Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 FM fan これだけは聴きたい!ベストアルバム100 semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 25日

FM fan ザ・資料

AMERICAN ROCK CATALOG パート1
ベスト・アルバム100

a0035172_0475887.jpga0035172_0485995.jpg



1.チャック・ベリー
2.リトル・リチャード
3.カール・パーキンス
4.ロックン・ロール・アルバム/エルヴィス・プレスリー
5.サム・クック・コレクション/サム・クック
6.続・RCAブルースの古典
7.アメリカン・グラフティ
8.ベスト・オブ・ジェームズ・ブラウン/ジェームズ・ブラウン
9.ヨーロッパのオーティス・レディング/オーティス・レディング
10.ホワッツ・ゴーイン・オン/マーヴィン・ゲイ

11.エキサイティング・ウィルソン・ピケット/ウィルソン・ピケット
12.レディ・ソウル/アレサ・フランクリン
13.ダイアナ・ロス&シュープリームス・アニバーサリー・コレクション/シュープリームス
14.テンプテーションズ・アニバーサリー・コレクション/テンプテーションズ
15.ライチャス・ブラザーズ・ベスト・ヒッツ/ライチャス・ブラザーズ
16.ブックエンド/サイモン&ガーファンクル
17.ルック・アット・アス/ソニー&シェール
18.バブルガム・グレイテスト・ヒッツVol.1
19.タートルズ・プレゼンツ・バトル・オブ・ザ・バンズ/タートルズ
20.ザ・バーズ・グレイテスト・ヒッツ/ザ・バーズ

21.トーキング・ブック/スティーヴィー・ワンダー
22.グレイテスト・ヒッツ/ボックス・トップ
23.ベスト・オブ・スペクター・サウンド
24.モータウン20グレイテスト・ソングス
25.リズム・アンド・ブルース決定盤
26.ベスト・オブ・バッファロースプリングフィールド/バッファロースプリングフィールド
27.25thアニバーサリー/ビーチ・ボーイズ
28.バイオグラフ/ボブ・ディラン
29.ヒュームス・オブ・ザ・ラビン・スプーンフル/ラビン・スプーンフル
30.シュールリアリスティック・ピロー/ジェファーソン・エアプレイン

31.ハートに火をつけて/ドアーズ
32.エレクトリック・レディランド/ジミ・ヘンドリックス
33.チープ・スリル/ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー
34.エニシング・ゴーズ/ハーパース・ビザール
35.Super Session
36.Golden Greats/ゲーリー・ルイス&プレイボーイズ
37.Stand!/スライ&ファミリー・ストーン
38.フィルモア・ザ・ラスト・デイズ
39.イースト・ウエスト/ポール・バターフィールド・ブルース・バンド
40.ウッドストック/サウンドトラック

41.ブラッド・スウェット&ティアーズ
42.オリジナル・デラニー&ボニー/デラニー&ボニー
43.Pickin' Up The Pieces/ポコ
44.ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース/ニール・ヤング
45.ベルベット・アンダーグランド&ニコ/ベルベット・アンダーグランド
46.デジャ・ブ/CSN&Y
47.ノー・ファン/ストゥージズ&イギー・ポップ
48.フィルモアのマザーズ/ザッパ&マザーズ
49.キャラバンサライ/サンタナ
50.ベリー・ベスト・オブ・CCR/CCR

51.シカゴの軌跡/シカゴ
52.ライブ・デッド/グレイトフル・デッド
53.Randy Newman/ランディ・ニューマン
54.スリー・ドッグ・ナイト/スリー・ドッグ・ナイト
55.ライブ・アルバム/グランド・ファンク・レイルロード
56.マッド・スライド・スリム/ジェームス・テイラー
57.つづれおり/キャロル・キング
58.フィルモア・イースト・ライブ/オールマン・ブラザーズ・バンド
59.NazzⅢ/トッド・ラングレン
60.Let's Stay Together/アル・グリーン

61.フル・ハウス/J・ガイルズ・バンド
62.セイリン・シューズ/リトル・フィート
63.マイ・タイム/ボズ・スキャッグス
64.フォー・エブリマン/ジャクソン・ブラウン
65.Back To The World/カーティス・メイフィールド
66.夜のシュミルソン/二ルソン
67.Orleans/オーリアンズ
68.Rides Again/ジェームズ・ギャング
69.イエスタディ・ワンス・モア/カーペンターズ
70.パラダイス&ランチ/ライ・クーダー

71.セカンド・ヘルピング/レイナード・スキナード
72.Pretzel Logic/スティーリー・ダン
73.スタンピード/ドゥービー・ブラザーズ
74.呪われた夜/イーグルス
75.Fandango/ZZトップ
76.明日なき暴走/ブルース・スプリングスティーン
77.アバンダンド・ランチョネット/ホール&オーツ
78.ドント・クライ・ナウ/リンダ・ロンシュタット
79.ロバータ・フラック&ダニー・ハザウェイ
80.サザン・ナイト/アラン・トゥーサン

81.ガンボ/ドクター・ジョン
82.鷲の爪/スティーヴ・ミラー・バンド
83.地獄のロック・ファイア/キッス
84.Ramones/ラモーンズ
85.灼熱の狂宴/アース、ウィンド&ファイア
86.ドロー・ザ・ライン/エアロスミス
87.ストレンジャー/ビリー・ジョエル
88.ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク/ザ・バンド
89.ラスト・ワルツ/ザ・バンド
90.Easter/パティ・スミス

91.サタディ・ナイト・フィーバー/サウンドトラック
92.ノー・ニュークス
93.恋するチャカ/チャカ・カーン
94.真夜中の恋人たち/パット・ベネター
95.リメイン・イン・ライト/トーキンズ・ベッズ
96.TOTOⅣ~聖なる剣/TOTO
97.アメリカン・フール/ジョン・クーガー
98.スリラー/マイケル・ジャクソン
99.1984/ヴァン・ヘイレン
100.プライベート・ダンサー/ティナ・ターナー

FM fan(1986年No.17 8/11~8/24号「アメリカン・ロック・ヒストリー」)より

----------------------------
BRITISH ROCK CATALOG パート2
これだけは聴きたい!ベストアルバム100

a0035172_0522679.jpga0035172_0524589.jpg



60年代
1.プリーズ・プリーズ・ミー/ビートルズ
2.朝日のあたる家/アニマルズ
3.キンクス/ザ・キンクス
4.ジョン・メイオール&エリック・クラプトン/ブルースブレーカーズ
5.ミスター・ファンタジー/トラフィック
6.フロム・ザ・ビギニング/スモール・フェイセズ
7.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/ビートルズ
8.ヤードバーズ・フィーチャリング・ジェフ・ベック
9.クリームの素晴らしき世界/クリーム
10.スーパー・ジャイアンツ/ブラインド・フェイス
11.レット・イット・ブリード/ローリング・ストーンズ
12.レッド・ツェッペリンⅡ/レッド・ツェッペリン
13.トミー/ザ・フー
14.クリムゾン・キングの宮殿/キング・クリムゾン
15.アビイ・ロード/ビートルズ
16.スルー・ザ・パスト・ダークリー/ローリング・ストーンズ

70年代
17.パラノイド/ブラック・サバス
18.エルトン・ジョン/エルトン・ジョン
19.オール・シングス・マスト・パス/ジョージ・ハリスン
20.童夢/ムーディ・ブルース
21.フリー・ライブ/フリー
22.対自核/ユーライア・ヒープ
23.タルカス/エマーソン、レイク&パーマー
24.イマジン/ジョン・レノン
25.電気の武者/T.レックス
26.レッド・ツェッペリンⅣ/レッド・ツェッペリン
27.フーズ・ネクスト/ザ・フー
28.ドッグ・オブ・トゥー・ヘッド/ステイタス・クォー
29.百眼の巨人アーガス/ウイッシュボーン・アッシュ
30.すべての若き野郎ども/モット・ザ・フープル
31.馬の耳に念仏/フェイセス
32.ライブ・イン・ジャパン/ディープ・パープル
33.スレイド?/スレイド
34.スモーキン/ハンブル・パイ
35.イエスソングス/イエス
36.バンド・オン・ザ・ラン/ウイングス
37.狂気/ピンク・フロイド
38.ジギー・スターダスト/デヴィッド・ボウイ
39.チューブラー・ベルズ/マイク・オールドフィールド
40.バッド・カンパニー/バッド・カンパニー
41.461オーシャン・ブルーバード/エリック・クラプトン
42.天使と小悪魔/ケイト・ブッシュ
43.オリジナル・サウンドトラック/10cc
44.アトランティック・クロッシング/ロッド・スチュワート
45.オペラ座の夜/クイーン
46.ブロウ・バイ・ブロウ/ジェフ・ベック
47.眩惑のブロードウェイ/ジェネシス
48.勝手にしやがれ/セックス・ピストルズ
49.フランプトン・カムズ・アライブ/ピーター・フランプトン
50.殺人病棟/ドクター・フィールグッド
51.ノー・モア・ヒーローズ/ストラングラーズ
52.噂(うわさ)/フリートウッド・マック
53.白い暴動/クラッシュ
54.マイ・エイム・イズ・トゥルー/エルヴィス・コステロ
55.オール・モッド・コンズ/ザ・ジャム
56.カラー・バイ・ナンバーズ/カルチャー・クラブ
57.クワイエット・ライフ/ジャパン
58.ライブ&デンジャラス/シン・リジィ
59.ディスカバリー/エレクトリック・ライト・オーケストラ
60.メタル・ボックス/パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)
61.白いレガッタ/ポリス
62.スペシャルズ/ザ・スペシャルズ
63.哀愁のマンデイ/ブームタウン・ラッツ

80年代
64.ビエナ/ウルトラ・ボックス
65.ブリティッシュ・スティール/ジューダス・プリースト
66.愛しのキッズ/プリテンダーズ
67.アーク・オブ・ア・ダイバー/スティーヴ・ウィンウッド
68.スティル・ライフ/ローリング・ストーンズ
69.4/フォリナー
70.夜の囁き/フィル・コリンズ
71.ラブ・アクション/ヒューマン・リーグ
72.幻想ライブ78&80/ゲイリー・ニューマン
73.詠時感~時へのロマン/エイジア
74.ナイト・アンド・デイ/ジョー・ジャクソン
75.魔力の封印/アイアン・メイデン
76.ライズ・アンド・フォール/マッドネス
77.アバロン/ロキシー・ミュージック
78.WAR(闘)/U2
79.スウィート・ドリームス/ユーリズミックス
80.炎のターゲット/デフ・レパード
81.月に吠える/オジー・オズボーン
82.シンクロニシティ/ポリス
83.ポーキュパイン(山あらし)/エコー&ザ・バニーメン
84.レッツ・ダンス/デヴィッド・ボウイ
85.セブン・アンド・ザ・ラグド・タイガー/ディラン・ディラン
86.ダイヤモンド・ライフ/シャーデー
87.スパークル・イン・ザ・レイン/シンプル・マインズ
88.プレジャー・ドーム/フランキー・ゴーズ・トゥー・ハリウッド
89.ホールド・ミー・ナウ/トンプソン・ツインズ
90.カフェ・ブリュ/スタイル・カウンシル
91.かくれんぼ/ハワード・ジョーンズ
92.ザ・スミス/ザ・スミス
93.ブラザーズ・イン・アームズ/ダイアー・ストレイツ
94.ブルー・タートルの夢/スティング
95.リップタイド/ロバート・パーマー
96.シャウト/ティアーズ・フォー・ティアーズ
97.ロウ・ライフ/ニュー・オーダー
98.ブラック・セレブレーション/デペッシュ・モード
99.SO/ピーター・ガブリエル
100.ザ・ファイナル/ワム

FM fan(1986年No.19 9/8~9/21号「ブリティッシュ・ロック・ヒストリー」)より

---------------------
最後はfanです。アメリカン編とブリティッシュ編に統一感がなく、なんとなく力のこもっていない特集でした。やはり三番煎じだからでしょうか。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-25 00:55 | ランキング | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 週間FM 名曲名盤200 semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 24日

週間FM500号シリーズ 名曲名盤200

読者のみなさんに、より良い音楽ソースを提供しようということで、今月号から週間FM500号/創刊15週年記念シリーズとして、「名曲名盤200」をお届けします。第一弾は”世界のロック&ポップス”。50年代、60年代、70年代、80年代に区分して、紹介してみました。聴きたい音楽の新たな発見につながれば最高です。

選者:東ひさゆき、今泉恵子、大貫憲章、高橋健太郎

a0035172_2212662.jpga0035172_2214488.jpg



1950~59
1.プレスリー・サン・コレクション/エルヴィス・プレスリー
2.バディ・ホリー/バディ・ホリー
3.エルヴィスのゴールデン・レコード第1集/エルヴィス・プレスリー
4.これがドゥ・ワップだ!!/ドリフターズ
5.ベリー・グッド!!/チャック・ベリー
6.バイ・バイ・ラブ/エヴァリー・ブラザーズ

1960~69
7.スモーキー・ロビンソンとミラクルズ/スモーキー・ロビンソンとミラクルズ
8.プリーズ・プリーズ・ミー/ビートルズ
9.朝日のあたる家/アニマルズ
10.ハーマンズ・ハミッツ/ハーマンズ・ハミッツ
11.サム・クック・ライブ~ハーレム・スクエア・クラブ、1963/サム・クック
12.ザ・ビートルズ/1962年~1966年/ビートルズ
13.ソウル辞典/オーティス・レディング
14.ピーター&ゴードン/ピーター&ゴードン
15.ウォーク・ドント・ラン/ヴェンチャーズ
16.ベスト・オブ・ウィルソン・ピケット/ウィルソン・ピケット
17.シャット・ダウンvol.2/ビーチ・ボーイズ
18.ビー・マイ・ベイベー/ロネッツ
19.テンプテーションズ/テンプテーションズ
20.ダイアナ・ロスとシュープリームス/ダイアナ・ロスとシュープリームス
21.ラヴァー・ソウル/ビートルズ
22.ザ・バーズ・グレイテスト・ヒッツ/バーズ
23.ホリーズ/ホリーズ
24.ビーチ・ボーイズ・ベスト20/終わりなき夏/ビーチ・ボーイズ
25.フォー・トップス/フォー・トップス
26.ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム/ボブ・ディラン
27.フォー・ユア・ラブ/ヤードバーズ
28.フェイス・トゥ・フェイス/キンクス
29.ザ・ポール・バターフィールド・ブルース・バンド/ポール・バターフィールド・ブルース・バンド
30.ベスト・オブ・BB・キング/BB・キング
31.さらばチッキン・シャック/チッキン・シャック
32.ブロンド・オン・ブロンド/ボブ・ディラン
33.デイ・ドリーム/ラヴィン・スプーンフル
34.カラフル・クリーム/クリーム
35.チープ・スリル/ジャニス・ジョプリン
36.ヨーロッパのオーティス・レディング/オーティス・レディング
37.レディ・ソウル/アレサ・フランクリン
38.スタンド・バイ・ミー/ベン・E・キング
39.ゲット・バック/アイク&ティナ・ターナー
40.ハートに火をつけて/ドアーズ
41.アゲイン/バッファロー・スプリングフィールド
42.ミスター・ファンタジー/トラフィック
43.ソング・サイクル/ヴァン・ダイク・パークス
44.グランド・ファンク・レイルロード登場/グランド・ファンク・レイルロード
45.原子心母/ピンク・フロイド
46.スーパー・セッション/アル・クーパー
47.明日に架ける橋/サイモン&ガーファンクル
48.血と汗と涙/ブラッド・スウェット&ティアーズ
49.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/ビートルズ
50.マーヴィン・ゲイ/マーヴィン・ゲイ
51.クリームの素晴らしき世界/クリーム
52.アビイ・ロード/ビートルズ
53.スマッシュ・ヒッツ/ジミ・ヘンドリックス
54.シカゴと23の誓い/シカゴ

1970~79
55.トーキング・ブック/スティーヴィー・ワンダー
56.クリムゾン・キングの宮殿/キング・クリムゾン
57.天の守護神サンタナ/サンタナ
58.展覧会の絵/エマーソン・レイク&パーマー
59.グレイトフル・テッド・ライブ/グレイトフル・テッド
60.スウィート・ベイビー・ジェイムス/ジェイムス・テイラー
61.ウィリー・サンド・ザ・プアボーイズ/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
62.テュペロ・ハニー/ヴァン・モリソン
63.コズミック・ブルースを歌う/ジャニス・ジョプリン
64.ライブ・イン・ジャパン/ディープ・パープル
65.シャ・ナ・ナのすべて/シャ・ナ・ナ
66.アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ/ニール・ヤング
67.ガンボ/ドクター・ジョン
68.つづれおり/キャロル・キング
69.ラズベリーズ・ベスト/ラズベリーズ
70.ブラック・アンド・ブルー/ローリング・ストーンズ
71.ディキシー・チキン/リトル・フィート
72.フーズ・ネクスト/フー
73.グレイテスト・ヒッツ/アリス・クーパー
74.ジギー・スターダスト/デヴィッド・ボウイ
75.スティッキー・フィンガーズ/ローリング・ストーンズ
76.フィルモア・イースト・ライブ/オールマン・ブラザーズ・バンド
77.メイン・ストリートのならず者/ローリング・ストーンズ
78.バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー&ウィングス
79.狂気/ピンク・フロイド
80.フィルモアの奇蹟/マイク・ブルームフィールド、アル・クーパー他
81.ロックン・ロール/ジョン・レノン
82.フリー/フリー
83.キー・オブ・ライフ/スティーヴィー・ワンダー
84.レッド・オクトパス/ジェファーソン・スターシップ
85.明日なき暴走/ブルース・スプリングスティーン
86.オペラ座の夜/クイーン
87.ジェフ・ベック・グループ/ジェフ・ベック・グループ
88.アトランティック・クロッシング/ロッド・スチュアート
89.いとしのレイラ/デレク&ドミノス
90.モンキー・アイランドの噴火/ガイルズ
91.キャッチ・ザ・ファイア/ボブ・マーリィ&ウェイラーズ
92.メイン・コース/ビー・ジーズ
93.地獄の狂獣/キッス
94.ロギンズ&メッシーナ/ロギンズ&メッシーナ
95.レッド・ツェッペリンⅡ/レッド・ツェッペリン
96.スタンピード/ドゥービー・ブラザーズ
97.灼熱の狂宴/アース・ウィンド&ファイア
98.ロック・オブ・エイジス/ザ・バンド
99.バングラ・デシュ/ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン他
100.ロックス/エアロスミス
101.フィジカル・グラフティ/レッド・ツェッペリン
102.ワイアード/ジェフ・ベック
103.パラダイス&ランチ/ライ・クーダー
104.愛の回想録/ジャニス・イアン
105.フランプトン・カムズ・アライブ/ピーター・フランプトン
106.呪われた夜/イーグルス
107.危機/イエス
108.アズベリー・パークからの挨拶/ブルース・スプリングスティーン
119.スペシャルズ/スペシャルズ
110.ニューヨーク・ドールズ/ニューヨーク・ドールズ
111.アメリカの歴史/アメリカ
112.アバンダンド・ランチョネット/ホール&オーツ
113.プリテンダー/ジャクソン・ブラウン
114.シルク・ディグリーズ/ボズ・スキャッグス
115.TOTO/TOTO
116.ヴィエナ/ウルトラヴォックス
117.461オーシャン・ブルーヴァード/エリック・クラプトン
118.オーロラの救世主/エレクトリック・ライト・オーケストラ
119.哀しみのプリズナー/リンダ・ロンシュタット
120.噂/フリートウッド・マック
121.アイム・ザ・マン/ジョー・ジャクソン
122.ヨーロッパ特急/クラフトワーク
123.ストレンジャー/ビリー・ジョエル
124.ペガサスの祈り/スティーヴ・ミラー・バンド
125.背信の門/ジューダス・プリースト
126.幻想飛行/ボストン
127.恋の平行線/ブロンディ
128.ボーイ/U2
129.チープ・トリックat武道館/チープ・トリック
130.ライオン・ハート/ケイト・ブッシュ
131.ライブ/ジョニー・サンダース&ハートブレーカーズ
132.アナザー・グリーン・ワールド/イーノ
133.ロンドン・コーリング/クラッシュ
134.ピーシズ・オブ・エイト/スティクス
135.スナップ/ジャム
136.シャドー・ダンシング/アンディ・ギブ
137.見知らぬ街/ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
138.サイケデリック・ファーズ/サイケデリック・ファーズ
139.オフ・ザ・ウォール/マイケル・ジャクソン
140.白いレガッタ/ポリス
141.マーキー・ムーン/テレヴィジョン
142.浪漫/リッキー・リー・ジョーンズ
143.クローサー/イアン・カーティス4

1980~
144.反逆のアイドル/ビリー・アイドル
145.虹色の扉/オリヴィア・ニュートン=ジョン
146.アバ・グレイテスト・ヒッツ24/アバ
147.神(帰ってきたフライング・アロウ)/マイケル・シェンカー・グループ
148.プライヴェート・アイズ/ダリル・ホールとジョン・オーツ
149.アラーム宣言/アラーム
150.メイク・イット・ビッグ/ワム
151.カラー・バイ・ナンバーズ/カルチャー・クラブ
152.シークレット・オブ・アソシエーション/ポール・ヤング
153.ジェネシス/ジェネシス
154.光と物体/トーマス・ドルビー
155.アヴァロン/ロキシー・ミュージック
156.危険な恋人/パット・ベネター
157.ジェシーズ・ガール/リック・スプリングフィールド
158.錻力の太鼓/ジャパン
159.リメイン・イン・ライト/トーキング・ヘッズ
160.夜の囁き/フィル・コリンズ
161.燃えるロンドン・ナイト/ハノイ・ロックス
162.ピーター・ガブリエルⅣ/ピーター・ガブリエル
163.麗しのベラ・ドンナ/スティーヴィー・ニックス
164.グレイテスト/マッドネス
165.ラヴ・アクション/ヒューマン・リーグ
166.夢見るトレーシー/トレーシー・ウルマン
167.ガウチョ/スティーリー・ダン
168.女の泪はワザモンだ!!/デキシー・ミッドナイト・ランナーズ
169.グッバイ・クルエル・ワールド/エルヴィス・コステロ
170.涙のラナウェイ・ボーイ/ストレイ・キャッツ
171.ルック・オブ・ラヴ/ABC
172.リオ/ディラン・ディラン
173.1984/ヴァン・ヘイレン
174.シンクロニシティ/ポリス
175.WAR(闘)/U2
176.アワ・フェイバリット・ショップ/スタイル・カウンシル
177.ジュ・ジュ・ミュージック/キング・サニー・アデ
178.君はTOO SHY/カジャ・グー・グー
179.サイド・キックス/トンプソン・ツインズ
180.セルフ・コントロール/ローラ・ブラニガン
181.イン・ザ・ハート/クール&ギャング
182.タッチ/ユーリズミックス
183.ミート・イズ・マーダー/スミス
184.パープル・レイン/プリンス
185.ユニティ/アフリカ・バンバータ&ジェイムズ・ブラウン
186.SPORTS/ヒューイ・ルイス&ニュース
187.玉手箱/R.E.M
188.N.Y.ダンステリア/シンディ・ローパー
189.レイン・ドック/トム・ウェイツ
190.ジャパニーズ・ウィスパーズ/キュアー
191.権力の美学/ニュー・オーダー
192.キューピッド&サイケ85/スクリッティ・ポリッティ
193.SHE'S THE BOSS/ミック・ジャガー
194.ビルディング・ザ・パーフェクイト・ビースト/ドン・ヘンリー
195.ポーキュパイン/エコー&バニーメン
196.ブルー・タートルの夢/スティング
197.シャウト/ティアーズ・フォー・フィアーズ
198.奴ら?俺たちか?/フランク・ザッパ
199.MR.バッド・ガイ/フレディ・マーキュリー
200.君を知りたくて/ハワード・ジョーンズ

週刊 FM(1986年No.4 2/10~2/23号)より

---------------------
ステーションの次は週間FMで。こんなのもありました。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-24 02:29 | ランキング | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 FMステーション 歴史に残る100枚のレコード semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 22日

FMステーション通巻100号記念
歴史に残る100枚のレコード

トップ40にはやたら強いキミたちも、たまには昔の名盤を聴いてみてはいかが? 意外に新しい感動があるものです。音楽評論家の小倉エージさんが必聴のロック・アルバム100枚を選んでくれました。

a0035172_0515413.jpga0035172_052247.jpg



1.フィルモア・イースト・ライブ/オールマン・ブラザーズ・バンド
2.ザ・バンド/ザ・バンド
3.ペット・サウンズ/ビーチ・ボーイズ
4.ラバー・ソウル/ビートルズ
5.リボルバー/ビートルズ
6.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/ビートルズ
7.血と汗と涙/ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ
8.ジギー・スターダスト/デビッド・ボウイ
9.レイト・フォー・ザ・スカイ/ジャクソン・ブラウン
10.バッファロー・スプリング・フィールド・アゲイン/バッファロー・スプリング・フィールド

11.プラスティックの中の未来/バグルス
12.ザ・バーズ・グレイテスト・ヒット/ザ・バーズ
13.キャンディ・オーに捧ぐ/カーズ
14.シカゴと23の誓い/シカゴ
15.ロンドン・コーリング/ザ・クラッシュ
16.チキン・スキン・ミュージック/ライ・クーダー
17.マイ・エイム・イズ・トゥルー/エルビス・コステロ
18.クリームの素晴らしき世界/クリーム
19.クリーデンス・ゴールド/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
20.デジャ・ブ/クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング

21.ライブ・イン・ジャパン/ディープ・パープル
22.いとしのレイラ/デレク&ドミノス
23.頽廃的美学論/ディーヴォ
24.悲しきサルタン/ダイアー・ストレイツ
25.ミニット・バイ・ミニット/ドゥービー・ブラザース
26.ハートに火をつけて/ドアーズ
27.追憶のハイウェイ61/ボブ・ディラン
28.ホテル・カルフォルニア/イーグルス
29.タルカス/エマーソン・レイク&パーマー
30.噂/フリートウッド・マック

31.フランプトン・カムズ・アライブ/ピーター・フランプトン
32.ファイア&ウォーター/フリー
33.デューク/ジェネシス
34.ライブ・デッド/グレイトフル・デッド
35.モダン・ボイス/ダリル・ホール&ジョン・オーツ
36.アーユー・エクスペリアンスト/ジミ・ヘンドリックス
37.ナイト・アンド・デイ/ジョー・ジャクソン
38.セッティング・サンズ/ザ・ジャム
39.錻力の太鼓/ジャパン
40.グッパイ・イエロー・ブリック・ロード/エルトン・ジョン

41.パール/ジャニス・ジョプリン
42.無限との遭遇/ジャーニー
43.アンノウン・プレジャーズ/ジョイ・ディビジョン
44.つづれおり/キャロル・キング
45.クリムゾン・キングの宮殿/キング・クリムゾン
46.ローラ対パワーウーマン、マネーゴーラウンド組第1回戦/キンクス
47.地獄の狂獣/キッス
48.人間解体/クラフトワーク
49.レッド・ツェッペリンⅡ/レッド・ツェッペリン
50.平和の祈りをこめて プラスチック・オノ・バンド/ジョンレノン

51.ディキシー・チキン/リトル・フィート
52.ライブ!/ボブ・マーリィ&ウェイラーズ
53.バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー
54.チュベラー・ベルズ/マイク・オールドフィールド
55.ロング・アフター・ダーク/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
56.狂気/ピンク・フロイド
57.シンクロニシティー/ポリス
58.青い影/プロコル・ハルム
59.メタル・ボックス/パブリック・イメージ・リミテッド
60.オペラ座の夜/クイーン

61.禁じられた夜/REOスピードワゴン
62.ベガーズ・バンケット/ローリング・ストーンズ
63.メイン・ストリートのならず者/ローリング・ストーンズ
64.ミス・アメリカ/リンダ・ロンシュタット
65.アヴァロン/ロキシー・ミュージック
66.天の守護神サンタナ/サンタナ
67.シルク・ディグリーズ/ボズ・スキャッグス
68.勝手にしやがれ/セックス・ピストルズ
69.明日に架ける橋/サイモン&ガーファンクル
70.明日なき暴走/ブルース・スプリングスティーン

71.彩(AJA)/スティーリー・ダン
72.スーパースターはブロンドがお好き/ロッド・スチュアート
73.夜獣の館/ストラングラーズ
74.パラダイス・シアター/スティクス
75.リメイン・イン・ライト/トーキング・ヘッズ
76.マーキー・ムーン/テレビジョン
77.オリジナル・サウンド・トラック/10cc
78.ハイドラ/TOTO
79.電気の武者/T・レックス
80.ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ/ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

81.ライブ・アット・リーズ/ザ・フー
82.ヤードバーズ・グレイテスト・ヒッツ/ヤードバーズ
83.こわれもの/イエス
84.今宵その夜/ニール・ヤング
85.キング・オブ・ライブ/RCサクセション
86.ソリッド・ステイト・サヴァイバー/イエロー・マジック・オーケストラ
87.ロング・バケーション/大滝詠一
88.CAROL/キャロル
89.ピュア・エレクトリック・ソウル/クリエイション
90.黒船/サディスティック・ミカ・バンド

91.Nude Man/サザンオールスターズ
92.No Damege/佐野元春
93.ジャックスの世界/ジャックス
94.脱・どん底/ダウンタウン・ブギ・ウギ・バンド
95.はっぴいえんど/はっぴいえんど
96.サトリ/フラワー・トラベリン・バンド
97.泰安洋行/細野春臣
98.ミスリム/松任谷由美
99.ごはんができたよ/矢野顕子
100.FOR YOU/山下達郎

FM STATION (1985年 No.9 4/22-5/5)より

---------------------
こんな感じの記事でした。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-22 01:00 | ランキング | Trackback(2) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 レコード・コレクターズ 70年代ロック・アルバム・ベスト100 / 僕が好きな70年代ロック・アルバム25枚 semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 20日

a0035172_1733785.jpgレコード・コレクターズ誌(2007 Vol.26, No.6)に「70年代ロック・アルバム・ベスト100」という特集があり、いろいろなブログで話題になっていたので、早速、僕も購入してみました。
80年代にはこの手の名盤特集はFM誌でもよくやっていて、そのことは以前のエントリィでも紹介しています。
今回のレココレの特集は25人の選者が25枚のアルバムを選び、それを編集部で調整し1~100位の順位付けを行ったということで、最大公約数である上位アルバムにはこれまでの名盤特集で挙げられているようないわゆる定番が並びますが、公約数でないランキング後半の作品については、名盤としての信憑がどの程度の総意で含まれるのか、いささかの疑問がないではないです。

レコード・コレクターズ創刊25周年特別企画
2007年5月14日 (月)
70年代ロック・アルバム・ベスト100

1位 The Sex Pistols / Never Mind The Bollocks
2位 Neil Young / After The Gold Rush
3位 John Lennon / Plastic Ono Band
4位 Carol King / Tapestry
5位 The Rolling Stones / Exile On Main St.
6位 Sly & The Family Stone / There's A Riot Goin' On
7位 Elvis Costello / My Aim Is True
8位 The Rolling Stones / Sticky Fingers
9位 Derek & The Dominos / Layla And Other Assorted Love Songs
10位 The Allman Brothers Band / At Fillmore East

11位 Pink Floyd / Dark Side Of The Moon
12位 Bob Dylan / Blood On The Tracks
13位 T. Rex / Electric Warrior
14位 James Taylor / Sweet Baby James
15位 Bruce Springsteen / Born To Run
16位 George Harrison / All Things Must Pass
17位 Led Zeppelin / 4
18位 Steely Dan / Aja
19位 Little Feat / Dixie Chicken
20位 John Lennon / Imagine

21位 Neil Young / Harvest
22位 Patti Smith / Horses
23位 Television / Marquee Moon
24位 Who / Who's Next
25位 Crosby, Stills, Nash & Young / Deja Vu
26位 Van Morrison / Moondance
27位 Jackson Browne / Late For The Sky
28位 David Bowie / Ziggy Stardust
29位 Ramones / Ramones
30位 Paul McCartney / Ram

31位 Ry Cooder / Chicken Skin Music
32位 David Bowie / Low
33位 Todd Rundgren / Something / Anything?
34位 Bob Marley / Catch A Fire
35位 Dr. John / Gumbo
36位 Eagles / Hotel California
37位 Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard
38位 Pop Group / Y
39位 Joni Mitchell / Blue
40位 Jeff Beck / Blow By Blow

41位 Lou Reed / Berlin
42位 Paul Butterfield's Better Days / Better Days
43位 Roxy Music / Roxy Music
44位 Joni Mitchell / Court And Spark
45位 The Band / Islands
46位 Bob Dylan / Desire
47位 T. Rex / Slider
48位 Lou Reed / Transformer
49位 Mike Oldfield / Tubular Bells
50位 Clash / Clash

51位 Traffic / John Barleycorn Must Die
52位 Clash / London Calling
53位 Specials / Specials
54位 Various / No New York
55位 Ron Wood / Now Look
56位 Leon Russell / Leon Russell
57位 Robert Wyatt / Rock Bottom(廃盤)
58位 Talking Heads / More Songs About Buildings And Food
59位 Janis Joplin / Pearl
60位 Bob Marley / Live

61位 Rolling Stones / Love You Live
62位 Tom Waits / Closing Time
63位 Led Zeppelin / Presence
64位 Rolling Stones / Some Girls
65位 Paul Mccartney & Wings / Band On The Run
66位 Robert Palmer / Sneakin Sally Through The Alley
67位 Yes / Close To The Edge
68位 Kinks / Muswell Hillbillies
69位 Pink Floyd / Atom Heart Mother
70位 Steve Winwood / Steve Winwood(廃盤)

71位 Eric Kaz / If You're Lonely
72位 Bobby Charles / Bobby Charles
73位 Randy Newman / Sail Away
74位 Joni Mitchell / Hejira
75位 Bruce Springsteen / Greetings From Asbury Park Nj
76位 Harry Nilsson / Nilsson Sings Newman
77位 Paul Simon / Still Crazy After All These Years
78位 Todd Rundgren / Hermit Of Mink Hollow
79位 James Taylor / Mud Slide Slim
80位 The Band / Last Waltz

81位 Bob Dylan & The Band / Before The Flood
82位 Jam / All Mod Cons
83位 10cc / How Dare You
84位 Black Sabbath / Black Sabbath
85位 Laura Nyro / Gonna Take A Miracle
86位 Public Image LTD / Metal Box
87位 Slits / Cut
88位 Bob Dylan / Hard Rain
89位 Little Feat / Last Record Album
90位 Faces / Nod Is As Good As A Wink

91位 Godley & Creme / Freeze Frame
92位 Norman Greenbaum / Petaluma(廃盤)
93位 Can / Tago Mago
94位 10cc / Original Soundtrack
95位 Johnny Thunders & Heartbreakers / L.A.M.F.
96位 Sly & The Family Stone / Fresh
97位 Deep Purple / In Rock
98位 Soft Machine / Third
99位 Manassas / Manassas
100位 Maria Muldaur / Maria Muldaur

その中で僕が聴いたことがあるアルバムは66枚(今持っているのが63枚)でしたが、ランキング後半は結構知らないアルバムも多くあり、90位台は全滅でした。。。

持っているアルバム(カッコ付きは昔持っていたけど今はないもの)は以下です。
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,
26,27,28,29,31,32,33,(34),35,36,37,39,40,43,45,46,47,48,50,51,52,
(53),56,59,60,62,(63),64,65,66,67,69,73,75,77,80,81,82,84,86,90

まぁそれはそれとして、、、
僕も選者になったつもりで70年代のロック名盤を25枚を選んでみました。(巷で流行っているようなので) 
70~79年のアルバムの中からざざっと40枚程度を選び、その中からファーストインプレッションで25枚を厳選。1アーチスト1アルバムを原則としました。所要時間10分程度。。。
おまけのベスト盤は反則ですが、このバンドに限りベスト盤こそが彼らのベスト足り得ると思ったので、多少の思い入れも込めて追加しました。

何だかんだ言っても、こういう場合、選ぶ基準は個人的な愛聴度という以外にはなく、そこにパブリックな意味合いを込めるのはここではナンセンスでしょう。ロック史的な位置づけと愛聴度というのはイコールではないですから。 

ロック史上の名盤というのを取り上げるのであれば、その歴史的位置づけというものは人によって史観が違いますので一義的ではないでしょうし、本来そういうものは多くの選者にアンケートして決めるものではなく、何をもってベストとするかの定義も必要だったかと思います。文学史や思想史と同じで、そこにはある視点が必要ですし、それは必然的に多様なものなのです。

以下、単純に僕が好きな70年代ロック・アルバム25枚です。(但し、今現在!) レココレのランキングと被ったのは3枚だけでした。。。

a0035172_17543922.jpga0035172_17545743.jpg


1 Free / Fire and Water / 1970
2 The Beach Boys / Sunflower / 1970
3 The Who / Live at Leeds / 1970
4 Badfinger / Straight Up / 1971
5 Pink Floyd / Meddle / 1971
6 Boz Scaggs / My Time / 1972
7 Fleetwood Mac / Bare Trees / 1972
8 J. Geils Band / Full House / 1972
9 The Band / Rock of Ages / 1972
10 Al Kooper / Naked Songs / 1973
11 Bruce Springsteen / The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle / 1973
12 Humble Pie / In Concert / 1973
13 Steve Miller Band / The Joker / 1973
14 Robert Palmer / Sneakin' Sally through the Alley / 1974
15 The Rolling Stones / It's Only Rock'n Roll / 1974
16 Aerosmith / Rocks / 1976
17 Eagles / Hotel California / 1976
18 Scorpions / Virgin Killer / 1976
19 David Bowie / Low / 1977
20 Electric Light Orchestra / Out of the Blue / 1977
21 Jackson Browne / Running on Empty / 1977
22 Neil Young / Comes a Time / 1978
23 The Stranglers / Black and White / 1978
24 AC/DC / Highway to Hell / 1979
25 Styx / Cornerstone / 1979

おまけ Bread / The Best of Bread / 2001

次は60年代と80年代もいってみましょう。
90年代は無理でしょうが。。。

レココレ 60年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 70年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 80年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 60~80年代のベスト100<評論家選出>
レココレ 60~80年代のベスト100<読者選出>
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-20 18:43 | ランキング | Trackback(2) | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 ストリート・オブ・ファイヤー "Streets of Fire" semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 17日

a0035172_1201271.jpg冒険活劇ラブストーリー、単純明快、美男美女、ロックンロールと皮ジャンにバイク、格闘シーンも潔くって(最後はノーサイドでとても爽やかで)、とにかくカッコいい映画でした。

僕ら80年代のMTV世代にとって、この映画は洋楽を聴いて憧れたスタイリッシュなロックのイメージそのものなんだよな。あの頃の洋楽ファンだったらみんなこの映画にしびれたと思う。

そういったPV的イメージを抜きにしたら、実は何も残らない映画かも、、、それもまた潔し。1984年アメリカ映画(2002-11-10)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-17 01:20 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 ミッドナイト・クロス "Blow Out" semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 17日

a0035172_123939.jpgどこを取ってもデ・パルマ丸出しのデ・パルマ映画の中堅どころ。独特のカメラワークに、多用される画面分割、そして美しい音楽と奇妙に捩れたサスペンス・ストーリー。主演のトラボルタとナンシー・アレン(『キャリー』を引き継ぐアーパーカップル)も最高だけど、相変わらずの変質的殺人者ジョン・リスゴーもいい味を出しています。


ラストはとても哀しい。
美しきヒロインの死も、暴走する殺人者のあっけない死に様も共に哀しい。そして、その儚さがまた美しい。

濃密な夢が終わり、世の中は何事もなかったかのように日常を流れていく。
ただ主人公の大きな喪失感と実録された悲鳴、その確かな質感だけを残して。。。

これはデ・パルマ版の『世界の中心で、愛をさけぶ』だ。かなり捻くれてはいるけど、やっぱりテーマは純愛物語なのだから。。。 1981年アメリカ映画(2004-06-05)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-17 00:13 | 海外の映画 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 恋人までの距離 "Before Sunrise" semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 16日

a0035172_23423695.jpg旅と恋愛とは似ている。その本質は期待すること。そんな可能性を改めて認識させてくれる映画だった。
旅が終われば、今、この瞬間の恋は終わってしまうのか。でも、それでも。。。
この映画、舞台設定もなかなかよく出来ているが、日常を超えた些細な可能性について、その高揚と不安をよく描いていると思う。誠実さがさりげなく光る恋愛映画の佳作。1995年米・豪・瑞西映画 (2004-02-08)


[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-16 23:44 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ベイビー・イッツ・ユー "Baby It's You" semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 16日

a0035172_2331955.jpg『クリエイター』と『グッドモーニング・バビロン』を観て以来、ヴィンセント・スパーノという役者は僕にとってちょっと気になる存在だった。そんな彼の初主演映画がこれ。
残念ながら観たのがもう15年以上前なのでストーリーはあまり覚えていないけど、ヴィンセントがシナトラに憧れて誰もいないキャバレーのステージで『夜のストレンジャー』を歌うシーンは印象に残っている。良家のお嬢様だった若きロザンナ・アークェットが次第にヒッピーかぶれになっていく様も印象的だ。どちらも切なく痛々しい。1983年アメリカ映画(2004-02-21)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-16 23:33 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 恋愛小説家 "As Good As It Gets" semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 16日

a0035172_23134287.jpgジャック・ニコルソン、変わった男である。
極度の神経症とも思える、潔癖症、離人症、他人を平気で傷つける毒舌家、誰もがお近づきになりたくないであろう、正に偏屈オヤジ。でも、よく考えてみたら、これらの症状というのはすべて、青春時代に僕らが囚われる、あの自意識の過剰さに由来する心の在り様そのもの、その極端な症例ではないだろうか。

ある意味で永遠に大人になりきれない男。恋愛小説を描くことを生業としながら、恋愛のできない男。恋愛に人一倍の憧れを抱きながら、自分を傷つけたくないばかりになかなか踏み込めない、過剰な自意識のせいで日常的な幸せの価値を見出せない不幸な男。

そんなジャック・ニコルソンが選んだのが、はすっぱな感じではあるけど、生活感に溢れる力強い母親、それでいて自分の可愛らしさを素直に表現できる女性、ヘレン・ハントだというのはすごく分かるような気がする。

この「恋愛小説家」という映画、僕にはこう思える。
恋愛への過剰な憧憬を捨て、現実的な愛情生活に目覚めた中年恋愛小説家の転向、その滑稽さと清清しさ。実はものすごく共感してたりなんかして。。。1997年アメリカ映画 (2004-08-12)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-16 23:14 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 フレンチ・キス "French Kiss" semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 16日

a0035172_135266.jpgメグ・ライアンの魅力溢れる作品。
メグ・ライアンの魅力とはその子供っぽさにあると思う。劇中でケビン・クラインに子供っぽい歩き方だと揶揄されるのを軽く否定しながら、まさに子供っぽい歩き方を自然にしてしまう場面の面白さ。感情が素直に表情や行動に現れて、ずっこけた失敗を繰り返してしまうところも可愛らしい。
対立から和解。自身の感情への気付き。そんな幼い恋の展開もメグにかかればとてもナチュラルに思える。やくざなフランス人役のケビン・クラインがそんなメグに惹かれて、「素直な自分」というものに捉えられてしまったように、僕らもこの映画にはとても素直に納得させられてしまうのだ。1995年アメリカ・イギリス映画 (2004-03-01)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-05-16 22:24 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター