Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 荒井由実 『ひこうき雲』(1973) semスキン用のアイコン02

  

2012年 08月 13日

a0035172_165911.jpgユーミンが少女だったころのアルバム。

彼女の曲で1曲挙げるとすれば、僕は「ひこうき雲」を選ぶ。
初期の「瞳を閉じて」や「卒業写真」、80年代の「守ってあげたい」、90年代の「Hello,my friend」もいいけど、1曲選ぶとすれば、彼女のデビューアルバムの冒頭を飾る「ひこうき雲」を選ぶ。

白い坂道が 空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は 昇ってゆく
何もおそれはない そして舞い上がる

高いあの窓で あの子は死ぬ前も
空を見ていたの 今はわからない
ほかの人には わからない
あまりにも 若すぎたと
ただ思うだけ けれどしあわせ

空に憧れて 空をかけていく
あの子の命は ひこうき雲

荒井由実「ひこうき雲」

彼女の瑞々しい声がとても響く曲。死んでしまった「あの子」の命をひこうき雲に見立てて歌う。「あの子」は、空に憧れて、何もおそれなく、しあわせだった。死がファンタジーとして、何か自明なもの、ポジティブなものとしてあるのは、少女らしい感性であり身体性である。少女であること、それが儚いものであることの悲しさ。「あの子」は少女であり、その死は彼女を永遠なものとする。彼女の少女性はこの曲の中に封じ込められ、葬られ、そして、しあわせを得たのだ。

70年代前半。都会に住むロック好きな十代の少女の感性が当時の日本の最先端の音楽クリエーターだったティン・パン・アレーのメンバーを動かし、ニューミュージックを創った。ユーミンこと荒井由実にとって、デビューアルバム『ひこうき雲』は十代(少女性)の結晶のような特別な作品だったに違いない。2nd 『MISSLIM』、3rd『Cobalt Hour』とアルバムを重ねる毎に彼女の音楽は徐々に大人になっていくのだから。(新たな魅力を獲得しつつ、否応なく喪失するものとして)

松任谷由実となったユーミンは、80年代にニューミュージックの女王となり、アルバムを出せばミリオンヒット。苗場の恒例コンサートはエンターテイメントに徹した構成で常に満員。バブル時代、彼女の歌はサーフ&スノーに欠かせない音楽となる。恋愛を伝道し、世の男たちを啓蒙する彼女は、女子大生やOLのカリスマとなる。

しかし、彼女の音楽の出自は、「ひこうき雲」で魅せた少女性にある。あの生と死を揺蕩(たゆた)った少女が大人になり、恋愛をして、出会いや別れを経験する。そして結婚し家族を得る。そういう来歴こそが彼女の音楽である。

少女から大人へ。そして、おばさんに。そういう歴史を重ねられるミュージシャンって他にはいないのじゃないかな。
[PR]

by onomichi1969 | 2012-08-13 01:21 | 日本のロック | Trackback(1) | Comments(3)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/15958148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Nowpie (なうぴー.. at 2012-08-13 06:39
タイトル : 松任谷由実 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J..
松任谷由実 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど... more
Commented by suezielily at 2012-08-17 17:28
荒井由実は、呉服店のお嬢が門限破って不良してるカッコ良さがいいですね。松任谷ですが、「昨晩お会いしましょう」の中の曲で「フランスの不良少女」ってコンセプトで、ご本人曰く。荒井の頃は彼女自身がそうだったから。大抵のアーティスト、特にソロの女性シンガーは1stアルバムが最高傑作というケースが多いですね、スザンヌ・ヴェガもそう。 スペックが大きいのか、PC開ける場所に寄ってはonomichi1969様ブログが開くのに大変時間が掛かります。スクロールすると固まったりしています。他のブロガー様もそうですが、凝った内容の素晴らしいブログ様がコメントしたくても開かない事があります。あまりコメント投稿できないかもしれません、申し訳ありません。今後とも宜しくお願い致します。
Commented by onomichi1969 at 2012-08-19 23:34
suezielily様、こんばんは。
なるほど、スティーヴィー・ニックスやリッキー・リー・ジョーンズ、ホイットニー、マライアもそうでしょうか。
エキブロは軽いのだけが取り柄だったのですが、最近はいろいろと装飾が多くなって、重くなってしまったようです。申し訳ございません。写真も極力サイズを小さくしているのですけど。。
Commented by stefanlily at 2012-08-24 18:12
onomichi様 公民館PC(タダで利用できる物は何でも使う)で開けようとするとやはりフリーズします。
私も文章長いし写真多く入れたいので「続きを読む」表示にしています。(編集の際にMoreをクリック)
シェークスピアの猫
stefanlily
アクセスカウンター