Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:ライブ ( 17 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Bruce Springsteen & the E Street Band "Live-1975-85"(1986) semスキン用のアイコン02

  

2006年 01月 07日

a0035172_0375240.jpg2006年の新春第1弾は、コレだ。

Bruce Springsteen & the E Street Band "Live-1975-85"(1986)

最近、村上春樹初の音楽批評本で紹介されているのを読んで、この作品を聴いてみようと思った。実はブルースの最高傑作ともうたわれるこのライブ盤を僕は聴いたことがなかったのだ。"Born to Run"(1975)を初めて聴いた時の衝撃以来、僕はブルースのファンで、同じミュージシャンのアルバムを揃えようと思ったのも彼が初めてだったし、オリジナルは1stから"Tunnnel of Love"(1987)まで昔から持っているけれど、何故か、このライブ盤は聴いたことがなかった。
確かに発売当時もかなり話題になって、プロモビデオでのあの"Born to Run"の大観衆一体となったライブの臨場感には圧倒されたし、画面一杯に表現された彼のマッチョ性にはある意味で痺れた。でも当時、僕はこのライブ盤にとびつかなかった。それは一体何故だろうか?

それは単純に僕がライブ盤があまり好きではなかったことによるか。当時も熱狂的ライブ・パフォーマンスが伝説となりつつあったブルースにしたところで僕にとっては同じだったのだ。特に彼のライブからはライブ特有の(と当時の僕が感じていた)アドリブやインプロヴィゼーションを競うような演奏力の凄さが感じられるはずもないし、熱狂的なライブ・パフォーマンスといってもそもそも"Live at Leeds"のようなものとは全く違うので、特徴的となるロウなステージの魅力がそのままライブアルバムにパッケージされるとは限らないではないか、と思っていたのだ。まぁそれは今にして思えばライブアルバムというものに期待するものが全く違っていたとしかいいようがないが。

さて、そういうわけで今回、年末に購入してからこのアルバムをしばらく聴き続けているが、そこに村上春樹の言う「物語の共振性」のようなものを感じたか、と言えば、僕にはいまいちよく分からないというのが本当のところだ。実はこのライブアルバムで僕がベストチューンだと思うのはアレンジをアコースティックに変えた"Thunder Road"であり、"No Surrender"であったりする。もちろんアルバム全体を通して思いのほか演奏が素晴らしく、ブルースのポップなロックチューンがライブ的に映えるが、僕がブルースという歌手にある種の切実さを感じていたとすれば、それは"The River"的な震えであり、"Growin' Up"的な青さであり、それこそカーヴァー的な人生の暗黙に対する噛みしめを歌の切実さと響きで表現できるところだ。
だからこそ、僕は"Born to Run"のPVを観て素直にブルースのライブ空間に入っていけなかったし、大観衆がウェイブで一体となる大合唱の光景とブルースの歌に響く原風景が一致しなかったのだ。"Born in the USA"(1984)から"Live-1975-85"(1986)へと到達する80年代中期のブルースの行き方の中で、彼の音楽性が引き伸ばされたポップさと大衆性、そして巨大化したBOSS像の中であまりにも象徴的というかシンボリックになりすぎて、僕には彼の意味深い切実さが無意味な一体感に転化してしまったとしか思えなかったのだろう。それは僕が彼の2ndアルバムの"The Wild, the Innocent and the E Street Shuffle"(1973)や3rdアルバム"Born to Run"(1975)こそが最高傑作だと信じていたからかもしれないが。

今では彼がコンサートというライブ空間で目指したものがある種の祝祭的な場、それもあくまで観客が主体となるべき場であったと感じることができる。だから彼はより多くの観衆の前で演じ、彼らに歌を歌わせたのだろう。彼は既にして一歩先のステージに立っていたのか。そう考えればアルバム"Live-1975-85"(1986)はまた違った色彩を帯びているように思える。僕らは"Hungry Heart"で出だしから第一コーラスまでをまるまる観衆に歌わせてしまうというブルースのライブでの恒例行事をこのアルバムでそのまま聴くことができるし、ブルース定番のMC、そう"The River"の前の語りもまた祝祭に必要なある種の儀式であって、単なる予定調和を超えた意識的なものだったか。

