Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 FESTIVAL EXPRESS semスキン用のアイコン02

  

2005年 03月 25日

a0035172_0515874.jpg観たぞ、観たぞ、『フェスティバル・エクスプレス』!! いやぁ至福の時。夜遅くに渋谷くんだりまで観に行った甲斐があったというものだ。
さて、誰から語ろうか。。。まずは、ジェリー・ガルシア率いるデッドかぁ。やっぱり。デッドの音楽というのは、本来、じっくり腰を据えて聴かないとその良さというか、麻薬的なグルーブを味わえないのだが、ここでの演奏はわりとあっさりしたものだったような気がする。最初出てきて、そのまま30分くらい演奏されたらどうしようと思ったが、さすがにそんなことはなかった!とはいえ、僕も初めて観る彼らのライブ演奏シーンは、それなりに心を打つものがあった。出演ミュージシャン中、最もクオリティが高い演奏だったし、ガルシアのデビルボイスも妙にさわやかな感じで、思いもかけず彼の人柄の良さにも触れたような気がする。
次はジャニスだ。いきなりの『クライベイビー』には鳥肌が立った! あのシャウトに痺れない人はたぶんいないんじゃないか。彼女のアルバムはこれまでずーっと聴いてきたけど、やっぱりライブの歌声は最高だ。彼女の語りにも何となくしみじみとしてしまって、その後に続く震えるようなシャウトの響きをさらに感動的にしている。なんというか、ジャニスの歌は圧倒的に感動的なのだ。
そして、この映画のクライマックスでもあるザ・バンドリチャード・マニュエルの『アイ・シャル・ビー・リリースト』。ザ・バンドの前2曲でのリチャードの影があまりにも薄かったので、ここでも彼は前面に出てこないのかな、と心配したけど、あのイントロを聴いた瞬間にそんな杞憂も吹っ飛んだ。全盛期の彼が歌っている姿をライブ映像で観たのはもちろん初めてだったので、彼の情感溢れる歌声、その哀しみと純粋さを湛えたファルセットには全身が痺れっぱなしだった。そして、ダニーことリック・ダンコ。彼の歌声はトレインの中のお遊びジャムセッションで聴ける。そのセッションメンバーのすごいこと。酔っ払ってるのかラリってるのか少々カマっぽい調子ながら、相変わらず心の奥底から搾り出すように歌うダニーの隣で、これまたハイテンションのジャニスがコーラスをつける。ギターはガルシアだ。『エイント・ノー・モア・ケイン』、最高である。この素晴らしいシーン(ポスターにもなってるシーンだ)はある意味で映画のクライマックスと言っていいかもしれない。

僕は以前、『ウッドストック』の退屈さについて書いたことがあるが、この映画は『ウッドストック』に比べ、僕には音楽そのものを純粋に楽しめた作品であったような気がする。一体、『ウッドストック』とこの映画の違いは何だろうか? ウッドストックがロック・ミュージックによる人々の連帯を謳った祭典であったならば、フェスティバル・エクスプレスは、純粋に音楽を楽しむことを目的としており、そこに政治的な匂いは薄い。実際にとても純粋な音楽興行だったのである。興行と言えば、ウッドストックは当初、有料コンサートでありながら、あまりにも多くの若者が集まったために収拾が付かず、なし崩し的にフリーコンサートになってしまった経緯がある。しかし、フェスティバル・エクスプレスは、そういったフリーコンサートを期待してやって来た若者たちを徹底的に排除するのである。そこにはフリーコンサートを求める若者と興行側との対立があり、結局、ミュージシャン達は興行側に付くのだ。ウッドストックで見られた「喪失に対する微温な連帯」とでも言うべきものも、連帯意識から個人的感情へと変化し、それは喪失そのものとして人々の心の内に潜行していくのである。60年代から70年代へ、時代は共闘から個闘へと向かう、そういう時代的変化の萌芽が既にここで見られているということだろう。
この映画の終盤で、バディ・ガイが奇しくも言っていたが、今やガルシアもジャニスもこの世にはいない。僕に言わせれば、リチャードもダンコもいないのだ。リック・ダンコ。トレインの中で大はしゃぎしていた彼の姿が僕の目に焼きついている。そして、『ラスト・ワルツ』で一人寂しく過去を懐かしむ彼の姿も同時に思い浮かぶのだ。
ライブ映像のザ・バンドの演奏は、少々荒っぽい感じが僕にはしている。彼らはその1年半後に、ライブそのものの常識を変えた歴史的名演である『ロック・オブ・エイジズ』を録音するが、そこで彼らが目指したのはよりスローリーで音と声を聴かせる、そういった静謐なライブ空間だった。70年代に入り、ロックはプログレやハードロックなど、多様化の方向へと移行していく。人はそれをロックの商業化というが、ミュージシャンにとっては、ある意味でより聴かせる音楽の追求そのものだったのだとも言えないか。
1973年、ザ・バンド、グレイトフル・デッド、オールマンブラザースバンドという当時のアメリカを代表する3バンドによるコンサート「ワトキンズ・グレン・サマージャム」が開かれ、史上最大の60万人の聴衆を動員した。(アメリカ合衆国人口の0.25%だ。すごい!)しかし、このウッドストックの1.5倍の規模を誇るコンサートほど後年になって忘れ去られたものもないのである。たぶん、このコンサートが純粋たる音楽興行以外の意義を持っていなかったのがその理由なのではないだろうか。

最後に、『フェスティバル・エクスプレス』に戻る。この映画にとても満足した僕ではあるが、エンドロールに至って、実は裏切られた気持ちになった。それは、、、出演者リストに名前があったディレイニー&ボニーのステージがなかったからである。僕は彼らのステージを楽しみにしていたので、彼らのホーンセクションがトレインの中でちらっとセッションしている以外に全く演奏シーンがないのはとても残念であった。我が愛しのボニーに至っては、一言の言葉も発していない。(たくさん映っていたのに。。。) それだけが不満として残る。
『フェスティバル・エクスプレス』は、その名の通り、ミュージシャン達によるトレインでのジャムセッションが大きな見せ場でもある。トレインという観客のいない空間で起きた有名ミュージシャン達の化学反応ともいうべき邂逅は、音楽そのものを楽しむという純粋なお祭りでもあった。ある意味で興業者はその雰囲気の持続をステージでも期待したのだろう。それはロックムーブメントが内向していく瞬間を克明に捉えたドキュメンタリーでもあったのだと今では感じられるのである。

a0035172_1934486.jpg

[PR]

by onomichi1969 | 2005-03-25 00:55 | 音楽の映画 | Trackback(5) | Comments(16)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1781264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 芸術的生活 at 2005-03-26 22:18
タイトル : FESTIVAL EXPRESS
『FESTIVAL EXPRESS』は1970年に当時活躍していたミュージシャンを多数載せ、共に寝起きし、リハーサルを行いながらカナダを横断した。 参加したミュージシャンはジャニス・ジョプリン、グレイトフル・デッド、ザ・バンド、フライング・ブリトー・ブラザーズ、グレイト・スペックルド・バード、バディ・ガイ、マシュマカーン、シャ・ナ・ナ、エリック・アンダースン、デラニー&ボニーなど。 各アーチストのライナーノーツで時折触れられていたが、その存在がなかなか公にされなかった。 カナダのトロント...... more
Tracked from ◎アンラッキーもラッキー.. at 2005-04-04 04:49
タイトル : FESTIVAL EXPRESS / シネセゾン渋谷レイ..
フェスティバル・エクスプレス 観て来ましたよ〜〜〜!いや〜、最高でした。 とにかく、ラストワルツでもやもやしてた、30年間がすっきりしました。 今度、「ラストワルツ」普通に楽しめそうです。 ザ・バンドの全盛のライブ映像3曲やってくれました。凄い! 涙ちょちょぎれました。そして、ジャニス・ジョップリンの亡くなる2ヶ月前の歌! これも、鳥肌、涙です。  それと、列車の中でのセッションシーンでの、リック・ダンコのおちゃめっぷりといったら、キース・ムーン先生っぽいです。 あと、ジェリー・ガルシア...... more
Tracked from ・*・ etoile ・*・ at 2005-04-28 14:34
タイトル : 『FESTIVAL EXPRESS』
'05.03.25 Sと『FESTIVAL EXPRESS』を見に行く。 レイトなので21:20から。気になってたスープカレー「心」で腹ごしらえしてから行こうと計画。2人とも仕事が終わらなくてギリギリ。でも行く! 北海道が本店の有名店。辛さは100段階(!)から選べる。私は季節の野菜カレ...... more
Tracked from 君、ちょっとCD棚の整理.. at 2005-05-18 00:41
タイトル : 「電車トーマソ」電車
今日は仕事が早く終わったので、映画館に足を運ぶ。「コーヒー&シガレット」が目当てだったのだが、気が変わり、「フェスティバル・エクスプレス」に乗り換え。以下はこの映画の感想が主なので、まだ観て居らず且つ観たいと思ってる方は、白線の内側まで下がってください。正直、出演メンバーはジャニス・ジョプリン 、ザ・グレイトフル・デッド 、ザ・バンド、シャ・ナ・ナくらいしか知らないし、CDに至っては誰のも一枚も持っていないのだが、そんな事はどうでも良くなる、良い映画。いや、良い映画っていうと語弊があるか。この映画は、...... more
Tracked from season at 2005-08-27 22:54
タイトル : 「フェスティバル・エクスプレス」
名前で知っているよりも音源を聴き、音源を聴くよりも映像を見た方がよりダイレクトに感じることができるなんてことは当然のことで(例えば実際にラストワルツを見てロニー・ロバートソンが好きじゃなくなったりしたし、見なけりゃ過剰にロビー信者になっていた可能性だって....... more
Commented by blues1974jp at 2005-03-25 01:44
 あ、行かれたのですねー。うーん、やっぱりおもしろそう・・・。
Commented by onomichi1969 at 2005-03-25 22:19
仕事の隙を突いてようやく行くことができました。
朝10:00からと夜21:20からの2回しかないというのがつらいです。
渋谷でしかやっていないというのもこれまたつらいところです。(東京だけだよなぁ。たぶん。)
僕は、水曜日の夜に行きましたが、客はそこそこの入りでしたね。
Commented by shindouxxx at 2005-03-26 12:20
あ〜〜〜! 明日東京行くのに〜〜〜! 見たら帰って来れないじゃん!   ん〜〜〜〜〜〜! 見たい。見よう! いずれなんとか。。。
Commented by lonehawk at 2005-03-26 22:24
こんばんは。
FESTIVAL EXPRESSの記事をTBさせて頂きました。
私もデラニー&ボニーのライヴ演奏が観たかったです。
他のアーチストの映像ももっとあるはずなので、国内でDVD化の際は大量のボーナス映像を希望ですね。
Commented by oldblues at 2005-03-26 23:00
これ、是非観たいですね~。こういう時にはやっぱり東京周辺に済んでいる人が羨ましくなります。出演しているメンバーを見ても「うわ~っ」と思いますよね。
しかしonomichiさんが仰っているように、デッドが出てきていきなり30分演奏したら・・・それもいいなあと思うけど(笑)
Commented by onomichi1969 at 2005-03-27 00:39
shindou様
なんかこの作品が観れるというのが申し訳ないような。。。
昨今の「大人のロック」ブームからすれば、単館で終日上映してもいい作品なんですけどね。10:00からと21:20からというのは確かにキツイ。。。
まぁいずれDVD化するんでしょうけど。。
Commented by onomichi1969 at 2005-03-27 00:43
lonehawks様
こんばんわ。確かにディレイニー&ボニーのステージを観たかった!別の日に行けば観れたのかな??
僕もDVDに期待することにします。
興味深く、そして渋~い内容のTB有難うございます。他の記事も面白く読ませて頂きました!
Commented by onomichi1969 at 2005-03-27 00:55
oldbluesさん
東京近郊に住んでいて申し訳ないです。お先に観させていただきました^^;
実は、この間海外に行った時に、たまたまデッドの64年録音のライブアルバムを見つけ(なんとスーパーマーケットで売っていた!)、当然の如く買いました。音質もさほど悪くなく、それ以上にその当時とは思えないようなテクニカルでロック!してる演奏にものすごく感動したのです。その後の名作ライブと全く遜色ない内容でした。グレイトフル・デッドはやっぱりライブ!恐るべしです。
Commented by teacherteacher at 2005-03-27 01:47
この映画観たい! 絶対、田舎じゃ上映されませんが(・・映画館も無いしなぁw)
リック・ダンコが、出ているってだけで、ポイント高め~(´∇`)

Commented by onomichi1969 at 2005-03-27 02:17
teacherteacherさん
リック・ダンコもイケメンですからねぇ。
ジャニスも隣りで幸せそうだ。しかし、この場面で彼女に愛の告白をしたのは、なんとジュリー・ガルシアだったのだ。。。(上の写真では手しか写ってない;)
Commented by k-hiko at 2005-03-28 18:47 x
やっぱコレめちゃくちゃ見たいっす。こういう時に田舎に住んでいることを恨んでしまいますね。

>この映画のクライマックスでもあるザ・バンド、リチャード・マニュエルの『アイ・シャル・ビー・リリースト』。
震えがとまらなそうです。
Commented by onomichi1969 at 2005-03-29 00:12
k-hiko様
ザ・バンドの魂にして、堕ちた天使。。。
確かに毛むくじゃらで、汚らしい感じのリチャードだけど、
僕には歌っている彼の姿が天使に見えました。
その澄んだ瞳は遠くを見つめ、歌うは『アイ・シャル・ビー・リリースト』
これが震えずにいられましょうか。。。
Commented by grandfunk71 at 2005-03-31 04:56 x
こんにちは。献策で伺わせて頂きました。あっ初めまして!
この映画観たくてしょうがありません!(道民はまだ観れませんっ
楽しいお話がいっぱいですね。又伺わせて下さい!

Commented by onomichi1969 at 2005-03-31 23:19
grandfunk71様、
はじめまして。映画もトレインに乗って巡業してくれればいいのに、って思いますよね。
極私的いうか殆んど私語りに近いレビューばかりですが、エントリーの中にお気に入りのミュージシャンがいましたら、コメントしてあげて下さいな。
Commented by gad-about at 2005-04-09 04:11
こんにちは遡って楽しく拝見させて頂きました。
素敵なブログなので失礼乍らリンクさせて頂いてよろしいでしょうか…ってしてしまいました!すみません。又伺わせてください。
(grandfunk71改めgad-aboutと申します、すみません。)
Commented by onomichi1969 at 2005-04-09 20:52
god-about様
こちらこそ宜しくです。
なかなか更新もままならないサイトですが。。
アクセスカウンター