Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カッコーの巣の上で "One Flew Over The Cuckoo's Nest" semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 25日

a0035172_1512136.jpgプログラム化された精神病棟は、メタフォリックな意味での現代社会を表している。精神病患者としてボランタリーに日常を封じ込めた人たちが集う静謐な世界。それは、共同体の失われた現代において、一種の非日常的な日常空間でもあるだろう。<大江健三郎の「他人の足」と同じ世界か。>
この世界にトリックスターたる存在として、ジャク・ニコルソン演じるマクマーフィが投げ込まれる。彼は、予測不可能な行動を繰り返すことによって、他の精神病患者たちを戸惑わせると同時に大いに惹きつける、外の世界の魅力をプンプンさせる実に人間くさいキャラクターなのだ。

この作品の主人公は、精神病棟そのものである。マクマーフィのある種のヒューマニズムによって掻き乱される閉鎖世界。世界は風穴をあけられ、人々はこころを取り戻すかと思われた、が、最終的にマクマーフィの人間性が剥奪されることにより、世界は元の閉鎖状態に戻ってしまう、ように見える。
しかし、ここに到って内部の人間チーフの選択が浮かび上がってくるのである。<ある意味でこのチーフこそ、本来的な主人公ではないかとも感じる> チーフは、既に人間性を奪われたマクマーフィの息を止めることによって、彼の幻影を消失させ、世界から跳び出すことを選ぶ。そして、それ以外の者たちは、そのチーフの姿に改めてマクマーフィの幻影を追うのである。

この映画の印象的なラストシーンは、僕らに突きつけられた「人間としての可能性」に対する問いだと言えるのではないか。僕にはそう感じられた。断絶した世界の中で、”生きていく”可能性とは、一体どういうことなのか? それは、とても切実な問いである。1975年アメリカ映画(2004-01-03)

みんなのシネマレビュー 『カッコーの巣の上で』
[PR]

by onomichi1969 | 2006-06-25 15:04 | 海外の映画 | Trackback(2) | Comments(2)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/3805086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2006-07-09 02:09
タイトル : 『カッコーの巣の上で』レビュー/正気と狂気のあいだ
どうやら私、先日の『バットマン』でニコルソンモードに入ってしまったようです。 今日は大学で時間が空いたので、AVルームで、『カッコーの巣の上で』を観ました。言わずと知れたアカデミー賞総なめ作品で、ジャック・ニコルソンも本作でオスカーをとってますが、75年作ということは、もう30年前なんですね。 『バットマン』ではあからさまに気違いじみた、道化的な敵役でしたが、本作では、正気なのか狂気なのかわからない、見方によってどちらとも取れる、ちょうどライン上を歩いているような役でした。何ヶ所か、狂...... more
Tracked from 明日は明日の風が吹く。 at 2006-07-15 14:54
タイトル : 『カッコーの巣の上で』
満足度:★★★★★★★★★☆ 9/10 <ストーリー> 【刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装ってオレゴン州立精神病院に入ったマクマーフィは、そこで行われている管理体制に反発を感じる。彼は絶対権力を誇る婦長ラチェッドと対立しながら、入院患者たちの中に生きる気力を与えていくが……。60年代の精神病院を舞台に、体制の中で抗う男の姿を通して人間の尊厳と社会の不条理を問うK・キージーのベストセラーを、チェコから亡命してきたM・フォアマンが映画化した人間ドラマ。アカデミーでは作品・監督・脚...... more
Commented by chatelaine at 2006-07-09 02:16
はじめまして。拙ブログにTBとコメントをありがとうございました。
だいぶん前にもらっていたのに、ご挨拶が遅れてしまってスミマセン…。

この映画は、シリアスな内容なはずなのだけれど、ニコルソン独特の愛嬌というか、ユニークさがとても光っていましたね。
あと、私はこういう問題的なラスト、好きだったりします(笑)

大江健三郎の「他人の足」は未読なので、ぜひ読んでみようかと思います。
またお邪魔させてもらいますね。
Commented by onomichi1969 at 2006-07-09 08:17
chantelaine様、お返事とコメント/TB有難うございます。
ショーン・ペンと言えば、僕の中では俳優というよりも監督になってました。もちろん俳優としての彼も素晴らしいですけど、彼が監督した3作の映画もぐっとくるものばかりです。その内の2作はニコルソン主演。もう1作撮って3部作なのかもしれません。『プレッジ』のニコルソンは悲惨な役でしたから、次作にニコルソンが出るとしたら、彼の魂を解放するような、幸福な役柄にして欲しいところです。
アクセスカウンター