Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 死の接吻 "A Kiss Before Dying" semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 01日

a0035172_1444245.jpg小説を読めば、その冒頭ですぐに分かることだと思うので言っちゃいますけど、この映画の原作は叙述トリック(というかフーダニットかな?)をメインにしたミステリーの名作です。おそらくレンタル店等でこの映画を手に取った人の動機の多くは、「ほんとに映画化できるのかよー、どれどれ。。。」と言ったところではないでしょうか。僕もそうでした。(我らがマットとショーンの共演というのも理由のひとつですが。。。)
実際に観たのはもう10年くらい前になるので、いまいち記憶もあいまいなのですが、僕の印象としては「それほど悪くはなかった」というところです。実際、原作の一部叙述を無視すれば映画化も可能なのだなぁと感心したものです。3姉妹→双子に設定変更っていうことで丸ごとゴソっと抜けているところもあるけど、それもまぁ仕方ないかなと。
叙述トリックのミステリーと言えば、クリスティのあの作品やアイリッシュのあの作品がありますよね。でも叙述トリックは日本の方にも名作が多く、筒井康隆のあの作品とか、綾辻行人のあの作品やあの作品とか、我孫子武丸のあの作品とか、去年(2003年)話題になったあのミステリーもありますねぇ。まぁいろいろありますけど、日本の名作ということで左記に挙げた作品は絶対映画化できない!でしょうね。これは断言できます、、といっても何がなんだかよく分からないか;; 1990年アメリカ映画(2004-01-26)
[PR]

by onomichi1969 | 2009-08-01 14:18 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/8737511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター