Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 The Beach Boys "Little Deuce Coupe(1963)" / "All Summer Long"(1964) semスキン用のアイコン02

  

2005年 03月 13日

a0035172_1255563.gifa0035172_12561246.gifビーチボーイズのアルバム紹介第2弾は、流れから言ってこれしかない。。。
The Beach Boys "Little Deuce Coupe”(1963) / “All Summer Long"(1964)
2in1CDだと否応なしに2枚カップリングとなってしまうので、こういう紹介時にはちょっとやりづらい。普段はHDプレーヤーでしか聴いてないので、CDも勝手に分割できて、あまり意識することはないのだが。。。

"Little Deuce Coupe"(1963) は、彼らのこれまでのシングルB面を集めたいわゆる企画盤である。それがホットロッド中心の選曲となることがいかにも企画的であるが、このアルバムの出色は、そんな企画盤に加えられたブライアンの珠玉のバラード02 Ballad of Ole' Betsyや08 Spirit of Americaあたりであろうか。
そろそろはっきり言ってしまうと、彼らのバラードもある程度パターン化されてきていて、並べて聴いてみるとどれが何だか分からなくなることもある。にもかかわらず、そこには聴くものに恍惚とした感情を抱かさずにはいられないブライアンのファルセットの魅力が満ち溢れている。そう、ファルセットなのだ。彼らのバラードも一段とブライアンのファルセットが響くような作りとなってきている。その特徴に自覚的である分、彼らのバラードもますます素晴らしいものとなっているのだ。

"All Summer Long"(1964) は、楽曲、構成ともに単なる寄せ集め的なこれまでのアルバムを超えた、まさにオリジナルアルバムとしてのトータル性をもった、来るべき"Today!"(1965)、"Pet Sounds"(1966)を予感させる作品となっている。というか、彼らのサーフロック/ホットロッド時代の傑作として燦然と輝く作品といっても過言ではないだろう。
どの楽曲も素晴らしく、聴き捨てる曲など1曲もない。彼らの代表曲でもある13 I Get Aroundに始まり、厚みのあるコーラスが素晴らしい15 Hushabye、軽快なホットロッド/ロックンロールの傑作16 Little Honda、ブライアンの美しいファルセットが切ないメロディに映える17 We'll Run Away、アレンジの工夫が光る19 Wendy、彼らのコーラスゼーションの極致(サビのこれまた切ないハスキーがかった歌声はデニスであろうか)21 Girls on the Beach、どれも"All Summer Long"の一部として本当に素晴らしい。

ビーチボーイズのサーフ・ロック/バラードを堪能するには"All Summer Long"(1964)こそが最適であろう。ブライアンの頭から湯水の如く流れ出てきた珠玉のメロディたち、それが楽曲としてアルバムとして完成をみた作品。ブライアンのファルセットも素晴らしく、そして相変わらずその響きは切ない。
この夏が永遠に続いてくれたら、、、このアルバムを聴けば、誰でもそう思うんじゃないか。

-------------------
The Beach Boys "Surfer Girl(1963) / Shut Down, Vol. 2(1964)"のレビューはこちら!
The Beach Boys "Today!(1965) / Summer Days(Summer Nights!!)(1965)"のレビューはこちら!
[PR]

by onomichi1969 | 2005-03-13 12:58 | 60年代ロック | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1743195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lonehawk at 2005-03-13 16:13
はじめまして。
ビーチボーイズ大好きです。
近頃は『ペット・サウンズ』や『スマイル』ばかりが騒がれますが、サーフィン・ホットロッド期があってのことだと思っています。
今でもブライアンの重要なレパートリーになっている曲も多数ありますし。
当ブログにリンクを貼らせて頂きますので、宜しくお願い致します。
Commented by onomichi1969 at 2005-03-13 22:15
lonehawk様、
はじめまして。僕が洋楽を聴き始めた20年前にはビーチボーイズと言えばもう過去の遺物のような扱いでした。雑誌で取り上げられることなど皆無で、ブライアン・ウィルソンなんて若い洋楽ファンの誰もが知らなかったのですから。
だから、ビーチボーイズが再評価されるのはとても素晴らしいことだと思います。ロックの歴史も一巡して、いろんなものが再評価される。これはいいことです。
それにしても最近のブライアンの活躍ぶりには目を見張るものがありますね。老いて益々充実しているといいますか。これも素晴らしいことです。

今後とも宜しくお願いします。
アクセスカウンター