Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ブラス! "Brassed Off" semスキン用のアイコン02

  

2012年 07月 22日

a0035172_21274023.jpgイギリス・ヨークシャーの炭鉱町のブラスバンドが全英コンテストを勝ち抜いていく素晴らしきミュージカル映画、、、ではない。この映画は、とてもポリティカルな作品であり、その全てがダニーの最後の演説にあったのではないか。

ロイヤル・アルバートホールでの大会決勝戦。炭鉱の閉鎖、失業、借金、家族離散、闘病、自殺騒動など、幾多の困難があり、それでも音楽を自らの誇りとして、バンドメンバー達は決勝の舞台に立つ。最高の演奏をして、優勝を手にした彼らの喜びは本物であったに違いない。バンドが生き甲斐であり、全てだったダニーが観客を前に言う。「以前は音楽が大事だったが、人間の大切さには及ばない」と。炭鉱が閉鎖され、失業し、生活の糧を失って、それでも彼らは音楽を続けていくことができるか? 答えはノーだと。

1984年の全英ストから10年。イギリスはサッチャー首相の元、「小さな政府」を政策の根本として財政を立て直し、様々な民営化や規制緩和を進めた。その結果、新自由主義、経済至上主義の中で地方経済はズタズタとなり、失業者が溢れることになった。そういうイギリスが抱える背景の中に、この物語はある。

アルバートホールでの決勝戦、彼らは素晴らしい演奏をして優勝した。しかし、音楽は彼らの生活を救わない。その将来に明るい希望は見えない。最後の演奏は彼らの音楽に対する信と自らの誇り、そのギリギリの成果であったが、将来に生きる希望がなければ、その意志は持続しないのだと。状況は、正にBrassed Off (うんざり)なのだ。

それでも、僕は思う。この映画の素晴らしさは、やはり音楽にこそあると。ダニーの病室の前で、メンバーたちがヘッドライトを付けながら演奏する「ダニー・ボーイ」。テナーホーンを失ったアンディが口笛を吹く。音楽は、言葉や政治、諍いを超えた感動をもたらす。それが何かを生み出すという可能性。ダニー親子を救い、彼らをギリギリのところで繋ぎとめたのは音楽だった。そういう音楽の力を感じさせる素晴らしきミュージカル映画、、、かな。やっぱり。1996年イギリス映画
[PR]

by onomichi1969 | 2012-07-22 21:44 | 海外の映画 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/15820745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suezielily at 2012-08-17 17:33
onomichi1969様、「ブラス!」は見たけど、「Billy Elliot(リトルダンサー)」「フルモンティ」と同じ時期に見た?せいか、正直印象が薄いです。やはり好みの俳優(ビリー役の子、兄、父。後者はRカーライル。007ではSマルソーを誘拐するテロリスト演じてた)が出ていたのと、音楽(特に前者)が好みだったのもありまして。私はマニアックな振りして結構ミーハーですので、三島作品でも美男美女が苦悶する内容が好きですね。ウィリアム・ハートは「蜘蛛女のキス」が一番いいですね。ブラジル人女性にソニア・ブラガの話をしたら、髪形がゴージャスだといっていました。
Commented by onomichi1969 at 2012-08-19 23:48
『リトルダンサー』も面白かったですね。(過去にレビューもしましたけど) 『蜘蛛女のキス』もいいですね。(これもレビューしました!) ウィリアム・ハートは強烈すぎました。でも、彼は最近も結構いい役を演じていると思います。大した役者さんです。
Commented by suzielily at 2012-08-27 16:18 x
かこログ、リトルダンサー、アド教えてください
Commented by onomichi1969 at 2012-08-28 00:03
suzielilyさま
右上のカテゴリにINDEXを作成してあり、そちらからアクセスすることができます。拙ブログの設定の為か、コメント欄にリンクを貼れませんでしたので。
Commented by stefanlily at 2012-08-30 17:28
onomichi様 
インデックスを探したのですが、リトルダンサー、蜘蛛女のキス、The Smith記事分からなかったです&時間がかかります。お手数ですが、当ブログ宛かプロフィール欄(を公開している人が少ないですね、音楽映画文学ブログ系の方々。)のメッセ欄にURL頂けると幸いです。プロフィール欄からイイネ!フォローをするとアクセス増えますよ、義理だろうけど大抵イイネ!返しをして下さいますから。
アクセスカウンター