Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Free ”Fire and Water”(1970) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 20日

a0035172_2229298.jpg<注意>
2つ下のレビュー(又は60年代カテゴリー) Free "Tons of Sobs" からご覧下さい

フリーの第3作、”Fire and Water”(1970)は文句なしに彼らの最高傑作である。
その楽曲とアルバム構成、演奏、アレンジ、どれをとっても素晴らしきフリーの世界。このアルバムの聴きどころは「全て」である。
まず、なんといっても1曲目の表題曲”Fire And Water”である。簡素化されたコゾフのギターとアンディの重々しいベース・リフ、抑えに抑えまくったポール・ロジャースのボーカル。そして、間奏での泣きまくりのギター、ついでアンディのベースまでが泣きに入り、泣きまくりの2重奏だ。ロックによって、ここまで簡素で重々しい叙情性を奏でるバンドを僕は知らない。
2曲目は、”Oh I Wept”だ。これこそ彼らの寸止め的切迫感を表現した最高の曲である。さらには静かな叙情性まで湛えている。。。もう言うことはない。というか、うまく書けないw この曲は、盛り上がりそうで盛り上がらない。この曲こそ、彼らフリーサウンドのある意味で象徴的な曲だと言えよう。
3曲目の”Remember”もシンプルなアンサンブルにポール・ロジャースの抑制の効いたボーカルが映える名曲である。
4曲目は”Heavy Load”である。ここでは、ポール・ロジャースのピアノが単調なメロディを奏でるが、やはり聴きどころは間奏である。より叙情的に聴かせるコゾフのギターソロが短いけども味わい深い。音がいい。
そして、このアルバム最大の山であり、フリーサウンドの最高峰とでもいうべき曲が5曲目の”Mr. Big”である。いきなりのアンディのチョーキングベースとコゾフのリフの絡み。なんなんだこれは!ポール・ロジャースのボーカルも抑えまくりだぞ、寸止め、寸止めって、いい加減に早く爆発してくれー!もう我慢できんぞ!間奏はなんとアンディのベースソロだーー。フラフラしながらもパンチが効いてるぞ。コゾフのギターがひたすらに唸りまくってるぞ。サイモンのドラムもキメキメだ。ポール・ロジャースも間奏なのに後ろで喘いでるぞ。あーもうだめだー。アンディの強烈なソロとコゾフの泣きの交錯。キメキメドラム。ボーカルも寸止めのまま、終了かい!
6曲目は叙情豊かなバラード”Don't Say You Love Me”。これはポール・ロジャースの趣味だろう。
そしてトリは、彼らの最大のヒット曲で最も有名な”All Right Now”である。この曲はアンディのベースフレーズが特徴的である。コゾフのシンプルなギターリフも軽快だ。しかし、なんといってもこの曲の良さはポール・ロジャースの久々に弾けるボーカルであろう。アルバム最後にして、ポール・ロジャースの心地よいシャウトを聴くことができて、僕らはようやく落ち着くことができるわけだ。

思いもかけず、ついつい全曲紹介みたいなことをしてしまった。。。
やはりこのアルバムはフリーの最高傑作である。そして残念なことにこの第3作を最高峰として、フリーのサウンドは衰退していく。しかし、だからこそ、このアルバムの価値があるというものだろう。ポール・ロジャース、コゾフ、アンディ、サイモン、最高の4人の絶妙なアンサンブルと完成されたフリーサウンドの見事なまでの貫徹が”Fire and Water”を比類なきロックアルバムの名作としているのだ。 <終わり>

 ~付録~
「自由」についてを語る
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-20 22:29 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(9)

semスキン用のアイコン01 Free ”Free”(1969) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 20日

a0035172_22235679.jpg<注意>
1つ下のレビューFree "Tons of Sobs" からご覧下さい

フリーの第2作、その名も”Free”(1969) は、2作目にして早くも彼らのサウンドスタイルを確立し、またフォークロア的な要素も取り入れてバラエティに富んだ作品となっている。
何と言っても、まずアルバムの1曲目”I'll Be Creepin'”である。これこそが新たなフリーサウンドなのである。そして”Songs of Yesterday””Trouble on Double Time”と、このスタイルがアルバムを貫いていく。
彼らのファーストは、ブルースフィーリングが弾けた若々しさが魅力であるが、ここで早くも彼らは「抑制」ということを覚えたようだ。
まず、ポール・ロジャースが歌いすぎない。コゾフも弾きすぎない。アンディのベースはとにかく揺れる。サイモンはよりタイトに纏める。
前作では爆発していた彼らの演奏は、今作のいくつかの曲において、その一歩手前ですっと引くように抑制されている。不完全燃焼である。空手で言うところの「寸止め」である。
彼らのサウンドのどこか飄々とした味わいは、この「寸止め」サウンドによって成り立っていると僕は思っている。しかし、間違ってはならないのは、彼らの演奏は枯れていない。荒々しいのである。その荒々しさと抑制がないまぜとなった切迫感こそが彼らフリーサウンドの最大の魅力なのだ。
そのサウンドの核こそ、彼ら4人の演奏の絶妙なバランスとポール・ロジャースのシャウトを抑えた喘ぐようなボーカルスタイルにある。コゾフのギターはアンディのベースの後ろで控えめにすすり泣きのリフを聴かせる。そしてソロは、より強烈なすすり泣きである。アンディのベースはメロディを大きく揺らし、サイモンのドラムはとにかくタイトにキメまくる。これである。
しかし、ここにおいて彼らのサウンドスタイルは確立したものの、まだフォークロア的なサウンドとブルースが共存しており、そのアルバムがトータルとして完成したとは言いがたい。それには、彼らのサードアルバムを待たねばならなかったのだ。<・・・Free "Fire and Water"(70年代カテゴリー)へ続く>
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-20 22:23 | 60年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 Free ”Tons of Sobs”(1968) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 20日

a0035172_21165894.jpgフリーの第1作、”Tons of Sobs”(1968) はフリーの作品の中で最もブルージーなアルバムである。彼らの若々しいブルースフィーリングがこのファーストアルバムを熱く、痺れるものとしており、僕の大好きなアルバムである。(メンバー皆が19歳とか20歳!)
改めて言うまでもないが、フリーの最強4人組といえば、ポール・ロジャース(vo,p)、ポール・コゾフ(g)、アンディ・フレーザー(b)、サイモン・カーク(dr) である。
ポール・ロジャースといえば、白人ロックシンガーの最高峰であり、顔はいまいちだが、その歌唱力は空前絶後である。その黒人顔負けのシャウトは、2曲目の”Worry”でいきなり爆発する。というか、このアルバム通して爆発しまくりである。
ポール・コゾフといえば、いわゆる「泣き泣きのギター」である。アンディとのアンサンブルで魅せる「すすり泣き」の如きギターこそ、後年の彼の魅力であるが、ここでのコゾフはとにかく弾きまくる、弾きまくる。全曲にわたって彼のギターアンサンブルは若々しい疾走感に溢れ、なおかつ豊かなブルースフィーリングに満ちている。そして、なんといってもコテコテのブルースロック “Goin' Down Slow”が最も聴かせる演奏だ。彼らの全アルバムの中でも唯一の古典的ブルースソングである。この曲の存在こそが本アルバムの大きな魅力でもある。
アンディ・フレーザー。彼こそはフリーの大黒柱である。それは太い幹でありながら、いつもフラフラと揺れているので、まったくもって人が住む家には不適切である。船酔いである。しかし、その強烈なベースラインこそがフリーの真骨頂であることはもはや周知であろう。このアルバムでの彼の魅力は、“Goin' Down Slow”での古典的ながら力強いベースラインと、”I’m a Mover”などで聴かせる前面に押し出してくる圧倒的な厚みをもったベースソロだ。アンディのベースの後ろでコゾフのギターが唸る、この”I’m a Mover”こそは、以後のフリーサウンドの原型である。
サイモン・カークのドラミングは、とにかくタイトである。ある意味で個性的な他の連中を纏め上げているのはこのサイモンのドラムであろう。
そして、1周戻るが、最後にポール・ロジャースのピアノも忘れちゃいけない。この若々しい躍動感溢れるアルバムにあって、彼のピアノは大きな役割を果たしているのだ。”Sweet Teeth”などで聴かせる彼のピアノとコゾフのギター、アンディのベースの交錯しまくるソロパートは、このファーストアルバムの最大の魅力だ。
このファーストアルバムは、60年代後期のブリティッシュ・ブルースロックの傑作であるが、フリーにとってみれば、まだそのサウンドスタイルは未熟である。彼らのサウンドスタイルの確立はセカンドアルバムを待たねばならなかったのだ。<・・・Free "Free"へ続く>
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-20 21:18 | 60年代ロック | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Aerosmith ”Rocks”(1976) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 20日

a0035172_17592584.jpg70年代中期~後期における3大ハードロックバンドといえば、キッス、クイーン、そしてエアロスミスである。3つのバンドともに今でも高い人気を保ち続けているが、僕が洋楽を聴き始めた83-84年頃は、それぞれ過去の遺物的な、或いはいわゆる落ち目のバンドとみなされていたことを思うと、改めて音楽というのは世代を巡っていくものなのだなぁと多少感慨深い気持ちになる。
さて、この3つのバンドはどれも僕のお気に入りであるが、最も好きなのは、エアロスミスである。エアロスミスと言えば、80年代後期に偉大なる復活を遂げ、その後、多くのヒットを飛ばし、ロック界のスーパーグループたる地位に君臨することになるわけだが、僕にとってのエアロスミスは、今でもダークでスリリングで独特なロックフィーリング溢れる70年代のロックアイドルたるエアロスミスなのである。
彼らの70年代の傑作と言えば、”Toys in the Attic”(1975)、”Rocks”(1976)、”Draw the Line”(1977)の3作ということになるだろう。
この中でどれが一番かはもう好みの問題であるが、僕としては、彼らのスタイルであるダークでスリリングなロックサウンドが確立され、その個性がアルバム全体を貫く”Rocks”(1976) を挙げたい。もちろん、バラエティに富んだ楽曲(ストーンズ風あり、ZEP風あり)が魅力の前作”Toys in the Attic”や、疾走感溢れるロックンロールアルバム、次作”Draw the Line”も大好きである。
だが、やはり、エアロの一番の魅力を伝える曲と言えば、本作”Rocks”のトップを飾る名曲”Back in the Saddle”に尽きる。スティーヴン・タイラーの神経症的なボーカルとジョー/ブラッドのロックテイスト溢れるツインギターが妖しく交錯する、まさに闇夜のヘヴィーロック(これは前作の邦題だけど。。)たる名曲が”Back in the Saddle”であり、その毒々しい雰囲気がアルバム全体を覆うのである。ダークな統一感がこのアルバムを一気に聴かせる。元々、彼らの魅力は、その若々しさから発散される荒削りなロックフィーリングであり、そこにハードさといかがわしさを加えたことにより、本作はそのアルバムタイトルに相応しい彼ら独自の「ロックス」を確立したのである。
このアルバムの最後を飾るバラードの名曲”Home Tonight”も忘れちゃいけない。この曲は、前作でやはり最後を飾るバラード”You See Me Crying”にはっきり言って似ているし、彼らが80年代の復活以降に得意としていくバラードソングの原型でもあり類型でもある。でも、この”Rocks”の最後はやっぱり”Home Tonight”なのだ。あのスティーヴンの♪Now it’s time~♪というあくまでハイトーンで押し通したシャウティング・バラッドとジョーのゴテゴテしたギター音が”Rocks”のバラードに相応しい。
”Back in the Saddle”で始まり、”Home Tonight”に終わる。最後まで緊張感を解けないほどに隙のないアルバム、それがAerosmithsの”Rocks”だ。

a0035172_1804958.jpga0035172_1812487.gif
 
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-20 17:57 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 The Kinks “Arthur or the Decline and Fall of the British Empire”(1969) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 20日

a0035172_1740436.jpg実はキンクスのアルバムをそんなに持っているわけではないが(全部持っている人がいたらすごい!)、彼らの69-70年頃のコンセプトアルバムは僕のお気に入りである。
その中でも、The Kinks “Arthur or the Decline and Fall of the British Empire”(1969) は、最も好きなアルバムだ。
楽曲は、アルバムタイトルに示される大英帝国の繁栄と衰退を独特のペーソスで語ったストーリーによって構成され、アレンジや演奏の統一感も素晴らしい。(”Arthur”も違和感はあまりないかな。。) レイ・デイヴィスの歌声は楽曲毎の色合いによって演劇的な味わいをみせ、本作は正に正真正銘のロックオペラの傑作なのだ。
そして、このロックオペラのクライマックスは中盤の”Shangri-La”であり、終盤の“Young and Innocent Days”であると僕は思う。
特に “Young and Innocent Days” は、レイの切ないセルフハーモニーと優しいメロディ、喪失感溢れる歌詞が魅力である。とても短い曲ながら、このアルバムの秘めたるコンセプトを最も示している。

Young and innocent days

I look back at the way I used to look at life
Soft, white dreams with sugar coated outside
It was great, so great
Young and innocent days

I wish my eyes could only see
Everything, exactly as it used to be
It's too late, so late
Young and innocent days

I see the lines across your face
Time has gone and nothing ever can replace
Those great, so great
Young and innocent days

レイ・デイヴィスは、69年という時代とイギリス人たる彼の歴史観からくるある種の喪失感を切々と歌い上げた。改めて言うまでもなく、The Kinks “Arthur or the Decline and Fall of the British Empire”は、ロックという表現の可能性を広げたコンセプトアルバムの傑作である。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-20 17:54 | 60年代ロック | Trackback(2) | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 Badfinger "Straight Up"(1971) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 09日

a0035172_1784453.jpg70年代のロックといえば、バッドフィンガーを忘れちゃいけない。(teacherteacherさんのご指摘通り。。) とはいえ、僕が洋楽を聴き始めた80年代のロックシーンにおいて、これほどまでに忘れ去られた存在も他になかったのではないだろうか。
僕が持っているバッドフィンガーのアルバムは2枚。”No Dice”(1970)と”Straight Up”(1971) である。(ちなみにこのレビューを書こうと思って”Wish You Were Here”(1974)も購入したが、未だ聴いてない;) ということで、僕のバッドフィンガーのイメージを決定付ける曲は、やはり名バラード”Take It All”や”Name of the Game”である。これらの歌が届ける感触は、まさに70年代の空気感、質感、その温度であり湿度であり、それはある種の感慨を僕らにもたらす。

バッドフィンガーはビートルズの正統的なフォロアーと言われる。確かにビートルズの弟分として、アップルレコードからデビューし、ポールやジョージがプロデュースしたので、彼らのアルバムからは、ビートルズが解散せずに仲良く70年代を送ったとしたら。。。こんなん?という雰囲気が漂う。その甘い酸っぱいハーモニーは、ジョンとポール、ジョージのアンサンブルを彷彿とさせ、曲によっては、ビートルズの中-後期のアルバムからそのままスライドしてきたような錯覚すら覚える。
僕が好きなのは、どちらかと言えば”Straight Up”(1971) であろうか。
先ほど挙げた”Take It All”や”Name of the Game”は、彼ら特有のバラードソングである。そこにビートルズの影があるのは仕方ないとしても、やはりこれはバッドフィンガーにしか歌えない、味わいに満ちたバラードソングなのだ。
逆に、これらバッドフィンガーの曲から僕らは日本の70年代グループであるゴダイゴやSHOGUNを思い出すのではないだろうか? そこには、日本的な質感、いや、日本人好みの質感があると言えばいいか。悪く言えば歌謡曲的であるが、僕はそれを仄明るいポップ(来るべき明るさ全開80年代の100ワットポップの前章として)、抒情とポップの拮抗と言いたい。”Take It All” は、確かに僕らの琴線に触れる、とても人間味のある響きを持った曲なのである。
彼らの曲は複雑化していく70年代初期のロックシーンにあって、とても分かり易かった。そういう形(キャラクター)で世に提示されたのだ。それ故に当時はその安っぽさを論われ、80年代には全く省みられなかったのも、それはそれで仕方ないことだったのかもしれない。しかし、彼らのアルバムが忘却の80-90年代を経て、今でも熱心に聴かれ続けているのも事実である。僕はこのバンドが抱えることになる悲劇(中心人物ピート・ハムとトム・エバンズの自殺など)から漂う永遠性、ノスタルジックなイメージ以上に、バッドフィンガーこそ70年代の仄明るいポップに象徴される価値と意義をもつバンドだと思っている。
彼らこそ、60年代から70年代へ移行する中でロックの可能性を捉えそこなったが故に、ある種の哀しみを湛え続けた最も人間味溢れる70年代ロックバンドなのである。その希望と哀しみが交錯する”Take It All”。この曲を聴けば、誰だってそう思うんじゃないか。

-------------------
"Wish You Were Here"のレビューは、こちら
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-09 17:12 | 70年代ロック | Trackback(2) | Comments(6)

semスキン用のアイコン01 Delaney & Bonnie "Original Delaney & Bonnie and Friends"(1969) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 08日

a0035172_12174320.jpg白人男女のデュエットといえば、ロックの世界ではディレイニー&ボニーの「恋する2人」で決まりである。
そんなディレイニー&ボニーの最高傑作といえば、彼らのエレクトラでのファーストアルバム”Original Delaney & Bonnie and Friends”(1969) でこれまた決まりである。このアルバムに参加したフレンズたち、当時まだ無名のレオン・ラッセルやジム・プライス、ボビー・ホィットロック、ジム・ケルトナー、ドクター・ジョンなど、バックを固めるスワンプの面々も今にしてみればとても豪華である。<その後、ツアーにエリック・クラプトンやデイブ・メイスンが参加したりする。特に彼らがクラプトンの音楽性に与えた影響は絶大だ。> まぁ、その後のマッド・ドックスやデレク・アンド・ドミノスの原型がここにあるわけだ。
しかし、やっぱり主役はなんといってもディレイニー&ボニーの2人である。ディレイニーのソウルフルで時に猛々しく、時に優しげなボーカルとボニーのマッチョな感じのハスキーボイスの絶妙なコンビネーション。素晴らしい。やはり彼らのツインボーカルが最高の聴き所であるが、ボニーが単独で歌う”Do Right Woman”などもアレサの歌に勝るとも劣らないはまり方である。マッチョでいて、可愛らしさを感じさせる、その後のスティーヴィー・ニックスなどに通じるボーカルスタイルの源泉といっていいかもしれない。もちろんハスキーさの中にも彼女のソウルがふつふつと沸きあがる、ボニーも黒人顔負けの魂のボーカリストなのだ。
そんな彼らも、その後にバックの面々が離れていったりして、恋する2人も結局は仲違いしてしまう。72年のことである。正にスワンプロックの歴史を作った2人であったが、その解散(離婚)と共に一つの時代が終わりを迎えるのである。

我を競い合う音楽という世界の中で、夫婦であり続けるというのは、とても難しいことなのかもしれない。他にもそういう例はあるしね。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-08 12:18 | 60年代ロック | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 Tom Waits "Rain Dogs"(1985) semスキン用のアイコン02

  

2005年 01月 06日

a0035172_212021.jpgTom Waitsといえば、70年代初期のデビュー作”Closing Time”(1973)をまず挙げたいところである。
”Ol’55”や”Grapefruit Moon”など、都会的なセンス溢れるメロディアスな楽曲を彼の若々しいダミ声で情感たっぷりに聴かせてくれる。場末のバーで一人ピアノを弾き語るという雰囲気がありありと思い浮ぶ、このアルバムは、トムの特異な風貌も合わせて、演劇的なセンスを当時から十分に感じさせてくれた。
70年代のジャジーなアルバムもなかなか味わい深いが、彼がその音楽性を大胆に変化させていく80年代のアルバム群が僕は好きである。
レコード会社を移籍し、これまでのイメージを転換してアバンギャルドな方向性を初めて打ち出したのが”Swordfish Trombones”(1983)である。ある意味でその後の彼の行き方を決定づけたアルバムだ。このアルバムには彼の音楽に対するエッセンシャルな想いが凝縮されている。クラシカルな楽器を駆使し、暗闇でうごめくような音たちの間をすすり泣くように歌うトム。そのパーツはまだ少ない。しかし、そこには音の少なさにも増して、音楽というもののエッセンスは濃密である。ここにおいて彼は既にそのスタイルを確立したと言っても過言ではないと僕は思う。
しかし、彼の80年代の最高傑作といえば、やはり”Rain Dogs”(1985) ということになるだろう。如何せん前作には曲そのもののキャッチーさやアルバムとしての広がりに欠けていたのも事実。(まあその小世界的なところも前作の魅力ではあるのだが。。)本作ではそれを補うが如く、様々なギタリストが集い、楽曲的にも一段と艶を増した。ホール&オーツからG・E・スミス、ストーンズからは我らがキース、そして何と言ってもかのジョン・ルーリー率いるラウンジ・リザーズから参加したギタリスト マーク・リボーが出色だろう。”Jockey Full of Bourbon”や”Hang Down Your Head”で魅せるあのざらざらとした質感ながら、シニカルな哀しみと温かみが交錯する叙情的なギターソロは、この傑作アルバムの中でも忘れがたい印象を残す。(”Hang Down Your Head”は、トムの優しさに満ちたオルガンの音色と情感溢れる歌声も素晴らしい。そして歌詞も。僕はこの曲を聴いて何度涙を流したことか。。。)
もちろん名曲”Downtown Train”でのG・E・スミスの洗練されたギターサウンドやこれまた郷愁漂う名曲”Blind Love”など、キャッチーな味わいに溢れた楽曲も揃っている。そして、キース特有のスリリングなギターが痺れるR&Rサウンドも最高にカッコいい。
とにかくアルバムとしての広がりと楽曲のバランスが素晴らしい。前作で掴んだトムのアバンギャルドなスタイルを踏襲しつつ、バラエティに富んだ音色(特にギター)によって僕らを様々な音楽世界に誘う、”Rain Dogs”は、単調な80年代ロックシーンの中に孤高として輝く大傑作なのである。

a0035172_2152324.jpga0035172_2154835.jpg

 
[PR]

by onomichi1969 | 2005-01-06 02:02 | 80年代ロック | Trackback | Comments(2)

アクセスカウンター