Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 イントゥ・ザ・ワイルド "Into The Wild" semスキン用のアイコン02

  

2009年 03月 04日

a0035172_08856.jpgジョン・クラカワーのノンフィクション・ノベルの映画化。我らがショーン・ペンの4作目の監督作品である。

映画作品は、ノンフィクション・ノベル(以下、原作)に忠実に作られている。そこで描かれる人物描写、クリスをめぐる人々の言動、彼の日記から推察された行動等、原作に描かれる断片は余すことなく映像化されている。特にクリスを含めた登場人物達の外見や言動、行動は原作に忠実で、ショーン・ペンの実話を基にした原作に対する深い敬意と尊重が伺える。

1992年9月、一人のアメリカ人青年がアラスカの荒野に打ち捨てられたバスの中で餓死しているのが発見される。青年の名は、クリストファー・マッカンドレス。その事件が全米中にセンセーショナルなニュースとして報じられたのは、彼が裕福な家庭に育ち、大学を優秀な成績で卒業した前途有望な青年だったからである。多くの人々は彼の行動を無謀で傲慢な愚行と評し、準備不足で原野にふらふらと入り込み命を落としたナルシストであるとみなした。

ジョン・クラカワーはクリスのアラスカ入りまでの2年間の放浪生活を追い、彼が出会った人々を広く取材して、その行動と言動を丹念に拾い集める。また、家族への取材から、彼の生い立ちと共に、彼の思想や行動の背景ともなった家族の歴史についても赤裸々に描写する。このノンフィクション・ノベルは一人の青年のセンセーショナルな死を出発点としているが、クリスという一風変わった、それでいて実に魅力あふれる青年の生き様を様々な角度で描き抜いていることが最大の面白さであると感じる。
クリスの人物像。彼は単なる自分探しを求める夢見がちな若者の一人ではなかった。トルストイとソローをこよなく愛する厳格な理想主義者で、孤独と自然を崇拝し、それでいて真に文学的な青年でもあった。理知の上に立つ無謀さ。心に屈折を抱えながらも、自らの強さを過信するが故に様々なものが赦せなかった青年が2年間の放浪の中で、そして荒野での生活によって徐々に変化し、生きる可能性を掴む。人々とのふれあいの中で心を残す。最終的に彼は死んでしまったけれど、彼の生は、彼と出会った人々の心に確実に生きている。そのことが伝える生の重みを原作であるノンフィクション・ノベルは拾い上げ、そして映画が主題化し、物語として紡がれた。

映画は正にショーン・ペンの作品となっている。原作に忠実ながら、それでいてショーン・ペンらしさを存分に感じる作品なのである。クラカワーの原作はクリスという人格を外側から炙り出すパズルのような構成となっているが、映画はクリスという実体の行動を中心にして話が進められる「物語」としてある。原作によって炙り出されたクリスという人間像をショーン・ペンは自らの思想性によって肉付けし、物語の主人公として見事に再生させた。映画は、70年代ニューシネマ風のロード・ムーヴィーとして観ることができるだろう。ニューシネマの掟通りに主人公は最後に死んでしまうが、そこには明らかに「光」があった。この光こそ、ショーン・ペンの映画的主題である現代的な「赦し」の物語なのだと僕は思う。クリスが真実を求めた先に見えたものは、ふれあいの中で知った人の弱さであり、そして大自然に対した自らの弱さであった。彼は自らの中で家族と対話する。自分が自分であることを認める。そして、全てを赦したのだと僕は思う。そういう物語としてこの物語はある。(それはショーン・ペンのデビュー作から連なっている)

現代に荒野はもう存在しない。彼は地図を放棄することで荒野を創出し、その中で自らの経験によって思想を鍛錬しようとした、とも考えられる。荒野へ。。。理知の上に立つ無謀さ。これこそが失われかけたフロンティア精神の源泉で、現代の想像力を超えた強烈な憧憬なのかもしれない。2007年アメリカ映画
[PR]

by onomichi1969 | 2009-03-04 23:56 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/8028772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ピースのAMEBLO .. at 2009-03-19 09:58
タイトル : イントゥー・ザ・ワイルド
【INTO THE WILD】 頭もよく将来を期待されていた一人の青年が、何もかもを捨てアラスカの地を目指して放浪の旅をする人間ドラマ。 実際の話をショーン・ペンが監督をしてるんですがいい映画だと思います。... more
アクセスカウンター