Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 セントアンナの奇跡 "Miracle at St.Anna" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 09日

a0035172_20573387.jpg素晴らしい映画。胸にグッとくる物語。とてもイイ話だと思った。<以下、ネタバレあります>
村上春樹が『1Q84』の中で「物語」についてこう言っている。「それは理解できない呪文が書かれた紙片のようなものだ。時として整合性を欠いており、すぐに実際的な役には立たない。しかしそれは可能性を含んでいる。いつか自分はその呪文を解くことができるかもしれない。そんな可能性が彼の心を、奥の方からじんわりと温めてくれる」 
この映画で語られる物語も最初は「理解できない呪文」のようだった。それが最後の最後に大事なところで繋がったように見える。実際のところ、セントアンナの大虐殺が絡んだ少年の過去も、詩を読むナチス将校の役割も、パルチザンの存在によってナチス親衛隊とアメリカ黒人兵部隊が結び付けられる、彼らの行く末も最後に明らかになる。しかし、登場人物達の様々な思いであり、愛憎という形で散りばめられたパズルのピースは、全て埋まらずに終わる。なぜなら、この物語の登場人物の殆どが死んでしまうから。
英語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語が飛び交う。国籍を超えて、彼らはそれぞれのナラティブを生きていることをこの映画は確実に伝える。戦争はそういった個人が紡ぐ歴史の全てを大量死の中で奪い取ってしまう。昨今の戦争映画の中では、クリント・イースウッドの『父親たちの星条旗』や『硫黄島からの手紙』が戦争という不条理の下でもあくまで個人の歴史に焦点を当てた秀作であった。その中で、戦争とは喪失の物語である、と同時に物語の喪失なのだと僕らに伝えられる。
『セントアンナの奇跡』が素晴らしいのは、そのような喪失の中にこそ「奇跡」を描いてみせたことだと僕は思う。奇跡とは何か? それは、生き残った黒人通信兵の存在である。彼は少年に生かされ、ナチス将校に生かされる。また少年はチョコレートの巨人に生かされる。逃亡を幇助したドイツ兵によって生かされる。彼らによって紡がれる生の可能性こそがこの物語の呪文を解く鍵なのだろう。奇跡は人々の祈りによって生み出され、微かだけど確かな光を未来に指し示す。
最後の銃撃戦は、イタリア・トスカーナ地方の小さな村の住民たちを否応なく巻き込む。傷ついた少年を胸に呆然と佇むチョコレートの巨人。想いの人の名を叫ぶ女性。支えあう人々。それらは直ぐに背景となり、登場人物達の壮絶な最後が描き出される。ここで物語は一度喪失し、僕らは人を想うことのかけがえのなさを切に感じ、それが失われることに涙する。しかし、「奇跡」は起こる。本当のラストシーンで、僕は差別や偏見、そして、憎しみを超えて紡がれた命に、「奇跡」が指し示す希望という明るい未来に、涙を禁じえなかった。

最後に、、、イタリアの名優、『父パードレ、パドローネ』、『グッドモーニング・バビロン!』のオメロ・アントヌッティを久々に観たけど、いい味を出しているね。オメロ・アントヌッティとアメリカの黒人俳優達がトスカーナを舞台に共演する。戦争によって引き起こされた特異的な空間、つかの間のユートピア、そもそもの違和感が画面にも十分に現れていて、これこそスパイク・リーの映画なんだなぁと感じた。ジョン・タトゥーロのチョイ役の刑事もあり。彼もスパイク・リー作品の常連だった。2008年アメリカ映画
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-09 21:10 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 恋のためらい/フランキー&ジョニー "Frankie and Johnny" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 09日

a0035172_12114148.jpg『スカーフェイス』の2人がこんなことになるとはね。まったく。このころのミシェル・ファイファーは可愛らしさがあってよかった。
1991年アメリカ映画(2002-03-01)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-09 12:24 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ "The Fabulous Baker Boys" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 09日

a0035172_12211833.jpgこのころのミシェル・ファイファーって最高にいい女だよね。ジェフ・ブリッジスもいかにもって感じのやさ男ぶりもよかったな。正直いって10年前くらいに観たのであまりストーリーを思い出せないんだけど、とても雰囲気があって、純粋な恋愛映画ではないけれど、グッド・バイブレーションを感じさせる映画でした。1989年アメリカ映画(2002-03-24)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-09 12:24 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 レディ・ホーク "Ladyhawke" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 09日

a0035172_11463612.jpga0035172_11465617.jpg
ミシェル・ファイファーとルトガー・ハウアーが素晴らしい。
もさっとして、それでいて軽々しいファンタジーアクション映画。確かにその通りですね。
80年代特有の陳腐なバックミュージック。確かに。。。
でも、僕は好きだなぁ。ミシェルとルトガーという孤高かつ美的なカップリングの妙。それはまた動物的な御姿を持つ二人の孤高性でもある。そりゃなんてったって鷹と狼なんだからね。間を取りもつ語り部たるマシュー・ブロデリックの独白も僕は良かったと思いますよ。呪術に捉えられた二人が異形の相手を思いやる姿、人間に戻った二人が抱き合うラストシーン。ラブストーリーとしてもなかなか魅せます。MTV的なスタイリッシュさは『ストリート・オブ・ファイヤー』に通じるものがある。良くも悪くも80年代的センスでしょう。1985年アメリカ映画(2004-10-09)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-09 12:23 | 海外の映画 | Trackback | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 シルバラード "Silverado" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 09日

a0035172_11564787.jpgローレンス・カスダンズ・オールキャストによる80年代の西部劇。
やっぱり『再会の時』(The Big Chill)の影響か、日本でいう団塊の世代、ベビーブーマー達が若き日の挫折や心の傷を抱えながら、家族や仕事という世間的な安定に対する無意識の不安と常に葛藤し、自らの心の支えとなるべく「精神」を確立しようともがき奮闘しつつ、極悪牧場主に立ち向かう、、、という感じでしょうか。
まぁこれは半分冗談ですが、実際、とても若々しく、颯爽としたニューウェイブ西部劇に仕上がっていると思います。ケビン・クラインやスコット・グレンにはまだまだ西部劇の主人公たる圧倒的な存在感がなく、なんとなく弱々しいところもこの世代の西部劇らしいですね。1985年アメリカ映画(2004-10-09)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-09 12:00 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 死の接吻 "A Kiss Before Dying" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 01日

a0035172_1444245.jpg小説を読めば、その冒頭ですぐに分かることだと思うので言っちゃいますけど、この映画の原作は叙述トリック(というかフーダニットかな?)をメインにしたミステリーの名作です。おそらくレンタル店等でこの映画を手に取った人の動機の多くは、「ほんとに映画化できるのかよー、どれどれ。。。」と言ったところではないでしょうか。僕もそうでした。(我らがマットとショーンの共演というのも理由のひとつですが。。。)
実際に観たのはもう10年くらい前になるので、いまいち記憶もあいまいなのですが、僕の印象としては「それほど悪くはなかった」というところです。実際、原作の一部叙述を無視すれば映画化も可能なのだなぁと感心したものです。3姉妹→双子に設定変更っていうことで丸ごとゴソっと抜けているところもあるけど、それもまぁ仕方ないかなと。
叙述トリックのミステリーと言えば、クリスティのあの作品やアイリッシュのあの作品がありますよね。でも叙述トリックは日本の方にも名作が多く、筒井康隆のあの作品とか、綾辻行人のあの作品やあの作品とか、我孫子武丸のあの作品とか、去年(2003年)話題になったあのミステリーもありますねぇ。まぁいろいろありますけど、日本の名作ということで左記に挙げた作品は絶対映画化できない!でしょうね。これは断言できます、、といっても何がなんだかよく分からないか;; 1990年アメリカ映画(2004-01-26)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-01 14:18 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ブラザー・サン シスター・ムーン "Brother Sun, Sister Moon" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 01日

a0035172_1351543.jpg今ではこんな作品を作る人はいないだろうな。
70年代前半になぜこのような映画が作られたのか?宗教というのは一つの生き方だとは思うが、あの挫折の時代(70年代)において、敢えて神の名のもとに、確信的に所有を否定する考えは、やはり一種の逃避としか思えない。この作品に見られるフランチェスコのような聖者像や彼に従って若い青春を抑圧する信者には、いまでは多くの人が共感し得ないだろう。
若さ故の自意識の表出というのは、とても自然なことだ。そこでの挫折を僕らは「青春」と呼ぶが、生き難さの抑圧の中でも僕らは真っ当に生きることを目指して、社会における様々なエロスと抑圧を引き合わねばならないのだ。僕らは21世紀の高度資本主義社会に生きる者として、自明の抑圧に耐え、その中でささやかな生きていく欲望を見出だすのみである。青春を抑圧するところに哲学はない。。。

と今では思うが、この映画を観た10数年前には、違和を感じながらもその清清しさに心を動かされたような気もする。実のところ。。1972年イタリア・イギリス映画(2003-10-18)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-01 13:52 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ダウン・バイ・ロー "Down by Law" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 01日

a0035172_13401251.jpgトム・ウェイツは、当時「レイン・ドッグス」を出した後。僕自身もこの知る人ぞ知る傑作アルバムに痺れていた頃だったので、へぇ役者もやるのかぁ、いいかもね、なんて感心したものです。
さて、映画の話ですが、当時、ジャームッシュ的なノリが新しいものとして登場して、世間を席巻していました。反ハリウッド、反商業大作という風潮は、映画に関わらず、音楽の世界でも10年に1回くらい押し寄せる景気の波みたいなものです。ただ、ジャームッシュの映画に関していえば、僕自身には、どうもぐっとくるものがなく、特に「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「パーマネント・バケーション」なんて、退屈なだけの映画としか印象に残りませんでした。
70年代のアメリカンニューシネマがアンチヒーローのノリだったのに対し、80年代の中期に興ったこのノリは、カッコよく言えばノンシャラン、向うべきところのない足掻きを忘れた無気力といってもいいものでしょう。確かにセンスがあってカッコいいけど、ただそれだけ。生き難さに捉えられることなく、逃避を繰り返す80年代ポストモダン的風潮が産み落としたものだと言うこともできるかもしれません。確かにその世界観は正しいかもしれないけど、そこにはその世界で真っ当に生きるための道筋が全く見えない。彼らのセルフストーリーが全く見えないのが不満だったです。
こういう感想が今や正しいものなのかは分かりませんが、僕は映画の中に彼らの足掻きが見たい、ストーリーを感じたい。それが映画作家の真っ当な姿なのだと思うのです。ちなみに「ダウン・バイ・ロー」に関して言えば、ベニーニやトム・ウェイツがわりといい味を出していて、ちょっと気に入ってたりして。あれ? 1986年(アメリカ・西ドイツ映画)(2003-10-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-01 13:42 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 タンデム "Tandem" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 01日

a0035172_13272021.jpgラジオのクイズ番組司会者と助手兼運転手の友情を描いたロードムービー。

かつての栄光と現在の凋落、そのことに一番自覚的なのは、おそらく主人公のミシェルだったのだろう。

村上春樹の名作「ダンス・ダンス・ダンス」の一節を思い出す。「踊り続けるんだ。なぜ踊るかなんて考えちゃいけない」
踊り続けることが辛くなった時に、初めて僕らはその意味の不毛さに辿り着くのだろうか。だけど、意味の不毛さなんて最初から知っていたんじゃないのか。ただそれを見ようとしてこなかっただけで。僕らに必要なのは踊り続けるために日々備えること。 そのささやかな行為自体が大切な場合もあるのだから。。。

そんな声が聞こえてくる。

1987年フランス映画(2003-10-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-01 13:30 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ラスト・ショー "The Last Picture Show" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 01日

a0035172_12441741.jpgシビル・シェパードがめちゃめちゃ可愛かったね。白黒の映画だったけど、そこだけ輝いていたような。1971年アメリカ映画(2003-09-07)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-01 12:45 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター