Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Bob Dylan "The Basement Tapes"(1975) semスキン用のアイコン02

  

2009年 11月 24日

a0035172_04028.jpg泣ける歌を「泣き歌」という、らしい。
最近、年をとって涙腺がゆるんだのか分からないけど、どうも涙もろくなってきたような気がする。
先日もある歌を聴いていたら、何となくジーンときて、涙があふれそうになった。

その歌は、'Ain't No More Cane'
The Bandの演奏である。

原曲は、トラディッショナルソングで、古くからのprison worker's songらしい。Bob Dylan "The Basement Tapes"(1975)に収録されている。The Bandの4人のボーカリストが順番にうたいつなぐ。最初がリヴォン。2番目がロビー・ロバートソンの珍しいソロ。3番目がリックで、4番目がリチャードだ。泣きどころは、、、各自のソロとコーラス、、、やっぱり全部かなぁ。

彼らの声は、それぞれにイメージを喚起させる。リチャードは、頑丈な作りの古い農家。リックは、甘えつつ、抗う、アンビバレンツで子供のようなエキセントリックさ。リチャードは、痛みと闇、魂の芯、零れ落ちる純粋さ、外見は薄汚れた天使。彼らの織り成すコーラスは、声とイメージが僕らの記憶とない交ぜとなって重複され、その響きは倍音となる。人種や世代を超えた原型という郷愁の響き。それは確実に僕らの琴線を揺らす。

'Ain't No More Cane'は、The Bandのコーラスの魅力と、リヴォンのマンドリン-スタイルの音が楽しい名曲である。決して悲しい曲調ではないけど、何故か泣ける。僕の中では、彼らのNo.1ソングである。



ライブバージョン@Woodstock'69も渋い。

[PR]

by onomichi1969 | 2009-11-24 00:51 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/9295590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター