Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ショート・カッツ "Short Cuts" semスキン用のアイコン02

  

2007年 08月 11日

a0035172_13385240.jpg傑作である。
レイモンド・カーヴァーの小説作品といえば、日本では、村上春樹訳としてよく知られている。その村上春樹がカーヴァー作品について、「人間存在の有する本質的な孤独と、それが他者と関わりあおうとする際(あるいは他者とかかわりあうまいとする際)に生じる暴力性が重要なモチーフ」と解説しているように、カーヴァーは、その原初的な孤独と暴力性に常に囚われる下層労働者たちの荒涼とした悲哀を描く作家である。
しかし、村上訳でカーヴァーに接する僕たちにその辺りのニュアンスを掴むのはなかなか難しい。村上訳から漂う軽妙な風がまさに都市的な悲哀を僕らに吹き込んでくるからである。個人的には、その悲哀の本質<弱さ>は変わらないと思うが、カーヴァー作品で描かれる下層労働者たちの絶対的な「どうしようもなさ」が圧倒的な存在感をもって僕らに伝わっているかと言えば、なかなかそうは捉えられないところがあるだろう。
それに比べればアルトマンの描く『ショートカッツ』は実にカーヴァー的<原カーヴァー的>であると僕には感じられた。画面に漂うあまりにも明瞭な寒々しさ、絶対的な孤独を自明とした人々の生活とその荒涼感。映画としては、カーヴァーのいくつかの短編を繋ぎ合わせた構成となっていながら、そのエッセンスをうまく統合することにより、カーヴァー的世界を忠実に表現していたように思える。著名な役者たちも各々の無意識的な「ボロボロさ」加減をうまく演じていた。上空を旋回するヘリコプターが煽る硬質な不安感の中、最後の地震のシーンは人間の根源的な衝動、漠とした悪夢を見事に映し出す。
僕は映画を観終わったあと、しばらく間、悪夢の続きの中をくらくらしたものだ。 1993年アメリカ映画(2004-06-10)
[PR]

by onomichi1969 | 2007-08-11 09:06 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/3602540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Patsaks at 2008-09-23 16:20
タイトル : ショート・カッツ
これぞロバート・アルトマンという作品「ショート・カッツ」は「マッシュ」と並び彼の作品の中で好きな作品の一つだが、なんといっても出演者が凄い、上の欄はスペースの関係で四人しか入れていないがその他のメンバーを挙げるとジャック・レモン、リリ・テイラー、ロバート・ダウニー・Jr、ティム・ロビンス、フランシス・マクドーマンド、アン・アーチャー、フレッド・ウォード、ジェニファー・ジェイソン・リー、クリス・ペン、マデリーン・ストー、ロリ・シンガー、ライル・ラヴェット、バック・ヘンリー、ヒューイ・ルイス、リリー・トム...... more
アクセスカウンター