Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:海外の映画 ( 225 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 アメリカン・ジゴロ "American Gigolo" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_024043.jpgリチャード・ギアのやさ男ぶりが存分に味わえる作品。結構、いじめられて可哀想だったけどね。。。最後はあんなに真剣になって、「真実の愛を捜し求めてきた、それが君だ。。。」なんて台詞が案外しびれました。1980年アメリカ映画(2003-05-03)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 18:16 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 眺めのいい部屋 "A Room With A View" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_0324589.jpg少女に芽生えた自意識の行方は幸せな結末でした。ヘレナに比べて、ジュリアン・サンズとダニエル・デイ・ルイスがアホみたいだったけど、これも歴史物と見れば、20世紀初頭の少女の新しき恋愛譚にもなんとなく納得してしまいました。E.M.フォスターの原作小説も面白かったですね。(映画が原作にかなり忠実だということが分かる) 1986年イギリス映画(2003-10-09)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 18:15 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 マディソン郡の橋 "The Bridges of Madison County" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_04846100.jpg何で、こんなにこの人が好きなんだろう? それが分かれば苦労しないよ。「不倫」は文化だ。正しくその通り。それは何故か?という話をすると長くなるのでやめます。とにかく、不倫だなんだっていったって、それが恋愛なのだし、恋愛の発祥そのものが元々は不倫なのだから、それを区別しようとするところに無理があるのです。恋愛っちゅうのは障害があればあるほど燃え上がるもの。三島由紀夫の『春の雪』然り。まぁ、あまりこんなこと書くと石田純一氏のようにバッシングを受けるかもしれないのでやめときます。でも、あとひとつだけ。シワシワの恋愛でもいいんじゃないのかな? 僕は勇気が湧きましたけどねー。1995年アメリカ映画(2003-10-15)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 18:11 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 未来は今 "The Hudsucker Proxy" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_2332354.jpgジェニファー・ジェイソンリーを決定的に好きになった作品です。彼女が持っている違和感と作品が妙にマッチしていました。あの登場シーンはサイコーに良かったですね。あと、まぁとにかく笑えました。コーエン兄弟の作品の中では一番。。。笑えた!1994年アメリカ映画(2002-03-01)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 18:06 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ショコラ "Chocolat" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_23234683.jpgジュリエット・ビノシュとレナ・オリンといえば『存在の耐えられない軽さ』を思い出すけど、あの時と全く違った2人の役柄には妙に関心しました。でも、ジュリエット・ビノシュはいいですね。誰がなんと言おうと僕は彼女が好きです。この映画の何ともしっくりこないけど惹かれてしまう不思議な味わいは彼女の存在感に負うところが大きいと思います。物語は至って普通なんだけどね。彼女の存在自体に違和があるというか。それは彼女のどの作品でも感じるんだけど、その味わいはそれぞれの作品で違っている。。。と思いません?2000年イギリス・アメリカ映画(2002-03-01)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 18:04 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 グッドモーニング・バビロン! "Good Morning Babylon" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_0405054.jpgロードショーで観たのは、高校生の頃でしたね。その当時、グリフィスもイントレランスも知らず、ただ黎明期のハリウッドを描いた青春映画との印象を受けました。彼ら<主人公の2人の兄弟>は、夢を描いてハリウッドを目指し、兄弟同士の葛藤やら、恋愛やらを経験しながら、成功を手にし、自らの行く先を一歩一歩固めていきます。しかし、戦争という不条理が2人の運命を決定的に狂わせて。。。ドラマティックかつ哀調溢れるラストシーンがとても印象的。当時のキネマ旬報ベストワン作品だけあって、さすがに見応えがありました。1987年伊仏米映画(2003-10-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 17:59 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ダイナー "Diner" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_23512952.jpgこの手の青春群像を描いた映画って結構ありました。『セント・エレモス・ファイヤー』とか『ファンダンゴ』とかね。その中でもいちばん好きな映画です。クールでいて、もの哀しい、そんな雰囲気がたまりません。学校を卒業し、社会に出る。皆が否応なく大人になっていく。そこに漂うある種の喪失感。そして、僕も。。。あ~、青春だァ。1982年アメリカ映画(2003-07-27)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 17:54 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 セント・エルモス・ファイアー "St. Elmo's Fire" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_0361723.jpgこれも当時主題歌が流行りました。全米No.1ヒットしましたね。ジョン・パー!<記憶喪失の男> 僕らの仲間内ではこのジョン・パーっちゅうのも結構流行りましたが。。。映画自体もわりとよく出来ていると思います。SEXと恋愛と友情、そして大人になるということについて、まぁ若者らしい葛藤と割り切りがそれなりに描けていると思います。でも、結局「仲間って大事なんだぜ~」ってノリ<当時憧れましたが>がすべての、まぁそれだけの映画かもしれないなー。1985年アメリカ映画(2003-10-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 17:52 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 きのうの夜は・・・ "Abount Last Night..." semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_1221442.jpgなんの変哲もない恋愛映画、青春映画なんだけど、今でもわりと印象に残っている。ロブ・ロウとデミ・ムーアの同棲生活の様子が結構リアルで、なんともしみじみしちゃうんです。恋愛の始まりと終わりを現実的に描いていて、恋愛というもののリアリティをよく描いているし、とても共感できるのだけど、そういうことを実際に経験してしまえば、やっぱりなんの変哲もない恋愛映画なのかも。1986年アメリカ映画(2002-03-24)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 17:48 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 フォロー・ミー "Follow Me" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_0313182.jpgミア・フォローが子供っぽくって、本当に可愛らしいですね。見つめられ、保護されているという安心感は、まさに子供が無意識に感じる親に対する感情でしょう。それは一見うっとうしいのですが、裏を返せば、実に心地いいものなのです。しかし、オトナになると。。。人は常に孤独だけれど、やっぱり一人じゃ生きられない<生きる意味を見いだせない>ものなのですね。1972年イギリス映画(2003-10-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 17:46 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター