Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 イントレランス "Intolerance" semスキン用のアイコン02

  

2012年 05月 14日

a0035172_023557.jpg1916年、映画の父と呼ばれるD・W・グリフィスにより製作された超大作映画。紀元前500年頃のペルシャによる新バビロニア王国の征服、イエスの磔刑、宗教改革期のフランス、サン・バルテルミの虐殺という歴史的悲劇と共に、現代篇として、1910年代当時のある青年の冤罪に関わる物語を並行して描く。特にバビロン篇は、バビロニアの空中庭園、イシュタール門や宮廷を舞台とした豪華絢爛なセットと大人数のエキストラを配した壮大なシーンがあり、その画面から溢れだすエネルギーに圧倒される。(その舞台裏についてはタヴィアーニ兄弟の『グッドモーニング・バビロン』で観られる) そして、4つの物語に「不寛容(イントレランス)」というテーマが貫かれるのであるが、全く時代の違う物語に見出させる「不寛容」とは一体何だろうか?

本作品は、当時、フランス戦線が始まっていた第一次世界大戦を想定した反戦映画として位置づけられる。その意図はラストシーンで挿入される現代の戦争シーンでも分かるだろう。バビロン陥落とサン・バルテルミの虐殺劇は、それぞれ、大量虐殺の象徴としての戦争の実態を表している。そして、各々の戦争の経緯と共に、ある女性と青年に焦点を当てた悲恋のストーリーが同時に語られるのであるが、彼女らは戦争という歴史の犠牲者として、最後には殺戮されてしまう。(バビロンでは、山ガールと詩人、フランスでは、ブラウンアイズと傭兵がそれに当たる)

新約から引用されるイエスのシーンは、本作を構成する物語というよりも、「不寛容」の象徴としてある。イエスこそは、人間に対する「不寛容」を一身に背負って磔刑となったキリストなのだと。

3つの歴史の物語が「不寛容」な結末を迎え、現代篇が最後に残る。青年は無実にも関わらず裁判で死刑の判決を受ける。彼の可愛い妻は彼を助けようと懸命に奔走する。目まぐるしく入れ替わる展開はスピード感に溢れ、僕らは手に汗を握り、画面にくぎ付けとなる。(ラストの列車追跡シーンは本当に素晴らしい) そして、青年の運命は如何に。。。その伏線がバビロンとフランスの2つ悲恋物語にある。

162分に及ぶ長大で矮小な物語。それは僕らに「不在の神」という概念を思い起こさせる。「不寛容」とは、創世の後、自ら退いた神の人間に対する基本的な態度であり、イエスが自らの死と引き換えに人間に託した教え、「キリスト教」が人々に必要とされる由来でもある。イエスの教えとは、人の人に対する「寛容」であり、隣人愛なのだから。

中世のキリスト教より、サン・バルテルミの虐殺に繋がる宗教戦争という歴史の悲劇。しかし、グリフィスは、そこに男女の矮小な純愛を対峙させることで、全くの個人を出発点とした「寛容」を説いてみせる。そのバックグランドには、バビロンの山ガールと詩人、フランスのブラウンアイズと傭兵、彼らの愛と死があって、そして、イエスがいる。この物語はそういう物語としてあるのだと僕は思う。

いろいろな意味で映画の可能性を問うた作品であり、壮大なる反戦映画。その意義が映画史に燦然と輝く、と同時に、僕らのイマジネーションを掻き立てる素晴らしい映像世界であった。1916年アメリカ映画

※イエスとは、「不在の神」を合理化する神の子である。イエスへの敬虔なる信仰こそは、神の不在を前提としつつ、世の絶望と対峙するために対象化された信仰そのものであり、恩寵としての神の不在、万物の内在的な原因となる神、完全なる神に科学的合理性を融合させた近代的な信仰の在り方といえる。

※タヴィアーニ兄弟の『グッドモーニング・バビロン』で描かれたように、『イントレランス』の現場製作に関わった人々、実際にエキストラとしてセットの中で戦争を演じた人々も第一次世界大戦の戦線で多く戦死した。
[PR]

by onomichi1969 | 2012-05-14 00:40 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/15296252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター