Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 『レコード・コレクターズ』誌 あなたが選ぶ60~80年代ロック・アルバム・ベスト100 semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 08日

評論家選出版に続き、今度はレココレの読者選出版のベスト100です。これもDBとして貼り付けておきます。カッコ内は評論家選出時の順位です。(カッコ順位のないものは評論家選出時には選ばれなかったもの)

1. Beatles / Abbey Road (22)
2. Beatles / The Beatles (White Album) (9)
3. King Crimson / In The Court Of The Crimson King (4)
4. John Lennon / Plastic Ono Band (14)
5. Derek & the Dominos / Layla and Other Assorted Love Songs (88)
6. Beach Boys / Pet Sounds (1)
7. Allman Brothers Band / At The Fillmore East (30)
8. Rolling Stones / Let It Bleed (21)
9. Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (18)
10. Pink Floyd / Dark Side Of The Moon (15)

11. Beatles / Revolver (5)
12. The Band / Music From Big Pink (3)
13. Neil Young / After The Gold Rush (10)
14. Beatles / Rubber Soul (8)
15. Rolling Stones / Exile On Main St. (24)
16. Bob Dylan / Highway 61 Revisited (2)
17. Carol King / Tapestry (12)
18. Led Zeppelin / Led Zeppelin Ⅱ (61)
19. Eagles / Hotel California (120)
20. George Harrison / All Things Must Pass (38)

21. Rolling Stones / Beggars Banquet (19)
22. David Bowie / Ziggy Stardust (82)
23. The Band / The Band (37)
24. Rolling Stones / Sticky Fingers (70)
25. Who / Who's Next (127)
26. Crosby, Stills, Nash & Young / Deja Yu (132)
27. Bruce Springsteen / Born to Run (35)
28. Led Zeppelin / Led Zeppelin (25)
29. Led Zeppelin / Ⅳ (44)
30. Doors / Doors (62)

31. Steely Dan / Aja (28)
32. Yes / Close To The Edge (143)
33. Bob Dylan / Blonde On Blonde (11)
34. The Band / Northern Lights-Southern Cross (153)
35. Neil Young / Harvest (45)
36. Velvet Underground & Nico / st (7)
37. Clash / London Calling (55)
38. Police / Synchronicity (164)
39. Jackson Browne / Late For The Sky (113)
40. Queen / A Night At The Opera

41. Little Feat / Dixie Chicken (59)
42. Sex Pistols / Never Mind the Bollocks (6)
43. Beatles / Hard Day's Night (78)
44. Jimi Hendrix / Electric Ladyland (16)
45. U2 / Joshua Tree (76)
46. John Lennon / Imagine (67)
47. Roxy Music / Avalon (228)
48. Led Zeppelin / Physical Graffiti
49. Led Zeppelin / Presence (52)
50. Cream / Wheels of Fire (214)

51. Bob Dylan / Blood on the Tracks (68)
52. Jimi Hendrix / Are You Experienced? (17)
53. King Crimson / Red
54. Deep Purple / Live In Japan
55. Pink Floyd / Wish You Were Here
56. Fleetwood Mac / Rumors
57. Paul Mccartney & Wings / Band on the Run (94)
58. Television / Marquee Moon (31)
59. Van Morrison / Moondance (140)
60. Jeff Beck / Blow By Blow (103)

61. Talking Heads / Remain In Light (20)
62. Janis Joplin / Pearl (171)
63. Bruce Springsteen / The River
64. Santana / Abraxas
65. Eric Anderson / Blue River
66. Bob Dylan / Desire (238)
67. Santana / Caravanserai
68. Paul McCartney / Ram (71)
69. Jeff Beck / Wired
70. King Crimson / Larks' Tongues In Aspic

71. Ry Cooder / Chicken Skin Music (87)
72. Todd Rundgren / Something/Anything? (64)
73. Donald Fagen / Nightfly (27)
74. Zombies / Odyssey & Oracle (46)
75. Free / Fire And Water
76. Doobie Brothers / Captain And Me
77. Joni Mitchell / Blue (47)
78. Bob Marley & The Wailers / Live! (214)
79. Who / My Generation (42)
80. Deep Purple / Machine Head

81. Peter Gabriel / So (127)
82. Boz Scaggs / Silk Degrees
83. Boston / Boston
84. Chicago / Chicago Transit Authority
85. Simon & Garfunkel / Bridge Over Trouble Water
86. Tom Waits / Closing Time (206)
87. Van Morrison / Astral Weeks
88. Kinks / Village Green Preservation Society (39)
89. Who / Live AT Leeds
90. Crosby, Stills, Nash & Young / 4 Way Street

91. Beatles / Let It Be
92. Crosby, Stills & Nash / Crosby, Stills & Nash (43)
93. Sly & The Family Stone / There's A Riot Goin' On (23)
94. Doors / Strange Days (95)
95. Frank Zappa / Hot Rats
96. Prince / Sign 'O' The Times (32)
97. Pink Floyd / Atom Heart Mother (206)
98. Who / Tommy (58)
99. Jimi Hendrix Experience / Axis : Bold As Love (159)
100. Aerosmiths / Rocks

ちなみに、、、
評論家選出時の50位以内に入っていて、読者選出で100位以内に入っていないアルバムは以下です。

13. Frank Zappa / Freak Out !
26. Captain Beefheart / Trout Mask Replica ⇒読者198位
29. Elvis Costello / My Aim Is True ⇒読者169位
33. Buffalo Springfield / Buffalo Springfield Again ⇒読者140位
34. James Taylor / Sweet Baby James ⇒読者128位
36. Pink Floyd / The Piper at the Gates of Dawn ⇒読者258位
40. Beatles / Please Please Me ⇒読者130位
41. Pop Group / For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder? ⇒読者162位
48. Shaggs / Philosophy of the World
49. Bob Dylan / Freewheelin' ⇒読者193位
50. Sly & The Family Stone / Stand ! ⇒読者237位

評論家選出時51位~100位のアルバムの中からは、ブラインド・フェイスやスタイル・カウンシルの2枚、T-レックス、ブラック・サバス、E.クラプトン等が今回の選から漏れてしまいました。とはいえ、ブラック・サバス以外は100位以下でノミネートされていますので、まぁこの辺りは僅差でしょう。

個人的には評論家選出よりもお馴染みのラインアップになったなぁという印象ですが、ちょっとビートルズが多すぎかな。。。 読者選の性格上、ミュージシャンの重複が多く、こんな感じです↓

7枚選出 Beatles
5枚選出 Led Zeppelin
4枚選出 Rolling Stones、Bob Dylan、Who
3枚選出 Pink Floyd、Jimi Hendrix、The Band、King Crimson
2枚選出 John Lennon、Neil Young、CSN & Y、Bruce Springsteen、Doors、Deep Purple、Van Morrison、Jeff Beck、Santana、Paul McCartney

重複分だけでランキングの半分以上になってしまいました。なるほど。こりゃ恐竜の頭ですね。(まぁ人の好みは大概こういう志向になるもので、至極真っ当な結果ですが)

レココレ 60年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 70年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 80年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 60~80年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 60~80年代のベスト100<読者選出>
[PR]

by onomichi1969 | 2007-10-08 17:22 | ランキング | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 情婦、そしてマイ・ベスト・ミステリーズ semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 07日

a0035172_19331215.jpgアガサ・クリスティは、愛憎を絡めたミステリーに優れている。デビュー作『スタイルズ荘の怪事件』や本作(『検察側の証人』)などはそういう意味で彼女らしい傑作の一つだろう。
この映画の展開自体は、そんなアガサのミステリー小説をうまく再現しているように思える。しかし、この作品の本当の驚きはマレーネ・ディートリヒ、その人に尽きるのではないかな。彼女の演技には感銘以外の言葉が見つからない。(2004-06-27)

みんなのシネマレビュー『情婦』



唐突ですが、おまけ企画、、、
onomichi1969の選ぶ海外ミステリー ベスト10

1.『Yの悲劇』 エラリー・クイーン
2.『アクロイド殺害事件』 アガサ・クリスティ
3.『グリーン家殺人事件』 ヴァン・ダイン
4.『火刑法廷』 ディクスン・カー
5.『死の接吻』 アイラ・レヴィン
6.『そして誰もいなくなった』 アガサ・クリスティ
7.『エジプト十字架の謎』 エラリー・クイーン
8.『幻の女』 ウィリアム・アイリッシュ
9.『オリエント急行殺人事件』 アガサ・クリスティ
10.『僧正殺人事件』 ヴァン・ダイン

う~む、どれも定番中の定番で、面白みに欠けますナ

ということで、続いて、、、
onomichi1969の選ぶ日本ミステリー ベスト30

1.『哲学者の密室』 笠井潔
2.『魍魎の匣』 京極夏彦
3.『匣の中の失楽』 竹本健治
4.『人狼城の恐怖』 二階堂黎人
5.『占星術殺人事件』 島田荘司
6.『犬神家の一族』 横溝正史
7.『キッド・ピストルズの妄想』 山口雅也
8.『バイバイ、エンジェル』 笠井潔
9.『ウロボロスの偽書』 竹本健治 
10.『十角館の殺人』 綾辻行人
11.『鉄鼠の檻』 京極夏彦
12.『99%の誘拐』 岡嶋二人
13.『コズミック』 清涼院流水
14.『絡新婦の理』 京極夏彦
15.『悪魔が来りて笛を吹く』 横溝正史
16.『狂い壁 狂い窓』 竹本健治
17.『日本殺人事件』 山口雅也
18.『マリオネットの罠』 赤川次郎
19.『九十九十九』 舞城王太郎
20.『なみだ研究所へようこそ』 鯨統一郎
21.『斜め屋敷の犯罪』 島田荘司
22.『虚無への供物』 中井英夫
23.『刺青殺人事件』 高木彬光
24.『グランド・ミステリー』 奥泉光
25.『星降り山荘の殺人』 倉知淳
26.『夏と冬の奏鳴曲』 麻耶雄高
27.『不連続殺人事件』 坂口安吾
28.『殺戮にいたる病』 我孫子武丸
29.『ロートレック荘殺人事件』 筒井康隆
30.『慟哭』 貫井徳郎

どれも心に残る作品です。日本の本格ミステリーはまだまだ挙げられそうだ。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-10-07 19:53 | 海外の映画 | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 Black Sabbath "Master Of Reality"(1971) semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 06日

a0035172_1684279.jpgブラック・サバスの代表作と言えば、2nd "Paranoid"(1970)、3rd "Master Of Reality"(1971)、4th "Vol.4"(1972)の3作であろう。重厚なギターリフ、うねるようなベース、シャープに切り裂くドラム、そして地底から響くように唸るボーカル。一般にヘヴィ・メタルの元祖とも呼ばれる彼らのスタイルが確立したのはこれらのアルバムである。歌詞にも黒魔術的な要素が散りばめられているが、楽曲に関しても魔術的、麻薬的な魅力に満ち満ちている。まさに一度病みつきになったら、否応なくハマってしまう音楽なのである。

僕も一時期、この麻薬にハマってしまったくちだが、特に"Master Of Reality"(1971)はよく聴いた。このアルバムはとにかく曲がすごい。オジーの悪魔のような呻きから始まる1曲目Sweet Leafでは、繰り返されるヘヴィー・リフが僕らの三半規管を狂わせ、平衡感覚を失わせるだろう。そしてAfter Foreverの遠くへ逝ってしまいそうなギター音は聴く者を彼方(彼岸)へと誘う。とても危険な曲なのでこれは心して聴かなければならない。さもなければ死神の大鎌によって簡単に魂の尾を切られてしまうだろう。この2曲だけでもう失神しそうな勢いであるが、つづくインストを挟んだChildren of the GraveとLord of This Worldは失神している人間に冷水を浴びせ、針の筵を強制するような焼き鈍し的拷問に近い味わいがある。その味わいは背徳に惹かれる悪魔の魅力と言っていい。Solitudeは一転してフォークロアなバラードソングであるが、その一瞬の心の安らぎは魂を浮遊させる。最後のInto the Voidは比較的スタンダードなヘヴィー・サウンドであるが、その唐突に訪れる終わりが聴く者に禁断症状を与えるようだ。

ブラック・サバスの音楽は、黒魔術そのものであり、聴く者の隣に『デス・ノート』のような死神を必然的に呼び寄せる。しかしそれは恐怖でも畏怖でもなく、非超越的なぎりぎりの人間的な営みであるが故の「死の常態化」とでもいうべきものである。それは儀礼である。死の儀礼。僕らはそのマージナルなメッセージと波動をただ素直に感じ入ればよい。だから心していれば、魂を奪われることはない。(当たり前だけど) そしてその波動は身体の奥底までしみいる。

"Paranoid"(1970)も"Vol.4"(1972)も素晴らしいアルバムである。しかし、さすがに3作続けて聴いたらちょっと身体に効きすぎてしまうかもしれないので、気をつけたほうがよい。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-10-06 17:45 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 『レコード・コレクターズ』誌 執筆陣が選ぶ60~80年代ロック・アルバム・ベスト100 semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 06日

a0035172_10422059.jpgDBとして貼り付けておきます。年代別で印をつけてみましたが、やっぱり60年代が強いですね。(60年代が49枚、70年代が38枚、80年代がたった13枚!)
こういうのをみると、80年代の個別ベストっていうのはそれなりの意味があるような気がします。何故90年代は無視されるのでしょうね?個人的にはよく知らない90年代をやってほしいのですけど。(いや、待てよ。。。そうすると気になるアルバムをまたたくさん買ってしまいそうだから、金のことを考えると、、、やっぱりいいや)

元ネタはここです!


-----------------------
『レコード・コレクターズ』誌執筆陣が選ぶ、60~80年代ロック・アルバム・ベスト100

60年代、70年代、80年代に分けて洋楽ロック・アルバムのランキングをお届けした『レコード・コレクターズ』  25周年特別企画「ロック・アルバム・ベスト100」。あの企画が、選者それぞれのランキング表つきで1冊の本になります。 さらに浦沢直樹、柴田元幸、坂本慎太郎ら豪華執筆陣による「私の20枚」も掲載! なおこちらのページでは評論家による60~80年代ベスト100のランキング・リストをご紹介!

01. Beach Boys / Pet Sounds
02. Bob Dylan / Highway 61 Revisited
03. The Band / Music From Big Pink
04. King Crimson / In The Court Of The Crimson King
05. Beatles / Revolver
06. Sex Pistols / Never Mind the Bollocks ○
07. Velvet Underground & Nico / st
08. Beatles / Rubber Soul
09. Beatles / The Beatles (White Album)
10. Neil Young / After The Gold Rush ○

11. Bob Dylan / Blonde On Blonde
12. Carol King / Tapestry ○
13. Frank Zappa / Freak Out !
14. John Lennon / Plastic Ono Band ○
15. Pink Floyd / Dark Side Of The Moon ○
16. Jimi Hendrix / Electric Ladyland
17. Jimi Hendrix / Are You Experienced?
18. Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
19. Rolling Stones / Beggars Banquet
20. Talking Heads / Remain In Light △

21. Rolling Stones / Let It Bleed
22. Beatles / Abbey Road
23. Sly & The Family Stone / There's A Riot Goin' On ○
24. Rolling Stones / Exile On Main St. ○
25. Led Zeppelin / Led Zeppelin
26. Captain Beefheart / Trout Mask Replica
27. Donald Fagen / Nightfly △
28. Steely Dan / Aja ○
29. Elvis Costello / My Aim Is True ○
30. Allman Brothers Band / At The Fillmore East ○

31. Television / Marquee Moon ○
32. Prince / Sign 'O' The Times △
33. Buffalo Springfield / Buffalo Springfield Again
34. James Taylor / Sweet Baby James ○
35. Bruce Springsteen / Born to Run ○
36. Pink Floyd / The Piper at the Gates of Dawn
37. The Band / The Band
38. George Harrison / All Things Must Pass ○
39. Kinks / Village Green Preservation Society
40. Beatles / Please Please Me

41. Pop Group / For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder? △
42. The Who / My Generation
43. Crosby, Stills & Nash / Crosby, Stills & Nash
44. Led Zeppelin / Ⅳ ○
45. Neil Young / Harvest ○
46. Zombies / Odyssey & Oracle
47. Joni Mitchell / Blue ○
48. Shaggs / Philosophy of the World
49. Bob Dylan / Freewheelin'
50. Sly & The Family Stone / Stand !

51. Patti Smith / Horses ○
52. Led Zeppelin / Presence ○
53. Laura Nyro / Eli and the Thirteenth Confession
54. V.A. / No New York ○

55. Clash / London Calling ○
56. Blind Faith / Blind Faith
57. Joy Division / Closer △
58. Who / Tommy
59. Little Feat / Dixie Chicken ○
60. Style Council / Our Favorite Shop △

61. Led Zeppelin / Led Zeppelin Ⅱ
62. Doors / Doors
63. MC5 / Kick Out The Jams
64. Todd Rundgren / Something/Anything? ○
65. Stooges / Stooges
66. Byrds / Mr. Tambourine Man
67. John Lennon / Imagine ○
68. Bob Dylan / Blood on the Tracks ○
69. Style Counsel / Cafe Bleu △
70. Rolling Stones / Sticky Fingers ○

71. Paul McCartney / Ram ○
72. T-Rex / Electric Warrior ○
73. Prefab Sprout / Steve McQueen △
74. Cream / Disraeli Gears
75. Clash / Sandinista! △
76. U2 / Joshua Tree △
77. Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard ○
78. Beatles / Hard Day's Night
79. Fairport Convention / Liege & Lief
80. Elvis Presley / Elvis In Memphis

81. Byrds / Sweetheart Of The Rodeo
82. David Bowie / Ziggy Stardust ○
83. Lovin' Spoonful / Do You Believe In Magic ?
84. Beatles / Meet The Beatles

85. John Mayall & the Blues Breakers / John Mayall & the Blues Bluesbreakers with Eric Clapton
86. Scritti Politti / Cupid & Psyche 85 △
87. Ry Cooder / Chicken Skin Music ○
88. Derek & the Dominos / Layla and Other Assorted Love Songs ○
89. Kinks / Something Else by the Kinks
90. David Bowie / Low ○

91. Durutti Column / Return of the Durutti Column △
92. V.A. / A Christmas Gift for You from Phil Spector

93. Bob Marley / Catch A Fire ○
94. Paul Mccartney & Wings / Band on the Run ○
95. Doors / Strange Days
96. Black Sabbath / Black Sabbath ○
97. XTC / Skylarking △
98. Van Dyke Parks / Song Cycle
99. 10cc / How Dare You! ○
100. The Jam / All Mod Cons ○

レココレ 60年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 70年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 80年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 60~80年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 60~80年代のベスト100<読者選出>
[PR]

by onomichi1969 | 2007-10-06 10:54 | ランキング | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ザ・フライ "The Fly" semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 05日

a0035172_21423651.jpg旧邦題は『蝿男の恐怖』

実はこの作品、フランツ・カフカ作『変身』の蝿バージョンである。
蝿と融合して崩壊していく人間は、その過程でいつから人間でなくなったのだろうか? 蝿と人間の境目、世界と私の境界とは? と考えるとかなり哲学的な命題になってくる、、、ような気がしない?

これって、自我に対する世界の侵食を主題にした『変身』のテーマそのものでしょ 1986年アメリカ映画(2003-10-13)



キネマ旬報DB解説 『ザ・フライ』
[PR]

by onomichi1969 | 2007-10-05 21:50 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター