Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Mike Bloomfield with Nick Gravenites and Friends "Live at Bill Graham's Fillmore West 1969" semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 11日

a0035172_23155235.jpg60年代後半、ブルーズ・ロックの2大白人ギタリストといえば、エリック・クラプトンとマイク・ブルームフィールドだったと言われている。クラプトンがソロとしてボーカルも取るようになり、ドラッグ療養によるブランクを経て、そのスタイルをアレンジしながら70年代も活躍したのに対して、マイク・ブルームフィールドは、ドラッグから抜け出せず、また、ブルーズに固執したが故に70年代以降は忘れられた存在となった。

そういう存在に僕は何故か惹かれてしまう。
マイク・ブルームフィールドの代表作と言えば、アル・クーパーと組んだ"Super Session"(1968)がある。ブルームフィールドは、体調が悪くてA面のみ参加であったが、1曲目の"Albert's Shuffle"や"Stop"の流れるようなギターソロ、クリアで力強いレスポールの音色がとても印象的で、A面2曲のみでこのアルバムは名作になったとも思える。

ブルームフィールドの作品はこれまでポール・バターフィールド・バンドや『フィルモアの奇蹟』が有名であるが、彼の魅力が思う存分に発揮されたアルバムと言えば、最近再発された"Live at Bill Graham's Fillmore West 1969"、いわゆる『永遠のフィルモア・ウエスト』である。

これはすごいアルバムである。ホワイト・ブルーズの極致である。
全編に渡り、ブルームフィールドのブルージーなギターが冴えわたる。ディストーションの効いた力強い音色と、その力強さの中に響く甘く柔らかい音色。ライブならではの手触り感。1969年のサンフランシスコ、フィルモア・ウエストというシチュエーションも、このアルバムに彩りを与える。

そして、ブルームフィールドの盟友、ニック・グラヴェナイツのボーカルも素晴らしい。ホワイト・ブルーズかくあるべし、とでも言うべき晴れやかで魂のこもったボーカルスタイルである。ブルームフィールドのギターとニック・グラヴェナイツのボーカル。それにホーンやピアノが絶妙に絡む。特に、オープニングのIt Takes Timeや、長尺のBlues on a Westside、One More Mile to Goが個人的にはとても好きな楽曲である。重厚なギターソロが圧巻なKilling My LoveやCarmelita Skiffle、Moon Tune、Mary Annもいい。
楽曲自体も深く、それでいてしつこくなく、ポップな若々しさがある。当時のイギリスの若いブルーズ・バンドとは違う落ち着いた味わいがある。

70年代のブルームフィールドはまだ聴いたことがないので、いくつか聴いてみようかと思う。

1981年、車の中で死亡しているブルームフィールドが発見される。ヘロインの過剰摂取が原因とされているが、実際のところ、彼は80年代を生き抜くすべを持っていなかったのだろうと僕は思う。60年代後半に一世を風靡した伝説のギタリスト。彼は、時代に殉じたロック・ミュージシャンの一人だったということなのだろう。
[PR]

by onomichi1969 | 2011-02-11 23:35 | 60年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Gary Moore "Back on the Streets"(1979) semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 11日

a0035172_21501758.jpgゲイリー・ムーアが他界した。70年代の流れを汲む至高のロック・ギタリスト。ジョニー・ウィンターよりも先に逝ってしまうとは。。。

レスポールの重厚で甘い音色がハイトーンに響く。そして速弾き。僕の中でゲイリーと言えば、シン・リジィの"Black Rose"(1979)が真っ先に思い浮かぶ。スコット・ゴーハムとのツイン・リードは、ポップでハードでクリアに響くギターサウンドの倍音の魅力があった。その流れで彼のソロ・アルバム"Back on the Streets"(1979)もよく聴いた。あと聴いたのは、80年代のライブ盤"Rockin' Every Night - Live in Japan"(1983)や"Wild Frontier"(1987)くらいである。。

"Back on the Streets"は、シン・リジィのフィル・ライノットがボーカルとベースで参加しており、曲によってはシン・リジィそのものとも思える。もちろん、それだけではなく、ゲイリー自らボーカルをとる表題曲やインストの"Hurricane"のようなスピード感あふれるハードな楽曲もいい。あと、メロウな味わいのある"Flight of the Snow Moose"や"Song for Donna"、そしてフィル・ライノットの甘いボーカルをフューチャーした"Parisienne Walkways"『パリの散歩道』(ピーター・グリーンから譲り受けたレスポールでの演奏というのがまた痺れますね)など、この辺りの楽曲にゲイリーの趣味がよく表れているのだろう。

ゲイリーは、1969年に17歳でフィル・ライノットも在籍していたアイルランドのスキッド・ロウというバンドでプロデビューする。長い芸歴のわりに、まだ50代という早すぎる死であった。ご冥福をお祈りします。
[PR]

by onomichi1969 | 2011-02-11 21:28 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 大相撲の問題 semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 06日

大相撲の八百長問題が大きく報道されている。
今日の新聞でも、「前代未聞の不祥事」だとか、「ファンを欺いたつけ」だとかの文字が大見出しとなっている。本当にそうだろうか? これは前代未聞なの? ファンは欺かれたの? 僕はそう思わない。

大相撲とはそもそも「パンドラの箱」だったもの。これまでは、少し開けて、覗き見るだけのものだったのが、ついにそれを全開にしようとしている。そのことの意味をよく考えた方がいい。近年、世の風潮は物事を全てクリアカットにし、あいまいさを排除しようとしている。全てを合理的に考えていくこと、そういう世の流れは理解できるけど、大相撲を勝手にスポーツと規定し、グローバルな定義に当て嵌めること自体がそもそも不可能である。大相撲はそんな一面で捉えられるものではなく、興行であり、伝統であり、祭祀であり、文化であり、勝負であるもの。アマチュアのみがスポーツである。

そんなことは今まで皆分かっていたことではなかったか? 何をいまさらである。それはこれまで国民の合意としてあったものではなかったか? 昭和30年代の栃・若時代の映像を見れば、それが「魅せる」勝負であったことは一目瞭然。その中に「ガチンコ」があり、「温情」があり、「華」あった。それをプロ興行として、我々は認めていたのではなかったのか? 北の海や千代の富士の時代だって同じ。僕には今回の騒動、「国民の転向(裏切り)」に思える。

大相撲の八百長問題はこれまで何度も表面化しており、以前、このブログでも話題にしたことがある。今もその時の意見と変わらない。但し、この流れはもう止められないという諦念がよぎる。悲しいけれど、もう引き返せない。マスコミやネットの論調が世論を形成していく。それが今の正義なのだろう。

大相撲で野球賭博の問題が起きた時、スポーツジャーナリストの二宮清純がテレビで「野球賭博はトバ口であって、本丸は相撲賭博だ」と言っていて、本当かなと思ったけど、捜査の流れは実際そうだったのかなと。報道の流れは別の方に行きそうだけど。
[PR]

by onomichi1969 | 2011-02-06 11:08 | 時事 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター