Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Paris, Texas semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 14日

a0035172_15524563.jpg

茫漠と広がる砂漠のような虚無感
彼が旅したのは自らの心象風景の中だったか
失われたものを快復するために彼は目指す
自意識に根ざす風景は常に止め処ないが
そこに一筋の光を見出すことは不可能でない

砂漠にも静かな雨が降ることがあるだろう
優しさという名の愛情が彼に希望をもたらすが
それはもう遅すぎたか? 

でも終わりは始まりともいう
大切なのは彼の心の在り様であり
快復であろう

柔らかに降り注ぐ雨は静かに地下へと水を湛え
やがて彼の人の水脈にも連なっていく
彼に必要なのはその為の時間だけである

それが自然というものだろう

1984年西ドイツ映画(2004-08-13)
[PR]

by onomichi1969 | 2006-10-14 15:43 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/4499713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター