Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Prince "Purple Rain"(1984) semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 24日

a0035172_23433229.jpg僕らMTV世代にとってのスーパースターと言えば、マイケル・ジャクソンとプリンスである。当時、マイケルの"Thriller"とプリンスの"Purple Rain"は80年代中期における大ヒットアルバムの代名詞であり、1枚のアルバムから次々とNo.1ヒット曲を飛ばして、長期に渡りヒットチャートを席巻し続けたモンスター・アルバムの先駆けであった。僕の廻りにもマイケル、そしてプリンスの熱狂的なファンが当然のようにいた。確かに彼らは人を惹きつける個性を持ち、ある種の突出性、オーラを纏っていたが、そういうものがすぐに神格化される時代であったこともまた確かである。それは逆にいえば、70年代からのスーパースター、ヒーロー不在の時代が持っていた内向の息苦しさを無意識に反転せざるを得なかった80年代の、ポップという時代の要請でもあった。

一般大衆的な知名度でいえば、マイケルの方が断然上で、プリンスはどちらかといえば男性ファンが多く、少しマニアックな印象だった。しかし、そのカリスマ性は、マイケルと同等であり、またある種のコンプレックス(それは黒人であるということ、背が低いということなど)が放つ過剰な自意識は観るもの、聴くものに強烈な印象を与えた。それはある人には嫌悪感を与えただろうし、ある人には妖しい魅力と映ったであろう。そのストレートな虚構と示威は、マイケルのようなファンタジックな虚構とはうらはらでありながら、そのカリスマ性を貶めるものではなかったのである。
今にしてみれば、マイケルやプリンスが人種を超えたスーパースターとして君臨していたという事実はファナティックな大衆性所以かもしれないが、スーパースターやヒーローというのはそもそも虚構であり、シンボルとして作り上げられるものである。イメージにより自らを築き上げるという戦略がスーパースターを生み出す。永遠性という虚構に取り付かれたのは僕らであり、彼らでもあった。

僕は当時、マイケルやプリンスの熱狂的ファンというわけではなく、逆にスーパースターであるというそれだけで、表向きは毛嫌いしていた。(マイナー主義。。。) ただ、プリンスの"Around the World in a Day"(1985)はわりと気に入って聴いており、いわゆる隠れプリンスファンだったのだ。
そして、当時、大ヒットしたが故にあまり聴く気もしなかった"Purple Rain"(1984)も今では愛聴盤であり、80年代ポップらしからぬカッコいいアルバムだと思っている。

チ○チンブラーリンから始まる"01 Let's Go Crazy"から妖しいイントロが印象的な"02 Take Me With U"、大ヒットした"06 When Doves Cry"(『ビートに抱かれて』!!)、そして映画のクライマックスとなった叙情あふれる"09 Purple Rain"とヒット曲が散りばめられながら、その構成にスキがなく、素晴らしく完成されている。キャッチーさも、アバンギャルドさも絶妙のマッチングであり、飽きさせないのだ。メロディは美しく、シャウトは赤裸々で激しい。そして、その本性は、最上級にいかがわしい。。
僕はプリンスの魅力として、その声を挙げたい。声の響きによって、人の感情を揺さぶる。それを天才性と僕は呼ぶが、プリンスも正にそんな天才性をもったシンガーである。独特のビート感覚がそんな天才的シンガーをカリスマミュージシャンへと押し上げたのである。

「王子」という名前のミュージシャン。正にストレートな虚構性である。しかし、彼は天才であった。天才は実は哀しみを知っている。だから彼らの歌は響き、僕らを揺さぶるのである。

<Purple Rain のPV!> ←クリックすると始まるので音量注意!!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-24 23:44 | 80年代ロック | Trackback | Comments(9)

semスキン用のアイコン01 MUSICAL BATON semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 19日

blues1974さんより引継ぎ。Musical Batonとは、

「音楽をリレーのバトンのように回して、音楽の輪を広げていこうという企画」で、アメリカのとあるサイトから始まったらしいです。ここにちょっとした歴史が。。。

一昨日より、たまにお邪魔する音楽ブログ様で初めて目にして、あーこんな企画があるのかーと思っていたら、昨日から今日にかけて、一気に身近なところに迫ってきていました。おーっ、と思っているうちにblues1974さんよりバトンがぁ。。。
昨日は、Mさんのとことか、Oさんのとこでバトンがストップしていたので、友達繋がりの薄い拙ブログはスルーかなぁと思っていました。なので、blues1974さんからのバトンは正直ちょっと嬉しかったりして。。。案外、単純だなぁ!
とはいえ、受け取ってみると、まるで不幸の手紙のような強迫感がぁ。このあと、どうしようか。。。と考える前に、僕も皆さんに倣って、お題への回答をば。。。

●コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
僕の愛用HDDプレーヤーは creativeのzen 、、、マイナーだぁ。この間までは初代giga-beatを使っていました。皆さんの回答を読むと、i-podのユーザーが多いですねぇ。まぁいいか。。。
愛用zenへのトランスポート用にPCにバッファーした音楽ファイルはちょうど10.6GB、曲数で4,901曲(アルバム397枚)です。全てWMAで大部分が64kbpsって、ちょっとセコい圧縮率かぁ~。

●今聴いている曲
何も聴いていませんでした。。。ということで、愛用zenの電源をオーン! 流れてきたのはこの1曲、、、

Play Guitar “Uh-Huh”(1983) by John Cougar Mellencamp

a0035172_0295659.jpg

最近、John Cougar Mellencampの”Big Daddy”(1989)を買った流れでラインアップを構成しておりました。”Uh-Huh”はガッツ溢れるとてもいいアルバムです。これはむつみさんがブログで紹介していたのをみて初めて聴いたんですよね。改めてむつみさん感謝です。

●最後に買ったCD
上で挙げたJohn Cougar Mellencamp ”Big Daddy”(1989)と、Don Henley “Building the Perfect Beast”(1984) です。
近所の中古販売店で購入。(後者は昔カセットでもっていたのをCDで買いなおし~)

a0035172_0282973.jpga0035172_0285027.jpg


I can tell you my love for you will still be strong
after the boys of summer have gone
  - The Boys of Summer - by Don Henley

あー、胸が痛い~ いい曲ですねぇ。

<The Boys of Summer のPV!> ←クリックすると始まるので音量注意!!

●よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
本当は1週間くらい頂きたい!それでも5曲に決められない!!というところですが、
ここは気楽に、心を落ち着かせて、深呼吸を1、2度した後に、頭に浮かんできた5曲を列記するにとどめておきます。

1. オーロラの夜 / 真島昌利 ( ´Д⊂
2. やさしい気持ち / Chara ( ´Д⊂
3. 恋に落ちたら / サニー・デイ・サービス ( ´Д⊂( ´Д⊂
4. ドラマで始まる恋なのに/ サザンオールスターズ ( ´Д⊂( ´Д⊂
5. ふたつの心 / 尾崎豊 ( ´Д⊂( ´Д⊂( ´Д⊂

邦楽が次々と浮かんだのでした。。。
思い入れはそれぞれにありますねー。それはまた別の機会に。。

●バトンを渡す5名
ここまでは楽しいけど、これからが困りますね。何と言っても友達が少ないので。(この辺りも皆さん悩まれているようで。。)
僕は浅慮の末、僕がリンクさせていただいている方で現時点においてバトンを受け取られていないと思われる方に放り投げます。とりあえず5人というのは無視して、以下の方々へTouch !! (ごめんなさーい)

hyuma(hyumaさん)
re-shuffle (gadaboutさん)
太陽がくれた季節 (oh_darling66さん)
My MD Disks (netaro004さん)
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-19 23:52 | Musical Baton | Trackback(2) | Comments(11)

semスキン用のアイコン01 Tom Petty & the Heartbreakers "Pack up the Plantation Live!"(1986) semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 19日

a0035172_22571057.jpgTom Petty & the Heartbreakersの80年代を飾る傑作ライブが "Pack up the Plantation Live!"(1986) である。

トム・ペティといえば、90年代初頭にELOのジェフ・リンと組んで、ポップでミディアムテンポのちょっと惚けた味わいのあるロック路線を確立した”Full Moon Fever”(1990)や” Into the Great Wide Open”(1991)、その後の渋みと貫禄を備えた王道的ロックアルバム”Wildflowers”(1994)や”Echo”(1999)を思い浮かべるだろう。
トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズはシンプルでストレートなロックンロールバンドだった80年代から、アメリカンロックの系譜を正統するバンドとして着実にそのスタイルを磨き、成長を重ねてきた。しかし、単純にオリジナルアルバムを比べてみれば、彼らの80年代のアルバムは90年代の傑作群と比べて、余りにも青臭い。僕は”Damn the Torpedoes”(1979)や”Long After Dark”(1982)、”Southern Accents”(1985)辺りをむかーし聴いていたけど、彼らの音楽には今一歩という印象が強かった。トム・ペティの声やマイク・キャンベルのギター、そして楽曲と、各パーツはなかなか良いけれども、トータルとしてみると何か物足りない。なんというか、じっくりと聴かせる深みのようなものが彼らの音楽には見出せなかったのだと思う。(追記:でも、それが彼らの憎めなさ、彼らのひとつの魅力だったかもしれないナ。。。)

しかし、86年に発表された当時の集大成的アルバム"Pack up the Plantation Live!"はそんな彼らの印象を覆すものだった。そもそも彼らの魅力がライブにこそあり、スタジオ盤ではそんな彼らの特色を生かしきれていなかったというのが本当のところなのだろう。
大体、曲自体はなかなかのラインアップなのである。彼らのヒット曲である03 The Waitingや05 American Girl、09 Refugeeはオリジナルに比べてライブバージョンの方が圧倒的にノリがあって出来が良いし、特に11 Rebelsなんて観客と一体となった臨場感溢れるステージングがありありと思い浮かぶ、このアルバムのベストチューンと言ってもいいだろう。ライブバージョンによって、彼らの楽曲の良さを改めて認識できるのだ。
そして彼らの演奏もライブに映える。トム・ペティの声もマイク・キャンベルのギターも、彼らの演奏も楽曲を支えるブラス・セクションも、ライブという雰囲気にばっちりマッチしていて、素直に素晴らしいと感じる。あと、スティーヴィー・ニックスとのデュエット2曲もカッコいいね。2人のちょっと違和感ある声の組み合わせはとても新鮮で素敵だ。

<Insider のPV!> ←クリックすると始まるので音量注意!!

ライブによって表現されるある種の泥臭さ、奥深さ、レコーディング技術に頼らないシンプルさ、ライブ感覚というある種の空間的拡がり。彼らが表現として掴んだ何かがこのアルバムには確実にある。ある意味でこのアルバムがあって初めて彼らのこれまでのキャリアが総括され、今後の成功が約束されたのではないだろうか。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-19 00:30 | 80年代ロック | Trackback(1) | Comments(8)

semスキン用のアイコン01 海を飛ぶ夢 "Mar adentro" semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 18日

a0035172_21584018.jpg正確に言えば、彼の死は「尊厳死」でもなく、「安楽死」でもない。彼は「自殺」したのであり、彼を支援する立場は「自殺幇助」であろう。(その辺りの言葉の定義はわりと厳密なので、誤解を与えないためにも正確に使う方がいいと思う。)
映画の中に「尊厳を守るために死ぬ」という彼の言葉がある為、そこから「尊厳死」というひとつのイメージが喚起されるが、それを限定的に扱ってしまうと、この映画から僕らが受けるより深い響きを損なってしまうように思う。それはとても勿体無いことだ。

彼は頚椎損傷を原因とする四肢麻痺により、28年間も寝たきりの生活を余儀なくされ、そこには既に長い長い物語が横たわっている。しかし、敢えて言えば、この映画は、彼と家族の長い物語の果てに、フリアとロサという全く違うタイプの二人の女性が彼らに関わる、その中で彼らが彼の自殺を決心し、そして決行する、短い期間に凝縮された感情の物語として僕は捉えるのである。もっと言えば、この物語は彼だけの物語ではなく、彼に関わった人たちの物語でもあるのだ。彼は自殺する。しかし、そこには、自殺する彼を中心にして、彼らの「生きる」ことへの濃密な意志と疑義が垣間見えないだろうか。そして彼自身についても、生と死への思いが微妙に捩れる瞬間が、その人間的な揺らぎが、共振するように僕らを揺さぶるのである。

「海を飛ぶ夢」とは何だろうか? 映像とともに印象的に語られる彼の「海を飛ぶ夢」とは? それは叶わない夢でありながら、彼を28年間支え続けてきた不可能性の可能性ではなかったか。彼はフリアに想う。「永遠に縮まらない距離」のことを。フリアもロサも結局は錯覚してしまったのだと僕は思う。彼だけが彼女達との触れ合いの中で揺らぎながらも、結局はその距離が決定的であることを悟るのである。そんな彼自身が決して相対化され得ないこと、そのことを今度は僕らが悟るに至るのだ。

間違ってはならないのは、彼は仏のように悟って死ぬのでは決してなく、人間という不可解さを自明のものとして死ぬのである。それは生きることへの揺らぎと言っていい。そこに逆説的に浮かび上がる、静かに切り取られ選び取られた生の有り様こそが僕らの胸を強く掴むのであろう。
僕としてはやはり彼に焦点を当ててしまうが、やはり、この物語は彼に関わった人々の「生きる」物語である。そしてもちろん、その反映の中に僕らも含まれている。それが観るということだろう。

自殺は犯罪である。犯罪だから悪いことだ。そんな当たり前のことを語る為に僕らは映画を観るわけではない。2004年スペイン・仏・伊映画

『海を飛ぶ夢』-goo映画-
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-18 22:09 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ベストヒットUSA semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 18日

帰りの飛行機はANA共同便だったので、一人一台のモニターが付く。これは楽しめる。とりあえず映画を2本『海を飛ぶ夢』と『オペラ座の怪人』を観たが、どちらも見応えがあり、なかなか面白かった。(『海を飛ぶ夢』はまたレビューする予定。)
そして、、、ANA国際便の機内特別プログラム『ベストヒットUSA』。司会は小林克也。中身はオール・タイムマシーンのコーナーである。実はこれが楽しみだったのだ。(以前にANA国際線に乗った時もやってたので。。)
『ベストヒットUSA』は最近BSで復活しているらしいけど、まだ観たことがない。まぁ今の音楽にはとても付いていく気力もないので、僕としてはついついタイムマシーンに乗るのを選んでしまうし、結局のところ、こういうのは偶に観るのがちょうどいいのだと思う。

ラインナップはこんな感じだったかな?

デバージ 『リズム・オブ・ザ・ナイト』
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ 『ノー・ウーマン・ノー・クライ』
レニー・クラビッツ 『イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー』
ニック・カーショウ 『ザ・リドル』
マライア・キャリー 『エモーション』
フェアグラウンド・アトラクション 『パーフェクト』

この中で僕にとって、もっともインプレッシブだったのは、もちろんニック・カーショウである。
はっきりいって、ちょー懐かしい。歌を聴くのもビデオクリップを観るのも20年ぶり。
あーあんなに流行ったのに、忘れるときは忘れるものだなー。ちくしょう、懐かしすぎるぜ。

最近はハワード・ジョーンズ辺りが見直されているけど、ニック・カーショウもマルチプレーヤーという意味ではハワードと同じような扱いだったように思う。でも楽曲としてパっとしたのは『ザ・リドル』の1曲くらいだったかな。。最初にイギリスで流行って、それから日本、最後にアメリカでヒットしたんだよね。
そういう意味では当時の日本の洋楽ファンにはとても感慨深い曲だったのだ。

<The RiddleのPV!> ←クリックすると始まるので音量注意!!

『ベストヒットUSA-タイムマシーン・スペシャル』。いやはや楽しいひとときだったナ。
とりあえず、ボブ・マーリーのライブを聴きなおそう。そして、あわよくば、ニック・カーショウのアルバムも買っちゃおうかな。

a0035172_10333852.jpg 
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-18 10:40 | 旅の記録など | Trackback(1) | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 アメリカ semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 09日

onomichi@ワシントンDCです。

少し観光などしてみました。大体仕事が夕方5時には終わるので、実はその後にたっぷり時間があったりします。
まずは手始めにリンカーン記念館へ。鎮座ましますリンカーンさんはまるで大仏様のよう。
有名な演説の文章が壁一面に書かれており、それを読んだりしながら時間を潰せます。。
写真はリンカーン記念館から見たモニュメントです。これは有名な光景ですね。たぶん。
a0035172_2002227.jpg

歩いてホワイトハウス方面へ移動。途中にベトナム戦争戦没者名碑があり、多くの名前が刻まれております。自国の戦没者を敬うのは実に当たり前のことなのです。たとえ間違っていた戦争だとしても、、、
a0035172_2083641.jpg

a0035172_20111263.jpgホワイトハウスは遠くに小さく眺めるだけでした。。。


食事はジョージタウンへ。DCらしい優雅なところです。
ポトマック川には数隻のヨットが停泊し、川辺を自由に泳ぎまわるカルガモを繋がれた犬が寂しげに見つめています。
オープンカフェで食事する多くの人たちの喧騒を耳にしながら、暮れなずむ夕日をしばらく眺めていました。これもアメリカ。。。
a0035172_20273137.jpg



ダウンタウンのホテルにはタクシーで移動。黒人の運転手にしては愛想がよく、そんなことを言うとなぜか領収書をたくさんもらえました。
ホテルのフロントは黒人で、雑役夫はヒスパニック。ヒスパニックのおじさんには毎朝タクシーを手配してもらうので、ちゃんと声をかけておきます。
アメリカの夜。。。今日も同じように、更けていきます。。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-09 20:38 | 旅の記録など | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 ミリオンダラー・ベイビー "Million Dollar Baby" semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 04日

a0035172_19483389.jpg僕には他人の気持ちを慮って映画を観るなどという心持がない為、この「ミリオンダラー・ベイビー」という独善的な恋愛映画には素直に感銘を受けた。作品とはそもそも主観的なものであって、全ての人に受け入れられるべきではないし、ある時は人を傷つける。(主張というのはそういうものだ)僕らは題材そのものではなく、作品が何を伝え、それをどう味わったか、その確信の確度とその揺らぎを自身の体験として表明すべきなのである。それ以外に映画について語る意味を僕は持っていない。

なぜこんなことを書くかというと、この映画に救いがないから作品としてダメだとか、実際の半身不随の方やその家族に対する配慮がないとか、そういう感想をいくつか目にしたからである。いまさらこのような意見に答える必要もないけど、その視点の固着感というか、拡がりのなさに多少の危惧を覚えてしまう。

まぁそれはそれとして、この作品は確かに僕を揺さぶる。
この映画はフランキー(クリント・イーストウッド)とマギー(ヒラリー・スワンク)の物語をスクラップ(モーガン・フリーマン)が語るという構成となっている。それがフランキーの娘であるケイティに向けて話されていたということが最後になって初めて分かるわけだが、その瞬間にこの物語が実は一種の回想であり、既に主人公の2人は現実としてそこにいないということが僕らに伝えられる。
スクラップはケイティに二人の辿った絶望そのものを語っているのだろうか?単なる救われなさだけを語っているのだろうか?そんなはずのないことはもはや言うまでもないだろう。

僕は最初にこの作品を恋愛映画と称したけど、一般的に言ったら主人公2人の関係は恋愛と呼べるものじゃない。恋人でも親子でもない、単なるトレーナーとボクサーの関係である。しかし、その深度はとても深い。人間とは関係であり、「生きる」とは自身と世界の距離感を反映するものである。そもそも「生きる」とは主体的なものであるが、主体は常に孤独であるが故に、彼は同時に死に至る絶望を併せ持つ存在である。だから彼は可能性としての生きる実感を求める。それがエロスである。恋愛もエロスの一形態であり、僕らはそこに生きている実感をその瞬間として汲み取りながら、ある種の生きがいを得るわけだ。しかし、彼はやはり孤独であることに変わりはない。恋愛とは、自意識の劇であり、その性質上、独善的なものであるからだ。そして、恋愛とは、そもそもそういった精神的なものなのである。

前置きが長くなったが、フランキーとマギーの関係は恋愛そのものであり、同時にそれを超え出たものであると感じた。
「自分を守れ」「タフなだけではダメだ」「相手の逆へ動け」、、、ボクシングにおけるフランキーの信条こそが彼の美意識としての人生を物語る。しかし、そんな彼の孤高さは、孤独と等価だ。フランキーとマギーは孤独が結びつける精神的な関係であると共に、トレーナーとボクサーというボクシングを通じた絆によって、一種の肉体的な関係をも共有する。それは、2人を新たな関係性へと押し上げ、お互いがお互いを生きる実感として見なすようになるのである。
僕らはそこに通常の恋愛における激しさやメロウさとは違う、揺るぎない生の勁さ(つよさ)、身体性に基づく深い関係を見出すのである。
2人は精神的な恋愛関係であると共に、身体的とも言える強い結びつき、生の実感を共有する。だからこそ、マギーはフランキーによって死に至らしめられることを望み、最終的にフランキーはマギーに対してタオルを投入できたのである。

スクラップがケイティに語り聞かせる2人の物語は、やはり物語として語られなければならないと僕は思う。彼らがどう生きてどう死んだか、それが2人の物語として語られてこそ、関係を生きるという実感、可能性、そのリアリティが初めて強調される。僕はそこにこそ、この映画の生の強度を強く感じる。

僕らにとっての主体的な生とは何だろうか?主体的な生とは主体的な死にも繋がる。今、日本には年間3万人の自殺者がいるが、彼らは主体的に死を選び取っているのだろうか?正直言って僕には分からない。僕には所詮「生きる」意味すらも実は分からないのである。分からないことは分かるし、そのことを意識する限りにおいて、分からないことのリアリティを感じることができる。それだけなのである。この映画を観て感じるリアリティも逆説的な生への実感という意味で同様かもしれない。

最後に、、、この映画の陰影ある映像こそ、クリント・イーストウッドの「いかがわしい場所で人間の道を極める」意志そのものだろうと、僕は思うのである。 2004年アメリカ映画

(追記)この映画のラスト、、、「人間の宥め難い不遇の意識に対する水のような祈りとして」、生きる努力に対するひとつの許しとして、タオルは投げられたのだと僕は思う、というか思いたい。

ちなみに行為としてのタオル投入は、闘いの放棄という意味しかない。通常、セコンドは闘者の直接的、間接的(肉体的)意志を感じ取り、またその声を聞き、タオルを投入する。その際、セコンドは闘者とリングを共にしているのだ。

『ミリオンダラー・ベイビー』-goo映画-
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-04 20:15 | 海外の映画 | Trackback(3) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 なかなか更新できず。。 semスキン用のアイコン02

  

2005年 06月 04日

来週から1週間、アメリカはワシントンDCへ遊びに、、いや仕事で行ってきます。
その後、またドイツへ3週間ほど。。。

というわけで、だんだんと仕事も切羽詰ってきて、今日は家にも帰れず、、、

まぁいつものことですが、
しばらくはなかなか更新できないかもしれません。。。

今週始めに『ミリオンダラー・ベイビー』を観たので、
これだけは近いうちにレビューします!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-06-04 00:54 | お知らせ | Trackback(1) | Comments(6)

アクセスカウンター