Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:パンク ( 8 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 The Jam "The Gift"(1982) semスキン用のアイコン02

  

2008年 06月 21日

a0035172_20405552.jpgジャムは、ロンドンパンクのアイドル的存在で、音楽的にはスピード感溢れるR&B系のビート・サウンド、ファッション的にはモッズという感じで捉えられるのが一般的である。
日本でも70年代パンクのバンドではクラッシュと並び最も人気があり、元々楽曲及び演奏力への評価が高い。ファースト以降も良質なアルバムを発表し続け、パンクからニューウェーブへと移行する時代の流れの中で音楽的な多様性を身に付けることによって、80年代初頭にはUKを代表するバンドに成長する。
そんなバンドの個性は、中心人物のポール・ウェラーの精悍さ、その存在感に結局のところ尽きるのではないか。ジャムにしろ、スタイル・カウンシルにしろ、その音楽から滲み出る「誠実さ」が彼らのサウンドの印象を規定しているとさえ思える。

ジャムの代表作と言えば、3rdアルバム"All Mod Cons"(1978)であろう。力強いベースラインとスピーディなドラミング、激しいカッティングギターと振り絞るようなソウルフルなボーカル。ジャムの特徴的なサウンドにニューウェーブ的なポップセンスが融合し、楽曲的にもアコースティックなバラード"English Rose"の名曲があり、ストレート一辺倒のサウンドからバラエティをみせるようになる。
映画『ハイ・フィデリティ』の中で、当時人気絶頂だったGreen Dayが最も影響を受けたバンドとしてクラッシュとスティッフ・リトル・フィンガーズが挙げられていたが、僕の中ではこの時期のジャムが最もイメージ的に繋がったりもする。今で言うメロコア的なもの。ハードなパンクとメロディアスなポップの要素が最もバランスよく構成されたのがこの時期のアルバムだといえる。

その後、ジャムはポップの割合を徐々に大きくしていき、シングル曲"Going Underground"や"Funeral Pyre"のようなポップソングを次々とUKで大ヒットさせる。さらにR&B的なアレンジやリズムを大胆に取り入れたアルバム"The Gift"(1982)に至り、そのサウンドはひとつの完成形に到達したと言えよう。

僕が一番好きなジャムのアルバムは、やはり"All Mod Cons"(1978)で、高校生の頃に自前で買ったLPとしては、ボウイのジギーやジャニスのパールと共に、アルバムそのものとして最も愛着があった。この3枚を聴くときはつねに厳粛な気持ちで、まるで儀式のようにビニールからレコードを取り出してクリーナーで磨き上げ、ステレオの前で正座して聴いたものだ。そして聴き終わったら厳かにレコードを取り上げ、ビニールに折り目をしっかりと入れてジャケットに戻すのである。(キズなんてつけた日にはもう大変である)

そして、ジャムの中で最も聴いたアルバムとなれば、"The Gift"(1982)になる。
このジャムのラストアルバムは、楽曲的にとても充実していると思う。"Happy Together"、"Ghost"、"Precious"と繋がる導入部のキラーチューンから、中盤の"Running on the Spot"、そして大ヒットした"Town Called Malice"と、とにかく曲が素晴らしい。もちろんブラスを大胆に導入したサウンドアレンジと共に演奏的にもキレの良さを感じる。この時期が人気も最高潮でバンドとしてすごくノリに乗っている状態だったと思うし、だからこそ彼らの解散が如何に衝撃的だったかも想像できる。
このアルバムが彼らにとってのひとつの頂点でありながら、限界でもあったとはよく言われることだ。ポール・ウェラーがスタイル・カウンシルでそのスタイルを180度転換するのも今となってはよく分かるような気がするが、それでも、ジャムとして完成させたギリギリ限界のポップサウンドに僕はすごく惹かれる。それこそが彼らの精一杯の誠実さだと思ったりするのだ。

a0035172_20411441.jpg


[PR]

by onomichi1969 | 2008-06-21 21:15 | 80年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 THE BLUE HEARTS 『YOUNG AND PRETTY』(1987) semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 19日

a0035172_14591892.jpg高校生の頃は洋楽一辺倒で邦楽は全くといっていいほど聴かなかった。(例外は尾崎豊くらいか) 80年代中期は邦楽ロック不毛の時代といってもよく、インディーズ御三家などと言われたラフィン・ノーズ、ウィラード、有頂天等、マニア受けしてはいたが、はっきり言って洋楽を聴き続けた耳にその薄っぺらさは到底馴染めるようなものではなかったし、メジャーデビューした楽曲でもその印象に変わりはなかった。少し遅れてインディーズから鳴り物入りでデビューしたブルーハーツにしても当時は全く関心がなかったのである。87年の冬に「夜のヒットスタジオ」に出演した時に僕は偶々TVで観ていて、そのパフォーマンスには衝撃を受けたけど、彼らの歌そのものに惹かれることはなかった。
年が明け、大学に進学してからは興味が映画に移ったこともあり、一時期は音楽自体を全く聴かなくなった。そんな中、洋楽への興味が急激に失せたのとは逆に、次第に日本のロックを聴き始めるようになる。ストリート・スライダーズとか、泉谷しげるとか、A.R.B.とか、マイナーだけどわりとロックっぽいやつだ。
そんな時、ブルーハーツ好きの友達から彼らの2nd『YOUNG AND PRETTY』を半ば強引に聴かせられたのである。正直言って、今で言うメロディアス・パンク的な楽曲に最初はピンとこなかったのだが、その中でも他と毛色の違う2つの曲、詩(うた)に否応なく惹きつけられることになった。そう、このアルバムの2曲と言えば、『ラインを越えて』と『チェイン・ギャング』である。僕はこの2曲に完全にノックアウトされた。
僕がオモチャの戦車で戦争ごっこしてた頃、遠くベトナムの空で涙も枯れていた
僕はラインを越えて 確かめたいことがあるよ   
真島昌利 『ラインを越えて』

「うた」がその詩と共に響くということはこういうことなのか。それはこれまでの洋楽では味わえなかった感覚だった。それには真島昌利のがなり声(叫び)も大きな要素だったろう。
真島昌利の代表曲でもある2曲はこの頃の彼特有のものだ。ナイーブで一途で切実で、荒々しいザラザラした情感に満ち満ちている。この2曲のインパクトによって、『YOUNG AND PRETTY』は傑作となりえるとすら思える。彼らの曲を「思春期のころの戸惑い、葛藤といったような揺れ動く心が描かれている」と評する文章を読んだが、本当の意味でそういったココロのひだのちょっと奥の感情をナチュラルに歌い切った「うた」って他にあっただろうか。(尾崎豊ですら初期の曲にはある種の装飾が拭えない)

当時も今も僕は思う。『YOUNG AND PRETTY』はいいアルバムだ。他に収録されている『キスしてほしい』とか『ロクデナシ』とか『星をください』もいい。

その後、ブルーハーツ、そして真島昌利の曲はひと通り聴いた。『TOO MUCH PAIN』とか『青空』とか。『夏が来て、僕等』とか『オーロラの夜』とか。やっぱり彼の曲、その詩はよく響く。ヒロトの声でも彼の声でも、とてもナチュラルに響くのである。
[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-19 20:07 | 日本のロック | Trackback | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 Stiff Little Fingers "Inflammable Material"(1979) semスキン用のアイコン02

  

2005年 11月 12日

a0035172_20204427.jpgUK PUNKのフロントラインと言えば、Sex Pistols、The Clash、The Damned、The Jam、The Stranglers といったところだろう。それでもって、そのフォロアーがsham 69とか、Generation X、Siouxsie & The Bansheesあたりで、パンクがスカ・ビートと融合し、ニューウェーブへと転化する段階で、The SpecialsやThe Police、Madnessなどが出てくるわけだ。

UK PUNKで僕が知っているのはこの程度の知識で、実際の音として聴いたことがあるのも80年代FMのパンク特集で取り上げられていた上記のバンドくらいなものだった。
というわけで、かの"High Fidelity"でGreen Dayが影響を受けたバンドということでクラッシュともうひとつのバンドとして紹介されていたStiff Little Fingersという名前には全くピンとこなかった。。。シンドーさんのレビューからいろいろと辿ってみてナルホドと。。。

パンクサウンドの隠れた名盤と呼ばれるこのアルバムに大いに惹かれ、Stiff Little Fingers "Inflammable Material"(1979)を購入。さっそく聴いてみた。

79年という年代からすると、既に時代遅れのストレートなパンクサウンドで堂々と勝負したこのデビューアルバムには、元ハードロックバンドならではの密度の濃い演奏力による精巧なパンクロックと激しいボーカル(気合のダミ声!)、そして熱いロック・スピリッツ、アイリッシュ魂があったのだ。

なかなか素晴らしいアルバム。

このバンド、80年代中期以降、すっかり忘れ去られ、省みられない存在だったはず。
このようなバンドの名盤が蘇り、そしてその情報が簡単に手に入る、、素晴らしい時代になったものだぁなぁ。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-11-12 20:41 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Sex Pistols "Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols"(1977) semスキン用のアイコン02

  

2005年 05月 05日

a0035172_8283317.jpgいまさらこのアルバムについて語るべき多くの言葉を僕は持っていない。全てはこのアルバムに詰まっており、それが全てを語ってくれるからである。それほどに衝撃に満ちた作品だ。もちろん当時の音楽的時代背景、イギリスの社会情勢がこの作品を産み落としたわけであり、そういった背景を知ることも重要だと思う。
時代を象徴し、そして時代を切り裂いた作品。
全ての恐竜達を一瞬に駆逐してしまった一撃。
パンクはそのスタイル、思想とともに世界を駆け巡った。ストレートな社会メッセージとシンプルな音楽性は、ロックの欲望的原点である。
誰もが手にすることができる!その可能性への期待!それこそがロックであり、希望である。
パンクは、当時の多くの若者たちに支持された。そして、その影響力と呪縛は、後年まで続いていく。

久々にこのアルバムを聴いてみて改めて思う。
このアルバムが持っているインパクトは、実は時代を超えているのではないだろうか。
時代や社会情勢に関わるストーリーすら、このアルバムの前では廃棄ビルディングのように粉々に瓦解するようだ。その解体に対する恍惚感こそが、このアルバムがもつ強烈な呪縛なのだ。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-05-05 08:32 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Television “Marquee Moon”(1977) semスキン用のアイコン02

  

2005年 02月 23日

a0035172_261170.jpgニューヨーク・パンクの雄 Televisionのメジャーデビューアルバム “Marquee Moon”(1977)  当時のミュージックシーンは商業化ロックや難解なプログレへのアンチテーゼとして勃発したパンクという概念を抜きにして語れないので、やはりこのバンドもその出現の仕方やサウンドを聴く限りにおいて、ある意味でパンクというものなのだろう。
しかし、いつの時代でもメジャーシーンに対抗するアンダーグランドという世界はあるのであって、それが表に出るか出ないかはその時代の風潮によるものでしかない。こういったバンドが次々と日の目を見ることになったパンク/ニューウェイブの時代だからこそ、たった1作だけであるが(2枚目以降は寡聞にして知らない)、その時代を象徴する名作として後世に語り継がれ、年月を超えて評価を受け続けているのかもしれない。
僕自身がTelevisionを知ったのは学生時代に聴いたFMのパンク特集からであった。当時はそういった類の特集はよく組まれていたので、たまたまエアチェックした中にこのバンドの歌う”Marquee Moon”と”Prove it”があったわけである。
その当時、僕の周りには洋楽を聴く仲間がわりと多くいて、それが僕にとってラッキーだったのは、僕がエアチェックしたテープに収録した”Marquee Moon”を学校などで友達に聴かせ、専門誌で知ったこの時代の背景を受け売りで語ったりすると、その中の金持ちの友達が早速、Televisionのアルバムを買ってきたりするのである。僕はそれを借りてテープにダビングするだけである。こうして、様々な音楽を容易にゲットしていたわけであるが、、まぁそんな話はどうでもいいか。
Televisionは当時、Velvet Undergroundの正統な後継者とも言われ、確かに彼らの音楽は、Velvetと同様にアングラシーン独特の下手クソな演奏で人の心を掴む術を実に巧みに表現化しているように思える。素人がコードの練習をしているような剥き出しのギター音は、僕らに逆にビュアな印象を与え、シンプルな演奏が詩的な歌詞を強くアピールする。そのくせ曲の構成はわりと複雑でそのアンバランスさが面白い。
何だかんだ言って、”Marquee Moon”や”Prove it”などの長丁場の曲はそれなりに聴かせる、というか、その独特のギターリフによって生み出されるメロディと神経症的なトム・ヴァーレンの声が耳をついて離れないのだ。彼らの音楽が時代性以上に僕らを惹きつける魅力があるのもまた確かだろう。
ただ、Television “Marquee Moon”は素晴らしいロックアルバムであるが、そのロックとしての価値を論じるには、僕はこのバンドを知らなすぎるのかもしれない。僕はロック或いは芸術というのは、ある意味でパワーであり、方法論であると思うが、やはりそこには厳密な職人的突き詰め、或いは天才的な見通し、資質があってこそ、ある種の地平線を越えられるのではないか、と最近思うようになった。そういう意味で、このアングラ的(手法の)バンドの限界がすなわち唯一の傑作“Marquee Moon”なのだろうというのが今のところの僕の結論である。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-02-23 02:10 | 70年代ロック | Trackback(2) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ザ・モッズ 『FIGHT OR FLIGHT』(1981) semスキン用のアイコン02

  

2004年 12月 26日

a0035172_111916.jpg ザ・モッズといえば、僕らの世代にとっては、カセットテープのCMで流行った「激しい雨が」やテレビドラマの主題歌となった「バラッドをお前に」が有名である。
そんな彼らのデビュー作である「FIGHT OR FLIGHT」(1981)は、ストレートなロックサウンドをとことん聴かせる名盤だ。やはり注目すべきは、名曲「崩れ落ちる前に」と「Two Punks」の2曲である。森山の艶のある歌声にビートサウンドがタイトにキメまくる。楽曲的にノリがよくメロディも素晴らしい。ブリティッシュビートに影響を受けていると言われるが、だいたいがジャケットからしてクラッシュである。
とはいえ、当時の日本のロックサウンドとしては、かなり聴き応えのあるアルバムであることに間違いないだろう。

まぁ単純にクラッシュのファーストとこのモッズのアルバムを並べてみたかっただけかもしれないw 実のところ。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2004-12-26 01:13 | 日本のロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Clash "The Clash"(1977) semスキン用のアイコン02

  

2004年 12月 26日

a0035172_1161649.jpgロックは、いつの時代も若者文化を象徴しているものである。70年代中期に現われたパンクというムーブメントは、30年近く経った今でもその新鮮さを失っていないように感じる。街中を歩けばジョン・ライドンやシド・ヴィシャスのポスターをよく見かけるし、ファッションにしてもパンク的なものは既に確立したスタイルになっているのではないだろうか。60年代のグループサウンズ的なファッションや80年代後期のヒップホップ的なファッションが既に古めかしい印象が拭えないのに対して、パンクのもつストレートなチープさは今の時代でも多くの共感を得いているような気がする。

パンクを象徴するバンドと言えばやはりSex Pistolsに尽きるが、パンクロックのストレートさ、キャッチーさ、性急さを音楽的に最も体現したのはやはりロンドンパンクの雄たる The Clashであり、彼らのファーストアルバム"The Clash"(1977)だろう。

The Clashの魅力はジョー・ストラマー、ミック・ジョーンズのツインボーカルによる荒々しいコンビネーションとひたすらストレートなロックスピリットにある。また、特にファーストアルバムのUS版では、彼らのその後の傑作、パンクロックからロックへと見事な昇華を果たしたアルバム"London Calling"(1979)で展開することになるポップセンス溢れる楽曲(シングル曲)がいくつか含まれる。最近CMでお馴染みの"I Fought the Law"や"(White Man) In Hammersmith Palais"などだ。彼らがThe Jamとともに今でも多くのロックファンに愛されているのは彼らの音楽的なルーツであるR&Bや60年代のポップロックに対する敬意がストレートに楽曲に反映されているからだろう。そのポップセンスも含めたトゲトゲしさが愛すべきところなのだ。

70年代中期までに拡張し続けたロックはその行き場を失い、パンクというムーブメントによって原点に立ち返った。パンクロックはニューウェイブを生み出し、ジョン・ライドンは「ロックは死んだ」と言った。80年代、90年代、歴史は繰り返しているような気もするが、やはりロックというのはロックでしかありえないと僕は思っている。そのアビリティは常に回帰する方向を見失ってはいけないと思うし、それが若者の、いや僕ら自身の語りえない私語りというアンビバレンツな心情の吐露であり、一種の音楽的な救いでもあるのだから。
[PR]

by onomichi1969 | 2004-12-26 01:00 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Stranglers "Black and White"(1978) ~機械的な生から浮かび上がる根源的な死への衝動~ semスキン用のアイコン02

  

2004年 10月 25日

a0035172_1210582.jpgまず、このアルバムのジャケットからして只者ではない雰囲気を十分に漂わせている。The Stranglers 3枚目のアルバム "Black and White"(1978)は、彼らがその独自の音楽性を明確に表現しえた最高傑作だと僕は思っている。
キーボードをフューチャーした一風変わったパンクバンドから、比類なきニューウェイブのリーディングバンドへ。よりシャープでポップなサウンドと幅広い曲調、それでいて彼ら独特のダークでヘヴィーな印象がアルバム全体を貫く。どの曲も彼らにしか出来ない質のものだ。
彼らはパンクバンドと言いつつ、元々が実力派バンドなのである。その特徴は、JJの暴力的なベースラインとヒューの神経症的なギターサウンド、そしてデイブ・グリーンフィールドの明澄なキーボードメロディの正に"Black and White"(不明瞭)とも言うべきアンサンブルに尽きる。それは彼らの音楽の本質である「日常を切り裂く暴力衝動の発露」を表現しうる絶妙の構成なのだ。
一応このアルバムは、Aサイドを'White Side'、Bサイドを'Black Side'と呼んでいる。そう言われれば、確かにそんな気がしてくるが、彼らの表現する音楽は、このジャケット写真と同様に、常に黒と白の輪郭を同時に描くことで互いの色合いをくっきりと見せ付けるのである。一方は白の中に黒を浮かび上がらせ、他方は黒の廻りに白い閃光を穿つ。モチーフは、機械的な生から浮かび上がる根源的な死への衝動であろうか。このアルバムに収録されている日本を題材にした2曲、"Outside Tokyo"と"Death and Night and Blood(Yukio)"にもその対比は見て取れる。
70年代後半を席巻したパンク/ニューウェイブの中にあって、既に独自のステータスを確立していたThe Stranglersであったが、この傑作アルバムは、そんな彼らを伝説にまで押し上げるものになったのである。
[PR]

by onomichi1969 | 2004-10-25 12:16 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター