Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Pink Floyd or Badfingers “Wish You Were Here” semスキン用のアイコン02

  

2005年 04月 03日

a0035172_1302666.jpg a0035172_135338.jpg

あなたがここにいてほしい、、、

“Wish You Were Here”という名のアルバムを僕は2枚持っている。一つは、Badfinger盤であり、もう一つは、Pink Floyd 盤。今では2枚ともに僕のお気に入りとなっている。

Badfinger “Wish You Were Here”(1974) は、バッド・フィンガー解散前の最後のアルバムである。ここでのタイトルである“Wish You Were Here”は、あくまでアルバムのタイトルであり、この作品の中に同名曲は含まれていない。

あなたがここにいてほしい、、、

彼らが何故、このようなタイトルを選んだのかはよく分からないが、このアルバム発表後に中心人物であるピート・ハムとトム・エバンズが自殺し、グループが解散してしまうことを考えれば、このタイトルはとても暗示的に思える。
このアルバムには珠玉のポップチューンが満載である。 teacherteacherさんも大好きだという”07 Love Time”も切ないラブソングである。”04 Know One Knows”には、当時のサディスティック・ミカ・バンドのボーカル、ミカの日本語によるモノローグが挿入されている。英語の曲に日本語が混じると、僕らは妙に安っぽい違和感を覚えるのが普通だが、この曲の日本語モノローグはとても楽曲にマッチしていて、微かな哀愁が漂う曲調も心地よい。
このアルバムは、Badfingerの作品としては、完成度が高く、”Straight Up”(1971)と並ぶ傑作といえるであろう。
その後の彼らの行く末とはうらはらに明るい曲調に覆われた作品群が僕らにある種の切なさをも感じさせるのである。

Pink Floyd “Wish You Were Here”(1975) は、ピンク・フロイドの『狂気』(1973)に次ぐアルバムである。また『ザ・ウォール』(1979)に繋がるアルバムでもある。
このアルバムを代表する曲といえば、”01 Shine on You Crazy Diamond”であり、タイトル曲でもある”04 Wish You Were Here”であろう。
この2曲はピンク・フロイド初期の中心人物、シド・バレットに捧げられた曲として有名である。
(軽妙な文章でお馴染みの blues1974さんのエントリーにも紹介あり!)

あなたがここにいてほしい、、、

Remember when you were young, you shone like the sun.
Shine on you crazy diamond.

- Pink Floyd ”Shine on You Crazy Diamond”より

そういえば、バッドフィンガーの”Straight Up”(1971)の冒頭を飾る名曲”Take it all”は、こういう歌詞で始まる。

In a way, the sun has shone on me
Makes it easy to make it hard
Take an inch, take a yard, take it all
I don't need it at all

- Badfinger “Take it all”より

過去の輝き、それは永遠に失われてしまった。そういう感慨がここで歌われている。それは単なる郷愁を超えて、実際に失われた実体を想起させることで、僕らにリアリティを与えている。

ピンク・フロイド盤“Wish You Were Here”に戻る。
このアルバムは、デイビッド・ギルモアのすすり泣くようなギターが印象的である。特に”Shine on You Crazy Diamond”で魅せるギターソロは、バックに和服を着た女性が岸壁に佇む絵が思い浮かぶ程に演歌的な情感を湛えている。
テーマとしては、前作の延長線上にある作品と言えるだろう。次作『ザ・ウォール』(1979)では、世界に立ち塞がる様々な壁がテーマであるが、この壮大なテーマを前にして、彼らが完結しておかなければならなかった、ある意味でプライベートなアルバムがこの作品だったのかもしれない。

-------------------
Pink Floyd "Meddle"のレビューは、こちら
Pink Floyd “Dark Side of the Moon”(1973)のレビューは、こちら
Badfinger "Straight Up"(1971)のレビューは、こちら
[PR]

by onomichi1969 | 2005-04-03 01:47 | 70年代ロック | Trackback(3) | Comments(10)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1809782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 太陽がくれた季節 at 2005-04-21 01:01
タイトル : ●〔Pops,Rock雑談Vol.1〕ピンク・フロイド“..
―さて、(^^) いわゆる“ゴールデン・ウイーク”(―この言葉、いわゆる(^^)「和製英語」ですよね…)も近づいています、 そんな中、書きたいアレコレを形にする時間がなくて、 イライラしながら仕事等々を進めているダーリン/Oh-Wellです。 仕事第一! ところで、 本日未明、ウェブ上の或るブログ(―英字のブログで、おそらく現代文学を扱ったものなのですが…)中に詩と思しきものを見つけました。 見つけた際にその詩を途中まで***したものの、 その直後にPCを再起動...... more
Tracked from 昔の洋楽が好きなのでつ(.. at 2006-02-02 22:17
タイトル : ピンク・フロイド「炎~あなたがここにいてほしい~」
今日のジャケ画は Pink Floyd 「Wish You Were Here」 彼らの中ではこの盤が一番好きだったりします。 心にグッときますね☆彡 デヴィッド・ギルモアのギターが味わい深いですネ☆彡 ********************************** ...... more
Tracked from まい・ふぇいばりっと・あ.. at 2006-08-24 13:23
タイトル : ピンク・フロイド 3
NO.00345 ピンク・フロイドのデビューアルバム『夜明けの口笛吹き』 何と表現すれば良いのでしょうか。 このロック界のモンスター・バンドのデビューアルバムを。 “サイケ”“不思議”“実験的”様々なキーワードが浮かび上がりますが、絶対に“荒削り”や....... more
Commented by teacherteacher at 2005-04-04 23:44
この2枚のCD、私も持っています~(´∇`)
Badifingerの「Wish You Were Here」は、ジャケット写真もステキな1枚。
一夜限りの関係を楽しんだ「水平さん+酒場の女」・・その後の残っているのは
飲み残しのジュース、干からびたレモン、焦げたテーブル、ヌードのマッチ・・
色々な事を妄想(想像じゃない)させる、妖しい雰囲気~でも、聴くと泣いちゃう。
ヒットしなかったのが不思議なくらい、いい曲入ってますよね。大好き!
ピンク・フロイドは「ようこそマシーンへ」が、異常にお気に入りですたい!理由なし。

豆知識:イギリス人が、旅先から友人・恋人に宛てて出す、ハガキの最後に
かく言葉が「Wish You Were Here」だそうです。(何かの本で読んだ気が~
Commented by onomichi1969 at 2005-04-05 00:42
teacherteacher様
へぇーーーー。そうだったのかー。
これは使える!

teacherteacherさん、やっぱり博学だ。。

最近、いろいろと身に付くなぁ。
Commented by oldblues at 2005-04-05 21:12
こんばんは、お久しぶりです
ピンクフロイドの方の「Wish you were here」についてですが、このタイトル曲は大好き。彼らのレパートリーの中には、この曲のようにアコースティックな感じで始まり「なんかプログレっぽくないな」と思うんだけど、聴きとおすとやっぱりピンクフロイドだなみたいなのがありますよね。で、僕はそういう曲が割と好きです。たとえば「If」とか「嘆きの歌」そしてこの曲も
Commented by teacherteacher at 2005-04-05 23:29
書き忘れですが・・
whoの「POSTCARD」という曲は、Wish you were here という言葉が
皮肉っぽく使われていて面白いです。さすが、ジョンの曲って感じ~(´∇`)
Commented by ルナ☆ at 2005-04-06 20:42 x
onomichiさん、またまたこんにちは☆
ちょっとonomichiさんッ!演歌はやめてくださいな(笑)
ピンクフロイドの中では「Wish you were here」が一番好きかな〜。何故か日本語タイトルでは言いたくないんですよね^^;;(「炎」)。数年前にロジャー・ウォーターズのライブに行った時、Shine on you crazy diamondとか本当に良かったです♪
Commented by onomichi1969 at 2005-04-08 00:25
teacherteacher様
♪We're having a lovely time, wish you were here♪
ホントだ。。フーらしいハチャメチャな旅のようですね。

ところで、遂にモンタレー・ポップ・フェスのDVDを購入!(こんなDVDが出ているのも知らなかった。。)
フーも若くてカッコいい!先生も大暴れしてますねー。
Commented by onomichi1969 at 2005-04-08 00:41
またまたピンクフロイドのルナ☆様、こんばんわ

演歌的な叙情性ですよw
いやー、僕はなんとなく和服の美しい女性が岸壁に佇む姿を思い浮かべてしまうなぁ。ある意味でソウルフルw

でも、この歌もルナティックなのだよなぁ。
Commented by onomichi1969 at 2005-04-08 01:29
oldblues様
『原子心母』の"If"は曲調も歌詞も印象で、僕も好きです。
ルナ☆さんも言っているけど、ピンクフロイドはやっぱりひとつのジャンルなのだと思いますね。このバンドにはそういったある種の孤高性を感じます。ツェッペリンもそんな感じですが。
Commented by もりたん at 2006-02-02 22:22 x
onomichiさんの以前のエントリをコツコツと見ているワタシです(* ̄∇ ̄*)
詳しい説明がいろいろと勉強になりますです(ノ´▽`)ノ☆彡
ワタシもフロイドの記事があるのでトラバさせてくださいネ~!
ライブ8を見た感想なんかも一緒に書いちゃってる記事でつ(^^ゞ
あのライブ8のときのフロイドはとても味わい深いライブステージでしたネ♪
Commented by onomichi1969 at 2006-02-04 03:59
もりたんさん、どうも!
詳しい説明というよりも、ささやかな私語りに過ぎませんが、いろいろと読んでいただいて有難うございます!
実はライブエイドは観たけど、ライブ8は観たことがないです。まあライブエイドも20年前の記憶の中だけですけど。フロイドにしても、、、そういえば昔ギルモアのライブ映像をテレビで観たなぁってくらいですね。(それが何だったかは忘れました)
音楽DVDって殆ど観ない(あまり観る気が起きない、買っても1度くらいしか観ない)のは何故だろう?って、知らないですよねw
アクセスカウンター