Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 東浩紀 『一般意志2.0』 semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 18日

a0035172_22562238.jpgなかなか衝撃的な内容の本であった。

主要作しか読んだことがないけれど、東浩紀の本は、どれも斬新である。但し、その読後感はいつもどんよりとしていた。書いてある内容は説得的でいちいち納得するし、現状認識として正しいと思うけど、彼の描くデータベース消費とかゲーム的リアリズムといった概念の中に、僕は日本のアカルイミライが全く見えなかったのである。確かに、ポストモダンを経た日本の現代社会が人間の内面や大きな物語(思想)を必要としないデータベース型(小さな物語、断片の集積、その差異の戯れ、フラット、無思想)の社会となることを僕らは感傷の余地なく受け入れるべきなのかもしれない。でもそう簡単には割り切れるものでもない。認めたくないけど、認めざるを得ない。そういうダブルバインドな心情や、自己矛盾に耐える忍耐こそが僕らが社会に対して予って立つ視座(ある種のアイロニー)となっていたのではないか。

『動物化するポストモダン』、『ゲーム的リアリズムの誕生』という彼の代表的一般評論の流れの中に『一般意志2.0』はある。この本は東が「夢を語る」という表現で始まる。ルソーの『社会契約論』におけるターム「一般意志」の現代的な解釈から始まり、フロイト、グーグル、ローティ、ツイッターと語りつぐ。そこには確かに夢としての、動物化した現代人の特質を前提とした社会(データベース+アルゴリズムによる自動選択を優先する社会)の在り方が示されている。その論理は分かり易く、そこで描かれる夢のほとんどに僕は同意したい。同世代である彼の著作を読んで初めて晴れやかな気持ちになったから。

これまで柄谷行人や大澤真幸が語ってきたヒューモアやアイロニーという概念の延長線上に初めて現実の社会が見えたような気もする。その端緒がグーグルなり、ツイッターであったりすることに特に大きな違和感はない。ツイッターについては殆ど使いこなせていないし、その有用性についてあまり信用もしていないけど、それでも、今やインターネットのコミュニケーションなくして社会は成り立たないし、ネット社会の構造、その総体としての在り方(集合知)が如何に現代人の心性を基礎付けているかこそ今語られるべき哲学的主題なのだろう。東浩紀の著作の系譜として、ポストモダン後の現代思想の潮流がインターネットコミュニケーションと融合し、来たるべき社会の論理的根拠として結実していく過程は感動的ですらある。

この本は今後の社会学や哲学の方向性を決定づけるほどのポテンシャルを持っていると思う。政治とインターネットの融合など、提案そのものは凡庸かもしれないが、思想の現在進行形として、これまで薄ぼんやりとしていたアカルイミライがはっきりと見えたような気がした。
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-18 00:06 | | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 人生万歳! semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 17日

a0035172_22205184.jpg原題を”Whatever Works”、つまり「何でもあり」と言う。主人公はウディ・アレンを少し精悍にしたような役者ラリー・デヴィッド。これまでのウディ主演の主人公よりも性格は悪い。彼は、ノーベル賞候補にもなった物理学の元教授で頭が良く、上流階級で、知識があって、理論に勝る為、常に人を見下している。故に孤独でもある。

そんな主人公が尺取虫ほどの脳みその(と主人公が呼ぶ)若くて可愛らしい家出娘に一方的に惚れられて、彼女と結婚する。音楽を含めた趣味や生活観が全く合わないながらも、その違いこそが2人の関係を支える、まさに共依存のような間柄となる。お互いを思う気持ちがうまい具合にすれ違うことで2人はうまくいく。だから、彼女が知恵を獲得することで、2人の関係性はバランスが崩れ、最終的に破局するのである。

しかし、映画はそこで終わらない。何故なら「何でもあり」だから。恋愛とはそういうものだ。だからどうした。ウディにとって、人生の中の恋愛という可能性はいつまでも死なない。人生万歳! すごく晴れやかで、筋が通った、いい映画!
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-17 00:10 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ブルーバレンタイン "Blue Valentine" semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 17日

a0035172_21584885.jpg厚生労働省が毎年発表している「人口動態統計の年間推計」によれば、2011年時点で、日本では3組の結婚に対して、1組の離婚が発生している。(ちなみに35年前までは10組の結婚に1組の離婚だった) この数値は10年前から変わっていないので、今さら驚くに値しない。離婚原因の1位は性格の不一致。所詮他人同士が一つ屋根の下で暮らすのだから、いろんな不一致はある。そんな不一致への不満が同居人としての気安さから我慢できないものとなり、衝突を生む。その繰り返しが2人の溝を深める。結婚の理想と現実、それは常にリアルなものとしてあるだろう。しかし、あるカップルで破局の原因となったことでも、あるカップルでは我慢できることもある。心理学的に言えば、「好き」は「嫌い」に容易に反転する。「好き」が「無関心」へとゆっくり移行すれば、家庭は平和になるのかもしれない。

『ブルーバレンタイン』が描くカップルの諍いは何を表現しているのだろう?お互いのプライドが共存の可能性を閉ざし、また学歴や職種の格差そのものが人生観/生活観の衝突を避けがたいものにする。恋愛のコツは相手を甘く見ること。そう言った女性作家もいたっけ。ある種の格差が共依存の関係を生み出し、まるで鋳型のようにぴったりとした相性となることもある。まぁそれはそれとして、僕は『ブルーバレンタイン』の描き出す夫婦の光景(ある意味で凡庸な出会いと諍いと別れのリアルな光景)にどのような意図があるのかがよく理解できなかったし、意図を超えた感動も覚えなかった。

旧来、ラブストーリーは、人々に恋愛という可能性を与え、家族を巡る物語(例えば小津映画)は、生活という類型を支えた。この映画のリアルが幻想や類型を否定してみせたとして、そのこころは? 一体何なのだろう? それもまた類型でしかない。

結局のところ、僕はこの作品に映画として心に響くものを感じることができなかった。2010年アメリカ映画
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-17 00:09 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 冷たい熱帯魚 semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 17日

a0035172_23494361.jpg胸糞悪い映画。であると同時に心に響くものがあった。

この映画の登場人物達は皆、其々に設定されたキャラクターの演者である。僕は劇中でんでん演じる村田の姿を観て、昔のお笑いスター誕生当時の彼のひとり芝居を思い出した。彼は村田という登場人物が「村田」というキャラクターを演じるように芝居をしてみせる。だから彼の演技は不自然な程に芝居がかっている。それは、前作『愛のむきだし』の安藤サクラに匹敵する怪演、黒沢あすか演じる愛子も同じである。そして主人公も。まるで自己暗示のように誰もが自らをキャラクターで縛り、演じてみせる。そして、彼らは死ぬ間際になってようやく本当の自分を晒そうとするのだが、そこで今度は、「内面の自分」というキャラクターを、弱さ<強さ>として自ら認識した「自分」というキャラクターをまたしても否応なく演じてしまう。 いろんな意味でエグい映像であったが、本当にグロテスクだったのは、そういった人間の本質であり、村田が「内面のないやつはダメなんだ」と言って強がる、その自分の内面がマトリョーシカのようにどこまで行ってもキャラクターでしかない地獄のような空っぽさを曝け出したことであった。

そういう意味で胸糞悪く、心に残る映画であった。
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-17 00:08 | 日本の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 2011年 映画ベスト10 semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 09日

2011年に上映された映画の私的ベスト10です。

1. 人生万歳!/ウディ・アレン
2. ミッション:8ミニッツ/ダンカン・ジョーンズ
3. 東京公園/青山真治
4. ブラック・スワン/ダーレン・アロノフスキー
5. 奇跡/是枝裕和
6. 八日目の蝉/成島出
7. 127時間/ダニー・ボイル
8. コンテイジョン/スティーヴン・ソダーバーグ
9. ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル/ブラッド・バード
10.探偵はBARにいる/橋本一
次点 ツリー・オブ・ライフ/テレンス・マリック

2011年のNo.1は、復活!ウディ・アレンでした。実は、彼の最新作"Midnight in Paris"も既に飛行機の中で観ているのだけど、これもいい! 但し、この作品は日本で未公開なので、評価は2012年度に取っておきます。
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-09 21:37 | ランキング | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 男はつらいよ 備忘録 その2 semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 08日

男はつらいよのシリーズも20作鑑賞。備忘録もその2です。あと10作程度はいこうかな。

1. 男はつらいよ 奮闘篇 (1971年春) 第7作目
マドンナは榊原るみ。彼女が演じる知恵おくれの薄幸の少女は、チャップリンの『街の灯』を思い起こさせる。特に寅さんが榊原るみを沼津駅で見送る場面は涙なしに観られない。寅さんの心情の暖かさを感じる。もちろん最後は振られてしまうので、『街の灯』とは全く違うラストなのだけど。。。
ドタバタ劇の「おなら騒動」も最高に笑えたなぁ。森川信のおいちゃんのとぼけた味わいも最高。この時期の寅さんにハズレなし。

