Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Superfly 『Cover Songs : Complete Best 'Track3'』(2010) semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 16日

a0035172_23344346.jpgSuperflyの60-70年代ロックのカバー集。とても歌がうまいと評判の作品だったので聴いてみた。

確かに彼女の歌唱力は日本人離れしていると思う。ロック調の吉田美和というか、マイルドなアレサ・フランクリンかリンダ・ロンシュタットって感じだろうか。難を言えば、歌い方が多少一本調子にすぎて、ともすると(ヘヴィメタみたいに)声を張り上げてしまう場合がある。そうかと思うと歌い方が定まっていないような、都度ものまねしているような印象も。声に微妙な変化とその独自の色合いと響きが乏しく、故に器用だけど個性がない。選曲のバラエティ、その歌い手達の絶大な個性を思い浮かべれば、彼女の無個性なボーカルは、なんというか平板であっけらかんとしすぎているのである。それはそれで現代的なことではあるけれど。まぁ、凡百の日本人歌手に比べて、その歌唱力は特筆に価するとは思う。特にシャウト系の曲、Piece of My HeartやRock And Roll Hoochie Kooなんかはすごくカッコいいし、ラストのバラードもなかなかしみじみとしていい。歌にソウルがにじみ出てくればもっとそれが彼女らしい個性になると思う。(いきなりアレサとリンダとの比較じゃキツイかとは思うけど。。)

選曲は素晴らしい。
60-70年代ロックの入門盤として聴くなら、その目的を十分に達成した作品だろう。ただ、残念ながら、原曲の良さを彼女独自のボーカルによって味わったり、カバー曲の現代風アレンジを楽しむにしては、少し物足りないかなとも思う。でも、それは仕方がないこと。だって、原曲がジャニス、ハンブル・パイ、フリー、ストーンズ、ジャクソン・ブラウン、ニール・ヤングでしょ。原曲を歌で超えようなんて土台からして無理。このアルバムのようなものは、欧米では絶対に考えられない企画だと思う。幅が広すぎ、ハードル高すぎでしょ。

ジャニス・ジョプリンやスティーブ・マリオットの歌は、歌唱というよりも魂(ソウル)の響きそのもの。自らの魂を削って、それを喉から搾り出し、響きにして僕らに投げつけているようなものなのだ。
ハンブル・パイのHot‘N’Nastyは、彼らの代表的なオリジナルアルバム”Smokin’”のトップを飾り、ライブアルバムの傑作”In Concert”のラストを飾る名曲である。特にライブでのマリオットの歌声は、ソウルフルに響きまくる。彼の歌がその「響き」そのものであることをまさに「痛感」させてくれる最高のパフォーマンスなのである。

この作品を聴いて改めて原曲を聴きたくなる。確かにそういう効果はあるのかなと思った。ジャクソン・ブラウンのLate for the Skyやアレサとキャロル・キングのA Natural Womanとか。よくぞ選んだという感はあるけど、ただ、原曲が歌い手たちの個性の刷り込まれている曲ばかりで、そのイメージが自然と浮かんできてしまうのは、少し彼女に不利かなと思う。Late for the Skyはジャクソン・ブラウンの個性を体現したような歌だから、彼の声から醸し出されてこそのものがあるし。

彼女も経験を積めば、曲に負けない彼女自身の個性が出てくるはず。その時にこそ、カバーアルバムも彼女のボーカルという色で統一され、本当の意味で有りなのだと思う。ちょっと厳しいかなとも思うけど、期待を込めて。

そうそう、日本人でソウルを感じさせてくれる女性ボーカリストと言えば、、、美空ひばりと椎名林檎かな。あとCharaとUA。。。やっぱり個性でしょ。
[PR]

by onomichi1969 | 2010-10-16 23:35 | 日本のロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Steely Dan "Gaucho"(1981) semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 09日

a0035172_0503157.jpg以前、ロキシーミュージックの音楽を形而上学的と称して、その進歩の直線的な止揚の過程を追ったことがある。ロキシーと同様に70年代から80年代にかけて音楽的な完全性を求めて進歩を突き詰めたバンドといえば、スティーリー・ダンの名前を挙げない訳にはいかないだろう。

スティーリー・ダンの代表作といえば、"Aja"『彩(エイジャ)』(1977)ということになろうか。"Can't Buy A Thrill"(1972)のデビュー以来、彼らは、独自のサウンド・クリエイティビティとテクニックを洗練させていき、アルバム毎にそのクオリティを上げていった。"Katy Lied"(1975)から"The Royal Scam"(1976)を経て、彼らは、音楽の形式をほぼ確立させ、"Aja"『彩(エイジャ)』というアルバムにその完成させたスタイルを結実させることになる。

Black Cow→Aja→Deacon Blues と繋がるA面の完璧な流れ。B面の最初を飾るPegの洗練と斬新。そして最後のWhen Josie comes home, so goodの残心。どれも印象的な曲でありながら、アルバムとしてひとつの流れを形成している。流れの中で曲は微妙に姿を変えつつ全体として調和していく。アルバムと曲の流れの中に平衡した系。流れが流れつつもバランスを保った系。そう、これは生命の本質的な姿でもある動的平衡。人間の生命がある種の完璧な系であるのと相似的にこのアルバムが完璧であることを印象づける。

人は完璧を求めれば求めるほど、シンプル化を徹底せざるを得ない。これは一般的なこと。複雑になればなるほどそのエントロピーは拡散の方向に向かい、物事は収拾が付かなくなる。シンプルであれば、物事は制御しやすいだろう。ロキシーミュージックもスティーリー・ダンも基本は音楽をシンプル化することの中でその音楽性を進歩させてきたと思える。そこにアルバムとしてのバランス、生成と消滅の平衡としてのバランスを持ち込むことにより、"Aja"『彩(エイジャ)』(そして、ロキシーで言えば『アヴァロン』)はアルバムのトータルとしての完璧さを実現したのだと思える。

"Aja"『彩(エイジャ)』の面白さは、そのディテールにもある。それぞれの曲のソロ演奏の巧みさが曲全体に実に絶妙な彩(いろどり)を添える。それが楽しい。が、それは劇的すぎる、、とも感じる。

スティーリー・ダンは、"Aja"『彩(エイジャ)』で彼らの音楽性を極めた。それは一般的な評価だろう。但し、"Aja"『彩(エイジャ)』は彼らの最終作ではない。本来、彼らの一つの頂点と言える作品、それは、"Gaucho"『ガウチョ』(1981)になるはずだったのではないか。。。

その冒頭。ゆったりしたリズム。自然に繰り返され、敢えて変化を抑え、バランスされるループ。Babylon Sistersを聴けば、彼らがこのアルバムで目指したもう一段上の極みを見出すことができる。自然との快い調和と微妙な緊張感、生成と消滅の流れと平衡という、人間の本質であるが故に人間にとっての完璧な音楽イメージがここにある。変化がないからこそ、曲は時間を超えて、過去の作品を、そのフレーズと変化を、彼らの音楽的な過程を必然的に想起させる。

Babylon Sistersこそは、彼らの渾身の1曲だったに違いない。想像力の音楽。

しかし、Babylon Sistersの完璧さはアルバムという流れの中で最初の1曲目のみに止まり、2曲目以降に続いていかなかった。2曲目以降の凡庸さは、アルバム製作に関わる幾多のトラブル(マスターテープの消失やキース・ジャレットによる盗作の訴え)やウォルター・ベッカーの不調がアルバム自体の出来に反映されたものと思える。

一般的に言って、"Gaucho"『ガウチョ』は"Aja"『彩(エイジャ)』程に評価を得ていない。アルバムをトータルとしてみれば、その完璧さという観点において、それは妥当な評価というものだろう。結局のところ、彼らは"Aja"『彩(エイジャ)』というアルバムを超えられなかった。完璧さは、その頂きにおいて崩壊していく運命だったのかもしれない。Babylon Sistersを頂点として、完璧さが崩壊していく過程。それが、"Gaucho"『ガウチョ』(1981)というアルバムなのだろうか。それはそれでひとつのプロセスであり、逆にBabylon Sistersという曲をより美しいものにみせているとも思える。


a0035172_0511282.jpg

[PR]

by onomichi1969 | 2010-10-09 23:03 | 80年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Police "Outlandos d'Amour"(1978) semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 06日

a0035172_22142625.jpgイギリスのスーパートリオ ポリスの1stアルバムにして、最高傑作。高度な技術に裏打ちされたスピード感あふれる演奏と晴やかなポップチューン。特に演奏は、スチュアート・コープランドのドラミングが曲ごとに個性を発揮していて、疾走するタム回しもカッコいいし、スネアとハイハットのコンビネーションによる硬質なリズムもいい。やっぱり一番は2曲目の"So Lonely"だろうか。この曲はポリスの良さが詰った名曲であると共に70年代後半のニューウェイブを代表する楽曲だと思う。

前述のスチュアート・コープランドのドラムに絡むのはアンディ・サマーズの緻密に構成された変幻自在な分散和音中心のギター演奏、神経症的にエフェクトされたギターソロである。そしてスティングの軽快且つテンポよく響くベース音。極めつけはスティングのこの時期特有の高音域で押しまくる突き抜けたようなボーカルである。特に"So Lonely"後半のテンポを落としてから段々と盛り上げていって、最後にサビに繋がるところの息苦しい程に性急な展開はメチャクチャカッコいい。スティングの絞り出すような高音はまさに"So Lonely"仕様とでもいうべき、この時期に特有のもので、これ以降のアルバムではもう聴くことはできない。このアルバムはスティングにとって最も声の状態がよかったのだろう。声というのは徐々に衰えるものだ。ブライアン・ウィルソンやマライア・キャリー、ケイト・ブッシュ、リチャード・マニュエルも同様で、彼らの初期のアルバムに価値があるのは、その最良の歌声が記録されているからだと僕は思う。

"So Lonely"を含めた出だし3曲("Next You"→"So Lonely"→"Roxsanne")の高い完成度と衝撃度がこのアルバムの、そしてポリスの全てを物語っているとすら思える。続く中盤の2曲"Peanuts"と"Can't Stand Losing You"もよい。ここではスティングのベースがうねりながら軸となり、3人の演奏力とアンサンブルのバランスの良さを見せ付ける。"Born In The 50's"はサビが凡庸すぎるけど、サビ以外のところは気合いが入っていてよい。

ジャズプレイヤーのスティングとプログレバンドでドラムを叩いていたスチュアート・コープランドと大学で音楽を専攻していたアンディ・サマーズがバンドを組む。ポリスという分かりやすいだけの「??」なバンド名も、当時流行のパンク調の楽曲を取り入れたことも、彼らなりの売れる為の戦略だったという。バンド名はともかくとして、彼らがパンクを売りにしたことは今にして思えば絶妙の選択であり、大正解であったと僕には思える。その後のアルバムで徐々に彼らが本当にやりたかった音楽に移行していき、最終的には個々の趣味の違いにより袂を別つことになるわけだが、彼らの本当にやりたかったことが彼らにとっての(ロックにとっての、僕らにとっての)最良の選択だったとは必ずしも言えないのではないか。これは人生も同じで、最もやりたかったことが最良の選択であるとは限らないわけで、逆に人から懇願され期待されて選んだ道こそが最良の選択の場合もあるのだ。

1stアルバムは、ポリスの最高傑作だと僕は思う。彼らが売れる為に選択した戦略がポリスというトリオの個性に最もフィットしたスタイルを生み出したのだ。それはちょっとした異質の配合であり、違和であり、思いもかけないものだったのだろうけど、それこそが、ある意味で名作が生み出される必要条件なのかもしれないと思った。
[PR]

by onomichi1969 | 2010-10-06 22:32 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Bob Dylan "Modern Times"(2006) semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 03日

a0035172_23554375.jpgこのところ、音楽各誌で発表される00年代を総括したベストアルバムの選出企画でいずれも上位にノミネートされ、ミュージックマガジン誌に至っては、ここ10年で最も優れたアルバムに選出されたのがBob Dylan の"Modern Times"(2006)である。前作"Love and Theft"(2001)も同様に評価が高い。

僕は"Modern Times"と同時期に"Love and Theft"を聴いたので、この2枚のアルバムの印象は近い。楽曲的には、60年代の『追憶のハイウェイ61』や『地下室』あたりで頻繁に演奏されたディラン調のロック&ブルース、現代風にアレンジされたこれも昔ながらのフォーク調バラード、トム・ウェイツ風のクラシカル・ミュージカル調のバラード、、、これらの曲を以前よりも数倍しわがれたディランの声が歌う。構成はこの繰り返しであり、単調である。ディランというのは改めて引き出しが少ない人なのだなぁと別の意味で感心するくらい。

この2枚のアルバムを僕は一時期よく聴いた。アルバムは単調のわりに飽きなく、くり返し聴かせるだけの十分な魅力があり、聴けば聴いただけの新たな発見があったから。ただ、これはディランの過去の名作に共通することであり、最新2作品に限る話ではない。言ってみれば、この2枚のアルバムは60年代の自分の作品をセルフカバーして現代風に焼き直ししたものとも思える。そこに本質的な新しさはあまり見出せないが、あるとすれば、彼の極端にしわがれた声とその多少リラックスした歌う姿勢だろうか。まぁそれが今の70歳を目の前にしたディランの変わりようもないロックであり、ある意味で、ディランにしか表現できないロックというものの未踏の最先端なのだから、僕らは素直にそれを受け入れるべきなのだろう。

00年代のディランがこれまでの不遇の20年間を取りもどすようにセールス的にも高い評価を受けているのは、彼が指し示す「最先端のロック」が未知の領域として評価されている所以なのだろうか。70年代後半にフーのピート・タウンゼントが映画『キッズ・アー・オール・ライト』の中で「おやじのロック」の到来を高らかに宣言した時、彼はまだ30代も半ばだった。それが今や、60歳を優に超えたディランやストーンズに代表される「おじいちゃんのロック」に行き着いた。これが限界であろうか。何事にも限界はあって、ロックにもアビリティとしての限界はある。それを抱える真摯さこそがロックの正しい捉え方なのだと僕は思う。

ディランは、90年から7年間自作曲のスタジオ・アルバムを作らない時期があり、そのことに関してインタヴューで「過去にいっぱい曲を作ったので新曲を作る必要を感じない」と発言している。00年に入り、彼は過去にいっぱい作った曲を再生産するように新曲を生み出していく。02年からはギターを弾かず、キーボードを担当するようになった。そういう意味でディランは変わった。キースも変わった。ミックはかなり以前より変わっていた。

ロックが年輪となった時代。それが現代である。みうらじゅんがこう言ったという。「もしディランのアルバムをどれか一枚聴こうと思うなら、ディランが今の自分と同い歳の時に作ったアルバムを聴け」 それは正しいような気もするが、その考え方に従えば、ロックはもう少しで完全にカッティングエッジを失うだろう。それをかろうじて抱えているのがボブ・ディランやストーンズだという現代。それを30年前に予言したピート・タウンゼントはすごいよ。悲しいけど、すごい。

僕は今40歳だから、ディランで言えば「ゴスペル三部作」ぐらいか。不遇の時代の始まりですな。

a0035172_23563052.jpg


[PR]

by onomichi1969 | 2010-10-03 16:39 | 00年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ゼロ年代アルバム・ベスト 参考情報<日・英・米> semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 03日

ミュージック・マガジン2010年6月号 ゼロ年代アルバム・ベスト100[洋楽編]
2000~09年のゼロ年代の10年間の音楽をミュージック・マガジン執筆陣50名の投票で決定したとのこと。以下に20位までを示す。

01. Bob Dylan / Modern Times
02. Tinariwen / Aman Iman: Water is Life
03. Rufus Wainwright / Want Two
04. Wilco / Yankee Hotel Foxtrot          
05. Brian Wilson / Smile             
06. D'Angelo / Voodoo              
07. Antony & the Johnsons / I Am a Bird Now
08. Manu Chao / Proxima Estacion: Esperanza
09. Sufjan Stevens / Illinoise
10. Joe Henry / Civilians
11. Randy Newman / Harps and Angels
12. Bjork / Vespertine
13. Arcade Fire / Funeral
14. Animal Collective / Feels
15. Dirty Projectors / Bitte Orca
16. Sonic Youth / NYC Ghosts & Flowers
17. The Strokes / Is This It
18. Joni Mitchell / Travelogue
19. M.I.A. / Arular
20. Samira Saeed / Ayaam Hayati


ちなみに英UNCUT誌による00年代ベスト・アルバムTOP20は以下。

01. The White Stripes / White Blood Cells
02. Bob Dylan / Love and Theft
03. Wilco / A Ghost is Born
04. Brian Wilson / Smile
05. The Strokes / Is This It
06. Robert Plant and Alison Krauss / Raising Sand
07. Arcade Fire / Funeral
08. Bob Dylan / Modern Times
09. Ryan Adams / Heartbreaker
10. Fleet Foxes / Fleet Foxes
11. The Flaming Lips / Yoshimi Battles the Pink Robots
12. Portishead / Third
13. Gillian Welch / Time (The Revelator)
14. Primal Scream / XTRMNTR
15. Radiohead / In Rainbows
16. LCD Soundsystem / Sound of Silver
17. The White Stripes / Elephant
18. Kate Bush / Aerial
19. Bruce Springsteen / The Rising
20. Amy Winehouse / Back to Black


あと、米Rolling Stone誌が発表した00年代のベストは以下。

01. Radiohead / Kid A
02. The Strokes / Is This It
03. Wilco / Yankee Hotel Foxtrot
04. JAY-Z / The Blueprint
05. The White Stripes / Elephant
06. Arcade Fire / Funeral
07. Eminem / The Marshal Mathers LP
08. Bob Dylan / Modern Times
09. M.I.A. / Kala
10. Kanye West / The College Dropout
11. Bob Dylan / Love and Theft
12. LCD Soundsystem / Sound of Silver
13. U2 / All That You Can't Leave Behind
14. JAY-Z / The Black Album
15. Bruce Springsteen / The Rising
16. Outkast / Stankonia
17. Beck / Sea Change
18. MGMT / Oracular Spectacular
19. Amy Winehouse / Back to Black
20. The White Stripes / White Blood Cells


というわけで、00年代の音楽は全く未知の領域なので、殆ど知らないミュージシャンばかり、、、と思ったら、ボブ・ディランですか。。
この10年で最も評価されたのがディランのアルバム2枚だというのはすごく驚きである。もちろんこの2枚は共に素晴らしいアルバムであるけれど、00年代を代表する作品だと言われるのには少し抵抗があった。まぁ、これもここ10年のロックシーンがどんなものであったのかが透けて見える現象なのかもしれないけれど。

実力派が頑張ってますね。ランディ・ニューマン、ロバート・プラント、U2、ブルース・スプリングスティーン、ケイト・ブッシュ、そしてブライアン・ウィルソン! (ケイトの最新作は未聴だったので、早速、、、)
[PR]

by onomichi1969 | 2010-10-03 15:40 | ランキング | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター