Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 村上春樹 『東京奇譚集~偶然の恋人~』 semスキン用のアイコン02

  

2005年 09月 26日

a0035172_1932652.jpgこの短編では2つのことが確信的に語られている。
ひとつは「偶然の一致」について、もうひとつは「赦し」について。
そしてこれら2つのことが物語として繋がる時、この小説は僕らにささやかなバイブレーションを届ける。

偶然の一致とは、実はとてもありふれた現象で、その大半は僕らの目にとまることなく、そのまま見過ごされる。しかし僕らに強く求める気持ちがあればそれはあるメッセージを浮かび上がらせる、その時、それはまったく不思議なことなのではなく、僕らの為に呼び寄せられた必然的な出来事になりうるのだ、、、ここで著者はこの物語の語り部たるゲイの調律師にそう語らせるのである。

村上春樹の小説では、このような感覚の出来事はわりとありふれているが、ここまでストレートに偶然の一致について述べた(語らせた)ことはなかったように思う。確かにその偶然というものの捉え方には素直に納得するし、至極もっともなことだと思う。しかし、僕らは一体何を強く求めればいいのだろうか?

著者自身もゲイの調律師の言説を少々都合がよく、対象があいまいすぎると感じているようだ。そのため、よりシンプルなものの考え方として、神様(偶然)を引き合いに出す。
僕自身の感触でも、僕らがあるきっかけを捉えるには「偶然を必然に変えるような強い意思」を持つというよりも、常に自分自身に耳を澄まし、自らの視点を安定させることで自身の明澄たる心の有りようが得られる、そのことこそが大事なのではないかと感じる。もっと言えば、きっかけやタイミングのようなものにいかに素直に捉えられるかは、「赦す」という心持ちからこそ得られるものだと思うのだ。

『海辺のカフカ』が赦しの物語であったように、この短編でもゲイの主人公が喧嘩別れした姉を赦す場面が描かれる。赦しという行為は、相手が僕と同じ(弱い)人間であるという確信に由来する生きていく原理そのものである。僕らがまっとうに生きていく為には、いまこそ「赦す」ことからやり直さなければならない。その為のきっかけを掴む為に僕らは常に自分自身に耳を澄ます。そしてそこに見えてくる自分自身の弱さを優しさの感情へと変えていくのだ。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-09-26 23:00 | | Trackback | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 Roxy Music "Manifesto"(1979) semスキン用のアイコン02

  

2005年 09月 25日

a0035172_15152852.jpg4年のブランクを経て、ロキシーは来たるべき終焉に向けた再出発を図る。それが"Manifesto"(1979)である。"Siren"(1975)からの路線を継承しつつ、このアルバムで彼らは何をマニフェストしているのだろう?

01 Manifestoから02 Trash、03 Angel Eyesと従来のロキシー風ロックチューンの流れの中で、これまでにないメロウな、まるでサテン地の肌触りのようなフェリーのボーカルをフューチャーしたソフトバラードを新たに展開することになる。それが07 My Little Girlから08 Dance Awayの流れである。
言うまでもなくこの流れは確実に"Avalon"へ継承されていくことになる。

特に08 Dance Awayのサテン地のボーカル、軽快な演奏が紡ぎだす極上のポップソング、それでいて妖しい余韻を響かせるロキシー的理想郷、これは既にして"Avalon"を視界に捉えたこのアルバムの出色、その完成形の萌芽と言ってもいいだろう。

彼らはあともう少しのところまで来ているのだ。。。

-------------------
Roxy Music "Roxy Music"(1972)のレビューはこちら!
Roxy Music "Siren"(1975)のレビューはこちら!
Roxy Music "Avalon"(1982)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-09-25 15:18 | 70年代ロック | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra "A New World Record"(1976) semスキン用のアイコン02

  

2005年 09月 24日

a0035172_054061.jpgELOがそのポップ路線を確立したアルバムで、邦題を『オーロラの救世主』という。
文句なしに楽しくて、切なくて、ノリにのれる、バラエティ豊かな彼らの作品の中でもそのポップセンスが出色の1枚であろう。
本作品は、次作"Out of the Blue"(1977)のスケール感や"Discovery"(1979)の洗練さには欠けるかもしれないけど、当時の彼らのスタイルであるストリングスを用いたポップミュージックのエッセンスが、その瑞々しい感触が十分に味わえる充実のトータルアルバムである。

重層なストリングスから始まるプロローグから、ノリノリのロック&ポップへの転調がアルバム全体への期待感を煽る01 Tightrope、切ないラブソング02 Telephone Line、激しく楽しいロック+アリア!03 Rockaria!、スペース感たっぷりの彼ら独特のバラードチューン04 Mission (A World Record)、、、A面の展開がまずは素晴らしい。
B面は、コーラスゼーションの妙を堪能できる05 So Fine、彼らの代表的ポップチューンである惚けた味わいの06 Livin' Thingに07 Above the Clouds、そして、このアルバムのクライマックス的な盛り上がり、情熱的な彼ら特有のロックンロールである08 Do Ya、ラストを飾るのは哀愁感たっぷりのバラード、ELOの代表曲であるととも、このアルバムのエピローグを構成する09 Shangri-La。。。

改めて思うけど、ELOのアルバムはパッケージである。
これを分割して聴いてはその魅力は半減する。

このアルバムは、全体構成といい、各楽曲の質といい、ELOの魅力を十分に味わうことができる最適の一枚だろう。

そして、個人的には、Rockaria!がサイコーだ!

-------------------
Electric Light Orchestra "Out of the Blue"(1977)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Discovery"(1979)のレビューはこちら!
Electric Light Orchestra "Time"(1981)のレビューはこちら!
ELO "Balance Of Power"(1986)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-09-24 16:09 | 70年代ロック | Trackback | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 忍 SHINOBI semスキン用のアイコン02

  

2005年 09月 16日

小学生の頃、戦闘マンガが流行った。
『キン肉マン』や『ブラックエンジェルス』、『リングにかけろ』に『北斗の拳』などのジャンプ系(『檄!!極虎一家』もありました。。)の他、マガジンの『ガクラン八年組』もよく読んだものだ。これらのマンガの基本パターンというのは全て同じである。人間離れしたキャラクターと必殺技。何とか組対何とか組の闘い。劣勢、そして逆転。闘いを通じた友情。仲間の死、そして復活。。。
最初のうちは善悪のはっきりした勧善懲悪的ドラマと見せかけて、いつしかそれを軽々と超越する、アメリカ的ショープロレスに対抗する日本のプロレスリングのような、その場の空気を左右する微妙にあいまいな予定調和であり、最後には何もかもが友情というタームに落ち着くという独特のカタルシスなのである。
この中でも敗者が復活するという日本的な展開というのは、ある意味で週刊連載という過酷な創作情況が引き起こす必然的なワンパターン化なのかもしれないが、そもそも友情という幻想への強迫的忠誠というのは、精神的な拠り所のない現代日本人特有の現象なのだろう。

戦闘マンガが戦闘小説から来ているとしたら、僕らはその源泉を山田風太郎の『甲賀忍法帖』に見出すことができる。
『甲賀忍法帖』は山田風太郎の忍法帖シリーズ第一作にして代表作でもある。他にも『風来忍法帖』『魔界転生』『くノ一忍法帖』など、忍法、忍術を駆使した忍者対決、剣豪対決が出色である。そこには既にしてキャラクターと必殺技、何とか組対何とか組の闘い、劣勢、そして逆転、などなど、その後の戦闘マンガに特徴的な作風が見られる。

しかし、そこには大きな違いがあるのだ。
山田風太郎の作品は非情なのである。敗者は決して復活しないし、そして勝者もいない。やはりここにも単なる勧善懲悪を超えた非合理な物語が存在するが、その根底には明らかなニヒリズムが漂う。無精神の開き直りと非情と言うカタルシス、何かに帰結することのないその美しさこそが山田風太郎の味わいと呼べるだろう。

少し前に映画『X-メン』を観た時、「お~、これは甲賀忍法帖だ」と一瞬思ったが、やはりその根底に流れる要素には大きな違いがあった。

僕はまだ『忍 SHINOBI』を観ていないが、、、
この映画が山田風太郎の非情な美を見事に描ききったとき、『X-メン』を易々と超える戦闘映画の傑作となることだろう。それには、友情や愛情が情感を湛えつつ見事に散ること、敗者復活などないその美しさ、だからこそ匂い立つ妖しさの残像、この作品の映像化に期待するところが多少なりともあるのだが、実際の出来はどうなのだろう。。。近日公開。2005年日本映画

a0035172_0514218.jpg


みんなのシネマレビュー 『忍 SHINOBI』
[PR]

by onomichi1969 | 2005-09-16 00:59 | 日本の映画 | Trackback(2) | Comments(8)

アクセスカウンター