol. 2
16. I Get Around / The Beach Boys / All Summer Long
17. All Summer Long / The Beach Boys / All Summer Long
18. Hushabye / The Beach Boys / All Summer Long
19. We'll Run Away / The Beach Boys / All Summer Long
20. Wendy / The Beach Boys / All Summer Long

21. Girls on the Beach / The Beach Boys / All Summer Long
22. Do You Wanna Dance / The Beach Boys / Today!
23. Dance, Dance, Dance / The Beach Boys / Today!
24. Please Let Me Wonder / The Beach Boys / Today!
25. I'm So Young / The Beach Boys / Today!
26. In the Back of My Mind / The Beach Boys / Today!
27. Then I Kissed Her / The Beach Boys / Summer Days (And Summer Nights!!)
28. Help Me, Rhonda [Single Version] / The Beach Boys / Summer Days (And Summer Nights!!)
29. California Girls / The Beach Boys / Summer Days (And Summer Nights!!)
30. And Your Dream Comes True / The Beach Boys / Summer Days (And Summer Nights!!)

31. Barbara Ann / The Beach Boys / Beach Boys' Party
32. Wouldn't It Be Nice / The Beach Boys / Pet Sounds
33. You Still Believe in Me / The Beach Boys / Pet Sounds
34. God Only Knows / The Beach Boys / Pet Sounds
35. I Know There's an Answer / The Beach Boys / Pet Sounds
36. Caroline, No / The Beach Boys / Pet Sounds
37. Good Vibrations / The Beach Boys / Smiley Smile
38. Darlin' / The Beach Boys / Wild Honey
39. Meant for You / The Beach Boys / Friends
40. Wake the World / The Beach Boys / Friends

41. Be Here in the Morning / The Beach Boys / Friends
42. Anna Lee, The Healer / The Beach Boys / Friends
43. Little Bird / The Beach Boys / Friends
44. We're Together Again / The Beach Boys / Friends
45. I Can Hear Music / The Beach Boys / 20/20
46. Be With Me / The Beach Boys / 20/20
47. Cotton Fields (The Cotton Song) / The Beach Boys / 20/20
48. Time to Get Alone / The Beach Boys / 20/20
49. Break Away / The Beach Boys / 20/20
50. This Whole World / The Beach Boys / Sunflower

51. Deirdre / The Beach Boys / Sunflower
52. Tears In The Morning / The Beach Boys / Sunflower
53. Forever / The Beach Boys / Sunflower
54. Our Sweet Love / The Beach Boys / Sunflower
55. Disney Girls / The Beach Boys / Surf's Up
56. 'Til I Die / The Beach Boys / Surf's Up
57. Surf's Up / The Beach Boys / Surf's Up
58. Hold On Dear Brother / The Beach Boys / Carl & The Passions "So Tough"
59. Cuddle Up / The Beach Boys / Carl & The Passions "So Tough"
60. Sail On, Sailor / The Beach Boys / Holland
61. California Saga/Big Sur / The Beach Boys / Holland
62. In the Still of the Night / The Beach Boys / 15 Big Ones

63. I'll Bet He's Nice / The Beach Boys / Love You
64. Let's Put Our Hearts Together / The Beach Boys / Love You
65. I Wanna Pick You Up / The Beach Boys / Love You
66. Airplane / The Beach Boys / Love You
67. Love Is a Woman / The Beach Boys / Love You
68. Sweet Sunday / The Beach Boys / M.I.U. Album
69. My Diane / The Beach Boys / M.I.U. Album
70. Good Timin' / The Beach Boys / L.A. (Light Album)

71. Lady Lynda / The Beach Boys / L.A. (Light Album)
72. Baby Blue / The Beach Boys / L.A. (Light Album)
73. Goin' South / The Beach Boys / L.A. (Light Album)
74. Oh Darlin' / The Beach Boys / Keepin' the Summer Alive
75. Livin' With a Heartache / The Beach Boys / Keepin' the Summer Alive
76. Goin' On / The Beach Boys / Keepin' the Summer Alive
77. Endless Harmony / The Beach Boys / Keepin' the Summer Alive
78. Getcha Back / The Beach Boys / The Beach Boys '85
79. Kokomo / The Beach Boys / Still Cruisin'
80. Love and Mercy / Brian Wilson / Brian Wilson

81. Melt Away / Brian Wilson / Brian Wilson
82. Let It Shine / Brian Wilson / Brian Wilson
83. I do / Brian Wilson / Sweet Insanity
84. Spirit of Rock'n'roll / Brian Wilson / Sweet Insanity
85. Love Ya / Brian Wilson / Sweet Insanity
86. Your Imagination / Brian Wilson / Imagination
87. Heroes and Villains / Brian Wilson / SMiLE
88. Wonderful / Brian Wilson / SMiLE
89. Song for Children / Brian Wilson / SMiLE
90. Forever She'll Be My Surfer Girl / Brian Wilson / That Lucky Old Sun

91. Southern California / Brian Wilson / That Lucky Old Sun
92. The Like In I Love You / Brian Wilson / Reimagines Gershwin
93. Love Is Here To Stay / Brian Wilson / Reimagines Gershwin
94. I Got A Crush On You / Brian Wilson / Reimagines Gershwin
95. I Write the Songs / Bruce Johnston / Going Public
96. Deirdre / Bruce Johnston / Going Public
97. Only With You / Dennis Wilson / Pacific Ocean Blue
98. It's Not Too Late / Dennis Wilson / Bambu (The Caribou Sessions)
99. Holy Man (Taylor Hawkins Version) / Dennis Wilson / Bambu (The Caribou Sessions)
100. Givin' You Up / Carl Wilson / Youngblood

おそらくこの手のことが出来そうなのはアルバムをある程度もっているヤツなので、あと、ザ・バンド、フリートウッド・マック、デヴィッド・ボウイ、フリー、ケイト・ブッシュ、TOTO、ロキシー・ミュージック、ニール・ヤング&クレイジーホースあたりならいけそうかも。いずれにしてもここまでの選曲数にはならないと思うけど。。
[PR]

by onomichi1969 | 2010-11-08 23:08 | ランキング | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Beach Boys "Merry Cristmas from The Beach Boys"(1964) semスキン用のアイコン02

  

2006年 12月 23日

a0035172_2335512.jpg明日はクリスマス・イブです。
クリスマス・イブは僕の誕生日でもあるので、個人的にもいろいろと思い入れがあるのですが、、、ドキドキ、ワクワクした気持ちでその日を迎えたのも今は昔。今では、また1つ年をとるのだなぁという諦念が僕にとってのクリスマス・イブ、その日なのかもしれません^^;

今年のクリスマス・イブはせっかくの日曜日にもかかわらず、お仕事で会社にこもることになりそうで、まぁなんとも冴えない感じなのですが、会社が横浜の繁華街にあるので仕事をしながらも少しはクリスマスの雰囲気を味わえそうです。とは言っても周りはカップルばかりであてられっぱなしだろうけど。
街は鮮やかなブルー・ダイオードのイルミネーションに彩られ、非日常的な祝祭の気分を高揚させてくれます。クリスマスからニューイヤーまで、多くの人たちがただ今在ることの幸せを感じ、大切な人を優しく想いながら、愉しく過ごすことができればと祈っております。

さて、、、クリスマスといえば、クリスマス・ソングです。

僕の場合はやはりビーチボーイズでしょうか。定番あり、オリジナルあり。さすがに1年のうちでこの季節にしか聴かないアルバムですが、まぁそういうものこそが定番というに足りるのかもしれませんね。たぶん。

今年も残すところあとわずか。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2006-12-23 23:44 | 60年代ロック | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Beach Boys "Today!"(1965) / "Summer Days(Summer Nights!!)"(1965) semスキン用のアイコン02

  

2006年 04月 08日

a0035172_2156117.jpga0035172_21563625.jpgビーチボーイズと言えば、、、サーフィン&ホットロッド
当時、アメリカ西海岸の若者文化に直結したこれら2つの嗜好的イメージがビーチボーイズのコマーシャル戦略であり、彼らの曲やビジュアルには常にサーフィン&ホットロッドという2つのアイテムが盛り込まれた。これはビーチボーイズだけではなく、当時の音楽そのものがこれらのイメージをバックアップするファンクションに過ぎなかったのであり、そのチープさは足掻きようもなく自明のものであったのだ。

しかし、ビーチボーイズは、そんなサーフィン&ホットロッドという枠組みの中で数多くの名曲を生み出していく。それはひとえにブライアン・ウィルソンという優れたコンポーザーがいたからであろう。ブライアンの曲には彼特有の叙情があり、それが彼らの美しいコーラス、そしてブライアンの悲しみを湛えたファルセットによって歌われたとき、彼らにしかない、きらめくような輝きを放つのである。
“All Summer Long”(1964)は、初期ビーチボーイズの集大成的な作品であり、サーフィン&ホットロッドという枠組みを守りながらも、サーフロックというファンクションを軽々と超え、高い音楽性を実現したトータルアルバムとでも言うべき傑作であった。

ビーチボーイズにとって、もはやサーフィン&ホットロッドというイメージは一種の呪縛でしかなく、それを払拭することが彼らの次のステップにつながるはずである、、、というのは40年後の僕らからみれば火を見るより明らかであるが、当時はそう簡単には行かなかったようだ。また、ビートルズ等のブリティッシュバンドがチャートを賑わせる中、ビーチボーイズにとっても売れる作品を作ることが至上命令であり、レコード会社から常にヒットを確実視された彼らにかかるプレッシャーは並大抵ではなかった。それによって、ブライアンは精神に変調をきたすようになり、コンサートツアーへの同行を拒否し、スタジオワークに専念するようになる。

ブライアンは精神に変調をきたしたことで、自らの弱さを否応なく直視することになった。弱さを直視するということは、自らを見つめなおすことである。それは彼の曲作りに大きな影響を与えたはずだ。これまでの彼の曲にみられた叙情性は更に内省的となり、赤裸々に自分を表明する歌詞も加わるようになった。しかし、弱さを直視し続けることはとても辛い作業だ。人は常に弱さを抱えているにも関わらずそれに目を瞑り、常にそこから、その孤独から逃げ出したいと思う。そして強さを仮装するのだ。ブライアンは弱さを表明する。そして、彼はその弱さの表明と引き換えにして、ドラッグに手を染めるのだ。ドラッグは孤独を孤高の芸術に変えた。まるで悪魔の実のように。

The Beach Boys “Today!”(1965)は、サーフィン&ホットロッドを廃し、新しいビーチボーイズのソフトロック的なイメージを提供した。また、ブライアンはスタジオワークによって、彼が思い描いたフィルスペクター風のサウンドオブウォールをこのアルバムで実現する。冒頭の01 Do You Wanna Danceから02 Good to My Baby、そして大ヒットした05 Help Me, Rhondaまで、前半のアップテンポのナンバーはこれまでと同様な曲調ながら、1曲1曲がより作りこまれた印象を受ける。そしてA面最後を飾る06 Dance, Dance, Danceは、ある意味で象徴的な曲である。村上春樹の小説の題名ともなったこの曲、コーラスワークが絶妙で、ブライアンのファルセットも冴える初期ビーチボーイズを代表するナンバーであるが、それは同時に初期ビーチボーイズの最後を飾る曲にもなっている。
そして、このアルバムの白眉はB面に並ぶスロー~ミドルテンポのラインナップであろう。ブライアンの叙情性はより内省化された曲調となり、美しいコーラスと静謐なメロディは音の厚みと共にビーチボーイズの音楽を新しい境地へと導いた。
僕が好きなのは、B面2曲目の”08 I'm So Young”である。実験性を湛えたB面の曲群の中では凡庸な曲調だし、彼らのオリジナルでもないけど、この曲は確実に僕らの心に響く。それはたぶんこの曲には物語があるからだと思う。僕にとっては彼らの曲の中でも十指に入る傑作である。
それから、07 Please Let Me Wonder、09 Kiss Me, Baby、10 She Knows Me Too Well、11 In the Back of My Mindと、どれも聴き応えがある素晴らしい曲であり、どの曲も深く切ない。
改めて言うが、このアルバムのB面シリーズはビーチボーイズにとっての新しい境地であるのと同時に、ロック史におけるエポックメイキングな達成であり、このシリーズがなかったら、ビートルズの後期傑作群も生み出されなかったであろう。

The Beach Boys “Summer Days(Summer Nights!!)”(1965)は、“Today!”とその後の傑作”Pet Sounds”(1966)に挟まれて、あまり目立たない作品である。タイトルが示すように全体的なイメージとしてはToday!以前に戻ったような感じだが、アルバムとしての完成度というかアレンジの斬新性、その安定感はToday!以上であり、次作の”Pet Sounds”に向け、ブライアンがまた、アーティスティックな意味で一歩ステップアップしたことを十分に感じさせる。
このアルバムには美しき名曲19 California Girlsが収められている。僕らの世代にはデイブ・リー・ロスの底抜けに明るいカヴァーが有名かもしれないが、この原曲の美しさとそこはかとなく漂う切なさ、その素晴らしさには比すべくもない。
その他にも、15 Then I Kissed Herや21 You're So Good to Me、インストの22 Summer Means New Love、23 I'm Bugged at My Ol' Manが僕のお気に入りである。さらに美しいコーラス曲24 And Your Dream Comes Trueは、このアルバムがビーチボーイズにとっての「最後の夏」を象徴するものであり、それが「終わって」しまったことを僕らに思い至らせるのである。

-------------------
The Beach Boys "Surfer Girl(1963) / Shut Down, Vol. 2(1964)"のレビューはこちら!
The Beach Boys "Little Deuce Coupe(1963) / All Summer Long(1964)"のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-04-08 22:30 | 60年代ロック | Trackback(2) | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 The Beach Boys "Little Deuce Coupe(1963)" / "All Summer Long"(1964) semスキン用のアイコン02

  

2005年 03月 13日

a0035172_1255563.gifa0035172_12561246.gifビーチボーイズのアルバム紹介第2弾は、流れから言ってこれしかない。。。
The Beach Boys "Little Deuce Coupe”(1963) / “All Summer Long"(1964)
2in1CDだと否応なしに2枚カップリングとなってしまうので、こういう紹介時にはちょっとやりづらい。普段はHDプレーヤーでしか聴いてないので、CDも勝手に分割できて、あまり意識することはないのだが。。。

"Little Deuce Coupe"(1963) は、彼らのこれまでのシングルB面を集めたいわゆる企画盤である。それがホットロッド中心の選曲となることがいかにも企画的であるが、このアルバムの出色は、そんな企画盤に加えられたブライアンの珠玉のバラード02 Ballad of Ole' Betsyや08 Spirit of Americaあたりであろうか。
そろそろはっきり言ってしまうと、彼らのバラードもある程度パターン化されてきていて、並べて聴いてみるとどれが何だか分からなくなることもある。にもかかわらず、そこには聴くものに恍惚とした感情を抱かさずにはいられないブライアンのファルセットの魅力が満ち溢れている。そう、ファルセットなのだ。彼らのバラードも一段とブライアンのファルセットが響くような作りとなってきている。その特徴に自覚的である分、彼らのバラードもますます素晴らしいものとなっているのだ。

"All Summer Long"(1964) は、楽曲、構成ともに単なる寄せ集め的なこれまでのアルバムを超えた、まさにオリジナルアルバムとしてのトータル性をもった、来るべき"Today!"(1965)、"Pet Sounds"(1966)を予感させる作品となっている。というか、彼らのサーフロック/ホットロッド時代の傑作として燦然と輝く作品といっても過言ではないだろう。
どの楽曲も素晴らしく、聴き捨てる曲など1曲もない。彼らの代表曲でもある13 I Get Aroundに始まり、厚みのあるコーラスが素晴らしい15 Hushabye、軽快なホットロッド/ロックンロールの傑作16 Little Honda、ブライアンの美しいファルセットが切ないメロディに映える17 We'll Run Away、アレンジの工夫が光る19 Wendy、彼らのコーラスゼーションの極致(サビのこれまた切ないハスキーがかった歌声はデニスであろうか)21 Girls on the Beach、どれも"All Summer Long"の一部として本当に素晴らしい。

ビーチボーイズのサーフ・ロック/バラードを堪能するには"All Summer Long"(1964)こそが最適であろう。ブライアンの頭から湯水の如く流れ出てきた珠玉のメロディたち、それが楽曲としてアルバムとして完成をみた作品。ブライアンのファルセットも素晴らしく、そして相変わらずその響きは切ない。
この夏が永遠に続いてくれたら、、、このアルバムを聴けば、誰でもそう思うんじゃないか。

-------------------
The Beach Boys "Surfer Girl(1963) / Shut Down, Vol. 2(1964)"のレビューはこちら!
The Beach Boys "Today!(1965) / Summer Days(Summer Nights!!)(1965)"のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-03-13 12:58 | 60年代ロック | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 The Beach Boys "Surfer Girl"(1963) / "Shut Down, Vol. 2"(1964) semスキン用のアイコン02

  

2005年 03月 13日

a0035172_12591531.gifa0035172_12593453.gifビーチボーイズのCDは、いわゆる2in1となっており、1枚分の値段で2枚カップリングCDを買えるからお得である。僕は単純にそう思っているので、このシリーズでビーチボーイズのCDを全て揃えている。
ビーチボーイズのアルバムを1枚選ぶというのは不可能だ。それは、飼っている20匹のネコから1匹選ぶのと同じくらい不可能である。グラビアアイドルから好みの女の子を一人を選ぶのとは訳が違う。愛着とはそういうものだろう。

とはいえ、今回は1回目の紹介ということで、彼らのごく初期の作品から1枚を選んでみた。

The Beach Boys "Surfer Girl"(1963) /"Shut Down, Vol. 2"(1964)
"Surfer Girl"(1963)は、ブライアン・ウィルソンが完全プロデュースした初めての作品である。ブライアン・ウィルソンは天才と言われるが、非凡な作曲能力、アレンジやコーラスワークで発揮される音への拘り、アルバムの構成力、発想力など、ブライアンの光り輝く能力は60年代中期の作品にこそ散りばめられていると言えよう。しかし、ブライアンが天才と言われ、ビーチボーイズの作品が僕らの心を捉えて離さないのは、ブライアンの歌声が漂わせるある種の切なさとその響きがあるからだとも言えないか。
そんなブライアンのファルセットの魅力は、初期のサーフ・ロックでのマイク・ラブの惚けたボーカルとの掛け合いにこそ現われているように思う。もちろん、他のメンバーも含めたコーラスゼーションも素晴らしく、コーラスだけでも聴き応え十分なのだ。
このアルバムは、これでもかというくらいの「サーフィン」「ウェイブ」「サマー」の連発だが、彼らの新たな魅力というか、ネタでもあるホットロッド系の代表曲06 Little Deuce Coupeなども含まれる。やはり出色は、01 Surfer Girlから03 The Surfer Moonの流れ、そして07 In My Roomに08 Hawaii、11 Your Summer Dreamあたりであろうか。

"Shut Down, Vol. 2"(1964)は、さらにパワーアップしている。このころのブライアンの成長ぶりは1作品ごとに目覚しいものがあるが、ここにおいて、彼らの代表曲でもある13 Fun, Fun, Fun、14 Don't Worry Baby、17 The Warmth of the Sun、21 Keep an Eye on Summerあたりで、既に彼らの初期サウンド、サーフロックとバラードの組み合わせも完成形に至ったことが分かるのである。楽曲も素晴らしいが、コーラスとサウンドに厚みが増し、そのサウンド・オブ・ウォールは格段に進歩していると言えよう。
特に、14 Don't Worry Babyを聴いて欲しい。この曲にこそ、ブライアンの天才的に哀しみに満ちた歌声を堪能できる名曲である。メンバーの美しいコーラス(マイクの低音も効果的だ)から浮かび上がるブライアンの切ないファルセットは涙なしには聴けない。その歌声がなぜこんなにも切ない気持ちにさせるのか、それは分からない。僕らの誰しもが持っている心の澱にさざめく波紋を立てさせる、彼の歌声からやってくる天性の響きなのだとしか言いようがない。

ビーチボーイズと言えば、"Today!"(1965)や"Pet Sounds"(1966)が有名であり、ブライアンのコンポーザーとしての天才性は、それらの作品において一般的に言及される。しかし、ブライアンの天才性のもう一面である彼の歌声を堪能するならば、やはり初期の作品がベストであろう。それを味わうことなしにビーチボーイズの素晴らしさを語ることはできないのだ。

つづく

-------------------
The Beach Boys "Little Deuce Coupe(1963) / All Summer Long(1964)"のレビューはこちら!
The Beach Boys "Today!(1965) / Summer Days(Summer Nights!!)(1965)"のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-03-13 11:13 | 60年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 ビーチボーイズ アン・アメリカン・バンド semスキン用のアイコン02

  

2004年 11月 13日

a0035172_22494743.jpgブライアン・ウィルソンがブルース・ブラザースと夢の共演を果たしている。それだけでも一見の価値あり。但し、歌の共演ではないが^^; 
ビーチボーイズに関しては、ちょっとこの場だけで語りつくすことはできない。ただビーチボーイズの偉大さを知る上でもとにかく観て欲しい作品だ。
初期のサーフィン/ホットロッドの時代からブライアンの才能溢れる「ペットサウンド」の時代、伝説の「スマイル」製作風景とブライアンがドラッグに溺れていく様、ブラザース時代である不遇の70年代初期とブライアンの復活、そしてデニスの死。まさに原題のごとく一つのアメリカンバンドの歴史を追いながら、それはまさしくポップ&ロックの歴史そのものでもあるのだ。
80年代のレーガノミクスの時代、ビーチボーイズがアメリカンロックの象徴として建国記念コンサートに招かれたのは当然といえば当然であるが、不遇の時代にヨーロッパでは認められながらもアメリカから見放され続けた彼らが実際どう思っていたのかは分からない。
まぁとにかくビーチボーイズを知るための入門映画として、お薦めの一品である。僕としては、デニスが歌う「You are so beautiful」がとても印象に残っている。ブライアンとカールの入れ替わるPVも暗示的だったな。 そしてトリップ状態のブライアンがソロで歌う「Surf's up」・・・美しくも哀しい。(2004-02-22)
[PR]

by onomichi1969 | 2004-11-13 22:50 | 音楽の映画 | Trackback | Comments(2)

アクセスカウンター