Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 小さな泥棒 "La Petite voleuse" semスキン用のアイコン02

  

2008年 11月 25日

a0035172_1765458.jpg若きシャルロット・ゲンズブールの魅力が全開の映画です。
この頃の彼女のブータレた魅力はたまりませんね。確かにストーリーはどこか類型的で中途半端かもしれないけど、彼女が登場するだけである種の痛々しさが画面に迸ります。それは、彼女特有の影のある表情、雰囲気から溢れ出る「自意識」の仄か(ほのか)とでもいいましょうか。
少女から大人へ、まさに「青春」そのものだったのが当時のシャルロットなのです。
彼女は決してジェーンのように派手な顔つきじゃないけど、ナチュラルで純粋な美しさがあります。そんな彼女の魅力が演技を超えて伝わってくる、そんな映画なのです。1988年フランス映画(2003-10-12)
[PR]

by onomichi1969 | 2008-11-25 23:46 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/7682112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター