Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 2010年 09月 30日 ( 1 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 The Beach Boys "Pet Sounds"(1966) semスキン用のアイコン02

  

2010年 09月 30日

a0035172_1425737.jpg『レコード・コレクターズ』誌(2007) 執筆陣が選ぶ60~80年代ロック・アルバム・ベスト1に輝く作品。(ちなみに読者選出では6位)
『ペットサウンド』が90年代以降に高評価を得た理由のひとつは、その「暗さ」が時代にフィットしたことにあるのだと思う。故に80年代に『ペットサウンズ』が今ほどの評価を受けていなかったことは至極真っ当なことだったと言える。それが80年代というポップな時代の趨勢だったから。
特にこの作品の日本での高い評価について言えば、村上春樹や山下達郎、萩原健太等の識者による宣伝が大きな影響を与えたのだろうか。永遠のNo.1アルバムと思われたビートルズの『サージェント・ペッパーズ』を超える評価は、逆に『サージェント・ペッパーズ』の醸し出すストレートなドラッグ(サイケ)・カルチャーの雰囲気が現在の日本では受け付けにくくなっているからかもしれない。それはそれとして、、、

ブライアン・ウィルソンの心情。それが『ペットサウンズ』なのだと言われる。殆ど彼一人の意向によって作り上げられたのであるから、それも当然のことだろう。アルバムを貫く統一感と不完全性、そして複雑さと矛盾は彼の心情の吐露そのものである。

冒頭を飾る『素敵じゃないか』"Wouldn't It Be Nice"はアルバムの性格をよく物語る名曲である。表題や歌詞だけ見れば、それは恋人同士の明るい未来を歌った楽しい曲であるはずであり、曲調も一見華やかなものと思える。しかし、聴けば聴くほど、この曲のアカルさの上には常に暗雲のイメージが浮かぶ。『素敵じゃないか』が全然「素敵」にきこえないという、その滲み出るような裏腹さがこの曲にある種の違和と奥深さを与えている。あとに続く『僕を信じて』"You Still Believe in Me"、『ザッツ・ノット・ミー』"That's Not Me"、『ドント・トーク』"Don't Talk (Put Your Head on My Shoulder)"のブライアンの根暗な心情3連発というシリーズが冒頭の曲のイメージにフィードバックされているとも思える。

圧巻はB面にある。
『神のみぞ知る』"God Only Knows"はアルバム唯一のカールのボーカル曲である。 この曲こそは、メロディとアレンジの完成度と美しさからアルバムの一つのクライマックスとも思える。だからこそ、ブライアンはカールにこの曲を託したのだと思う。カールが歌うことで曲の完成度と美しさが際立つが、アルバム全体の中でそれはひとつの違和を醸し出す。曲そのものだけ取り出せば、『神のみぞ知る』は今時の恋愛映画のエンディングテーマにもなるが、『ペットサウンズ』というアルバムの中で聴いてこそ、この曲の真価(完成度と違和という相反さ)を感じるのである。

『救いの道』"I Know There's an Answer" のオリジナルは、真逆の歌詞としてある"Hang On to Your Ego"である。マイク・ラブによって変更させられた歌詞。心情と曲調の齟齬と矛盾から醸し出される違和がある。

『ヒア・トゥデイ』"Here Today"はマイク・ラブのボーカルにこそ違和がある。

そして締めは、ブライアンの駄目駄目さ全開の『駄目な僕』"I Just Wasn't Made for These Times"と狂おしさ全開の 『キャロライン・ノー』"Caroline, No"である。凡そポップという枠を見事に逸脱してしまった自虐性にこそブライアンという存在自体の違和と天才があるのだ。

ブライアン・ウィルソンは、このアルバムを作り上げたことにより、天才と呼ばれるようになった。それはアルバムを通したアレンジの技術的な先駆性や卓越したメロディセンスによるところが大きいのであるが、僕は、彼の天才こそ、彼自身の人間的な(そして作品の)多重性とそこから滲み出る違和にこそあると言いたい。(そして、それを体言するブライアンの声!) 完全のようでいて不完全な、単純なようでいて複雑な、楽しいようでいて悲しい。ダブルバインドな心情の誠実な吐露。それこそがブライアンであり、『ペットサウンド』の魅力なのだと僕は思う。
[PR]

by onomichi1969 | 2010-09-30 00:42 | 60年代ロック | Trackback | Comments(2)

アクセスカウンター