そんなわけで、僕のブルースに対する評価は、基本的にこれまでと同様なのだが、やはり村上春樹の評論に説得的に教えられるところもあって、僕はブルース・スプリングスティーンという歌手を別の見方で捉えることができるようになり、それに対してちょっとした感慨を抱くことになった。
もしかして、労働者階級のアメリカ人たちが感じるブルース像とそれをひとつの芸術として理解しようとする僕自身の間の溝こそが大きいのかもしれない。そういう齟齬というのは、そもそもが僕自身の問題なのだろうな。たぶん。

-------------------
Bruce Springsteen "The Wild、The Innocent and The E Street Shuffle"(1973)のレビューはこちら!
Bruce Springsteen “Born in the U.S.A” (1984)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-01-07 01:24 | 80年代ロック | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Grateful Dead "At Fillmore West Palladium,´64" semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 29日

グレイトフル・デッドといえば、ライブ。
そして、彼らの代表的なライブといえば、"Live-Dead "(1969)と"The Grateful Dead (Skull & Roses)"(1971)の2つのライブ大作が挙がるだろう。
69年に発売した"Live-Dead "がサイケ調の長々としたインプロヴィゼーションに特徴があるとすれば、71年の"The Grateful Dead (Skull & Roses)"はルーツミュージックに根ざしたシンプルなカントリー調の曲が多く、曲自体も短い。どちらもデッドの音楽として、時代を象徴するものである。
よく知られるように、グレイトフル・デッドは、68年にロックの世界を揺るがしたいわゆる「ビッグ・ピンク・ショック」(※)に最も影響を受けたバンドである。(※ 68年にザ・バンドが発表した"Music from Big Pink"がそのシンプルな構成と奥深いルーツ性によりストーンズやビートルズ、クラプトンら多くのロックミュージシャンにショックを与えたこと) 2つのライブアルバムの間にはその変化を象徴するスタジオアルバム "Workingman's Dead "(1970) と”American Beauty”(1970)があり、彼らの音楽性はサイケ調からルーツミュージックへとガラリと変化するのである。

僕はスタジオ盤としては、”American Beauty”(1970)がわりと好きである。
ツインリード&ツインドラムのギターポップサウンド。(今風に言えばそんな感じだろうか) コーラスも清々しい。
音と音の絡み、声と声の絡みこそがロックのイマジネーションなのだ、と言わんばかりのシンプルな音の積み重ねと広がり、それでいて緻密なサウンドを展開する。それこそがまさに「ビッグ・ピンク・ショック」だったのだろう。そのシンプルさはストレートに僕らの情感に響くのである。
もちろんサイケ時代のデッドも素晴らしいと思う。確かに"Live-Dead "(1969)と"The Grateful Dead (Skull & Roses)"(1971)は、かなり色合いが違う。まさにデッドの音楽的振幅の両極端をそれぞれに象徴しており、あわよくば、その中間的な色合いのライブ盤があったなら、どんなに素晴らしいだろう、と個人的には思っていたものだった。

今回紹介するのは、僕がドイツのスーパーマーケットで購入したアルバム(廉価版)である。
Grateful Dead "At Fillmore West Palladium,´64"(1964) という題名をみると、64年にフィルモア・ウエストで行われたデッドのライブを収録したアルバムのようである。
収録曲は以下のようになっている。

a0035172_22354578.jpg01 Uncle John´s Band
02 Not fade away
03 Early morning dew
04 Playin in the band
05 Ripple
06 Sugar Magnolia
07 Casey Jones
08 Me & Bobby McGee
09 King Bee


70年発表の"Workingman's Dead"収録曲でもあるライブ定番曲をいくつか含む。
さすがにオリジナルのライブ盤に比べると音質は若干劣るが、それでも悪くはない。中盤から徐々にクリアになっていくし、全体としてみれば、彼らの主要ライブに全く遜色なく、実際、僕としてはこのアルバムを一番よく聴いており、全くストレスは感じていない。

音楽的には、まさに"Live-Dead "(1969)と"The Grateful Dead (Skull & Roses)"(1971)の中間的な色合いで、”Skull & Roses”ほどあっさりしていないし、”Live-Dead”ほどこってりしていない。ほどよいゴテゴテ感。ジェリー・ガルシアの声もギターも響きがあってよろしい。まさに求めていた色合いがここにあったのである。

タイトルには64年ライブとあるが、本当にそうなのだろうか?というのが僕にとっての目下の疑問である。"At Fillmore West Palladium,´64"という謎。。。
驚愕すべきはこのライブで表現される緻密なアンサンブルとその演奏技術の高さだ。64年当時にこんなライブがあったとは僕には俄かに信じがたい。音楽性ははっきりいって5年先取りしている。本当に64年の演奏だとしたら、僕の中でデッドの歴史的意義は10倍にも膨れ上がるだろう。それほどこのライブの演奏は時代を超越しているのだ。
まぁ実際のところ僕はこのライブはもっと後年(70年頃)のものであり、表記は何かの間違いではないかと思っているのであるが。。。

<このアルバムの謎について知っている方がいらっしゃれば、事の真相を教えて欲しいですね。>

a0035172_18333372.jpga0035172_1848165.jpg 



[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-29 19:07 | 60年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 The Band "Rock of Ages [Deluxe Edition]"(1972) semスキン用のアイコン02

  

2004年 11月 13日

a0035172_15231084.jpgThe Band "Rock of Ages"(1972) は、奇跡的なライブアルバムである。The Bandのライブアルバムといえば、"Before the Flood"(1974)や"The Last Walts"(1978)もある。それぞれ特徴を持った素晴らしいアルバムであるが、彼らの演奏が最も充実しており、バンドのピーク時のライブをパッケージした"Rock of Ages" は、やっぱり奇跡的なアルバムだ。特に"King Harvest"や"Across the Great Divide," "The Weight" でのコーラスワークは、彼らの充実したバンド力だからこそなせる至高の技であろう。2001年発売の[Deluxe Edition] には、"I Shall Be Released"やディランとの共演"Like a Rolling Stone" も追加され、これもまた素晴らしい。特に"I Shall Be Released" は、"Before the Bleed"や"The Last Walts" でのリチャードマニュエルの声に不満があった僕としては、今までで一番完璧な"I Shall Be Released" だと思っている。<一点だけ難を言えば、リックの調子が今ひとつの曲があることか。。。>
確かにこのアルバムにはライブ特有の疾走感に乏しい面はある。それは各曲がかなりテンポアップしたライブ感覚溢れる"Before the Bleed"と比べればよく分かる。"Rock of Ages[Deluxe Edition]" でディランとの共演が4曲も追加されたことにより、The Band単独ライブという特徴もなくなった。しかし、"Rock of Ages" は、その奇跡的なライブ空間を体験できるという所以により、僕にとって特別なアルバムなのである。
先ほどから奇跡、奇跡とうるさいかもしれないw それがそう簡単には使えない言葉というのもよく分かっているけど、このライブアルバムを前にして僕はやはり「奇跡」という言葉を使わざるを得ないのだ。
The Bandの音楽の魅力は、生々しく瑞々しいコーラスと演奏のアンサンブルにある。そこに漂うのはある種の情緒であり音楽的ソウルなのだ。そんな魅力を引き出すのに、The Academy of music, NY という音楽の殿堂とそこに集う観客たちの姿勢は最適だったろうし、実際、このアルバムに漂う静謐な間合いは、1971年の大晦日という時期と相まって、一種独特の神聖な雰囲気をみせるのだ。彼らの今回の演奏はライブとしては実にゆったりとしたものだし、演奏を支えるホーンセクションも絶妙な引き加減を見せる。コーラスワークは生声ゆえの溢れるような情感を湛え、リチャード、レヴォン、リックの3人の響きある歌声が静謐さの中で最高の掛け合いをみせる。僕らはそんな奇跡的な空間の中に広がる彼らの声と演奏にただただ痺れるのである。
1971年、NY 14th streetの大晦日。The Academy of musicに音楽の神様が降臨し、The Bandのライブは、真の意味でRock of Agesになった。これはまさに「NY14丁目の奇跡」なのである。

