Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 New York Dolls "Rock 'N Roll"(1994) semスキン用のアイコン02

  

2006年 01月 07日

a0035172_15304788.jpg2006年新春第4弾、行きます!

New York Dolls "Rock 'N Roll"(1994)

ジョニー・サンダース、デヴィッド・ヨハンセンを擁したロック・バンド、N.Y.D.が残した2枚のアルバムに未収録トラック3曲を加えて構成されたN.Y.D.を知る上での決定盤。
~Amazonのレビューより~

というわけで、本来N.Y.D.といえばオリジナルの2枚"New York Dolls"(1973)と"Too Much, Too Soon"(1974)に尽きるのであるが、今のCD時代ではこの2枚程度のアルバムであれば未発表3曲もオマケにして1枚のCDに纏められてしまうのだ。作品の価値とかにあまり拘りのない僕としては当然安価でお得なこのアルバムを購入してしまう。。。それにしても、このジャケットはやっぱりいまいちセンスがないよなぁ。。。

60年代後半から70年代に入り、ロックは多様化への道を進むが、そんな劇的な時代の中でも常にロックンロールを魂とし続けたバンド、それがある意味でパンクを先取りしていたのも当然のことだろう。それはシンプルなポップ性でもあり、ストレートな猥雑さでもある。ロックであることはそういうことなのだ。N.Y.D.こそは時代を通じて、ロックンロールを最も体現したバンドであると僕は思う。それはストーンズが失ったもの、そのエネルギーと艶を見事に引き継ぎ、そのシンプルな力強さはクラッシュの出現を先取りしていた。決してロックという枠を飛び出すことなかったが故に、ロックンロールであり続け、そして散った。ロックの時代で素直にロックンロールであるということ。それがN.Y.D.の2枚のアルバムに凝縮されていると言うべきなのだろう。

N.Y.D.の曲は全てがロックンロール・スタンダードとも言うべき素晴らしい作品ばかりである。
03 Personality Crisis、05 Looking for a Kiss、16 Stranded in the Jungle、、、
最高である。ロックンロールである。
"Rock 'N Roll"(1994)、、、題はそのものズバリだナ
[PR]

by onomichi1969 | 2006-01-07 15:34 | 70年代ロック | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/2979787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター