Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 キャンディーズのこと semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 24日

a0035172_12354983.jpgキャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんが逝去されました。

キャンディーズが絶頂期で解散したのが1978年。僕は8歳で小学校の低学年の頃です。当時、僕らの年齢だと、キャンディーズよりもピンクレディーの方が断然人気がありました。キャンディーズの曲は当時の僕らにとって大人すぎたのです。ピンクレディーがインパクトのある覚えやすい歌と踊りで低年齢層を中心として爆発的にヒットしたのに対し、キャンディーズは、アイドルとしての真っ当さであったり、健康的且つ正統なセックスアピールとか、楽曲の良さ、ハーモニーの可憐さとか、いろんな意味で当時のティーンエイジャーの心に深くに残ったグループだったと言えるでしょう。(今ではそのことがよく分かります) 僕も幼心にピンクレディーとは違う、青春の甘酸っぱさを体現したような彼女たちの魅力に少しだけ触れたような気がします。

とはいえ、当時、僕の中で、キャンディーズといえば、『8時だョ!全員集合』や『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』でのコントのイメージが強く、コメディエンヌとしてのランちゃんやスーちゃんが好きでした。解散後に女優に転身した2人ですが、僕の中ではいつまでもキャンディーズの2人というイメージはずっとあって、年を重ねても彼女たちはランちゃんであり、スーちゃんであったのです。(ちなみに3人の中では、一番年下のスーちゃんが好きでしたね)

キャンディーズの曲の魅力については、ここで言うべくもありませんが、初ヒットとなった『年下の男の子』や『暑中お見舞い申し上げます』『やさしい悪魔』『アン・ドゥ・トロア』など、今聴いても心に響きます。青春歌謡的な魅力と共に、晴れやかなポップセンスがありますね。

代表作は、彼女たちの唯一のNo.1であり、実質的なラストソングである『微笑がえし』でしょう。これはとてもいい歌です。懐かしく、爽やかで、切なくて、悲しくて、嬉しくて、いろんな感情が入り混じるような、とても多面的な魅力あふれる楽曲です。3人がセンターを入れ替わりつつ歌い継ぐ姿もいいですね。



女優転身後のスーちゃんの代表作『黒い雨』は学生の頃に観賞しました。白黒の画面の中に浮かび上がる「黒い」雨の色、白い素肌の色がとても印象深く、残酷で辛く悲しいけれど、その中で強く生きる希望もあるいい映画でした。

スーちゃんの死に接して彼女たちの姿を想うとき、とても愛おしい気持ちを抑えられないのは、彼女たちがキラキラと輝いていた時代があり、時が過ぎ、彼女たちも僕たちと同じように経てきた30年以上の年月がある、そういう揺るぎない共有感と信頼感があるからなのだと思います。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by onomichi1969 | 2011-04-24 12:41 | 時事 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 シドニー・ルメット監督逝く semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 10日

a0035172_20391163.jpgシドニー・ルメット監督が逝去されました。

彼の作品は、代表作でありデビュー作でもある『十二人の怒れる男』やポール・ニューマン主演の『評決』のような社会における「正義」の在り方を問うた法廷劇や、『セルピコ』のような警察内部の汚職を告発したドラマなど、社会派と呼ばれることが多いようです。

『評決』は『十二人の怒れる男』と地続きの作品といえます。同じ法廷劇ながら、『評決』にはクライマックスとなる陪審員の採決結果に至る過程が一切描かれず、『十二人の怒れる男』は逆に陪審員たちの審議のシーンのみに終始します。『評決』での陪審員の採決は、それまでの法廷での趨勢(原告側の圧倒的不利)を逆転するもので、ほとんど合理的な裁判の過程を無視した結論とも言えます。そこに貫いているのは「正義」の観念です。アメリカ的な「正義」は、ある意味で「法」を超越します。ポール・ニューマン演じる弁護士が最終弁論で陪審員に対し「法」を超えた「正義」への信を訴えます。証拠だけを見れば原告側の圧倒的不利なのですが、陪審員の採決は、見事にそれ(「法」より「正義」)に答えた形になっているわけです。実にアメリカ的ですね。(これはルメット監督の信念なのでしょう) ポール・ニューマンも調査の過程で正義(という信念)の為なら簡単に法を犯します。正義が絶対なものとしてある、絶対的な神に対峙した個人として、常に「正義」を反芻し、反省する宗教的・倫理的な国民性がある、絶対的な個人としてあるが故の西洋的な「正義」がベースなのです。そういった文化がない日本人には理解しがたい観念でしょうね。

a0035172_20392643.jpgまあ、それはそれとして、僕がシドニー・ルメットの作品で一番好きなのは、実は圧倒的に『狼たちの午後』なのです。僕にとってシドニー・ルメット作品は70年代ニューシネマの中に位置づけられますが、彼は「正義」を希求した社会派監督であると共に、社会生活の中で打ちのめされた人々のカッコ悪い生き様や、反社会的な行為に引きずられながらもそのようにしか生きられなかった人々のヒーローでもアンチヒーローでもない有り様を執拗に描く監督です。『狼たちの午後』はその代表作と言えるでしょう。この作品のアル・パチーノは銀行強盗を犯し、マスコミから反社会的な象徴に祭り上げられるアンチヒーローでありながら、はっきり言ってあまりカッコよくない。銀行強盗を題材にした緊迫感溢れる心理劇か、バイオレンスアクションか、あるいは、アル・パチーノにゴッド・ファーザーばりの冷徹な役回りを期待すると完全に肩透かしを食います。邦題の過剰さがそのようなイメージを無駄に喚起させるのも罪作りと言えます。

シドニー・ルメットは、銀行強盗という非日常的光景の中にも人間的なためらいや怖れ、怯え、恥ずかしさなど、社会との関係性によってくるくると変わる犯人たちの達成感や挫折感を描きます。自分が社会の中でどう見られているのか、その視線を常に意識し、錯覚し、観念する。それは、ほとんどコメディのようです。役者としてはまさに「狼たち」とも言えるゴッドファーザーのコンビ、アル・パチーノとジョン・カザールがコミカルな犯人役を大仰に演じるという違和感にこそ、この映画の面白さがあるのだと僕は思います。

今回、シドニー・ルメットの作品リストを改めて確認して、『オリエント急行殺人事件』と『旅立ちの時』も彼の監督作品だったことに気が付きました。(忘れていたのかもしれませんが、、、)

a0035172_20394658.jpg『旅立ちの時』、実はとても好きな作品です。原題が"Running on Empty"ということで、僕の中では、『孤独のランナー』という邦題の方がしっくりくる、、、というのは全くの余談です。。
この作品は、今は亡きリバー・フェニックス主演の少し変わった青春映画です。主人公の高校三年生の男の子(リバー・フェニックス)は、過去に兵器工場を爆発した罪で指名手配されている左翼過激派の両親と共に、生まれた時からFBIに追われて、名前を変えながら各地を転々とする生活をしています。家族の絆だけが頼りで、社会に疎外された将来の見えない流浪の生活といえます。父親はいわゆるベビーブーマー世代の反体制的な考え方にどっぷりつかった人物です。室内音楽はプチブル的な堕落の象徴で、ロックこそが聴くべき音楽だと言い放つ、80年代中期にしてすさまじい信念の持ち主なのです。それに対して母親は、息子が自分たちの境遇のせいで普通に生活できないことに対し、自責の念に駆られています。さらにリバーにはピアノの才能があり、転校早々に高校の音楽教師に認められてジュリアード音楽院に推薦されたりもするのですが、家庭環境がそれを許しません。彼も母親も自分たちの現在の境遇が未来の可能性を閉ざしているという事実にどうしていいか分からないのです。また、リバーは、その音楽教師の娘と恋仲になります。彼女(マーサ・プリンプトン)がとても可愛らしくて、リバーとのシーンはとても初々しく、晴れやかで、清々しい青春を見事に体現しています。(実生活でも恋人同士だったのですね)

そんな中、FBIの手が近づいてきて、彼と家族はまた逃亡しなくてはならなくなります。彼女にも別れを告げます。(とても切ないシーン、、、) ジュリアードへの道も諦めなければなりません。そして、ラストシーン。家族は決断するのです。

実は『旅立ちの時』の最大の魅力は、リバー・フェニックスその人に尽きると思います。リバーの演技、特に彼の切ない表情がたまりません。 彼と彼女(マーサ・プリンプトン)の出会いのシーン、何気ない散歩のシーン、初めてのキスシーン、自分の思いを告白するシーンなど、それは全て青春のオンパレードとなります。また、マーサ・プリンプトンがとても魅力的で、自分の愛情に正直な振る舞い、彼を一途に思う気持ちが胸を打ちます。それに対し、両親世代には自分たちの生き方に対するほろ苦さがあり、彼ら自身の親との断絶も描かれて、リバーの境遇を通して繰り返される家族の悲劇が僕らの胸を締め付けます。

リバーはとても従順な男の子で、決して両親に逆らわないのですが、そこには彼なりの葛藤があります。熱い気持ちと諦念が同時にあり、それはもどかしくも彼の中で静かに流れていきます。その描かれ方は、反抗の60-70年代とは違うし、現代的な無根拠で等価交換的な若者の振る舞いとも違います。ある意味で、リバーの姿こそ、僕らの世代(80年代をティーンエイジャーとして過ごした世代)の象徴のような気がして、なんとなく心置けない気持ちになるのです。

この家族は、反体制派であり、反社会的な存在の最たるものなのですが、その中にも「愛」があり、そして今や失われた「青春」があります。そして、大人になるということ。その道筋がしっかりと示され、達成されている。実は、とても真っ当な家族の姿だと僕には思えます。 そして、シドニー・ルメット。社会的な自己を描き続けているという意味で社会派の監督といえます。『旅立ちの時』。時代遅れかもしれないけれど、素晴らしい映画です。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by onomichi1969 | 2011-04-10 18:51 | 海外の映画 | Trackback | Comments(2)

アクセスカウンター