-------------------
The Band "Moondog Matinee"(1973)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2004-11-13 15:25 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(3)

semスキン用のアイコン01 Humble Pie "In Concert" ~最高のライブパフォーマンス~ semスキン用のアイコン02

  

2004年 10月 30日

a0035172_11295150.jpgHUMBLE PIEの傑作ライブ"King Biscuit Flower Hour Presents In Concert"を忘れちゃいけない。スタジオ版の傑作"Smokin"以降のライブとして、1973年にサンフランシスコで行われたパフォーマンスを収録したものだ。(発売は1996年) 僕の中でスティーブ・マリオットは至上最強のボーカリストである。Small Faces時代の彼も大好きだが、よりハードなR&B調ロックという自らの理想的な音楽スタイルを確立したこの頃の彼の搾り出すような魂のシャウトは涙が出るほど感動的だ。(このアルバムでも最高のラップを聴かせてくれる。)
最大の聴き所は、やはり黒人コーラスとの絶妙な絡みをみせる"Hallelujah, I Love You So"だろう。ハードロックでありながらR&Bであるという、この比類なきスタイルは正しく彼ら独自のものである。ゴスペル調の男女黒人コーラスによるリフレインが響き渡る中、マリオットのラップ調のロックボーカルが被さり、ブルーズ調のギターフレーズが渋くきめまくる。最高である。まるで永遠に続くことを拒むことが出来ない夢想のように、この幻惑的なロックパフォーマンスが僕らの心を捉えて離さない。僕はこのアルバムを初めて聴いたとき、今まで聴いたこともない新しいスタイルにビックリ仰天、吹っ飛んだ(’Blow out’)ものだった。もちろん、クレムソンのブルージーなギターワークも今作で存分に味わえる。とにかく最高のパフォーマンスなのだ。
マリオットのガッツ溢れる歌声とバンド一体となったグルーブ感、黒人たちのゴスペル調のコーラス、この3者の繰り出すアンサンブルを前にして、僕らは平伏せざるを得ない感服の1枚なのである。
[PR]

by onomichi1969 | 2004-10-30 11:35 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 J. Geils Band "Blow Your Face Out"(1976), "Full House"(1972) ~ボストンの栄光を祝して~ semスキン用のアイコン02

  

2004年 10月 30日

a0035172_103815.jpga0035172_10133293.gif 
J. Geils Bandの2枚目のライブアルバム"Blow Your Face Out"(1976)。このボストン出身のロックバンドの真骨頂はライブにある。僕は彼らの3枚のライブアルバムを持っているが、どれもみな素晴らしい。ピーターウルフのブルース魂が炸裂する初期の傑作"Full House"(1972)も最高のライブアルバムだ。(出だし2曲から完全にノックアウトされるよ) 後期"Showtime!"(1982)のポップで軽快な味わいも悪くない。だが、やはり1枚選ぶとすれば、中期の2枚組ライブ大作"Blow Your Face Out"(1976)か。このアルバムは、彼らが最もノリにのってる時期のライブシーンを最高の形で切り取った熱きロックンロールアルバムなのである。
ピーターウルフのセクシーでワイルドでラウドなボーカルスタイルには誰もが痺れるだろう。もちろん彼独特の魂を搾り出すようなR&Bテイスト溢れるシャウトに、元DJの特徴をいかした早口ラップ、観客煽りまくりステージングにも圧倒される。J.ガイルズの飛ばしまくりのギター、マジック・ディックの吹きまくりのブルースハープも最高だ。
このアルバムは、全曲全開ブルースフルアクセルの’Full House’に比べると、いくつかのバラードソングを加えてバラエティに富んだ構成になっている。彼らの荒削りでゴツゴツとした味わいに魅力を求めるなら"Full House"になるだろうが、より落ち着いて聴かせるアルバムとなればやはり円熟さを漂わせる"Blow Your Face Out"に軍配が上がる。<まぁ要は甲乙つけがたいのだなぁ> 
とにかく、、、アメリカのストーンズと呼ばれたJ. Geils Band。スタジオ盤はともかくとして、ライブ盤に限って言えば、確実にストーンズを凌駕している。これは、間違いない! ボストン万歳!!
a0035172_10104465.jpg

[PR]

by onomichi1969 | 2004-10-30 10:08 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Richard Manuel "Live at the Getaway"(1985) ~失われた歌声~ semスキン用のアイコン02

  

2004年 10月 16日

a0035172_17134968.jpgとても哀しいアルバムである。
リチャード・マニュエルは、言わずと知れたザ・バンドのメンバーであり、初期ビッグ・ピンク時代のフロントマンである。ザ・バンドとは、リチャード・マニュエル(p,key,dr,vo)、ロビー・ロバートソン(g,vo)、レヴォン・へルム(dr, mandolin,vo)、ガース・ハドソン(org,p,key,vo)、リック・ダンコ(b, violin,g,vo)の5人組で、1968年に「Music from Big Pink」でデビューし、解散するまでの10年間の音楽活動の中でアメリカン・トラディッショナルやR&Bに根ざしたロックの傑作を数々生み出した伝説のバンドである。「I Shall Be Released」「Lonesome Susie」「Tears of Rage」、そして「Whispering Pines」。リチャードのエモーショナルで切ないファルセットは、ザ・バンドの提供するバラードソングになくてはならない要素だった。もちろん、彼特有のR&Bテイスト溢れるシャウト唱法も素晴らしい。ともすれば乾いた味わいのザ・バンドの楽曲に艶を与えていたのは間違いなくリチャードの声だった。もちろん、彼の軽快なピアノやとぼけた味わいのドラミングも忘れがたい。
しかし、ザ・バンドがアルバムを重ねる毎にリチャードの影は段々と薄くなっていく。殆んどの楽曲をロビーが手がけるようになり、ボーカルもレヴォンが中心となっていく。
「ラスト・ワルツ」でリチャードは殆んど脇役だった。あの映画の中でリチャードがボーカルを取った場面がどれほどあったか。
70年代、リチャードがアルコールとドラッグに溺れ、精神にも支障をきたすようになったことは知られている。まともな音楽活動ができず、ザ・バンドの中でも浮いた存在になっていったことは想像に難くない。(浮いた存在という意味ではロビーも然りだったろうが) しかし、レヴォンにしてもリックにしても、ザ・バンドのメインボーカリストはリチャードであり、彼をおいて他にはいないと常に公言していたのだ。僕らが思う以上にそれは自明のことであるのだろう。
「Whispering Pines : Live at the Getaway, Saugerties, NY」(2002)は、ザ・バンド解散後のリチャードが1985年ウッドストック(ビッグ・ピンクの近く!)で行ったソロライブを収録したものである。ザ・バンドを聴いたことがない人は、いきなりこのアルバムから入ってはいけない。まず、ザ・バンドのオリジナルアルバムを順番に聴いていくことをお薦めする。それから、このアルバムを聴くのだ。そこにかつてのリチャードの繊細な歌声やインスピレーション溢れる熱情は存在しない。僕らは彼の失われた歌声を、あの響き渡るファルセットを想像し、その喪失をなぞるだけなのだろう。このアルバムから、彼が音楽を本当に楽しんで演奏している様子、そのリラックスをした姿勢を感じることができる。リックやバンド仲間とのやり取りも確かに微笑ましい。しかし、僕にとってはやはり、永遠に失われてしまったもの、そのかけがえのなさを思い知らされる、そういう色合いのアルバムなのである。その哀しさ故に、僕はこのアルバムを殆んど聴いていない。
このアルバムに収められたライブから半年後、リチャードは自殺し、その存在自体も永遠に失われた。
[PR]

by onomichi1969 | 2004-10-16 17:20 | 80年代ロック | Trackback(3) | Comments(5)

semスキン用のアイコン01 Fleetwood Mac "Live at the BBC" ~ブリティッシュ・ブルーズ・ロックの王道~ semスキン用のアイコン02

  

2004年 10月 15日

a0035172_23542613.jpgフリートウッド・マックが大好きである。このバンド、中心人物がコロコロ変わっていくが、何故かどの時代も例外なく好きなのである。(ミック・フリートウッド(dr)とジョン。マクヴィー(b)だけは常に変わらない。だからバンド名も変わらないw) 大別すると、ピーター・グリーン/ジェレミー・スペンサー/ダニー・カーワンが中心となった初期、ボブ・ウェルチ/クリスティン・マクヴィーが中心の中期、リンジー・バッキンガム/スティーヴィー・ニックスが加入し「Rumors」等の大ヒットを飛ばした後期に分けられるだろう。この3つの時代で音楽性は全然違う。
初期フリートウッド・マックとは、別名ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックという。完全なるブルーズ・ロック・バンドである。彼らの地位を確立した2ndアルバム「Mr Wonderful」や名曲「Black magic woman」を含む3rd「Pious Bird Of Good Omen」、USのコンピレーション盤「English Rose」、音楽性の幅を広げた「Then Play On」などのの幾つか傑作アルバムを残している。
初期フリートウッド・マックと言えば、ピーター・グリーンが常に注目されるが、実は3人のタイプの異なるコンポーザー/ギタリストが存在し、そのバランスが絶妙なのである。ブルース求道者のピーター・グリーン、ロックンロール大好きジェレミー・スペンサー、そして優しきフォークロア愛のダニー・カーワン。(ある意味で、ZEPのスーパーコンポーザー/ギタリスト、ジミー・ペイジを3つに分けたらこんな感じになるのではないだろうか。というか、この3人を融合し、ハードな味付けをするとジミー・ペイジになるか。なんとなく。。。) そんな3人の全く違った個性が楽しめるのが「Live at the BBC」(1995)だ。これは67-70年にBBCに残した音源を集めたコンピレーションアルバムであるが、彼らのオリジナルソング以外にも様々カバー曲が収録されている。特にジェレミーのプレスリーばりのロックンロールソングは結構聴きどころではないだろうか。
もちろん、オリジナルソングもライブ感覚の演奏が映えている。一曲目の「Rattlesnake Shake」はロングバーションのインプロヴィゼーションが痺れるし、名曲「Stop Messin' Round」や「Albatross」、「Oh Well」もオリジナルアルバムとは違った味わいで魅せる。
実は、僕はこのアルバムのUS盤をイトーヨーカ堂のワゴンセールで見つけた。購入価格1100円(新品)。その日1日、すごく得した気分でアルバムを聴きまくったことは云うまでもない。
まぁとにかく、フリートウッド・マックのアルバムはどれもお薦めだけど、この「Live at the BBC」は値段だけではなく、曲目、演奏、どれをとってもかなりお得なアルバムなのだ。

-------------------
Fleetwood Mac "Heroes Are Hard to Find"(1974)のレビューはこちら!
Fleetwood Mac "Bare Trees"(1972)のレビューはこちら!
Fleetwood Mac "Rumours"(1977)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2004-10-15 23:58 | 60年代ロック | Trackback(1) | Comments(4)

アクセスカウンター