Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 T.Rex ”The Slider”(1972) semスキン用のアイコン02

  

2005年 08月 28日

a0035172_16452877.jpgボウイが華麗に、そしてロキシーが実直にその音楽スタイルを変化させ続け、70年代という時代の音楽シーンを駆け抜けたのとは全く対照的に、マーク・ボラン率いるT.Rexは、変化を拒否したが故に、グラム・ロックというムーブと共に封印されてしまったバンドと言うことができるだろうか。もちろん、それは後付けの比較であって、そのこと自体に特に意味があるわけではない。但し、T.Rexというバンドを思うとき、そしてこの”The Slider”(1972)というアルバムを聴くとき、そういった背景はある種の感慨を僕らにもたらす。

60年代後半、マーク・ボランは奇妙で呪術的なフォークソングをひっさげて登場し、70年代、T.Rexとしてデビューすると同時に独自のブギーを手に入れ、時代を席巻し、そして時代から忘却される。つまり最後はブギーに心中したわけだ。パンクの時代に一度は復活の兆しを見せながらも、結果的にマーク・ボランはグラムの星として死ぬ運命にあったということか。

僕がT.Rexを知ったのは、ベストヒットUSAのタイムマシーンのコーナーで、そこに映し出された『ゲット・イット・オン』の演奏シーンを観たのが初めてだった。ビラビラの衣装を着た背の低いギタリストが奇天烈な声を悪魔的に響かせて歌う。ブギーのノリがルーズに決まるカッコよさ。マーク・ボランの見事な立ち姿。そのスターの輝きに僕らはすぐに魅了されたのだった。

T.Rexのアルバムと言えば、彼らの出世作である”Electric Warrior”(1971)と自身で立ち上げたレーベルからの第一弾”The Slider”(1972)の2作に尽きるのではないだろうか。グラムの申し子として華々しく絢爛し、そして散った。そのイメージ抜きにして、僕らはT.Rexに接することはできないのだから。

僕のお薦めは、”The Slider”(1972)である。
聴き所をここで改めて言うまでもないだろう。このアルバムには彼らの代表曲が多く収められている。正に時代を築いたブギーのリズムを大いに堪能できる、彼らの最高傑作だと僕は思う。
そしてジャケットである。この印象的な写真こそ、マーク・ボランとグラムのイメージをある意味で決定付け、そして封印していると言えまいか。

これは焼き付けられた写真である。
何を? 
もちろん永遠を、、、

マークとグラムという刹那の永遠性を。。。
[PR]

by onomichi1969 | 2005-08-28 16:50 | 70年代ロック | Trackback(5) | Comments(6)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/2204529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Lost Romance.. at 2005-08-29 18:49
タイトル : ブギーのカリスマ
今では既に死語になってしまっているが、70年代当時「グラム・ロック」と称される1分野があった。「グラム」は英語の「glamourous(魅惑的)」から来ているもので、化粧を施した男性が、大仕掛けな舞台で金ピカの衣装を着て歌っていれば、それがグラム・ロックと呼ばれたのだ。要するに見た目で分類されたジャンルなので、音楽的特長というようなものは無い。そして、グラム・ロックの代表がTレックスであり、デヴィッド・ボウイであり、ロキシー・ミュージックだった。 グラム・ロックのアーティスト達は、その先鋭的なフ...... more
Tracked from 昔の洋楽が好きなのでつ(.. at 2006-01-22 00:36
タイトル : T-REX 「スライダー」
本日のジャケ画は T-REX 「The Slider」 このジャケ画はリンゴ・スターが撮影したとのことですよね~♪ オシャレなのに内に秘めた「妖しさ」が出てると思います。 インパクト大!ヽ(・∀・)ノ サウンド的にもノリの良いブギー全開な曲と、 心に染みる曲との...... more
Tracked from 特別-the blog- at 2006-02-15 01:52
タイトル : 【音楽】「The Slider」T.REX(1972)
The Slider T.REX 1972 エロティックでゴージャス、グラマラ...... more
Tracked from 布袋寅泰とその他音楽と日常 at 2006-07-19 00:28
タイトル : T-REX『THE SLIDER』
スライダー T-REXもデヴィッド・ボウイと並ぶグラムロックのスーパースターですが、 事実上はマーク・ボランのソロプロジェクトと言っても過言ではありません。 何故なら...バンドのメンバーはかなり流動的に変化していますし、 マーク・ボランがほとんどのソングライティングを手掛けていたからです。 因って...フロントを支配していたのはあくまでマーク・ボランであり、 彼の独特な個性とそのイメージこそがT-REXそのものであったと言えるでしょう。 このT-REXの『THE SLIDER』...... more
Tracked from まい・ふぇいばりっと・あ.. at 2006-10-28 02:44
タイトル : T.レックス 3
NO.00542 T.レックスのサードアルバム『ザ・スライダー』 ※この記事はT.レックスファンにとって不適切な表現が含まれる可能性がありますのでご注意下さい。 「T.レックスはアルバムよりもシングル!」 例えこの名盤の呼び声高い代表作を聴いても..い....... more
Commented by oldblues at 2005-08-29 18:48
こんばんは
ちょっと目を離している間にたくさんの記事がアップされていました。驚き!マーク・ボランがグラムとともに死んだというのは、月並みですがやはり彼が早く亡くなってしまった故の必然であるとも言えますね。仮に今も彼が健在だったらどんな音楽をやっていたのか?そんなことを想像するのも楽しいです。

ところでTBさせていただきますのでよろしくお願いします
Commented by onomichi1969 at 2005-08-30 07:44
oldblues様、こんばんわ。
またまた書き溜めをしておりますw

T-Rexは『スライダー』で完全に重なりましたね。
僕もやっぱりあのジャケット写真です。なんと印象的な写真なんでしょう。実のところ、この印象を語りたいが為にこのアルバムを選んだようなものでした。
Commented by もりたん at 2006-01-22 00:41 x
ワタシは個人的にティラノザウルスレックス時代も
けっこう好きなんですが(あの暗さと妖しさが好きw)、
やっぱりナンと云ってもグラム時代が大好きですヽ(・∀・)ノ
リンゴが撮影したっていうフィルムが映画化&DVD化されたみたいですけど、
まだDVD入手してないんですよね…早く買わねば!(*゜□゜*)
Commented by onomichi1969 at 2006-01-24 01:09
もりたんさん、こんばんわ。
ティラノザウルスレックスについては昔ラジオかなんかで特集していたときに聴いたことがあるくらいですけど、僕もあの妖しい感じの曲調はわりと好きです。初期のものでまとまったものを聴こうとはあまり思わなかったですけど。。。
それにしても、、ティラノザウルスレックスとわ、、、もりたんさんのマニア度には頭が下がりますw
Commented by ナイアガラ at 2006-07-19 00:33 x
個人的には『銀河系の使者』や『地下世界のダンディ』の方が圧倒的に好きなんですけど、グラムの名盤としてはやっぱり『THE SLIDER』なんでしょうね。
実はこのアルバムジャケットはを撮影したのはトニー・ヴィスコンティなんですよね。リンゴが撮影したのは映画だけらしいです。
Commented by onomichi1969 at 2006-07-21 02:42
ナイアガラさん、連続コメ有難うございます。
これもジャケットです。。。僕は”Electric Warrior”とこれとベストしか持ってませんが、たまに無性に聴きたくなりますね。
アクセスカウンター