2. 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (1981年夏) 第27作目
マドンナは松坂慶子。本作は、とにかく彼女の美しさに尽きる。全編を通して登場する為、その容貌や所作だけでも見応えが十分あった。松坂慶子演じる大阪の芸者ふみが幼くして別れた弟の死を知り、彼の彼女と対面する場面は泣いた。(このシリーズ泣いてばかりいるなぁ) 弟の死と寅さんとの出会いがきっかけとなり、彼女は芸者をやめて対馬での新たな人生に踏み出すことになるのだけど、その結婚相手が美術の田中先生(『仙八先生』)とは。。。ちょっと拍子抜け。この回から満男役が吉岡秀隆に交代する。いよいよ満男もとらや一家の一員として存在感を発揮していくのである。(まだまだ大人しいけど) あと、今回は寅さんと芦屋雁之助とのからみがなかなか楽しかった。

3. 男はつらいよ 柴又慕情 (1972年夏) 第9作目
マドンナは吉永小百合。清楚で可憐。そして美しい。寅さんでなくても惚れちゃうね。その結婚相手がひげ面のデブ男というのには少しがっかり。それなら寅さんの方がいいのになぁと思うのだけど、最初から寅さんはアウトオブ眼中なのね。吉永小百合と宮口精二の親子はこれといった大きな軋轢もないまま最後に仲違いしてしまう。その辺りの経緯は少々物足りないが、その後の展開も含めて、続編となる『恋やつれ』に期待かなという感じ。それにしても、この頃のハツラツとした寅さんは最高に面白いね。おいちゃんが本作から松村達雄に代わるが、寅さんとの絡みはなかなか派手で(多少暴力的なのだが)息の合ったところを見せている。

4. 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 (1983年冬) 第32作目
マドンナは竹下景子。彼女は清楚で可憐で、、、と言えば吉永小百合に近いイメージだけど、博のセリフを借りれば、「美しさの中に知性を秘めたとでも言いますか」、、、で、やっぱりお嫁さんにしたいタイプ。内容もシリーズ中で人気のある作品だけあって、見応え十分。シリーズ中で人気のある作品だけあって、見応え十分。やはり最後の柴又駅のシーンが素晴らしい。竹下景子が寅さんの袖を掴み、その顔を潤んだ瞳でじっと見る。その視線に答えられない寅さん。これはシリーズ最高のラブシーンではないかと僕は思う。別れの後に「・・・という御粗末さ」とつぶやく寅さんのドテラの後姿が寂しい。あと10年若かったらなぁと。そんなラブシーンの始まりを予感してすっと脇に引くさくらの所作も彼女の複雑な感情が見え隠れしてなんとも言えない味がある。初期の頃とは違う落ち着いたとらやの雰囲気も良し。下條正巳のおいちゃんはあまり人気がないのだけど、でしゃばらない味わいはそれはそれで良し。

5. 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ (1974年夏) 第13作目
マドンナは2回目の吉永小百合。9作目の柴又慕情の続きということで。今回も恋愛という点では寅さん最初からアウトオブ眼中。焦点は吉永小百合演じる歌子の自立と父親(宮口精二)との和解である。そこに主に絡んでくるのは、寅さんではなく、今回はさくらと博である。この二人が本作品の立役者だろう。茶の間でのいわゆる「幸福談義」では博の言葉が光る。このころになると、博は監督である山田洋次の代弁者ともいえる存在で、今回のお題「幸福とはなにか?」を理屈っぽく答える博に山田洋次の思いが重なるのである。(その対極は理屈ではない寅さんなのだろうけど) 最後のとらやでの歌子と父親の和解のシーンは泣けた。シリーズで一番泣けるシーンだったかもしれない。あの宮口精二を泣かせるのだから、もうしょうがないね。
冒頭に、寅さんがタコ社長とさくらを連れ立ってお嫁さんにしたいという女性に会いに行き、超速で振られてしまうのだけど、その相手が宮沢保のお母さん(『金八先生パート1』)というのが少しツボだった。
松村達雄のおいちゃんはこの作品で最後。今回もなかなかいい味を出していて(パチンコ好きのちょっとやくざなおいちゃん)、ちょうどこなれてきたって感じだと思うのだけど、彼はおいちゃん以外の役でこの後も結構活躍することになるので、このあたりが潮時だったのかな。彼はおいちゃんをうまく演じていたけど、おいちゃんそのものにはならなかったのだな。

6. 男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (1973年夏) 第11作目
マドンナは浅丘ルリ子。彼女が演じるリリーの1作目。リリーは、寅さんが憧れるマドンナというよりも女版の寅さんとでも言うべき存在。だから寅さんは、彼女のことを自分の分身のように想う。これも寅さんの愛なのだ。この頃のとらやは茶の間談義が楽しい。今回は「中流家庭とは?」「上流階級とは?」ということについて話題になり、いつものように博の少々理屈っぽい意見(これは山田監督の意見なのだが)でしめる形になるのだが、今回はさくらが寅さんのことを「お金で買えないものをたくさんもっている」(それを「愛」だと表現したのは少し唐突だったけど)といって褒める場面が印象に残った。近年流行りの「プライスレス」の奔りが寅さんのライフスタイルなのである。まぁ、何だかんだ言って、寅さんのそういった生活を支えているのはさくらで、リリーへのフォローも、北海道の開拓農家(寅さんが2-3日働いてあまりの辛さに投げ出してしまう)へのフォローも、寅さんの金銭面も、心の拠り所も、全部さくらが支えているのがこの一篇で分かるのだ。あと、ピアノ騒動は面白かったけど、ドタバタもパターン化してきたって感じ。

7. 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 (1982年夏) 第29作目
マドンナはいしだあゆみ。寅さんの悲恋物語。ドタバタもなく、いつもの寅さんとは全く違う雰囲気だったけど、本作は、ある意味で寅さんとは何者か、実はどういう人物なのかということをしみじみと感じさせる素晴らしい一篇であった。寅さんは女性から本気で求められると、受け身になって、すっと自らを引いてしまう。そして自分を「駄目な男だ」と言って一人涙を流す。恋に恋して、恋できない臆病者。それが寅さんなのか。寅さんの流した涙を思い、12歳の満男と同じように悲しくて僕も泣いた。寅さん、あなたはただひたすら優しすぎるのだ。そういう愛があってもいいじゃないか。寅さんが満男に言う。「お前もいつかは恋をするのだろうな。可哀相に」 すると満男が答える。「僕、恋なんかしないよ」と。(10年後の自分に聞かせてあげたいセリフだ)
この回に津嘉山正種がいしだあゆみの元カレで登場する。津嘉山と言えば、オープニングでのドタバタ劇専門でずっと登場していたが、ついに本編昇格かと。彼はその後、『真実一路』でも部長役で登場している。その後のOPドタバタはアパッチけんが引き継いでいる。

8.男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974年冬)第14作目
マドンナは十朱幸代。前半、春川ますみが子供を引き取りにとらやにやってくるシーンが良かった。この回より、おいちゃんが下條正巳に変わって、とらやでのドタバタがかなり抑えられることになる。(ドタバタするのはタコ社長と寅さんくらいかな)下條のおいちゃんは前二人と違って至極真面目。それを察したのか、おばちゃんがところどころでお笑い担当となる。彼女の「あの、何てったっけ、ひげ中顔だらけの、ほら」というセリフは、森川信の「まくら、さくら」を思い起こさせた。
十朱幸代は可愛らしいけど、この頃になると寅さんもあまり入れあげなくなって、あっさりと社会の服部先生(『金八先生』)に譲ってしまうのである。

9.男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980年夏)第25作目
マドンナは3回目の浅丘ルリ子。リリー3作目である。毎度パターンの沖縄編という感じかな。ラストシーンも前回の変奏故に寅さんとリリー、とらやの面々も僕らも、予想通りのお約束なラストにがっかりというよりもひと安心か。。。寅さんの「所帯を持つ」というセリフも現実感が乏しく、正に夏の夜の夢の如き一篇でした。

10.男はつらいよ 僕の伯父さん(1989年冬)第42作目
マドンナは壇ふみ(なのかな?) 『男はつらいよ』もいよいよ満男と泉を中心にしたいわゆるゴクミシリーズに突入。満男もいつの間にか高校卒業。成長したなぁと言っても、この作品もう20年以上前なのね。(当時『男はつらいよ』は中高年向けの正月映画だと思って全く観る気もしなかったなぁと感慨しきり。。) 満男は僕と同世代。この作品の頃、僕は大学生で、彼と同じように無様な青春を謳歌しておりました。愚かだったなぁ。全くもって愚か。思い起こせば恥ずかしきことの数々。そんな自身の歴史を反省しつつ、満男に感情移入しておりました。ただ、満男と博の場面で、どちらかというと博の方に気持ちが寄り添うのは、僕自身が今や高校生の子供を持つ父親だからだろうな。
寅さんも昔みたいな元気はないけど、まだまだ気持ちは若い。老成しつつ、少年のような清い心を持ちつづけているところが寅さんの魅力。その言葉はひたすら誠実なのです。会うは別れの始めか。。。時代はバブルだけど、とらやにそんな雰囲気はないなぁ。

つづく
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-08 22:32 | 日本の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 賀正 2012年 semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 01日

a0035172_2481771.jpg


あけまして おめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします


また忙しい年になりそうです。
今年も頑張ります。

by onomichi1969 @2012年 お正月
[PR]

by onomichi1969 | 2012-01-01 12:18 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

アクセスカウンター