Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Wilson Phillips "California"(2004) semスキン用のアイコン02

  

2005年 12月 31日

>確かに同年代のミュージシャンには、年を重ねるに従いある種の親近感が沸いてきますね。昔はそんなことを考えもしなかったのですが。。。

、、、とoldbluesさんのエントリィにコメントしたのだが、はて、僕と同年代のミュージシャンって誰だろう?と考えてしまった。実は、このコメントをしたときに頭に思い描いていたのはWilson Phillipsのウェンディである。それはちょっとマイナーすぎる? 僕が彼女達のアルバムをThe Wilsonsを含めて持っているのは単にビーチボーイズの延長線上にあるからか、それとも別の親近感だろうか。僕としては、彼女達がデビュー以来(というよりも映画『アメリカン・バンド』でブライアンの娘として出演していた3-4歳の)女の子たちが大人の女性へと変貌していく様にある種の感動を覚えてもいるので、彼女達が同学年で、昔から知っているという思いがなかったらここまでの親近感は抱かなかっただろうと思う。

僕が以前から、飲み話などで同学年の芸能人として名前を挙げるのは中山美穂である。
調べてみれば森高千里や横山めぐみ、渡瀬マキなども同学年。オトコだったら福山雅治もそうだった。そう言われてみれば、これらの人たちのことを僕はそんなに嫌いじゃない。森高千里と渡瀬マキは、僕が大学1年生の時の学祭のゲストで実際に見かけたこともある(渡瀬マキはLindberg以前のまだ名古屋ローカルのTVキャスターで僕も彼女のことをよく知らずにインタビューを受けたっけ)ので、そういった意味での感慨もある。
中山美穂は彼女のデビュー作『毎度お騒がせします』から、「あー、このドラマの出演者は僕らと同じ年なんだな」という意識があったので、同学年の芸能人というとついついこのドラマのことを思い出し、彼女の名前を挙げてしまう。
そんな彼女も先頃結婚してあまり姿を見せなくなってしまった。そういえば森高千里もそうか。来年は37歳になるけど、まだまだ老け込む歳じゃない?(って、彼女達がそういう状況ってわけではないのだろうれど。。。)

同世代というのは同じ年代を同じ年齢で過ごしてきたわけだから、やはり嗜好的な共通点というのはある。言動や考え方についても違和感なく受け入れられる素地があるし、時代的な共有体験というか、なんというか、そういったものから漂う雰囲気や匂いみたいなものが確かにあって、僕らは知らず知らずのうちにそこに親近感を覚える。
また、ある意味で僕らの世代全体がこの年代に至って、人生の最初の折り返し点に差し掛かったということ、そのことに対する感慨が同世代という共有感をもたらす要因という気もする。その後の人生とは、、、


というわけで、もう一回戻って、、
今回は、我が同年代のかしまし娘、Wilson Phillipsの復活作"California"(2004)を挙げてみる。。。
このアルバムはカバー集で、選曲としては70年代初期の西海岸系のフォーク調ロック、シンガーソングライターブーム当たりからの限定で、すべてがハズレなしの名曲ばかりなので、かなりベタな「コンピレーション的アルバム」という気もするけど、アルバムとしてはかなり纏まっているし、彼女達のボーカル、コーラスゼーションを存分に楽しむことができるなかなかの名盤だといえないこともない。
ピーター・アッシャーのプロデュースも結構話題となっているようで、1曲目にはリンダ御大もバックで参加している。どの曲もアレンジが爽やかで彼女達のボーカルも清々しい。
その中でもやはり個人的にはブライアンの娘達が歌うビーチボーイズの名曲"Dance Dance Dance"と"In My Room"が感動的だ。これは選曲だけでも涙ものかも。そこにブライアンのボーカルまで絡んで、、、。
これだけの曲とメンバーを集めればアルバムとして悪いわけがない。プロダクションもいいし、コーラスゼーションも相変わらず素晴らしい。

次は彼女たちのオリジナルに期待しよう。
僕らは基本的に80年代に青春を過ごした世代だけど、今はもう2000年代で、僕らの世代論も既にその00年代、10年代という時代の俎上にある。このアルバムの70年代テイストもいいが、もうひとふんばり、ロックという年代の壁を一歩突き抜けた限界ギリギリのオリジナリティで勝負してみようじゃないか。

a0035172_10404045.jpg 

-------------------
Wilson Phillips "Wilson Phillips"(1990)のレビューはこちら!
Wilson Phillips "Shadows & Light"(1992)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-12-31 10:56 | 00年代ロック | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/2939212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shindouxxx at 2006-01-02 20:12
あけましておめでとうございます!
中山美穂がすきだったーーーーーーーーーー!

ことしもよろしくおねがいいたします!
Commented by onomichi1969 at 2006-01-02 22:19
shindouさん、
中山美穂が好きでしたかーーーーー!
僕はアイドル世代をすっとばして、トレンディドラマの頃の鈴木保奈美が好きだったなーーーって、何を言ってるのだぁ。(言わされてしまったというか)

こちらこそ宜しくおねがいいたします!
アクセスカウンター