Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 The Band "The Band"(1969) semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 28日

ローリングストーン誌(日本版)の2月号に"100 Greatest Singers of All Time"という特集があって、ふむふむと思って見てみると、1位がアレサ・フランクリン!2位がレイ・チャールズで、以下は次のような順位だった。

3位 エルヴィス・プレスリー
4位 サム・クック
5位 ジョン・レノン
6位 マーヴィン・ゲイ
7位 ボブ・ディラン
8位 オーティス・レディング
9位 スティーヴィー・ワンダー
10位 ジェイムズ・ブラウン

至極妥当な順位だと思う。特にアレサの1位は納得で、僕が選んでも彼女のトップ3は外せないだろう。さすがローリングストーン誌である。

順位が下がってくると、日本ではあまり馴染みがない人も入っていたりして、このあたりにオールド・アメリカンっぽい選定の特徴が見られる。そして、91位にいましたよ。リヴォン・ヘルムが。

残念ながら、ザ・バンドからはリヴォンのみのエントリーだったけど、僕がトップ10を選ぶなら、リチャード・マニュエルとリック・ダンコは必ず入れるだろう。僕の中でリヴォンは3番手なんだな。でも、リヴォンを推薦している以下の文章にはすこしグッときた。

リチャード・マニュエルの声は、痛みと闇を感じさせるところがいい。リック・ダンコも声に濃い影とエキセントリックさがある。そのなかで、リヴォンの声は頑丈な作りの古い農家のようだ。農地の真ん中に長年立って、雨風や嵐、豪雪にもびくともしない。 ジム・ジェイムス(マイ・モーニング・ジャケット)
というわけで、久々の音楽レビューは、ザ・バンドである。
ザ・バンドのレビューとしては、これまでライブアルバムの傑作"Rock of Ages [Deluxe Edition]"(1972)"Moondog Matinee"(1973)を紹介してきた(あと、リチャードのソロライブ、Richard Manuel "Live at the Getaway"(1985) や雑誌関連でUNCUTの記事の紹介も有りです)が、やはり彼らの傑作と言えば、初期の2作と"Northern Lights-Southern Cross"(1975)になるだろう。その中で、今日はたまたま手にとった"The Band"(1969)を紹介してみたい。

a0035172_22372886.jpgこのアルバムは彼らの最も重要な作品に挙げられることが多いが、その理由はアルバムがコンセプチュアルであるということ、尚且つ、曲自体も優れていて、彼らの名曲と言われる作品が揃っているという点にあろう。ハーモニーだけなら1作目が傑出しているが、このアルバムにはザ・バンドの音楽を象徴する物語性(精神性、存在そのものから醸し出される雰囲気といったようなもの)があり、それ故に、以後のアルバムを含めて彼らを代表する作品となったと思える。
このアルバムがあまりにもに完璧であるが故に3作目以降が見劣りすると言われているが、僕は3作目"Stage Fright"(1970)も好きだし、曲のラインアップだけみれば、3作目以降も名曲揃いである。
しかし、"The Band"(1969)は特別なのである。なんというか、そこにはザ・バンドという偉大なる物語性があり、それこそが作品の存在感となり、他を寄せ付けない風格となっていると感じる。(そういう意味でジャケットも素晴らしい)

リチャード・マニュエルの搾り出すような独白から始まる冒頭のAcross the Great Divideに始まり、リヴォンの力強い歌声が響くRag Mama Rag、リヴォンの実直な歌声にリックの影のある声が絡むThe Night They Drove Old Dixie Down。そしてリックのソロでWhen You Awakeに、リヴォンの代表曲でもあるUp on Cripple Creek、リチャードの名曲Whispering Pinesが続く。Whispering Pinesはリチャードのファルセットが切ないバラードの傑作だけど、この曲のリヴォンのハーモニーも素晴らしい。本当に泣けてくる。
そして、リヴォン&リックのJemima Surrenderに、リチャード&リックのRock'n' Chair、リックのLook Out Clevelandに、リチャードのJawbone、リックの名曲The Unfaithful Servantに、最後を飾るのは、リチャードのジャジーな佳作King Harvest (Has Surely Come)である。

ボーカルにスポットを当ててみたが、こうやって曲を追っていくだけで、如何にこのアルバムが絶妙で、隙がなく、完璧であるかを再認識させられる。そして、3人のボーカリストの中で、特にこのアルバムに関して言えば、やはりリヴォンの活躍が光る。僕の中では3番手だけど、やっぱり彼こそはザ・バンドの実直さの象徴であり、屋台骨なんだな。彼らの歌声そのものが北アメリカの歴史や風土を象徴しており、それが作品の物語性を生み出しているとも思える。もちろん、作品自体のコンセプトも旧き良きアメリカ/フロンティア精神を象徴するものであり、そういった完成度も高い。

1作目から受け継ぐハーモニーと物語性、そして、楽曲中心の色の強い以後のアルバムのスタイルが本作で絶妙に融合したことにより、この時期だけの特別なアルバムになったとも思える。
[PR]

by onomichi1969 | 2009-01-28 21:44 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 気分一新 semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 25日

今日、

携帯をなくしてしまいました。

たぶん、街を自転車でふらふらしているときに、ズボンのポケットからずり落ちたものと思われ。家に帰ってすぐに気がついた為、いろいろと探してはみたけれど、まるで痕跡なし。
セオリー通りに自分の携帯に電話をかけたが、発信音もなく、「auお留守番サービス」が流れるのみ。電話は鳴らないし、もちろん誰も出てくれない。

これは困った。

まずは、交番に行き、紛失届けを作成、ものの5分。
auに電話して、音声ガイダンスで遠隔オートロック(携帯操作やおサイフケータイなどの機能を使えないようにする)をしようとするが、不調。仕方がないのでオペレーターの人にその旨を伝えて、ロックをお願いする。通話停止は左記の理由によりそのままとしておく。
モバイルsuicaは念の為パソコンで登録解除。
設定したばかりのEdyはチャージがゼロなのでとりあえずそのまま。

GPSで携帯の行方を追えるサービスもあるようだが、それは事前設定が必要だった。
そういう大事なサービスは事前設定なしにしてほしいな。大体携帯無くす人は事前に設定なんかしてないよ。

夜になって、auから電話が掛かってきて、通信が込んでいて遠隔オートロックができないとのこと。
通信が込むとは?と質問すると、今の時間帯に同じようなサービスが重なっている等の理由により通信エラーが発生する、という。そんなばかな。電源が入っていない可能性はありませんか?と聞くと、もしかしかたらそうかもしれない、という。電源が入っていない場合とレスポンスの違いはあるのですか?と聞くと、電源が入っていない場合には、電源が入っていないというメッセージとなるはずだが、今回はそうではなかったので、という。

はて、こりゃだめかもしれない。レベルが同じかも。日曜日だしなぁ。

とりあえず、夜も遅いので、この件は明日にする。

「auお留守番サービス」が電源OFF時に起動するものだということをauのHPで知る。
なんだ、やっぱりそうか。そういえば、電池切れ間近だった。

警察から連絡もないし、しばらく携帯は出てきそうもないので、明日、新しいのを買おうかと思う。
そこで気がついたのだが、アドレスはこの間のPCのHDDクラッシュでバックアップも吹っ飛んでいたので、アドレスは全消滅となってしまった。

と、いうことで、来週は

気分一新。。。って、少しヤケ気味だけど。

あと、今月一杯で会社を辞めるので、来週は仕事もお片付けと引継ぎの期間だし。
しばらく携帯なくてもいいかな、とも思う。



今月で、

そう、実は転職するのです。

2000人の会社から6人の会社へ。
大企業からベンチャーへ。
このご時勢になんて無謀なことを。。。
と何度言われたことでしょう。

今の会社には15年間勤め、
いろいろと勉強させてもらいました。
殆ど不満らしい不満もなく、
このまま定年まで勤めるのだろうと
思っていました。1年前までは。

半年前に打診があって、自分なりに考えて決めました。

「今の時勢で転職、それも小さい会社に行くということが如何に無謀であるか、という考えもあると思いますが、自分が求められる所で求められる以上の仕事するということが労働であり、仕事の基本だと信じております。
そういう信念に基づき、私なりに深慮した結果、今回の判断とさせて頂きました。
その会社は私を求められる技能において高く評価して頂き、それを意気に感じて転職を決心したことも事実であります」

↑これ退職願い(理由)の抜粋です。

まぁ、そんな感じで。

やりたいことがそこにあるのかどうか、
それはまだ分かりませんけど、

もしかしたら、こんなはずじゃなかったと、
後悔するのかもしれませんけど、

決めたことですので。

「あなたに来てほしい」と言われ、
なんか求婚された女性のような気分で
「はい、(ふつつかものですが)宜しくおねがいします」と答えていました。
そういう気分って、初めてでしたね。

と、いうことで、来月から

気分一新。。。です。

来週は送別会がいろいろとあるようで、少し気が重いですけど。
[PR]

by onomichi1969 | 2009-01-25 22:22 | おまけ | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Karin & Muck semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 03日

我が実家の新しい家族。Karin♀、生後2ヶ月です。母親がラブラドール(黒)で父親がスピッツの雑種とのこと。
a0035172_23265640.jpg

a0035172_23361060.jpg


我が実家のチャトランMuck♂と仲良くできるかな?
a0035172_23322367.jpg

[PR]

by onomichi1969 | 2009-01-03 23:47 | おまけ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 アリスの恋 "Alice Doesn't Live Here Anymore" semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 03日

a0035172_15113621.jpg子連れの独身女性という設定は、昨今の映画でありふれている。
『アリスの恋』(1974)は、夫の交通事故死によって、アリスが子持ちの未亡人という境遇に陥るところから始まり、家財道具一切を車に詰め込んで、最愛の息子と二人で故郷の町を目指して旅を続ける様子が丁寧に描かれる。まさに70年代のロードムーヴィーである。
彼女らは失い、探し、見つける。彼女は旅の中で昔憧れていた歌手を目指すがすぐに挫折し、幾多の困難に遭遇しつつ、最後のハッピーエンディングで彼女が得るのは将来の伴侶となる「男」であった。

その後のハリウッド映画の流れの中で、子連れの独身女性という設定は、『ドク・ハリウッド』や『フォーエバー・ヤング』等、恋愛ドラマのヒロインの典型となり、『恋愛小説家』や『ショコラ』では子連れであるという境遇そのものがありふれたものとなって、且つ、それが女性の性としての逞しさや優しさの象徴であり、ネガティブな要素でなくなっていくように思える。さらに、『エリン・ブロコビッチ』に至っては、まさにそれこそがアイデンティティの一部であり、女性の自立という「父性」と共存すべきものとして描かれる。もちろん、そこで見事に虐げられているのは全てを失った男性である。
『アリスの恋』と『エリン・ブロコビッチ』で主人公を支える男のキャラクターはとても似ているけど、その扱われ方は180度違う。父性すらも奪われることによって、虐げられる男性は、まさに『エリン・ブロコビッチ』の中で象徴的に復讐されているように思える。
さらに、『ボルベール<帰郷>』に至っては、父親という存在そのものが忌まわしきものとして葬り去られるのである。

以上のことからも『アリスの恋』が女性を主人公として描いた映画として、如何に微笑ましいものであったかが分かる。旅の途中で悪い男(ハーヴェイ・カイテル!)につかまったり、仕事で失敗したり、子供の非行に手を焼いて泣いてばかりいるエレン・バースティン。はっきり言って年はいってしまっているけど、実に可愛らしい女性じゃあないか。。

今や、この映画のクリス・クリストファーソンは僕らの憧れの存在かもしれない。へたに男気を発揮して、殺されて埋められてしまわないように、僕らは常に気を配っていないと、、、男性は分子生物学的にも発生の過程における女性のできそこないで、ただの「使い走り」にすぎないらしいので。(福岡伸一の最新本によるとね) 1974年アメリカ映画
[PR]

by onomichi1969 | 2009-01-03 15:24 | 海外の映画 | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 2009年 元旦 semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 01日

a0035172_15492457.gifあけましておめでとうございます。

昨年の目標、体重5kg減は、3ヶ月で早々達成し、その後、一時は7kg減までいきましたが、現在はまた持ち直して、ここ数日で2kgUPし、昨年末から比べると4kg減です。。これは年末から暴飲暴食を繰り返した結果ですが、まぁこの時期の体重増は仕方がないですね。

とにかく昨年はよく走りました。これはダイエットというよりも走るのが単純に楽しかったからというべきでしょう。持久力もついて、色んな面でいいこともありましたよ☆
今年は、ほどよいペースでそれを続けていけたらなぁと思います。あと今年の目標はパワーアップ!ですね。

それでは、今年も宜しくお願いします。
[PR]

by onomichi1969 | 2009-01-01 15:54 | お知らせ | Trackback | Comments(6)

アクセスカウンター