Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Roxy Music "Manifesto"(1979) semスキン用のアイコン02

  

2005年 09月 25日

a0035172_15152852.jpg4年のブランクを経て、ロキシーは来たるべき終焉に向けた再出発を図る。それが"Manifesto"(1979)である。"Siren"(1975)からの路線を継承しつつ、このアルバムで彼らは何をマニフェストしているのだろう?

01 Manifestoから02 Trash、03 Angel Eyesと従来のロキシー風ロックチューンの流れの中で、これまでにないメロウな、まるでサテン地の肌触りのようなフェリーのボーカルをフューチャーしたソフトバラードを新たに展開することになる。それが07 My Little Girlから08 Dance Awayの流れである。
言うまでもなくこの流れは確実に"Avalon"へ継承されていくことになる。

特に08 Dance Awayのサテン地のボーカル、軽快な演奏が紡ぎだす極上のポップソング、それでいて妖しい余韻を響かせるロキシー的理想郷、これは既にして"Avalon"を視界に捉えたこのアルバムの出色、その完成形の萌芽と言ってもいいだろう。

彼らはあともう少しのところまで来ているのだ。。。

-------------------
Roxy Music "Roxy Music"(1972)のレビューはこちら!
Roxy Music "Siren"(1975)のレビューはこちら!
Roxy Music "Avalon"(1982)のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-09-25 15:18 | 70年代ロック | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/2267892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by teacherteacher at 2005-09-25 23:17
この時代のロキシーミュージックのライブを、GyaoTVでやってました。
ロキシーミュージックって、結構熱いバンドなのねん、目からウロコでした
ローリー寺西の、ブライアンフェリー=「マカロニほうれん荘」のキンドーちゃん説 には笑ったなー
Commented by onomichi1969 at 2005-09-26 00:08
ロキシーらしさって何でしょうね?
だんだんと纏め方が難しくなってきました~。

てんぷら うっ!ど~ん

トシちゃん25才、期待を裏切るオトコ~
うひょひょひょひょ、、ドラネコロックも好きだったナー
アクセスカウンター