Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ロスト・イン・トランスレーション "Lost in Translation" semスキン用のアイコン02

  

2007年 04月 10日

a0035172_2312128.jpgこの映画、実は現代版の「東京物語」とも呼べる。元々、ソフィア・コッポラは東京という街をアメリカ人が迷い込む異国の地、自発的な孤独を生み出す環境として捉えているように思うが、それは正に小津の『東京物語』の主題でもあったはずである。これはある意味で外国人を主人公にすえたからこそ描かれ得る、本来的な「東京」の姿なのであるが、僕らはもうそういった見立てというか作為なしに、都市としての東京に現代的な物語としてのリアリティを感じないのかもしれない。確かに東京という物語は矮小化し、偏在化しつつあり、それはもう「東京」でなくても全く構わないとも思える。
本当の『東京物語』であれば、東京という場所における笠智衆と原節子の立ち位置が小津の世界観として一番しっくりくるが、それがこの映画では逆転<笠智衆がスカーレットで、原節子が都市生活に疲れたビル・マーレイ>しているところがアメリカらしい彼らの基本的なイノセンスの構図<子供こそが穢れなき存在であること>なのだと言える。そう考えれば、スカーレットの異様な子供っぽさも理解できるような気がするが、それを現代社会というタームに照らし合わせてみれば、また別の意味での新しさをも想起させる。
『ロスト・イン・トランスレーション』は都市という孤独を鮮明に描こうとするが、孤独は現代という空間であまりにも無自覚に受け入れられている為にその悲哀の輪郭はとてもぼやけている。抵抗しつつもそれを受け入れざるを得ないこと。それがたぶんビル・マーレイの悲劇であり、スカーレットの常態なのだろう。その受け入れ方の違いはある意味でとても切実である。2003年アメリカ映画
[PR]

by onomichi1969 | 2007-04-10 23:13 | 海外の映画 | Trackback(4) | Comments(2)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/5398613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Tod&Pig E-OW.. at 2007-04-10 23:52
タイトル : ロスト・イン・トランスレーション--DVDintrodu..
トウキョーという異国の旅を堪能できた。観といて良かったなって思ったけど、どうせなら夜の丸の内の映画館か、都内のホテルで観てみると、もっと面白かったかも。ストーリーというより、周りの『東京』に目や耳がいっちゃう。日本はバカだなぁって、冷たいなぁって思った...... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-04-25 13:29
タイトル : ロスト・イン・トランスレーション
ソフィア・コッポラ監督が、自らの来日での経験を生かして書き上げた本作で、第76回アカデミー賞脚本賞を受賞。CMを撮るために来日したハリウッドのアクション・スターと、ミュージシャンの夫に同行するも、ホテルに取り残されたアメリカ人女性が、たがいの気持ちを理解し合う。ただそれだけの物語だが、東京のカルチャーが外国人旅行者の目線で鮮やかに映し出され、彼らの高揚感と孤独、とまどいを伝えていく。 タイトルにあるとおり通訳の不備で意志の疎通ができないもどかしさや、某ハリウッド女優をパロったキャラが笑いを...... more
Tracked from あぐら日記 at 2007-05-06 22:29
タイトル : あぐら日記
食とか健康とか興味のあること発信してみます。... more
Tracked from エンタメニューススクープ! at 2007-08-23 15:49
タイトル : ビル・マーレイ、ゴルフカートを飲酒運転?
ゴースト・バスターズ以来あまりお目にかかっていないように感じてましたが、ビル・マーレイ氏の作…... more
Commented by yanz at 2007-04-11 09:32 x
以前この映画について書いた記事にいただいたコメントの意味をやっと理解しました(笑) 遅いですね.
残念ながら,私はそこまで思い至りませんでしたが,東京物語との対比はかなり説得力がありますね.
監督がそれを意図していたのかどうか.興味深いところですね.
Commented by onomichi1969 at 2007-04-12 02:42
yanzさん、こんばんわ。
実は、、、ふと、自分の『東京物語』のエントリィを読み返しつつ、コメントを見てみるとyanzさんの『ロスト・イン・トランスレーション』の記事が話題になっていて。。。自分のコメントながら、「なるほどなぁ」などと思い、少し内容を膨らまして書いてみました。
しかし、自分が書いたこともすぐ忘れちゃうんですよね。最近。
ソフィア・コッポラが『東京物語』を意識していたのかどうか、、、それは分かりませんw が、僕はわりと好きなタイプの人です。
アクセスカウンター