Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ゴッドファーザー・サガ "THE GODFATHER: THE COMPLETE NOVEL FOR TELEVISION" semスキン用のアイコン02

  

2004年 08月 07日

a0035172_1253323.jpg「ゴッドファーザー・PART1」と「PART2」を年代順に並べなおした「ゴッドファーザー・サガ」。
テレビの深夜劇場で4週連続2時間づつ放映していたのを眠い目をこすって観続けたのは、僕が高校生の頃である。

少年ビドーがコルレオーネ島から逃げるところに始まって、アメリカのイタリア移民社会での貧しい暮らしぶりやその中で暴力によりのし上がっていくところの淡々としていながらも叙情的な映像、ドラマティックで緊張感溢れる殺戮シーンと若きデニーロの哀愁と野望を秘めた表情、その精悍な立ち回り、時折発っするセリフから漂う掠れた雰囲気などなど、初回にしてぐぐぐいっと惹き込まれたものだ。
その後のブランドやパチーノの登場、とくにパチーノの挫折や成功の具現者としての憎悪と苦悩の歴史から、忘れがたい胸を締め付けられるようなラストシーンに至るまで、全てに通底した「呪縛の歴史」には圧倒されたと言う以外に言葉がない。でも、このコッポラ作品には、<その後の大傑作「地獄の黙示録」にも通じるが>歴史大作であるとともに、ニューシネマ的な青さ、もどかしさが僕にとって大きな魅力なのである。
デニーロやパチーノのようなニューヒーロー達の若々しい存在感は、その「もどかしさ」の体現者として、僕らの胸をしめつける。

この物語は、ファミリーの血の結束をテーマとしながらも、魂の孤独へのアンビバレンツな感情、呪うが故に救われる、その絶対的な孤独への呪縛を描いていると言えないだろうか。

「この世界は永遠に家庭とは相容れぬ。破滅か、しからずんば。。。世に孤独ほど憎むべき悪魔はいないけれども、かくのごとく絶対にして、かくのごとく厳たる存在もまたすくない」-坂口安吾の青春論より- 1977年アメリカTVドラマ(2002-12-26)
[PR]

by onomichi1969 | 2004-08-07 01:26 | 海外の映画 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/820718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by urumu555 at 2004-08-21 19:11
いい映画ですよね。私も高校生の時に観ました。
その後は観る機会もないままで、記憶を辿ると美しくて残酷で悲しいイメージが浮かぶのですが、その感情が何なのかはハッキリしないまま・・・。こういう文章を書けたら素敵ですよね。
onomichi1969さんのレビューを読んだ後は、必ず昔観た映画をまた観たくなってしまいます(^^;
忙しい時は要注意ですね!
Commented by onomichi1969 at 2004-08-22 01:26
コメント有難うございます。とても嬉しいです。urumu555さんもあの4週連続放映を観たのですね。僕も高校生の頃だったから、おそらく同世代なのでしょうか。僕は受験勉強そっちのけでテレビにかじりついていたのですが、それも今となっては懐かしい思い出です。確かにあれを一気に観るとなると、今では難しいかもしれませんね。
アクセスカウンター