Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 シン・シティ "sin city" semスキン用のアイコン02

  

2005年 10月 23日

a0035172_19185679.jpgこれはマンガそのもの。それも手塚治虫が提唱していたデフォルメーション的マンガ表現。劇画ではない、これはマンガそのものだ。

原作については知らない。

映画がマンガに向かうというのは、現実がマンガ的破錠性を違和感なく受け入れつつあるという現象なのだろうか。いや、もうそんな段階は飛び越えて、現実が永遠にコピー&ペーストを繰り返すシミュラークル的なマンガ世界そのものになったのか。

この映画が思いのほか違和感なく僕らに受け入れられるのは、昨今の映画的傾向、『マトリックス』や『スパイダーマン』(もちろん『フロム・ダスク・ティル・ドーン』も含む)などの流れから当然のことなのであろう。
映画がなんでも出来るようになった時、そこで失われる映画的なものとは一体何だろう?
果たしてそんなものがあるのだろうか?

そして、僕の答えは、、、
この映画は、そんな疑問を吹っ飛ばすくらいに面白かった。。。ということだ!
映画的なもの、そのオリジナリティは虚妄に過ぎない。
僕らはいろいろなツールから様々な意味を汲み取ることが出来るのだ。本当に大事なことは、僕ら自身の個人的な、文学的な心情であって、それこそが解釈の源なのだと思う。それが失われたら、世界は終わる。全ての意味は零れ落ち、僕らは何も「観る」ことができなくなるのだ。

僕らの文学性は既にその次元を変えている。
それは変成され、解体され、複合され、差異化されて、その表面的な深度は確実に失われつつある。しかし、その現実を観る視線からこそ、世界は始まるのだ。それは偏在化しつつあるが確実に内在する。僕らはよく目を凝らさないといけない。そして、、、

世界は始まるのだ。2005年アメリカ映画

みんなのシネマレビュー 『シン・シティ』
[PR]

by onomichi1969 | 2005-10-23 19:56 | 海外の映画 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/2380686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from *Feel So Good* at 2005-10-23 20:56
タイトル : SIN CITY
ずっと気になってた『SIN CITY』をやっと観る事が出来ました☆ 全編通して、白黒の映画なんだけど、色の見せ方がとってもいいんです!! この映画、R-15指定だけあって、かなりグロいです。手や手首や足がちょんぎれたり、暴力シーンの連続です。 でも、こんなグロいシーンでも、飛び散る血を、白や黄色や強烈な赤で表現していたせいか、非現実的な、かっこいいシーンに仕上がってました。 ストーリーはと言うと・・・これが時間があっちこっちに移動してるって言うか、はっきり言ってよくわかりませんでした。コレとアレ...... more
アクセスカウンター