Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 タグ:ハードロック ( 21 ) タグの人気記事 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Van Halen "Van Halen"(1978) semスキン用のアイコン02

  

2004年 11月 27日

a0035172_4472827.jpg「ロックギタリストとは?」と言われて、僕が真っ先に思い浮かべるのは、ジミ・ヘンドリクスとエディ・ヴァンヘイレンの2人である。
フィードバックとライトハンド。この2人の登場によって普及したギターテクニックは、その後のロックミュージックシーンにとって革新的な意味合いを持つものであったろう。
確かに技術的側面から見れば、この2人のギタリストは超絶的である。しかし、その内実は、全く志向の違う音楽性に支えられていた対照的なギタリストだと思うのである。
ジミヘンといえば、ライブで見せるエモーショナルなインプロヴィゼーションに代表されるように音へのこだわりは常に彼の内面に向かっていた。クラプトンがクリーム時代の激しいインプロヴィゼーションをあっさりと封印したのは、彼の元々もっていた牧歌的なブルースへの志向があったのと同時にインプロヴィゼーションが陥る技術的な形式主義への懐疑があったからである。クラプトンがロックという可能性を前にして、クリームが構築してきた音楽から敢然と背を向けたのとは対照的に、ジミヘンはその破壊的な性格を前面に押し出し、エモーショナルな志向によってロックの技術論を打破することを目指した。そのために彼は常に自らの内面とギターサウンドを強引に引き合わせなければならなかったのだ。
しかし、ジミヘンの死から数年後に登場したエディ・ヴァンヘイレンにもはや内面はなかった。彼のギターサウンドは「底抜け」である。それが当時、60年代を引き摺っていた多くのロックギタリストと決定的に違っていた点であった。エディのインプロヴィゼーションには形式主義に対する懐疑や葛藤が皆無なのである。彼の音は最初から無機質で非牧歌的でありながら、その内面の欠如ゆえにある意味で圧倒的に牧歌的ロックなのだ。(1周引っくり返ったわけだ)それは正に80年代的な志向であろう。
ヴァンヘイレンの代表的アルバムといえば、1stアルバム"Van Halen"(1978)『炎の導火線』であろうか。第1期のヴァンヘイレンが正統派のハードロックバンドでありながら、なんとなく異端的なイメージがするのは、おそらくデイブ・リー・ロスという素っ頓狂なボーカリストのせいだろうw エディのギターがある時はメタリックに、ある時はメロディアスに炸裂し、デイブ・リー・ロスの如何わしげなボーカルが絶妙に交錯する。彼らのスタイルは新しいものであったが、そのスタイルの追求自体は正統的なハードロックバンドの方法論なのである。
なんだかんだ書いてきたが、僕はヴァンヘイレンが大好きである。それは、かく言う僕も80年代の底抜け人間だからなのだ。80年代的空虚さをもろともしない底抜けなサウンドは、この時代のヴァンヘイレンの最大の魅力なのである。

-------------------
Van Halen "Balance"(1995)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2004-11-27 04:49 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

アクセスカウンター