Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 誰も知らない semスキン用のアイコン02

  

2010年 03月 09日

a0035172_23501297.jpg是枝裕和監督の映画『誰も知らない』である。
2000年以降の日本映画の中で、僕にとっては、『ユリイカ』や『トウキョウソナタ』と並ぶ秀作である。なんというか、個人的な感動や感傷を超えた普遍的な問題意識を喚起する作品として、現代的な心情の問題を突きつける衝撃的な作品として、それでいて心揺さぶられる個人的に切実な作品として、その多面さにおいて、僕の中で印象が深い。

『誰も知らない』は、登場人物達の絶対的などうしようもなさを残酷なまでにリアルに描ききった作品である。親たちは何の悪気もなく、子供を突き放し、結果的に彼らを疎外する。そのどうしようもなさ。その衝撃。そして、子供たちは何の屈託もなく、親たちを赦し、結果的にそういう社会を自明のものと受け入れる。そのどうしようもなさ。その衝撃。

カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』や『日の名残り』の主人公たちを思い出す。彼らは自らの運命を受け入れ、そこから決して逸脱することがない、限定された世界の住人たちである。彼らの独白は、限定された世界から決して外れない、彼らの世界観の中でこその語り、その絶対的な記憶であるが故に、僕らにある種の違和と共に欠落を想起させた。
それが『誰も知らない』の子供たちにも言える。諦念という言葉では当てはまらない現代的な心情、そのどうしようもない底の浅さと生来的な欠落を感じさせる。

しかし、全く救いのない物語の中に、子供たちの生き生きとした姿を感じてしまう(『空気人形』の人形と同じに)、そこで描かれる救いとは一体何だったのだろう。彼らが否応もなく受け入れた世界。それを自明のものとして引き受ける逞しさとアカルさに現代的な救いと希望を感じてしまう。ある種の恐ろしさをセットにして。。。2004年日本映画
[PR]

by onomichi1969 | 2010-03-09 00:08 | 日本の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 空気人形 その2 semスキン用のアイコン02

  

2010年 03月 08日

a0035172_2324171.jpg以前、『空気人形』のレビューで僕はこう書いた。

「『空気人形』は、心を持ってしまった空気人形のお話。空っぽなのに、心を持ってしまう、空気人形。心を持つって、一体どういうことなんだろう? 心って何だろう? 空っぽの心って? 空っぽって??空っぽな人間と空っぽな空気人形。でも、本当に空っぽなのは、空気で出来ている空気人形だけ。僕らは実体として空っぽなわけではない。もっと得体の知れない機能のかたまりとしてあるもの。でも、人間として、関係としてあるとき、人は空っぽになる、ような気がする。そして、空っぽに耐えられず、それを埋めたいと願う」

しかし、最近、こう思う。
やっぱり、人間は根本的に空っぽになりつつあるのかな、、、と。

それは何故か? ということは、別のレビュー(これあれこれもか)にも書いたのでここでは省略。。。
実際のところ、今、心の問題というのは、本来、ある種の欲望や抑圧やそれらの葛藤によって成り立っていたもの、心の闇とか心の病と言われていたものが、その解析すらもできないような薄っぺらでスカスカなものに変わってしまったことに問題の核があるのではないだろうか。それを今や「動物化」とか、「底が抜けた」とか言うのだろうけど。

フロイトは、後期の自我構造論の中で、心というのは、意識上の自我(ego)とそれを抑圧するエス(es)、超自我(superego)及び、それらを常に更新していく外界(他者)との相互作用であると規定した。エスとは、無意識下の欲望、快感に基づく衝動。超自我とは、エスを抑圧する無意識下の内的規範であり、それは自律的にエスを抑制してバランスするものとしてある。(心の中の悪魔と天使、無意識下の邪心と良心みたいなものか) さらに、「人間の欲望、それは<他者>の欲望である」という言葉があるように、そもそも欲望というのは他者の承認を求める欲望である。よって、エスにしても、超自我にしてもそれらは常に外界(他者)との接触により更新され(内面化され)るものである。従来、心というのは、左記のようなモデルで理解され、個人の歴史(過去の経験)をもとに分析されてきた。心の病や心の闇というものは、無意識下にどのようなバランスの崩れがあるのか?その原因として、どのような経験が無意識下の抑圧(トラウマやコンプレックス)となっているのか?それを心理療法によって引き出し、その「得体の知れなさ」こそを分析してきたのである。

しかし、今、心の問題はそのように分析できない、底の浅い、薄っぺらでスカスカな問題として、どうしようもなく存在している。

『空気人形』は「得体の知れなさ」に否応なく囚われつつ、空振りをする人々を描いている。空気人形をそういった人々を相対化する空っぽの存在としてみれば、この映画はそのような映画だと今でも思える。

ただ、僕は、ペ・ドゥナ演じる空気人形そのものに、その生き生きとした姿に惹かれてしまったのだ。どうしようもないものとしてある、空っぽで薄っぺらでスカスカな空気人形に愛おしさを感じてしまったのだなぁ。ナントイウコトカ。そこにアカルイ希望はあるのかな。でも、それにしては、僕らの象徴たる空気人形とって、あまりにも寂しく儚いラストだったような。。。2009年日本映画

a0035172_23261417.jpg

[PR]

by onomichi1969 | 2010-03-08 23:44 | 日本の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ある日どこかで "Somewhere in Time" semスキン用のアイコン02

  

2010年 03月 06日

a0035172_22494237.jpgジェーン・シーモアが美しく、クリストファー・リーヴが颯爽としている。そして儚い。1980年のラブストーリー。
『ある日どこかで』”Somewhere in Time”は、恋愛のカルト映画と呼ばれ、熱狂的なファンもいるらしい。確かにストーリーは奥行きに乏しく、プロットは破錠している。けど、惹きつけられる。それも確かだ。

冒頭、1972年、年老いたエリーズが若きリチャード・コリアーの前に現れ、”Come back to me”と囁く。その夜、彼の処女作の脚本を胸に抱き、ラフマニノフ『パガニーニのラプソディー』を聴きながら、グランド・ホテルの一室で彼女は静かに息を引き取る。
数年後、リチャードが偶然に立ち寄ったグランド・ホテルで若きエリーズの写真を見つけ、彼女に惹きつけられる。68年前の写真の彼女に恋をする。彼はタイムトラベルの末、1912年のグランド・ホテルで公演中の女優エリーズに会う。リチャードとエリーズの湖畔での邂逅。近づくリチャードの姿にエリーズが思わず呟く。”Is it you?” この一言が全てだった。

最初はリチャードに対して不審を感じ、つれない態度のエリーズだったが、徐々に彼の誠実さに惹かれていく。早朝の誘いから午後のデート。湖畔の語らい。ボートで彼が口ずさむラフマニノフのラプソディー。(当時まだ発表されていなかったこの曲が懐中時計と共に彼女にとっての想い出の形見となる。) そして、2人の最初のキスシーンと舞台からの告白。”I love you”  そして、写真、彼女の笑顔の先には彼の姿があった。
その後、不慮の別れを乗り越え、愛を確かめ合う2人。永遠へと繋がる至福の時が訪れる。ところが、、、1979年のコイン。彼の名前を叫ぶエリーズ。その姿が遠のく。
そして、、、グランド・ホテルの部屋に佇むリチャード。衰弱の末に天に召される。

全ては彼の一夜の幻想だった、、、と言ってもいいし、1980年時点において、彼の衰弱死は単なる虚妄と錯乱の結末でしかない。
しかし、だからこそ、僕らはこの物語に惹きつけられるのではないだろうか。ただひたすらに彼女の美しさに惹かれたリチャードのように。それを受け止めたエリーズのように。その幻想を美しき物語に。1980年アメリカ映画

a0035172_22503093.jpg

[PR]

by onomichi1969 | 2010-03-06 23:04 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター