Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 サザンオールスターズ 『Southern All Stars』(1990) semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 26日

a0035172_23503131.jpgJ-ロックの王道と言えばやはりサザンオールスターズである。桑田佳祐の歌う切ないバラードに心揺さぶられない人はいないだろう。「Oh、クラウディア」「Ya Ya (あの時代を忘れない)」「栞(しおり)のテーマ」「メロディ(Melody)」などなど、80年代サザンの珠玉のバラードは時代を越えて残る名曲である。ただ、僕の中でサザンは小さい頃から聴いていたこともあり、どちらかと言えばシングル・アーティストで、アルバムとして彼らの曲を聴くことはあまりなかった。巷で評判となった『kamakura』(1985)にしても、アルバムとして聴き通すには当時の僕にとって結構退屈な作品だったのである。これ80年代の話。。。

サザンをアルバムとして聴くようになったのは90年代からである。特に1990年早々に発表された9th『Southern All Stars』(1990)には正直驚いた。日本のロックアルバムでここまでしっかりと作り込まれた作品があったかと。。。シングルとCM曲を寄せ集めたような構成ながら、アルバムとしての統一感と多彩なVarietyとが同時に味わえる。そしてどの曲も粒揃いで、じっくりと聴かせるものになっている。個人的には「フリフリ'65 」や「忘れられた Big Wave」「You」「ナチカサヌ恋歌」「さよならベイビー」等が特に印象深い。

続く10th『世に万葉の花が咲くなり』も同じ路線でなかなか聴かせる楽曲が並ぶ。シングルとなった「シュラバ★ラ★バンバ」や「涙のキッス」の他、「慕情」、「BOON BOON BOON OUR LOVE」「HAIR」などなど、硬軟取り混ぜた構成も絶妙である。

90年代のサザンを代表する傑作が11th『Young Love』(1996)であろうか。このアルバムの味わいはそのジャケットにも現れているように60-70年代ロックへの確信犯的なオマージュにある。1曲目の「胸いっぱいの愛と情熱をあなたへ」からいきなりZEPのタイトルにTOTOの”Africa”である。初期や後期のビートルズ、キング・クリムゾンが玉手箱のように跳びだす。洒落っ気たっぷりの楽曲と共に桑田の声も楽曲毎に色合いが変わり、凝りに凝った歌詞もリズムよく聴かせるものになっていて、とにかく楽しい。オマージュを一種のオリジナリティに転換しているところは一歩間違えばあざとく感じられてしまうのであるが、それを心地よく聴くことができるのは、サザンが十分に大人のバンドだからだろう。(それとも90年代以降に表層化するオリジナリティの消滅という現象のひとつの象徴か、、、) このアルバムも捨て曲なしで、特に1曲目からラストまでの選曲の流れは完璧じゃないだろうか。個人的には意外とオーソドックスな「ドラマで始まる恋なのに」と「愛無き愛児(まなご) ~Before The Storm~」が特に気に入っている。

85年以降のサザンはわりと寡作で22年で6作のオリジナルしか製作していない。その中で彼らがここまで高い人気を持続できているのは、継続的なヒットシングルの存在と共に、質の高いアルバムをしっかりと作り続けていることが大きな理由なのだろうと思うのである。

a0035172_022461.jpga0035172_23593055.jpg


[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-26 00:15 | 日本のロック | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ECHOES 『BEST OF BEST』<1985-1990> semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 24日

a0035172_21491431.jpg80年代のJ-ロックバンドで、忘れちゃいけないのがECHOES(エコーズ)である。
80年代中期、ちょうど尾崎豊が『卒業』でブレークした頃、同じように若者の代弁者的な立場でストレートに優しさや愛情を説くスタイルとして登場したロックバンドがECHOESだった。(尾崎豊と同じ須藤晃がプロデュースしていた) 音楽スタイルはその後に登場するジュン・スカイウォーカーズに近いビート系のロックで、彼らを少し文学的で実直にしたような音楽、ちょうど尾崎豊とジュンスカを足して2で割ったような音楽と言えばいいだろうか。
僕はECHOESのアルバムを当時それほど聴きこんだわけではなかったが、日本のロックバンドではとても気になる存在だった。何の衒いもないストレートなロックは、音楽的に何の面白みもないものだったけど、その実直さ故に心に響くものが確かにあった。彼らの歌には、優しさや愛情というタームが上滑りしない、根強さがあった。弱さを内包しながらもポジティブであり得る、そういった力強い響きがあった。彼らの代表曲『FOOLISH GAME』や『GENTLE LAND』、そしてリバイバルでも大ヒットした『ZOO』を聴いて改めてそう思う。

当時の日本のビート系のロックは、MODSやA.R.B.からの流れと、そこに佐野元春的な日本語感覚とポップテイストが加わって、さらに当時のスタンダードであったブルース・スプリングスティーンを代表とするT-シャツとジーンズのアメリカン・ロックを取り込んだ日本的ハイブリッド・スタイルとして熟成しつつあった。そのバンドサウンドにおける典型がECHOESだったと僕は思う。(ソロでは尾崎豊だ) 実はそれが当時の最も新しいスタイルだったとも言えるのであるが、それは次第にBOOWY風ロックにあっさりと主流を譲ることになる。結局のところ、当時の若者に熱狂的な支持を受けたのは徹底して表層に拘るBOOWYのような音楽だった。それが80年代から90年代にかけての時代感覚に最もマッチしたスタイルであり、実際のところ、BOOWYは多くのビジュアル系のフォロアーを生み出したのに対して、ECHOESのような実直さは確実に廃れていったのである。ECHOESは日本にバンドブームが訪れるのと殆ど同時に解散するが、その決断は尾崎豊の後退と共に時代の区切りとしても象徴的だったと今では感じられる。

ボーカルの辻仁成は、ECHOES時代に小説を発表し、89年に『ピアニシモ』ですばる文学賞を獲得して話題となり、一般にも名前が知られるようになる。バンド解散後は作家に専念し、97年には『海峡の光』で芥川賞、99年『白仏』でフランスの文学賞を受賞する。(そして我らの同世代アイドル中山美穂と結婚する。。)
僕は彼の小説を『サヨナライツカ』1冊だけ読んだことがある。(あと、『冷静と情熱のあいだ』は江国香織バージョンこそ読み通せたけど、彼の方は途中で挫折している) 少なくとも尾崎豊よりずっと小説は巧い。
ただ、どちらかと言えば、辻仁成の小説よりもECHOESの歌の方に僕は惹かれる。そっちの方がより素直に響くという意味で。
[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-24 22:10 | 日本のロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 岡村孝子 『Soleil』(1988) semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 21日

a0035172_055639.jpg大学時代、僕の廻りの男達は、皆、岡村孝子を聴いていた。僕の所属していた体育会の面々が揃いも揃って、心のよりどころとばかりに、岡村孝子を愛聴していたのである。それが名古屋特有の現象だったのかどうか、今となってはよく分からない。。。
それにつられて、僕も少しばかり彼女のアルバムを聴いた。名曲「夢をあきらめないで」や「Baby, Baby」、「はぐれそうな天使」を含む初期のベスト盤『After Tone』(1987)と当時の最新アルバム『Soleil』(1988)は僕らの間では必聴盤だったので。
友達のアパートで飲み明かした夜、尾崎豊やブルーハーツの歌が如何に素晴らしいかということをよく語り合ったが、それと同列で岡村孝子の歌についても話題になったものだ。特に「Believe」が僕らの中ではNo.1で、皆、この曲が好きだった、と思う。

もういちど明日を信じたい どんなことに出会っても
息づく時間をいつだって感じていたい

さよなら 私が決めた答えだから
思い出抱きしめて 心の瞳をとじた

岡村孝子 「Believe」

アルバムとしては『After Tone』(1987)が素晴らしいけど、1曲挙げるとしたらやっぱり「Believe」になる。皆でこの曲をしみじみと聴いた夜。誰もが自身の思い出を反芻していたのだろう。
[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-21 00:16 | 日本のロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 The Street Sliders 『Slider Joint』(1983) semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 20日

a0035172_1214224.jpg最近、日本のロックをよく聴く。
こういう時期はこれまでも10年に1度くらいあって、高校卒業後の88年頃、会社に入った94年頃、なぜか節目の頃にそれは訪れる。まぁ環境が変わるので、趣味的にもちょっとした変化が欲求されるのだろう。
そして今回。別に新しい音楽を聴くわけではなく、ただ88年や94年当時に聴いていたものをまた聴くだけであるが、ただ、10年、20年の時を越えて再聴するので、それはまた新しい体験に等しい感動がある。さらにこのバンドのアルバムをもうちょっと深く聴いてみよう、という気にもなる。いい音楽というのは時代を越える。というか、時代を越える音楽というのが本当にいい音楽なのだと思う。

僕の中で蘇ったのは、ストリート・スライダーズである。
スライダーズは88年頃によく聴いた。初めて聴いたのはライブ盤『天国と地獄』(1987)で、その後に『天使たち』(1986)、『Bad Influence』(1987)を聴き、『Slider Joint』(1983)、『がんじがらめ』(1983)へと移行した。
スライダーズの音楽はまさに僕のツボだった。彼らは日本のストーンズと呼ばれていたが、実はストーンズから既に失われていたアーシーかつチープな味わいがあった。それでいて実直でこじんまりしていて、当時、日本のロックの代表格でもあったRCサクセションのようなバラエティさは微塵も感じられないけども(僕はRCが苦手だったこともあり)、スライダーズの音楽は僕の感性にピタッと嵌ったのである。もちろん日本語のロックなので、日本的な叙情、日本語の歌詞が音楽としてどのように響くのか、それがその音楽を如何に飽きずに聴けるかのひとつの基準となる。その点でスライダーズは絶妙であった。日本語をロックに乗せる際、「ロックするぜ」的な「あざとさ」がどうしても鼻につくことが当時は多かったのであるが、スライダーズの音楽にはそれがなかった。かといって、それが真島昌利や泉谷しげるのように切実感と共に心響くということもなかったが、ある意味で「なげやり」なところがナチュラルにしっくりきたのである。そういう歌の文体というのは、彼ら独自のもののような気がする。

彼らのアルバムで特に聴いたのは、1st『Slider Joint』(1983)と2nd『がんじがらめ』(1983)の2枚である。はっきり言って、アルバムの質的には『天使たち』(1986)の頃と比べると悪い。ハリーの声は落ち着きがなく、時に空回りしているし、演奏もひたすらルーズでまだ確立されていない。でも、それがまた独特の雰囲気となって、彼らのアルバムの中でも他にない味わいを醸し出している。
名曲『のら犬にさえなれない』や『Dancin' Doll』は聴けば聴くほどその味わいに感嘆する。『(Nobody Can) Catch Me』や『道化師のゆううつ』の渋さもよい。

今、現在、スライダーズの初期のアルバムは殆ど廃盤になっている。僕も今回彼らの3rd『Jag Out』(1984)と4th『夢遊病』(1985)を揃えるのにヤフオクを利用したけど安くは買えなかった。2ndなんて今、Amazonで買えば中古で7000円台だ♪こんなことってあるのか~、ベイビー♪

a0035172_120945.jpg


[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-20 00:17 | 日本のロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 THE BLUE HEARTS 『YOUNG AND PRETTY』(1987) semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 19日

a0035172_14591892.jpg高校生の頃は洋楽一辺倒で邦楽は全くといっていいほど聴かなかった。(例外は尾崎豊くらいか) 80年代中期は邦楽ロック不毛の時代といってもよく、インディーズ御三家などと言われたラフィン・ノーズ、ウィラード、有頂天等、マニア受けしてはいたが、はっきり言って洋楽を聴き続けた耳にその薄っぺらさは到底馴染めるようなものではなかったし、メジャーデビューした楽曲でもその印象に変わりはなかった。少し遅れてインディーズから鳴り物入りでデビューしたブルーハーツにしても当時は全く関心がなかったのである。87年の冬に「夜のヒットスタジオ」に出演した時に僕は偶々TVで観ていて、そのパフォーマンスには衝撃を受けたけど、彼らの歌そのものに惹かれることはなかった。
年が明け、大学に進学してからは興味が映画に移ったこともあり、一時期は音楽自体を全く聴かなくなった。そんな中、洋楽への興味が急激に失せたのとは逆に、次第に日本のロックを聴き始めるようになる。ストリート・スライダーズとか、泉谷しげるとか、A.R.B.とか、マイナーだけどわりとロックっぽいやつだ。
そんな時、ブルーハーツ好きの友達から彼らの2nd『YOUNG AND PRETTY』を半ば強引に聴かせられたのである。正直言って、今で言うメロディアス・パンク的な楽曲に最初はピンとこなかったのだが、その中でも他と毛色の違う2つの曲、詩(うた)に否応なく惹きつけられることになった。そう、このアルバムの2曲と言えば、『ラインを越えて』と『チェイン・ギャング』である。僕はこの2曲に完全にノックアウトされた。
僕がオモチャの戦車で戦争ごっこしてた頃、遠くベトナムの空で涙も枯れていた
僕はラインを越えて 確かめたいことがあるよ   
真島昌利 『ラインを越えて』

「うた」がその詩と共に響くということはこういうことなのか。それはこれまでの洋楽では味わえなかった感覚だった。それには真島昌利のがなり声(叫び)も大きな要素だったろう。
真島昌利の代表曲でもある2曲はこの頃の彼特有のものだ。ナイーブで一途で切実で、荒々しいザラザラした情感に満ち満ちている。この2曲のインパクトによって、『YOUNG AND PRETTY』は傑作となりえるとすら思える。彼らの曲を「思春期のころの戸惑い、葛藤といったような揺れ動く心が描かれている」と評する文章を読んだが、本当の意味でそういったココロのひだのちょっと奥の感情をナチュラルに歌い切った「うた」って他にあっただろうか。(尾崎豊ですら初期の曲にはある種の装飾が拭えない)

当時も今も僕は思う。『YOUNG AND PRETTY』はいいアルバムだ。他に収録されている『キスしてほしい』とか『ロクデナシ』とか『星をください』もいい。

その後、ブルーハーツ、そして真島昌利の曲はひと通り聴いた。『TOO MUCH PAIN』とか『青空』とか。『夏が来て、僕等』とか『オーロラの夜』とか。やっぱり彼の曲、その詩はよく響く。ヒロトの声でも彼の声でも、とてもナチュラルに響くのである。
[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-19 20:07 | 日本のロック | Trackback | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 スクール・オブ・ロック "The School of Rock" semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 16日

a0035172_20294721.jpg遂に登場!『ハイ・フィデリティ』で変態的ロックおたく&ソウルシンガーを見事に演じたジャック・ブラックが、本職のロッケンローラーに戻って、その本物のロック魂を思う存分発揮した正真正銘のロック映画『スクール・オブ・ロック』!
この映画は日本ではGW公開(注:本レビュー当時です)なので、まだ多くの人は観てないと思うけど、いやー面白かったなぁ。ジャック先生、最高です。落ちぶれたロックミュージシャンが代理教師を偽って小学校に潜り込み、なんと小学生とロックバンドを組んで地元のロックコンテストを目指す、という破天荒なストーリーなんだけど、まぁそんなストーリーはとりあえず置いておいて、とにかくジャック先生の一見狂犬のような容貌と躍動感溢れるボディアクションから繰り出されるパワフルなロックスピリットには圧倒されましたねー。笑えたし。やっぱりジャック・ブラックは『愛しのローズマリー』のさえないヤッピーなんかよりもロックが関わるこっちの映画の方がそのキャラクターを100%発揮できるんだろうな。まぁ、この映画はジャック・ブラックのオンステージですよ。そのアクの強いキャラクターにウンザリする人もいるだろうけど、僕は完全にハマリましたね。改めてロックって様式というかスタイルが重要なんだなぁって感じましたよ。
ジャック先生も案外と趣味が幅広くって、AC/DCからザ・フー<ジャック先生のロック講義の中ではハードロックにジャンル分けされてましたねー>、ピンク・フロイドにブロンディ、ときたもんだ。ジェーン校長のスティービー・ニックス好きにも笑えたしね。ギターを使った授業は、なんか月亭可朝みたいだったよw。
最後にステージでの演奏が盛り上がって、念願叶って観客へのダイブを受け止めてもらえたジャック先生。なんだ、これがやりたかっただけなの?? なんて、思っちゃったりしたけど、まぁご愛嬌。これもロックのスタイルなのだ。いやーとにかく面白い映画でしたぁ。
<ちなみに僕はJAL国際線の飛行機の中で観ました。米では'03年公開>2003年アメリカ/ドイツ映画(2004-03-27)

※本レビューは日本での映画公開前に書いたものです。その時の雰囲気のまま手を加えずに再録しております。
[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-16 20:15 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ハイ・フィデリティ "High Fidelity" semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 16日

a0035172_2045662.jpg最高に面白い映画!ジョン・キューザックの独白ショーに惹きつけられっぱなしでしたね。僕も32歳(注:本レビュー当時です)のベストヒットUSA世代で自称洋楽マニアだったので、論評と共に出てくる曲やアルバムのタイトル、ミュージシャン名にはいちいち頷くものがありました。
これは洋楽好きじゃないと理解できないかもしれないなぁ、なんて思いながら観てましたけど、こういうマニアックな閉鎖空間を全く否定していないところがとてもGoodです。
キューザックは人間性じゃなくて、趣味が重要だって言っているけど、それは冒頭のMiserableとMusicでどっちが先かの議論と同じで、趣味(この場合は音楽)への固執がある意味で自己の人間性の理解を含んでいて、それを従えた新しい関係性(他者との関係)こそが生きていく縁(よすが)になり得るというように僕には理解されました。この映画のハッピーエンドはそのことの提示であり、新しいマニュフェストだといったら言いすぎかな。
それにしても、ラストの"Let's get it on"はよかったですねぇ。フリアーズとキューザックの遊び心とともに音楽への深~い愛情を感じて、妙に感動してしまいました。まさかこんな隠し玉があったとはね。。。2000年アメリカ/イギリス映画(2002-06-09)
[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-16 20:06 | 海外の映画 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー "Dance with a Stranger" semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 15日

a0035172_1354062.jpgこの映画の題名は恋愛という現象を如実に表していると思う。
ミランダ・リチャードソンが恋愛にのめり込み、愛憎に駆られ、嫉妬に苛まれる女性を切なく演じている。恋愛という狂気は最終的に凶行にまで行き着くが、ルパート・エヴェレットの軽々しさに振り回され、否応無く突き動かされるミランダの情動がとてもリアルだ。ミランダの人工的美しさが恋愛に塗れると共に徐々に醜く変化していく様がこの映画の白眉なところとも言える。とても切ない作品である。1985年イギリス映画(2004-02-22)


[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-15 13:07 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 髪結いの亭主 "Le Mari De La Coiffeuse" semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 15日

a0035172_1259517.jpg恋の話だと思う。恋とはなんて自分勝手なものでしょうか。この映画は妄想そのものだといえる。それは男の妄想。最後の手紙以外は全て男の頭の中の映像だったのではないかな?だって相手の女性が綺麗すぎるもの。1990年フランス映画(2002-03-01)


[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-15 13:01 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 蜘蛛女のキス "Kiss of the Spider Woman" semスキン用のアイコン02

  

2008年 03月 15日

a0035172_1236787.jpgとても哀しいラブストーリーだと思う。恋する感情を強烈に見せられると、なんで人は哀しい気分になるんでしょうね。
三島由紀夫が『豊饒の海』で恋愛とテロリズムを同列に扱っているが、恋への妄想も現実変革への希求もその心情の過剰さは抗いがたく、すべては叶わぬ想いの中で自らの美意識に消えゆくのみか。。。1985年アメリカ/ブラジル映画(2003-09-06)


[PR]

by onomichi1969 | 2008-03-15 12:40 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター