Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Grateful Dead "At Fillmore West Palladium,´64" semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 29日

グレイトフル・デッドといえば、ライブ。
そして、彼らの代表的なライブといえば、"Live-Dead "(1969)と"The Grateful Dead (Skull & Roses)"(1971)の2つのライブ大作が挙がるだろう。
69年に発売した"Live-Dead "がサイケ調の長々としたインプロヴィゼーションに特徴があるとすれば、71年の"The Grateful Dead (Skull & Roses)"はルーツミュージックに根ざしたシンプルなカントリー調の曲が多く、曲自体も短い。どちらもデッドの音楽として、時代を象徴するものである。
よく知られるように、グレイトフル・デッドは、68年にロックの世界を揺るがしたいわゆる「ビッグ・ピンク・ショック」(※)に最も影響を受けたバンドである。(※ 68年にザ・バンドが発表した"Music from Big Pink"がそのシンプルな構成と奥深いルーツ性によりストーンズやビートルズ、クラプトンら多くのロックミュージシャンにショックを与えたこと) 2つのライブアルバムの間にはその変化を象徴するスタジオアルバム "Workingman's Dead "(1970) と”American Beauty”(1970)があり、彼らの音楽性はサイケ調からルーツミュージックへとガラリと変化するのである。

僕はスタジオ盤としては、”American Beauty”(1970)がわりと好きである。
ツインリード&ツインドラムのギターポップサウンド。(今風に言えばそんな感じだろうか) コーラスも清々しい。
音と音の絡み、声と声の絡みこそがロックのイマジネーションなのだ、と言わんばかりのシンプルな音の積み重ねと広がり、それでいて緻密なサウンドを展開する。それこそがまさに「ビッグ・ピンク・ショック」だったのだろう。そのシンプルさはストレートに僕らの情感に響くのである。
もちろんサイケ時代のデッドも素晴らしいと思う。確かに"Live-Dead "(1969)と"The Grateful Dead (Skull & Roses)"(1971)は、かなり色合いが違う。まさにデッドの音楽的振幅の両極端をそれぞれに象徴しており、あわよくば、その中間的な色合いのライブ盤があったなら、どんなに素晴らしいだろう、と個人的には思っていたものだった。

今回紹介するのは、僕がドイツのスーパーマーケットで購入したアルバム(廉価版)である。
Grateful Dead "At Fillmore West Palladium,´64"(1964) という題名をみると、64年にフィルモア・ウエストで行われたデッドのライブを収録したアルバムのようである。
収録曲は以下のようになっている。

a0035172_22354578.jpg01 Uncle John´s Band
02 Not fade away
03 Early morning dew
04 Playin in the band
05 Ripple
06 Sugar Magnolia
07 Casey Jones
08 Me & Bobby McGee
09 King Bee


70年発表の"Workingman's Dead"収録曲でもあるライブ定番曲をいくつか含む。
さすがにオリジナルのライブ盤に比べると音質は若干劣るが、それでも悪くはない。中盤から徐々にクリアになっていくし、全体としてみれば、彼らの主要ライブに全く遜色なく、実際、僕としてはこのアルバムを一番よく聴いており、全くストレスは感じていない。

音楽的には、まさに"Live-Dead "(1969)と"The Grateful Dead (Skull & Roses)"(1971)の中間的な色合いで、”Skull & Roses”ほどあっさりしていないし、”Live-Dead”ほどこってりしていない。ほどよいゴテゴテ感。ジェリー・ガルシアの声もギターも響きがあってよろしい。まさに求めていた色合いがここにあったのである。

タイトルには64年ライブとあるが、本当にそうなのだろうか?というのが僕にとっての目下の疑問である。"At Fillmore West Palladium,´64"という謎。。。
驚愕すべきはこのライブで表現される緻密なアンサンブルとその演奏技術の高さだ。64年当時にこんなライブがあったとは僕には俄かに信じがたい。音楽性ははっきりいって5年先取りしている。本当に64年の演奏だとしたら、僕の中でデッドの歴史的意義は10倍にも膨れ上がるだろう。それほどこのライブの演奏は時代を超越しているのだ。
まぁ実際のところ僕はこのライブはもっと後年(70年頃)のものであり、表記は何かの間違いではないかと思っているのであるが。。。

<このアルバムの謎について知っている方がいらっしゃれば、事の真相を教えて欲しいですね。>

a0035172_18333372.jpga0035172_1848165.jpg 



[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-29 19:07 | 60年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 クイーン+ポール・ロジャースのライブ音源 semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 29日

70年代ロック情報満載の有名サイト「70年代ロック少年」さんから、貴重な情報!

残念ながら、"Bicycle Race"はなかったけど、"Fat Bottomed Girls"は聴けたー。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-29 02:58 | おまけ | Trackback | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 ブラウン・バニー "The Brown Bunny" semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 29日

a0035172_1614393.jpg映画が現実に起こりえるとか起こりえないとか、そういった基準で観られるべきものではないというのが僕の考え方だ。

バイオレット、リリィー、、、何故、花の名前か?
ローズ、、、美しいものの余韻。名前という幻想。名前にこそ意味がある。取り替えのきかない名前という幻想。それは彼の心を執拗に捉えていく。
なぜリリィーは涙を流しているのか、そんなことは疑問として意味がない。ただ涙を流しているということが答えなのだ。

妄想?失われたものへの掛け替えのない想い。それを抱えていかなければ生きる意味なんてない。でもこれ以上の哀しみを背負う必要があるのだろうか。そして思いとどまる。

ロードムーヴィーとは何かを探す旅を映す。彼は?砂漠での疾走。砂漠という茫洋。無意味の意味。彼は何を追い求めているのだろう。

デイジーは死んで、死んだものは現実には帰ってこない。だから彼は夢想する。幻想としてのデイジーを彼は赦す。人が生きる原理を掴むにはまず赦すことから始めなければならない。彼が欲したのは、彼女を赦すということ。その不可能性の可能性。それは幻想であるが、それは彼にとって必要なことだったのである。

そして彼は帰還するのだ。

--------------

映画とは何か?という問いすらも無意味と感じるほどにこの映画は作品として真摯である。僕はこの一点において作品を受け入れる。この映画に不要なシーンなど一つもない。

もう一度言う。この映画に不要なシーンなど一つもない。すべては繋がるのである。

それが僕らを動かすのだ。

そこにこそ、映画に対する僕らの絶対的な評価の本質がある。

映画的手法に方向性の間違いがあるかもしれない。
あるシーンに生理的な嫌悪を感じる人がいるかもしれない。
フィクションとして、あのシーンを受け入れられない人がいるかもしれない。

しかし、この映画のすべてのシーンは映画的現実である。それは事実としてそうなのである。その評価の基準を作り手と受け手との信頼関係に求めるならば、僕はこの作品の真摯さを十分に受け止めることができた。
この映画に感動してしまった事実は僕の中で消えず、それを裏返しの評価で否定することなんてできはしないのである。2003年アメリカ映画(2005-01-23)

『ブラウン・バニー』-goo映画-
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-29 01:14 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 今日買ったDVD semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 27日

今日、たまたまCDショップに立ち寄ったら、こんなキャンペーンをやっていた。

20世紀フォックス映画 70周年大創業祭 2枚で(今だけ)1,990円 好評発売中 全70タイトル 初回生産限定!

なんとも大仰な宣伝文句だ、、、と思いつつも、1枚995円というのはやっぱり安い。
普段、映画のDVDを買うことはあまりないのだが、
まぁいい作品があったら考えようかなと、対象タイトルをつらーっと見ていたら、
この2作が含まれていた。。。

この70タイトルで2作選ぶとしたら、ノーマルに考えて、やっぱりこのコンビではないだろうか??(他の作品とは格が違うでしょう。格が。。)

そんでもって、やっぱり買うでしょ。これ。。。とりあえず。
(買わされ上手かな??)

a0035172_0162954.jpg
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-27 00:23 | おまけ | Trackback(1) | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 The Who "The Kids Are Alright" DVD版 semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 24日

a0035172_20452353.jpg世界3大ロックバンドと言えば、ビートルズ、ストーンズ、そしてフーである。フーズ フー? 残念ながら日本でのフーの知名度は恐ろしく低い。
このドキュメンタリーは、フーのデビュー当時からのライブ映像やインタビュー、そして新たに収録した演奏シーン等を追加して作り上げられたフーの歴史であり、ひいてはロックの歴史でもある。

78年、時代はパンクである。パンクムーブメントの中では、ビートルズは過去の産物であり、ストーンズは現代の恐竜と呼ばれ、難解を極めたプログレや頭でっかちとなった産業ロックは嫌悪の対象であった。そんな中でも、フーはパンクキッズからリスペクトされる存在であり続けた。何故か?同年、彼らは『さらば青春の光』をプロデュースするが、この作品は彼らの出自であるモッズの青春像を捉えた傑作である。『さらば青春の光』と『キッズ・アー・オールライト』は当時のムーブメントに提示された1セットの作品ともいえる。それはロックの歴史であり、ロックとは何か??という彼らの回答そのものなのである。

そう、ロックとは何か? この作品のハイライトである『無法の世界』のステージこそ、当時の彼らにとっての現在形のロックであり、彼らが「オヤジのロック!」と叫ぶありのままの姿であろう。そしてそれは彼らの限界でもあり、ロックの限界でもあったのである。
言うまでもなく、フーは世界最強のライブバンドである。彼らのライブ盤を聴き、ライブ映像を観れば、彼らの激しいロックスピリットと高い演奏技術に誰もが感嘆するだろう。その象徴、ピート・タウンゼント。そしてキース・ムーン、最強ドラマー。残念ながら、彼はこの映画の公開を待たずに急逝してしまう。彼の不在によって、フーのメインストーリーは映画と共に一旦幕を閉じる。
パンクが終わり、フーが終わり、70年代が終わる。ロックが70年代に突き当たったもの、その壁自体がロックの原点であると僕は思っている。今やロックミュージシャンはロックを真摯に抱えることしかできないし、それを抱えること自体の誠実さこそが貴重なのだといえるのではないか。ロックは何度も死んだと言われたが、それでもロックは残っていくものである、しかし同時にその表現のアビリティには幅としての限界があるのだ。深さや複雑さを無理やり単純化したり拡張したりするような装飾はロックにとっても人間にとってもいいことではない。

-------------------------

映画レビューサイトに本作品を登録!(いいのか?)
レビューまでしてしまった!!(他に誰もしないので、これはいいでしょう)

こちら!

次はモンタレー・ポップかな。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-24 09:37 | 音楽の映画 | Trackback(1) | Comments(8)

semスキン用のアイコン01 Wilson Phillips "Wilson Phillips"(1990) semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 22日

a0035172_127443.jpgWilson Phillips “Wilson Phillips”(1990)は80年代の最後を飾るPOPアルバムである。

この女性トリオの売りは何と言っても、ビーチボーイズとママス&パパスの娘達による80年代ポップスということになろう。
あの映画”An American Band”に出ていた小さなお嬢ちゃん達が、いつのまにかこんなに大人になっていたのだなぁ、、、と思うと最初は妙に感慨深かったが、よくよく考えれば、彼女らと僕は全くの同世代。そんな小娘扱いしてはいけなかった。。。

このアルバムも実際に聴いたのは発売してから10年程経ってからである。
正直言って、全米No.1ヒットを連発したアルバムであるが、その存在を僕は知らなかった。世は洋楽からJ-POPへ以降しつつあった90年。それも仕方ないか。

買った当初はそんなに期待もしていなかったが、このアルバムは結構繰り返し聴くことになる。彼女達のコーラスワークはなかなか聴かせるし、楽曲も全編通して悪くない。
アルバムのノリは、80年代ポップスの集大成という感じであるが、エッセンシャルな所で良質なポップスの花をうまく掴み取っていると感じる。それも最後の仇花って感じがしないでもないけどね。

<Hold on のPV!> ←クリックすると始まるので音量注意!!

彼女らが十数年ぶりに再結成し、カバーアルバムを発売したという。
カーニー&ウィンディのウィルソンズは父親との共演やアル・ジャーディンとの地味な活動が長く続いたようであるが、もっともっと前線で活躍できる才能をもった2人である。チャイナも戻り、このトリオでの歌声がまた聴けるのは嬉しい限りだ。
ただ、カバーアルバム『カルフォルニア』の選曲は、、、かなりベタですなー。
まだ聴いてないけど。。いっそオリジナルでも良かったんじゃないかな。。

新作のジャケットを見る限り、彼女らは昔よりも美しい。特にカーニーが。。(新作のレビューはこちら) 
女性の美しさは年輪と共に潤み深まります。女性35歳からかな。。

-------------------
Wilson Phillips "California"(2004)のレビューはこちら!
Wilson Phillips "Shadows & Light"(1992)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-22 01:31 | 90年代ロック | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 U2 "Achtung Baby"(1991) semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 22日

a0035172_0302932.jpg僕はあまりこのバンドを音を聴かないのであるが、1991年に発売された"Achtung Baby"は例外的にわりと気に入っている。
U2を初めて聴いたのは、3rdアルバム"War"(1983)である。当時から名盤との誉れ高い作品であったが、僕個人としては、名曲"Sunday Bloody Sunday"や"New year's day"を除けば特に印象に残らず、逆にマッチョな感じがどうも馴染めない作品であった。
彼らのアメリカでの名声を決定付けた"The Joshua Tree"(1987)にしても、マッチョ感に少し枯れた味わいが付け加えられたことにより、僕にとっても多少は聴きやすくなったが、それでも世間で言うほどの名盤とも感じられず、アルバムを繰り返し聴くこともなかった。

僕にとって、"The Joshua Tree"から10年ぶりのU2との邂逅が"Achtung Baby"(1991)になる。(実際、アルバム発売から8-9年近く後に初めて聴いた)
このアルバムは一聴して、気に入った。

たぶん、80年代のボノの声は僕に合わなかったのだろう。

そして、90年代のボノの声。。。
人によっては、彼特有のトゲトゲしさを排除した故に、あまりに普通っぽい声になってしまった、と感じるかもしれない。
ボウイのようなダンディズム、、、その姿勢の転換に違和感を覚えるかもしれない。

でも、僕はこっちの方が好きだな。
曲もアレンジもバラエティに富んでいて、面白いし。
やっぱりイーノはこうでなきゃ。

エッジのギターは相変わらずとしか言いようがないけど。
でも、彼のギターの色合いは、このアルバムによくフィットしているし、悪くない。

ある意味で90年代はこの作品で幕を開けたのかもしれない。そう思わせるある種の変化、境を乗り越え得た何かをこのアルバムは根本に持っている。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-22 00:52 | 90年代ロック | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 ロック名盤特集。。。 semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 17日

a0035172_23491793.jpg遅ればせながら、、最近、SIGHTで特集していたローリングストーン誌「究極のロック・アルバム100枚!」ってやつを観ました。

なんかビートルズが多すぎ!とか、ビーチボーイズやフーが1枚しか入ってない!とか、あれもない、これもない、って、こういうのは、読む人にある種のストレスを与えるのが常だけど、100枚で語りつくせるほどロックの歴史は浅くないのだから、名盤というものを100枚に限定した時点でそれはそれで(文句が出るのも)仕方がないことだ。

記事にはローリングストーン誌の解説の他、渋谷陽一氏のコメントが付いていて、僕はこの人のことをよく知らない(ロッキング・オンの読者でもなかった)のだけど、わりと頷ける内容だったなぁ。(クラッシュの評価とかね)


この雑誌を読んで、昔よく見ていたFM誌のロック名盤特集のことを思い出し、本棚からいろいろと引っ張り出してみました。。。

a0035172_2356553.jpgFM誌の王道といえば、やっぱりこれでしょう。
FM STATION (1985年 No.9 4/22-5/5)の表紙。確かロック名盤特集ということでは、これがFM誌で一番最初だったんじゃないかな。

下が見開き2ページでの特集の様子。小倉エージ氏の選出です。日本のロックなんかも混じってましたね。定番が並ぶ中にニールヤングの『今宵その夜』が入っていたりして、少し心を打たれます。

ランキングは、こちら!

a0035172_23535344.jpg

ついでに、、、やっぱりステーションといえば、これですね。これ。
このレーベル集めたなぁ。。。(FM STATION当該号より)
a0035172_0155711.jpg



続いては、週刊 FMです。これは1986年No.4 2/10~2/23号の表紙。

a0035172_042799.jpgこちらは選者多数なので、わりとオーソドックスな選出。200枚という数も多いから、まぁ妥当なところに落ち着くのでしょう。
年代別に分かれているので、当時はまだ新しかった80年代のものもちらほらと。



こちらは負けじとFM fanの2刊に渡る特集号。
(1986年No.17 8/11~8/24号「アメリカン・ロック・ヒストリー」と1986年No.19 9/8~9/21号「ブリティッシュ・ロック・ヒストリー」)

a0035172_064016.jpga0035172_065256.jpg僕らの中ではこのFM fanというのが一番マニアックな印象だった。
2つ特集号でそれぞれに歴史に残る名盤を100枚紹介していて、その選出に関しては、週刊FMと似たような感じ。
表紙は当時の新譜アルバムのジャケットを飾っていた。



あと、雑誌じゃないけど、僕がよく参考にしていた本、『ロック決定盤』とワッツインから90年に出た別冊本がこれ。
『ロック決定盤』 北中正和/かまち潤 共著 昭和57年12月第1刷
これは~76年くらいまでの選出なのでわりと中身が濃い。これは昔、重宝したなぁ。
ワッツインのやつは出たのが遅かったからほとんどノリで買っただけ。選出も300枚に増えるとさすがに散漫な印象は否めない。

a0035172_0174629.jpga0035172_0175951.jpg



まぁこんな感じで雑誌をひっぱり出して、なんとなく眺めていたら、やっぱり懐かしいんですよね。なんというか、ひとときのタイムスリップにおちいっていました。。。
ついでにこんな記事も。。。

a0035172_0285727.jpg
題して、『カセットテープ・オールカタログ』!(週刊FM当該号より)
TDKのADとか、maxellのUD-Ⅰとか、DENONのDX3とか、、、SONYはHF-Sだね。やっぱり。チープなノーマル派の僕としては。。。

ちなみにこのころの広告は、伊代ちゃんでした。(FM STATION当該号裏表紙)

a0035172_0333460.jpg


  
というわけで、ビバ80年代!! 
年代限定?の懐かし企画でした。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-17 00:54 | ランキング | Trackback | Comments(18)

semスキン用のアイコン01 海外で買った雑誌 semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 16日

a0035172_2365640.jpgフランクフルト空港で購入!
有名な雑誌なのかどうなのか知らないけど、表紙につられてついつい買ってしまった。

「ザ・バンド秘話。。ディランズ・ワイルドバンチは、如何にしてロックンロールを切り開いたか?」
てな感じでしょうか?? 
まぁこんな題名みたら、買わずにはいられないのだ。。。むふ~(鼻息)

11,70ユーロはちと高いけど、フリーCD付きだから仕方ない。。

記事もHawks時代の話やディランとの邂逅エピソードなど、結構読み応え十分。
英語だから半分も理解できてないけど、まぁこういうのはノリで読めますね。ノリで。。。

おかげで帰りの飛行機の中は、この雑誌を眺めながらHDDプレーヤーでザ・バンドを聴いてのんびりと過ごしました。。。エコノミーだけど。。。
<途中、映画で米版『TAXI』観たけど、なんかイライラする話だったな。まぁどうでもいいけど。。>

a0035172_23134723.jpg左の写真は若きザ・バンドの面々。
'63-64頃かな。

この頃は、レヴォンがフロントマンで、その名も 、、
"Levon Helm & the Hawks"
なのだ。

でも、、一人多いな。。。誰だろう??

貴重な写真が満載で、これだけで十分楽しめます。。

でも、写真は、やっぱりこの2人。。。

a0035172_23234088.jpg


ここで、"I shall be released" が流れてきたら、泣くよね。ホント。。。( ´Д⊂
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-16 23:37 | おまけ | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 海外逃亡中 semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 11日

こちらは今、朝の6時過ぎです。(時差7時間ですな)
1週間の予定で単独遠征中。。。

Wish you were here...

だなぁ。でも休みなし。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-11 13:24 | 旅の記録など | Trackback | Comments(0)

アクセスカウンター