Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Electric Light Orchestra / Olivia Newton-John "Xanadu"(1980) semスキン用のアイコン02

  

2006年 11月 08日

a0035172_0243095.jpg映画は観たことも聞いたこともないのだが、サントラは最高に素晴らしい。オリジナルアルバムに勝るとも劣らない傑作だと思う。
アルバム構成はオリビア・サイドとELOサイドに分かれており、お互いがノリにノッていた時期だけあって、それぞれの楽曲がとても充実している。とはいえ、僕はELOのファンなので、やはり"I'm Alive"や"Don't Walk Away"、"All over the World"のいかにもELOって感じのポップチューンに痺れてしまう。
そして極めつけはオリビアをボーカルにフィーチャーしたELOサイドの表題曲"Xanadu"だろう。1980年という年を象徴するような爽やかでカラフルでドライな味わいのある曲だと思う。

大好きだな、このアルバムも!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-11-08 00:29 | 80年代ロック | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/4648189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yanz at 2006-11-08 09:31 x
最近,車で出掛ける時には,ELOの very best を聴いてました.XANADUを聴くと,どうしても,オリヴィア・ニュートンジョンのあの甲高い声が聞こえてくるようですね.そこで,自分であのキーで歌おうとして苦しんだりして.
ELO,秋のドライブには最適ですね.
Commented by onomichi1969 at 2006-11-09 01:05
yanzさん、こんばんわ。
いいですよね。まさにオリビア・ライト・オーケストラって感じで。オリビアの歌声がELOの楽曲にとてもマッチしていると思います。
メロディや曲の展開は典型的なELOソングなんですけど、ハイトーンのオリビアのボーカルによってとても違った味わいが出てきます。。
Commented by スズキ at 2006-11-12 09:38 x
当時は興味無かったんですが、このあいだ深夜に映画やっていて、甘酸っぱい思春期の思い出もあり、目からウロコの面白さでした。映画としては駄作の声も高いのですが、今見るとマンガのような純粋さが新鮮ですよ。MTVが出るか出ないかの頃かな? あの時代にこのダンスとかカメラワークはレベル高い気がします。
Commented by onomichi1969 at 2006-11-12 22:14
スズキさん、こんばんわ。
そうですか、映画を観られたんですね。ふむふむ。さらにそれが面白いということですか。なるほど、映画を観たくなりました!いまだにどんな映画なのか全く知りませんがw
<時代的に言って、僕にはちょっと前の作品なので。。>
アクセスカウンター