Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 華氏451 "Fahrenheit 451" semスキン用のアイコン02

  

2004年 08月 07日

a0035172_225204.jpgブラッドベリの名作SF小説の映画化。小説の冒頭に物語のイメージを決定付ける挿絵がある。
火焔に包まれた家とその中で本を片手に叫ぶ女性。取り囲む群衆と無残に踏み捨てられた本の数々。一人の焚書官の背中が大写しとなっている。ファッショナブルな防護服とモヒカン様のヘルメット。背中には何やら火炎発生器のような四角い装置を背負って、そこから伸びるトカゲの尻尾のようなホースを手に持っている。小説の内容以上に印象に残る絵だ。
トリュフォーがこの近未来小説のビジュアルイメージ化を焦点にしてこの映画を製作したことは想像に難くない。焚書官の制服は挿絵や小説の記述イメージそのままだし、部屋の一面を使った巨大なテレビや自動扉付の家もこの近未来小説に沿って造形されている。
しかし、小説で描かれるその他の自動機械の映像化は全く無視されており、現代の僕らから観て、あまりにも牧歌的な装置の数々にはちょっと落胆するものがある。大体がブラッドベリ自身、4,5世紀先として描いた自動化イメージが今現在あっさりと凌駕されてしまっているというのも二重の悲劇だ。この映画をSFと呼ぶのが躊躇われるのも致し方ないかもしれない。
にもかかわらず、この映画に僕らを惹きつける魅力があると感じるのは何故だろう。

小説の中にこういう記述がある。
「二十世紀の初期になって、映画が出現した。つづいてラジオ、テレビ、こういった新発明が大衆の心をつかんだ。そして大衆の心をつかむことは、必然的に単純化につながざるをえない」

元々、ブラッドベリは本と対立するものとしてイメージを規定する装置である映画やテレビを想定しているのだ。トリュフォーはそれにどう答えたか。それがこの映画の中にある。徹底的に簡素化された登場人物たちの演技や印象的な音楽、想像力を喚起するイメージ映像。トリュフォーが敢えてこの小説を映画化した意味を強く感じるのだ。1966年フランス・イギリス映画(2004-03-01)

a0035172_2253589.jpg



[PR]

by onomichi1969 | 2004-08-07 01:17 | 海外の映画 | Trackback(2) | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/820662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かたすみの映画小屋 at 2004-12-04 23:28
タイトル : 華氏451
小さい頃は転校が多く急には新しい友人に馴染めなかったので、内向的な私にとっては本が大事な友達でした。その中でもSFには特にハマってしまいまして、大学になった頃にはSF研究会がなかったので古典の先生を顧問にお願いして設立したぐらいです。当時はなけなしの小遣いを握り締めて、早川文庫や創元文庫の目録をなめるように読んで、1時間も2時間も悩んでレジに本を持っていったものでした。... more
Tracked from 太陽がくれた季節 at 2005-07-31 10:27
タイトル : ■〔映画評Vol.12〕『華氏451』(1966/トリュ..
こんばんは~ 私事ながら、 この7月は、夏休み前で多忙でした、 それゆえ、ここひと月ほどは、TB、コメント頂いた方には あれこれご無沙汰してしまっておりましたが、 何とかピークは乗り越えましたので、 少しづつでも頂いたコメントにお返事をしたり、皆さんのブログ、サイトにご挨拶にお伺いしたいと思っております、 やはり、ブログ、サイト間で一方通行(ばかり)となってしまうのは僕の本意ではありませんので… ―と云った心掛けのもと((^^)、 来たる8月は、 7...... more
アクセスカウンター