Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Fleetwood Mac "Rumours"(1977) semスキン用のアイコン02

  

2006年 01月 29日

a0035172_2142475.jpgフリートウッド・マックが好きやけん!って、4回目じゃあ。
"Rumours"(1977)は、マック最大のヒットアルバムであり、70年代中期のメガヒット時代に31週もビルボードのトップに君臨し続けた時代を象徴するモンスターアルバムである。
前作"Fleetwood Mac"(1976)からリンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスという2人のアメリカ人が参加し、クリスティンを加えた3様のポップ路線を明確に打ち出して見事に成功した。
"Rumours"(1977)も基本的には前作の延長線上にあるが、スティーヴィーの"Dreams"やリンジーの"Go Your Own Way"など、楽曲的にもここに来て(早くも)円熟の味わいをみせる。モンスターアルバムの記録的なイメージとはうらはらにこのアルバムの魅力はある意味で3人3様の「小粒さ」にあるのだと僕は思う。決して大仰なところがなく、突出しない3人の個性がこのアルバムのバランスを絶妙にしているのだ。
成功によって人は自信を得る。ノリにノる。時代を掴んだものたちだけが持つある種のオーラがこのアルバム自体を包んでいるようだ。全体として見ればこのアルバムは小品と呼ぶに相応しい。その軽快さ、清涼感、そしてキラキラとしたポップ感覚、その蜜の味わい、ポップアルバムとしては王道を極めた感もあるが、そのポップ性とはどこまでいっても軽々しいのだ。

僕はピーター・グリーン時代のブルースロック・マックも好きだし、ダニーやボブが主体となった第2期のアルバムも好きだ。このバンドの良さをそれぞれの時代に見出すことができるが、やはりクリスティンが加入した後のマックは、彼女のポップセンスこそをバンドの核として自然に取り入れていったのだろうと思う。その方向性は2人のウエストコースト系アメリカンの加入で決定的になった。もちろんそれはマックにとっての正しい道だった。

この頃のスティーヴィーは本当に可愛らしい。元々はクリスティンファンである僕もこのアルバムで聴けるスティーヴィーの甘ったるくハスキーな歌声には正直参る。そんなスティーヴィーが切々と歌う乙女チックな"Dreams"は本当に名曲だと思う。(前作の"Rhiannon"もいいけど。。)

そうそう、3人の歌声が絡む"The Chain"はこのアルバムの中でもひとつの白眉だと思うが、これ以降のマックは3人の独立したソロアーティストが単に共存したようなイメージで、アルバムとしての纏まりを欠いていくように思える。幾多の愛憎を抱えるこのバンドにはそれも仕方のないことかもしれない。バンドも人間関係によって成り立っているのだから。
逆に言えば、最高傑作とはそういったRelationとTimingの絶妙によって作り出されるものなのかもしれない。マックにとってはそれがその時だったのだろう。

なんだかんだ言ってもポップロックとはやっぱりハーモニーであって、このバンドで言えばリンジーとスティーヴィーなのだ。この二人によってもたらされたウエストコーストの風がマックの音楽に爽やかな彩りを与える、その自然な絡みこそがこのアルバムの魅力なのだし、それがあってこそクリスティンも映える。

やっぱりフリートウッド・マックは最高である。。。次は80年代かw

-------------------
Fleetwood Mac "Live at the BBC"(1995)のレビューはこちら!
Fleetwood Mac "Heroes Are Hard to Find"(1974)のレビューはこちら!
Fleetwood Mac "Bare Trees"(1972)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2006-01-29 02:49 | 70年代ロック | Trackback(1) | Comments(8)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/3103976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2008-08-23 20:37
タイトル : Fleetwood Mac 「Rumours」(1977)
私とフリートウッド・マックとの出会いは、1982年発表の「Mirage」が最初で、1984年に発表されたメンバーのクリスティン・マクビィーのソロ・シングル「Got a Hold   on Me」なんかが大好きでした。 ですから本作は完全な後追いで、ましてや彼等の初期のブルースバンド時代の作品は未だに聴いたことがありません。 またバンド名が、ドラマー&ベースのリズム隊の名前から取られていることに永らく違和感を覚えてました。通常リズム隊は裏方だし、フリートウッド・マックのメインはリズム隊以外のリン...... more
Commented by むつみ at 2006-01-29 23:14 x
おお、ついに来ましたね☆。
そうなんですよね、決して大粒の曲じゃないんですよね。それどころか、あたしは逆に小曲集と言って良いくらいの気がするんです。
それと、バランス感ですか。前作によりLindseyの力が伸びてきた事で、このアルバムは絶妙のバランスになったような気がします。"Tusk", "Mirage" は確かに纏まりはないし、"Tango in the Night" は作られたバランスのような気もするんですよね。
今聴けばサウンドとしては古びちゃってるんだけど、いつまでもあたしの心を掴んで離さないのは、そういった魅力があるからだと思うんです。
次は80年代ですか?。とすると、あのアルバムですか?。いっその事 "Peter Green's 〜" から、全部レビューしちゃうって言うのはどうでしょうか?(笑)。
Commented by teacherteacher at 2006-01-30 00:36
また、また出ましたね~(´∇`) !
とにかく、このCDではスティーヴィーの「Dreames」にヤラレました。
Now here you go again You say you want your freedom~♪
リンジーとの関係を歌ってういるらしいけれど、どうなんでしょう??
スティーヴィーのアンニュイ(意味わからんが)な歌声にゾクゾクしちゃいます
このCDの録音中は、メンバー全員が前作がバカ売れした事の、プレッシャーから
おクスリ+アルコールでヘロヘロ状態で作ったらしいです
でも前作以上に捨て曲なしの、お買い得CDだと思います。
クリスティンの「ソングバード」と「You Make Loving Fan」も(・∀・)!
・・次回は、クリスティンの「恋のハートビート」で、よろしく

Commented by onomichi1969 at 2006-02-01 04:24
むつみさん、こんばんわ。
ようやく一つノルマを達成したかな~と思ったら、全部レビューですかw
とりあえず考えておきます。。。
次は、 "Mirage" か"Tango in the Night"でしょうね。両方とも好きなアルバムですが、マックも絶頂期を過ぎたし、必ずしも好評というわけにはいかないかもしれませんが。。。
Commented by onomichi1969 at 2006-02-01 04:39
teacherさん、現れましたナ。一体何処から現れるのやら。
クリスティンの『恋のハートビート』のオーダーですか。考えときます。
クリスティンは20年ぶりの新作も出ているようですが、こちらは未だ聴いたことありません。どうなんでしょ。ジャケット写真は若くてびっくりですが。。。
Commented by taisavillage at 2006-02-17 18:51
ピーターグリーンの頃が好きです。「Then Play On」
Commented by onomichi1969 at 2006-02-19 05:29
taisavillage様、
ピーターグリーンもジェレミースペンサーもダニーカーワンもボブウェルチもリンジーバッキンガムも、、、マックのギタリストは皆素晴らしいです。
ピーターグリーン時代の作品ではやはりライブがいいですね。
Commented by 240_8 at 2008-08-23 20:39
こんばんは。フリートウッドマックについては全く疎いのですが、無謀にも記事をアップしたのでTBさせて頂きました。
なるほど、やはりクリスティンがこのポップセンスの核だったんですね。それからマックの初期、ピーターグリーン時代、それからボブ・ウェルチ時代も全く聴いたことがありません。これらも必聴ですね^^。
Commented by onomichi1969 at 2008-08-25 01:14
240_8さん、こんばんは。
マック好きですね。タイプは全く違うけど、各時代のアルバムはそれぞれ気に入ってます。ピーターグリーン、ダニー・カーワン、ボブ・ウェルチ時代。こうなってはもう避けて通れないですね。お疲れ様ですw
アクセスカウンター