Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 ショコラ "Chocolat" semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 21日

a0035172_23234683.jpgジュリエット・ビノシュとレナ・オリンといえば『存在の耐えられない軽さ』を思い出すけど、あの時と全く違った2人の役柄には妙に関心しました。でも、ジュリエット・ビノシュはいいですね。誰がなんと言おうと僕は彼女が好きです。この映画の何ともしっくりこないけど惹かれてしまう不思議な味わいは彼女の存在感に負うところが大きいと思います。物語は至って普通なんだけどね。彼女の存在自体に違和があるというか。それは彼女のどの作品でも感じるんだけど、その味わいはそれぞれの作品で違っている。。。と思いません?2000年イギリス・アメリカ映画(2002-03-01)
[PR]

by onomichi1969 | 2012-04-21 18:04 | 海外の映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/15095753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
アクセスカウンター