Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Roxy Music "Siren"(1975) semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 24日

a0035172_10543285.jpgロキシー・ミュージックはその誕生から終焉まで、自らの音楽的理想へと着実に歩を進めた。その到達点が"Avalon"(1982)であり、そこを終点とした直線には微小なばらつきしかない為、彼らの道程に明確な分節点は見出し難い。

ロキシーを歴史的に見れば、デビュー作"Roxy Music"(1972)から"Siren"(1975)を前期、"Manifesto"(1979)からラストアルバム"Avalon"(1982)までを後期と呼び、それぞれをグラム&アバンギャルドな早熟期、アダルト・オリエンテッドな成熟期と称することができるだろう。
彼らの前期と後期の間にある4年の活動休止期間には、当時最大のロック・ムーブメントであるパンクの潮流が起こっており、ディスコから派生したダンスミュージックの類型もほぼ出来上がりつつあった。
その前後でロキシー・ミュージックは"Siren"で一度解散し、"Manifesto"で復活するわけだが、このロックの大きな分節点にを挟んで作られたロキシーの2作品の間に明瞭な方向性の違いはあるのだろうか?答えは否である。改めてこの2作品を聴いてみれば、これらが確実に繋がっていることが分かる。それも時間軸を横軸として直線的に。
これを音楽的形而上性と呼ぼうか。
ボウイが作品によってゆるやかな振幅を描いていったのとは対照的にロキシーの行き方は直線なのである。そこに感じるのはヨーロッパ形而上的な合理性、幾何性、科学的なゆるぎなさに裏打ちされた歴史性なのである。その絶対性は、当時のロック的な背景にもほとんどぶれない。それは同時にロキシーの歴史性、絶対性であり、彼らの音楽的道程の大きな特徴といえるだろう。

しかし、そんな彼らのヨーロッパ的な歴史性を反映した行き方とは別に、彼らの音楽性そのものには別種の確信を見出すことができる。それが反ヨーロッパ的な非対称性の美という追求なのだ。そもそもロックとは非対称的な音楽であり、対称性の破壊を前提にしたものである。そこに調和があるとすれば、それは非線形にならざるを得ない。イングランド庭園の対称的な美と日本の寺院の枯山水的な美を思い浮かべてみて欲しい。日本的な非線形的調和の美。これこそがロック的な調和であり、ロキシーの目指した究極の美であろう。それはその根本からして反ヨーロッパ的なのだ。

今回、彼らの5枚目であり、前期最後のアルバムでもある"Siren"(1975)を取り上げる。
本来、彼らの直線性を考えれば、その到達点であり、歴史の終わりである"Avalon"(1982)を紹介すれば話も終わりなのだが、それで彼らの魅力を語りつくせるか?といえばまたそれも違うのである。音楽性とそこから沸き立つ魅力の関係は必ずしも直線ではない。それがロックの文学的視点であり、僕はやはり"Siren"(1975)も大好きなアルバムなのだ。

このアルバムはロキシー前期の集大成であり、最高傑作として位置づけられている、そのことに全く異存はない。彼らの音楽性に対する評価は右肩上がりなのだから。
ロキシーの名曲として名を馳せる01 Love Is the Drugや02 End of the Lineは既にしてブライアン・フェリーのダンディズムがポップミュージックとして成熟しつつあることをうかがわせる。3作目の"Stranded"(1973)あたりから見出せる、ある意味で真っ当なロック志向はここにきて彼ら独自の美的世界を掴まえつつあるのだ。
03 Sentimental Foolや07 Both Ends Burningには彼らのインストルメンタルな魅力、音への拘りを感じさせ、また09 Just Another Highでの抑えられた叙情性は、そのまま"Manifesto"(1979)の1曲目に繋がるではないか。

いよいよ次は"Avalon"(1982)か。
"Avalon"という最後の作品に込められた魅力。その究極性が僕らに何を届けるのか僕は語りたいと思う。その音楽的分析や評価についてはもはや語りつくされているし、素人の僕が付け足すことは何もないということも実際のところなのだが。。

-------------------
Roxy Music "Roxy Music"(1972)のレビューはこちら!
Roxy Music "Manifesto"(1979)のレビューはこちら!
Roxy Music "Avalon"(1982)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-09-24 10:51 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Beatles "The Beatles"(1968)<White Album> semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 24日

a0035172_23585363.jpg小さい頃から1番よりも2番に魅力を感じ、メジャーなものよりもマイナーなものを好んだ。もちろん気がついたときにはアンチ巨人。世の中の巨人的なものがとにかく嫌いだった。まぁだいたいが野球よりもサッカーが好きだったし。ヨットパーカーはアディタスじゃなくて、運動靴もアシックスじゃなかった。それは当時マイナーなプーマだった。(靴下も、、、) 嫌われ者の北の湖が案外好きだったりして。ランちゃんよりもスーちゃん、松田聖子よりも三原順子、おかわりよりもおあずけだった。オフコースよりもチューリップ。全日本よりも新日本。(でもさすがに国際はない)などなど。

ロックの世界における超メジャーといえばやはりビートルズということになるのだろう。もちろん僕にしても世代の共有体験とも言うべき「ひらけポンキッキ」の影響により、ビートルズの曲には小さい頃から親しんでいた。番組の影響で初期ヒット曲は誰もが自然と耳にしていたし、当時は洋楽といえばイコールビートルズだったのだ。ビートルズの圧倒的な知名度に比べれば、ストーンズやフー、ビーチボーイズなどはマイナーと呼んで等しいものだったかもしれない。
そう僕はマイナー主義なので、、、フーやビーチボーイズを好きだと言うのと同じように、ビートルズのことを好きだと公言することはこれまでなかった。80年代以降のメジャー化したストーンズにしても然り。では、ビートルズのことがそんなに好きではないのか、と言われれば全くそんなことはなくて、いくつかのアルバムは今ではよく聴くし、メンバーの中ではジョン・レノンが大好きである。彼の伝記的映画『イマジン』にはとても感動したし、僕にとってはオールタイムで好きな映画作品のひとつである。もちろんオノ・ヨーコのことも好きである。彼女がジョンの心の支えであったという事実だけで僕は彼女のことを認める。

ビートルズの作品では、小学生の頃に初期の"A Hard Day's Night"(1964)や"Help!"(1965)をよく聴いた。それから中学生になって"Rubber Soul"(1965)や"Revolver"(1966)を聴いて彼らの静謐な魅力も知るようになる。"Sgt. Pepper's ~"(1967)は僕にはちょっと装飾的すぎて耳障りが悪く、それよりは録音技術もアップして聴きやすくなったシンプルな味わいの"White Album"(1968)や"Abbey Road"(1969)を好んだ。

これまで一番聴いたビートルズのアルバムは、White Albumである。なぜならここ15年くらいはこのアルバムしかビートルズのCDを持っていなかったから。(最近になってメジャーどころを揃えたが、、、) それも廉価版で買ったWhite Albumの1枚目のみである。

本来であればこのアルバムは2枚で1つの作品である。しかし僕はこのアルバムの1枚目だけ聴いていた。もちろん、昔はカセットで持っていたので2枚目も何度か聴いたことがあるが、やはりこのアルバムは1枚目である。Back in the U.S.S.R.である、Ob-La-Di,Ob-La-Da である、The Continuing Story of Bungalow Bill である、While My Guitar Gently Weeps である、そして、Happiness is a Warm Gun である。。。<特にAサイドだね。やっぱり。>

その昔、FM誌でビートルズの好きな曲ベスト10みたいな特集があったとき、必ずといっていいほど ベスト1に挙げられたのがHappiness is a Warm Gun だった。初めてその記事を読んだときはこの歌のことを知らなくて、ビートルズといえば既に語りつくされ、聴きつくされた感があっただけにこの曲の存在には、その題名と共にとても興味を覚えたし、さらに初めてこの曲を聴いたときの印象は忘れがたいものがあった。

Warm Gunというのは、力のないときの男性のぺ●スのことらしい。
「幸せとは力のないぺ●スだよ。母さん。。。」

ジョンの鼻息と最後のファルセット。

印象に残る「うた」である。その歌詞もなんというかとても含蓄がある。

ビートルズのアルバムの中では2番手的な印象のある『ホワイト・アルバム』。。。だからこそ、僕はこのアルバムが好きなのかもしれない。
[PR]

by onomichi1969 | 2006-09-24 00:06 | 60年代ロック | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 僕の一番怖かった話 semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 11日

むつみさんの記事を読んで、それなら僕もあるぞ!と思い、そこにコメントしようと思ったのですが、書いていたらとても長くなってしまったので、自分とこのエントリーにしました。

ということで、主旨は「今までで一番怖いと思った事は何ですか?」です。。。

------------------------------
学生の頃、僕は墓地の隣にあるオンボロアパートに住んでいて、夏の昼間にたまたま扉全開で、墓地に墓石が並んでいるのが見える状態で寝ていたんです。夢の中でアパートの周りを散策し、自分の部屋に帰ってきて、ベッドに寝転んだところでちょうど目が覚めたのです。その直後に、人が部屋の戸口のところにいるのが見え、その姿が視界に入った瞬間に金縛りになりました。それは戸口にしばらく佇んだ後、僕の方へだんだんと音もなく近づいてくるのですが、僕は全く動けません。目を閉じることも声をあげることもできないんです。それは確かに人の姿をしているのですが、それがこの世のものではないことは直感的に分かりました。その顔はウィンドブレーカーのようなものを着ているためよく見えず、銀河鉄道999の車掌のように顔の辺りが暗いんです。何かを喋っている声も近づいてくるのですが、それもよく聞こえない。ついにそれは僕の寝ているベッドの間近まできて、さらにゆっくりと僕の顔の方に近づいてきます。僕はその時、いままで感じたことのない恐怖を覚えて、念仏と題目を交互に唱え、とにかく「助けてくれ~」って心の中で叫びました。それが放つ言葉が否応なく僕の耳を捉えます。それはやはりこの世の言葉ではないように思えました。僕は顔に冷気と風を感じて、もう駄目だと思った瞬間にそれは僕の顔の上を通過して消えてしまいました。いまだにその時のことを思い出すと背筋がゾッとします。

怖い話ということで、なんか全く毛色が違う方向にいってしまいました。すみません。でも、とても、怖かったんです。確か夏の終わりの頃でした。それ以来、僕はそういったものを見たり、感じたりすることはもうないのですが、やっぱりそういったものが在るっていうことは信じざるを得なくなったのです。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2006-09-11 00:15 | おまけ | Trackback | Comments(10)

semスキン用のアイコン01 80年代ロック、70年代ロック、そして60年代ロック semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 10日

このサイトにアクセスした方の検索フレーズを調べてみる。アクセス解析によると、過去1ヶ月の検索フレーズ順位は以下のようになっている模様。。。

1 [Google] 80年代 ロック 2.5%
2 [Google] 80年代ロック 1.5%
3 [Google] 90年代 ロック 1.3%
4 [Google] 60年代 ロック 1%
5 [Yahoo!JAPAN] 80年代ロック 0.8%
6 [Google] 青空、ひとりきり 0.8%
7 [Google] 80年代ロック 0.8%
8 [Yahoo!JAPAN] 80年代ロック 0.6%
9 [Google] 80年代 ロック 0.6%
10 [Google] Manuel Richard 0.6%
11 [Google] 70年代 ロック 0.6%
12 [@nifty] 80年代 ロック 0.5%
13 [BIGLOBE] A COBWEBS&STRANGE ONE QUICK 洋楽 0.5%
14 [Google] 60年代 ロック 0.5%
15 [Google] SF小説 シミュラークル 0.5%

実に7.3%の人が「80年代ロック」或いは「80年代 ロック」を検索することによりこのサイトへ辿り着いているようである。実際、「80年代ロック」でググってみるとこのサイトが4番目に表示される。また、「60年代ロック」だと1番目である。

たぶん、カテゴリーを60年代とか80年代とか分けているし、記事の中にもロックの年代的背景に言及することが多いので、そのような結果になっているのだと思う。それとも80年代ロックとかそういう言い方自体がマイナーなのかな。その辺りはよく分からない。80s Rockとか、80s洋楽とか、いろんな言い方はあるし。

とにかく、そんなに多くないとはいえ、「80年代ロック」や「60年代ロック」と検索した人は否応なくこのサイトに来てしまうのだ。その割りにはロックのアルバムレビューとしても、年代別ロック解説としても、このサイトはあまり充実していないし、そういうカタログ的なことをやろうという意思もない。せっかく検索してきてくれる方のニーズにこのサイトがとても合っているとは思えないので、さすがにちょっと申し訳ない気持ちも沸いてくる。

そういう方のために僕ができること。。。ということで、とりあえず以下のサイト(その分野に関してはかなり優良なサイトだと思います)へのアクセスをお勧めしたいと思う。

昔の洋楽が好きなのでつ(^^):もりたんさんのサイト。永遠に続くとも思われるロックアルバム・レビュー。本当に恐れ入ります。。。

ロック好きの行き着く先は…:ロックとは歴史であり、語りである。まさにタイトル通りにロック好きの行き着く先がこのサイトのあり方なのかと考えさせられます。。。

芸術的生活:紙ジャケと言えばlonehawkさん。そしてこのサイトに集まる方々の収集にかける淡々とした情熱にはとても感心いたします。。。

あと、ロックといえばやっぱり70年代!ということで、その種のサイトを集めたリンク集が下記のところ。
70年代洋楽アーティスト・リンク集

それからここも。よく纏まっていて素晴らしい。完成が楽しみです。。。
rock magazine SELFISH
[PR]

by onomichi1969 | 2006-09-10 21:05 | おまけ | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Air Supply Best semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 08日

a0035172_0231852.jpg僕らの世代にとって、とても耳に馴染む、そして、ぐっとくる曲。それがエアサプライのバラードなのだと思う。僕が彼らの曲で一番好きなのは『渚の誓い』である。それは確か僕が中学2年生の頃で、この曲が初めて彼らを知った曲でもあった。中学生になって僕らはラジオを聴くようになり、当時、頻繁にFMから流れていたのが『渚の誓い』だった。日本のポップスベストテンでもこの曲は何週も続けてランクインしていたと思う。毎週、毎週、この曲をFMで聴いた。そして、街を歩けば自然と耳にした。それでも不思議と飽きない、僕らの心を掴んで離さない、この曲には強く僕らを惹き付ける情緒、叙情性があったのだと思う。
今でもこの曲を聴いて僕がぐっと引き込まれてしまうのは、この曲があの頃のことを思い出させるからか、それともこの曲の叙情的な旋律があの頃のことを思い出深くしてしまうからだろうか。(それはそうと、この間、この曲をカラオケで歌ったら頭の血管が切れた。。。)

もちろん、『渚の誓い』だけでなく、『ロスト・イン・ラヴ 』や『シーサイドラブ』、『オール・アウト・オブ・ラヴ 』もいい。

恐るべきワンパターンなのかもしれないけど、その突きぬけ方はやっぱり彼ら独特の味わいなのだと思う。そういう歌なのである。
[PR]

by onomichi1969 | 2006-09-08 00:25 | 80年代ロック | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 The Pretenders "Learning to Crawl"(1983) semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 03日

a0035172_244324.jpgとてもカッコいい作品だ。
クリッシー・ハインド率いるプリテンダーズの3rdアルバム。プロデューサーはクリス・トーマスである。クリス・トーマスといえば、ロキシー・ミュージックであり、バッド・フィンガーであり、セックス・ピストルズである。そして、何といっても、サディスティク・ミカ・バンドである。ポップでロックなカッコいい音を作らせたらNo.1のプロデューサー&ミキサーだ。セックス・ピストルズの音楽をあんなにクールでカッコよくしてしまうのだから、たぶん彼はすごいのだろう。。。

そして、このThe Pretenders "Learning to Crawl"もそんなカッコいいロックンロール・アルバムのラインナップに並ぶ素晴らしい作品となった。1983年のUK。一時期のパンキッシュな熱狂は既に退潮し、スピリットが内向化していくのと同時に音楽が否応なくビジュアル化し始めた頃、表層に浮かび上がる軽やかさ、そんなポップさのみがサーフし始めた頃。そんな時代の狭間でも急流を押しとどめるようにロックな音に拘り、熱いブルースハープを聴かせてくれる。そんな反骨さが滲み出るバンド、プリテンダーズ。とりあえず名前がいいじゃないか、これぞロックなのだ。

ロックな名曲01 Middle of the Roadで幕を開け、ポップセンスが光る02 Back on the Chain Gangへと続く、性急さが心に響く04 Watching the Clothes、A面の最後を飾るのはクリッシーの優しさが滲む05 Show Meだ、これも名曲である。そして、B面もプリテンダーズは彼らのパターンを突き通す。ロックな06 Thumbelinaから始まり、07 My City Was Goneで抑え、08 Thin Line Between Love and Hateで逆にしおらしさを見せる。09 I Hurt Youで渋く締めた後、何といっても最後を飾るのはこのアルバムのベストチューン、バラードの名曲10 2000 Milesなのである。僕はこの曲が昔から好きで、聴くたびに遠い空を超えて、彼方の人に会いたくなる。彼方の人のことを思い心が切なくなる。

2000 miles
is very far through the snow
I'll think of you
wherever you go

歌というのは届くものである。そう、それは彼方の人の心に届き、そして伝わる、そういうことに思いを馳せる。それが歌なのであろう。

Pretenders "Learning to Crawl" とても優しいロックンロール・アルバムの傑作である。
[PR]

by onomichi1969 | 2006-09-03 02:15 | 80年代ロック | Trackback(2) | Comments(2)

アクセスカウンター