Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 選挙3 semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 30日

結局、今回も投票に行かなかった。
(敢えて言うけど、それは何にも悪いことではない)

自民党と民主党のどちらを選べと言われたら、当然、自民党ということになるのだけど、安部内閣の掲げる政策の全てを承認できるわけではない。

とは言え、民主党という労働組合を支持母体とするような政党にマトモな政治ができるとも思えない。そもそもいつの間にか争点となっていた年金問題を民主党が解決できるわけがないし。(竹中元大臣が年金問題は労働問題だって言っていたナ) 民主党という政策的矛盾を抱えた政治団体はある意味で日本的なあいまいさの象徴的存在であり、過去の55年体制の焼き直しのような政党と位置づけられなくもない。であれば、なんとなくその存在意義も分かるが、でもそれは自民党も同じか。。。

やはり、、、2大政党制というものを本当に実行するのならば、自民党を2つに割る必要があるのではないだろうか。いわゆる自民党ハト派と呼ばれる保守本流と安部首相を筆頭とする保守傍流の2つの派閥グループである。大きな政府と小さな政府。労使協調且つ公共事業を是とするグループと規制緩和・競争主義を是とするグループ。(この辺りは昔ながらの区分けとならざるを得ないと思うのだが、他に分け方があるのだろうか?)

しかし、そのどちらかを選ばなければならなくなる(2大政党制)というのは、本当に正しい姿なのだろうか?

昔、自民党と社会党は共依存の関係にあったと言われる。
労使関係がそのまま自民党と社会党に分かれ、その共存こそが55年体制の本質でもあったわけだ。そういったぬるま湯の中で日本は戦後民主主義の名の下に経済中心主義の政策を取り、親方日の丸の護送船団方式、波風立てない対外的な融和主義、官民癒着、箱物行政・談合、等等、様々な問題を抱えながらもそれを是としてやってきたのである。憲法についても、自衛隊という明らかな軍隊の存在をどのように位置づけるのかというのは、国防上の重要な問題であるにも関わらず、戦後民主主義の立場はそれを「あいまいに」やり過ごしてきた。

近年、僕ら国民自身がそれらの問題を改善すべき問題として捉え、その改革を政府に求めるようになった。またグローバルスタンダードな考え方が、どっちつかずの、あいまいな立場への立脚を認めなくなり、それが盲信的な妥当として人々の共通認識となってしまった。そして、ここ数年、小泉、安部内閣になり、構造改革を旗印として、これまでの戦後民主主義的な国家の形(安部首相、曰く、「戦後レジーム」)が急速に変えられてきたことも事実。その中には上記に挙げたような様々な問題へのカウンターメジャーとして有効なものもあったし、それらはグローバルスタンダード(アメリカンスタンダード)の流れに確実にフィットしてきた。

これまでの戦後民主主義的な大きな政府としての機能から、近年、確実に小さな政府を志向する構造改革が進められてきている。政治だけでなく、社会全体が急速に能力主義、競争主義を当たり前のように受け入れ、その結果、格差(特に希望格差)の問題が新しい社会タームとして生まれてきたのだ。この小さい政府への志向が否応なく生み出す競争社会と格差の問題は僕らが思う以上にこれからの社会の中で重要な問題となっていくであろう。

小泉、安部内閣が推し進めてきた政策は、実のところ、この国のかたちを必然的に規定してしまうような重要な政治的志向を含んでいた。しかし、それは本当に国民的が合意が得られた上での選択だったのだろうか?たぶん、その性急的な流れに社会が戸惑い始めたのだろう。
「ちょ、ちょっと、待ってくれ」 それが今回の参議院選挙の結果なのだと思う。
(憲法や戦後レジームの問題がすっかりと消えて、年金や政治と金などという瑣末な問題に対する安部政権への信任が争点となったこと、それは誰が誘導したのか? ここで言う社会とは、官庁やマスコミ、各種団体という本来的に世論を誘導できる立場の人々のことかもしれない)

何れにしろ、政党政治のあり方の中に、しっかりとした国家ビジョンの明確化は必要であり、その上での2大政党制への移行があると思うのだが、そのどちらかを完全に択一するのではなく、政府運営のあり方にもある程度の日本的な融和があるべきというのが理想だと思うが、どうだろうか?(都合よすぎるか。。。)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-30 00:43 | 時事 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Boston "Don't Look Back"(1978) semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 22日

a0035172_0513424.jpgボストンと言えば、やはり衝撃のファーストアルバム”Boston”(1976)『幻想飛行』を取り上げるべきだろう。
その象徴たる”More Than a Feeling”は何度聴いても素晴らしい名曲だ。「ボストン以降」という言葉もあるように、彼らの登場はアメリカン・プログレ・ハードとでも言うべきひとつのジャンルを確立させ、ボストンの大ヒットという流れの中で、以降のカンサス、ジャーニー、スティクスといった一連のバンドもその音楽的方向性を決めていったのだろうと思う。音楽史的な意味でも彼らのファーストは、70年代中期のピストルズやブルース・スプリングスティーン、ボズ・スキャグスのアルバムと並び、ジャンルは違えどロック史のターニング・ポイントに位置づけられる、80年代への道筋を示す重要な作品であろう。と同時に、当時のヒットシーンの中では、ピーター・フランプトンやフリートウッド・マックの大ヒットアルバムによって象徴されるロックのメジャー化、大衆化、商業化の代名詞でもあったのである。

しかし、僕が洋楽を聴き始めた1984年頃、ボストンは完全に過去のバンドであった。1978年の2作目以降全くアルバムを出していなかったのだからそれも当然のことであったが、ジャーニー、スティクス、フォリナー、TOTO等が活躍していた当時、ボストンの作品は、僕らにとって、ジャンルのパイオニアでありながら最後に行き着くべき歴史そのものだったのである。

僕にとってボストンのアルバムは1st”Boston”(1976)と2nd”Don't Look Back”(1978)に尽きる。(というかそれしか知らない) これら2作品は完全に地続きのアルバムである為、どちらのアルバムが良いかなどと言う問いはあまり意味がない。
。。。と言いつつ、ここでは、”Don't Look Back”(1978)を取り上げてみた。

冒頭を飾る”Don't Look Back”は、”More Than a Feeling”と並ぶ名曲である。特に出だしのギター音は、エイジアの”Heat of the Moment”と共に僕らの琴線に響く必殺のフレーズである。また、”Don't Look Back”はアルバムを超えた”More Than a Feeling”の続編でもある。アルバム自体も2つでひとつの作品のようなものだから、1stアルバムの唯一の不満とでも言うべき純然たるバラードの不在も2ndの”A Man I'll Never Be”という大作の存在によって解消されてしまうのだ。
分厚くて温かみのある独特のギターサウンドと華麗なコーラスワーク、時に声と音が一体と化し、その空間的広がりが僕らの想像力をかき立てる。まさにスペーシー・サウンドである。その手触りもまたロックの新しい可能性のひとつだった。

やはり聴くならば、1st⇒2ndと続けてかけたい。どの楽曲も聴き応え十分の作品ばかり。独特のギターサウンドもバラエティにも富んでいるし、それでちょうどお腹いっぱいくらいなのだ。

"Something About You"や"Let Me Take You Home Tonight"も素晴らしい曲だし!
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-22 01:08 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 レイジング・ブル "Raging Bull" semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 17日

a0035172_1481118.jpg『タクシー・ドライバー』では自らの過剰な感情を正義へと志向させ、『キング・オブ・コメディ』でそれを狂気へと潜行させた。その中間に位置する本作『レイジングブル』では、その過剰さの生々しい姿を実に大らかに、そしてシンプルに描いて見せる。そういう意味で『レイジング・ブル』は、主人公の過剰な生の有り様が明瞭であり、幸福な時代の幸福な物語なのかもしれない。
主人公にはボクシングがあった。自らの抑えがたい感情や衝動をぶつけるものとしてのボクシングが存在したが、もちろん、彼の過剰さは、ボクシングという競技を軽々と超え、周りの人間、兄弟や恋人達を容易に傷つけることになる。気がつけば、周りの人間には愛想を付かされ、裏切られ、そして独りきりになる。彼はつぶやく、『何故だ?』と。そのとき、彼は一人の人間としてのゼロ地点に立っていることに気がつくのである。そこで自分という人間の生の姿を理解し、直視することができれば、彼は狂気へと向かわないし、社会性を失ったりしない。そういうギリギリの確信とその揺らぎが主人公の生き様に通底しているのである。
この映画の美しさは、幻想を剥ぎ取った人間の根源的な過剰さに由来するのと同時に、それがまだ歪んでいない実に健康的な立ち姿によるのではないか。この映画が苛立たしくも晴やかな印象を残すのはその美しさ所以であろう。1980年アメリカ映画(2004-11-06)

a0035172_149461.jpg


[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-17 01:24 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 キング・オブ・コメディ "The King of Comedy" semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 17日

a0035172_1214990.jpg主人公が表層の笑いを追及すればするほど、彼の深層における絶対的な孤独が浮かび上がる。彼の(僕らの)深層に笑いはない。ここで彼によって追求される「笑い」とは表層における連帯意識そのものなのだ。彼のような社会から疎外された人間がそのような笑いに拘れば、無自覚に覆い隠された深層の孤独は、容易に狂気という形で表出することになるだろう。『タクシードライバー』で描いた現代的な狂気の姿をさらに無自覚的なレベルにまでおし進めたのが本作ということになるか。それはある意味で80年代的だといえなくもない。1982年アメリカ映画(2003-10-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-17 01:22 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 タクシー・ドライバー "Taxi Driver" semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 17日

a0035172_1145325.jpgこの映画のテーマは「正義」の行く末だろう。世の中に「正義」への根拠がなくなって久しい。
主人公が愚直に信じる「正義」の観念とはうらはらにその向かうべき対象は奇妙なねじれを見せる。一見するとそれは単なる狂人の妄想に思えるし、ラストの展開は「暴力衝動」の発露そのものに見える。スコシージ自身もデニーロの圧倒的な存在感を軸として、そういう見せ方をしているから、この映画自体がストーカー的な狂気へのひそやかな共感という見方をされることも分かる。
しかし、始めに戻るが、やはり、この映画のテーマは「正義」の行く末である。僕らは今やこの「正義」の意味についてあまり自覚的でない。当時、アメリカがベトナム戦争を「正義」の戦争として遂行していた時、主人公の「正義」は確かにあったはず。「正義」への従属こそ人を生かしめた時代があり、その後それは「懐疑」の象徴に代わった。ベトナム後ですら、主人公はあまりに「正義」への従属に愚直であり、そういう人間像として、主人公は「正義」に殉じようと奮闘し、最後にはヒーローにさえなるが、それはあまりに滑稽な達成であった。「正義」という観念にとって、それはもの哀しいラストなのである。「正義」や「ヒーロー」という言葉に空虚な響きしか覚えない現代の僕らにとって、その歪さは自明すぎるだろうか。「正義」は「小さなラディカリズム」へと変遷し、今では「狂気」そのものになってしまったのだろうか。失われた「正義」に心を震わせること自体が既に時代遅れな感覚なのだろうか。1976年アメリカ映画(2003-07-27)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-17 01:16 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 選挙2 semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 14日

「年金未払い」って政治問題なのだろうか?
よく分からないがこれが政争に関わる問題とはとても思えない。

今回の参議院選挙の争点って何だろう?
少し調べてみると、

憲法改正、教育、年金、消費税、そして政権交替(安倍内閣の国会運営の是非)
ということらしい。

う~む、どれも重要な問題のようだ。

自民党と民主党で意見が真っ向からぶつかっているとなれば、二者択一で選択のしようがあるが、これら多くの争点に対して、3つの項目は自民だけど、あとの2つは民主党、、、
となったら、やっぱり自民党を選ぶべきなのだろうか?

でも、それらは結局のところ将来ビジョンとしてのいわゆる

小さな政府と大きな政府の問題
国防に対する基本的な考え方=憲法改正

につながるのだろう。
(もちろん国防以外での参政や共同社会幻想としての「僕らの」憲法という位置づけにおける改憲というのもある)

いやいや、選挙はやっぱり人で選ばなきゃ、人柄だよ。

なんて人もまだいるだろうね。

ところで、
最近、『希望格差社会』という本を読んでとても考えさせられたのであるが、

今の世の中で本来的な格差を生み出している元凶が「希望の喪失」であり、
「希望」が社会の中で生きていく僕らの本当の糧であるとしたら、
それを如何にして取り戻すことができるのであろうか?

ヨーロッパにおけるキリスト教、日本における仏教(鎮魂技術)、共産主義、戦後民主主義(護送船団方式、教育パイプライン方式、年功序列)

これらのシステムが社会的に支持されたのは、人々の現世における希望、或いは死後の世界における希望を掬い取ることによって、人々に生きることの満足と平等感を与えてくれたからである。例えば、現世でつらいことが多くあったとしても、教義を守り、信心さえあれば来世での暮らしが保証される、ということ。

もちろん、現代のアメリカン・スタンダードとも言われるオートマティックな資本主義社会システムはこれらの考え方を完全に稀釈する。

これが格差社会である。

余談だけど、、、
科学が希望の時代もあったが、それも今や万能ではない。
神(=ロゴス)が死んだとき、科学への信頼(完全性、確定性)も同時になくなってしまったのである。

僕の中で、いまや社会における格差と希望のあり方が将来における政治的選択の最大関心事項となっている。(あとは環境問題だけど、これはまた別の話)

憲法改正、教育、年金、消費税、そして政権交替

今後進むであろう希望格差拡大と少子化の問題にこれらのタームは密接に関わる。

久々に選挙に関心をもってみようかな、と思った。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-14 23:23 | 時事 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 選挙 semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 14日

その昔、吉本隆明の本で『選挙権というのは革命権でもある』ということ読んだ。
選挙に行って投票するという行為を今では国民参政の義務のように言われるが、
いつのまにそんなことになったのか?
それは義務でなくて、権利である。
もし国家に対する否を表現するのであれば、投票しなければいい。
投票率5%の政府は転覆するしかないであろう。
それが民主的な革命(王朝交代)となる。
(だから、成人男女による完全普通選挙というのすごい権利行使の場になるのだと)

まさにラディカルな考え方と言える。
しかし、今、そんなことが起こったとして、それは果たして革命なのだろうか?
とてもじゃないけど、そんな風には思えない。
それは革命じゃくて、国家の破滅だ。

選挙が近づくと、そういうことを思い出し、
投票に行かなきゃなと思いつつ、
でも、やっぱり、僕は行かない。
そういうスタンスということで。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-14 11:17 | 時事 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 食品の問題 semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 14日

牛肉に豚肉が混じったって別にいいじゃん。
ある意味であの社長は言葉通りのアイディアマンだ。
と思っていたけど、
さすがにダンボールは食えないか。。。

昔、ドイツに行った時、田舎町の中国料理屋で紹興酒を飲んだ。
確かに味はそれっぽかったし、酔ったので確かにアルコールだったけど、
妙に酸っぱいのが気になった。
そこでボトルを出してもらって、ラベルを確認したら、調理用の老酒で、
直接飲まないで下さいと書いてあった(らしい)
けど、そんなの関係ねぇ、、、とそのまま飲み続けた。

最近、食品に対する消費者の目が厳しいと言われる。
雪印や不二家の事件があり、ミート社、中国産の様々な食材の問題。
確かに勘弁してほしい、というレベルのものもあるけど、
それらは常に僕らが口にしている食事と地続きの問題なのだと思う。
その境界線はあいまいだ。
(医薬品などと比べたら、業界自体が完全にコントロールされているような品質保証のレベルにはない、ということ)

保存が必要な加工食品には従来、合成保存料が添加されてきたが、
昨今、その安全性が議論されるようになると、そういった議論自体を回避する為に
合成保存料を一括りにして禁止するなどという乱暴な考え方のメーカーも出てきている。

そこで何をするかというと、
合成保存料は使っていませんが、、、PH調整剤を使っています
という訳の分からない話となる。
PH調整剤は有機酸やアルカリ塩(かんすい)等で、食品を腐りにくいPHに保つ添加剤であるが、そもそも量的な規制がなく、実証もいいかげんなので、「安全」を考えて必要以上の量を添加している可能性があると指摘する人もいる。

考え出したら、キリがない話かも。
でも、単なる言葉狩りと言い換えのイタチゴッコ、、、のようにも思える。

ただ、改めて思うのは、
マスコミの報道には気をつけた方がいい、ということ。
客観的報道というのはありえない。ドキュメンタリーは嘘をつく。
テレビ局には必ずスポンサーやタイアップ先がいるし。
その誠実さを推し量る目は最低限必要だ。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-14 11:08 | 時事 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 死刑台のエレベーター "Ascenseur pour L'Echafaud" semスキン用のアイコン02

  

2007年 07月 08日

a0035172_9405213.jpg特別な映画である。
当時、マイルス・デイビスは、マラソンセッション等で名を馳せたクインテットでハードバップを確立させ、独自のミュート奏法にも神懸り的な磨きかけて、ジャズクリエイターとしても、プレーヤーとしても、モード移行を前にした最高の時期であったといえる。しかし、オリジナル・クインテットも57年に解散し、この映画へ実際に演奏を付けたのはフランスツアーを共に回ったとはいえ、現地の人間と組んだ新規のクインテットであった。しかし、フランスという異国の地で、映画のラッシュを観ながら、(ジャンヌモローの姿を観ながら、)即演するという新たな方法を見事に具現化してみせ、緊張感の中にも伸びやかなミュートを効かせまくるマイルスの演奏は相変わらず素晴らしい。というか、ジャズアルバムとしてもこれはものすごい傑作である。いくつかのメロディの断片を事前に用意していたとは言え、映画を観ながら、新規クインテットのメンバーと即興で音楽を作り上げていく、、、それがマイルスであるということも合わせて考えれば、ある意味でこの作品は驚愕すべきものだといえよう。
さて、映画もそんなマイルスの演奏と共に観ていけば、あまり細部に気が回らなくなる。いくつかの印象的なカットに合わせた隙のない演奏、ジャンヌモローの可憐かつ端正な立ち姿と共に、マイルスから彼女に対する愛の囁きの如きミュートが画面から立ちのぼる。そんな映画である。 1957年フランス映画(2004-07-17)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-07-08 09:33 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター