Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent

onomichi.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 Pink Floyd ”Meddle”(1971) semスキン用のアイコン02

  

2004年 11月 20日

a0035172_3331868.jpgPink Floyd ”Meddle”(1971) <邦題は「おせっかい」。> このアルバムの1曲目は、かの有名なプロレスラー アブドーラ・ザ・ブッチャーの入場曲<「吹けよ風、呼べよ嵐」>である。まぁ、それはどうでもいい。<が、実はブッチャーはカナダ人のインテリなので、案外ピンクフロイドを聴いていたのかもしれない。昔「プロレス スーパースター列伝」を読んだ限りでは結構いいやつなのだ。> 
ピンクフロイドといえば、やはり「原子心母」と「狂気」が有名だろう。僕は「原子心母」も大好きなアルバムである。”Atom Heart Mother”でいう原子の心を持った母親とは、大いなる自然を意味すると思われる。その音楽は壮大で、シンフォニックなオーケストラゼーションをじっくりと聴かせてくれるが、演奏技術以上にモチーフを重視し、音楽を文学的に表現する実直さは、ピンクフロイド特有の魅力であろう。
そんな彼らの文学性が最も現われた作品が「おせっかい」であり、アルバムのB面を堂々と飾る超大作”Echoes”であると僕は思っている。
そもそも文学とは、「語りえない私語り」であり、「躁鬱的な自己言及」である。そんな不可能性の中から立ちのぼる断続的な超越性こそが人間の抑え難い過剰性を回収させ、社会の中で生きる僕らにとっての言い知れないかけがえのなさへの癒しともなるのだ。
そういう意味で、“Echoes”は、説話的ファンタジー、シンフォニーというよりは、やはり文学を志向したロック的表現作品だ。その究極のこだわりである研ぎ澄まされた「音」と「間」を感じてみればよい。徹底した繊細さによって描き出されるのは、人間感情の無機質への解体であり、そこから零れ落ちる生々しい震え、ロックの響きである。
彼らの音楽というのは、とことん実直であると僕には感じられる。その真摯な突き詰めがギリギリのところで垣間見せる「狂気」こそ、彼らの最大の魅力なのである。

-------------------
Pink Floyd “Dark Side of the Moon”(1973)のレビューは、こちら
"Wish You Were Here"のレビューは、こちら
[PR]

by onomichi1969 | 2004-11-20 03:32 | 70年代ロック | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://onomichi.exblog.jp/tb/1335632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oldblues at 2004-11-20 22:42
ブッチャーがカナダ人とは知りませんでした。だって彼のキャッチフレーズって「スーダンの怪人」じゃなかったっけ?当時仲間内で、日本で一番有名なスーダン人はブッチャーだという冗談が流行りました。というか、他のスーダン人って知らないもんなあ(^^;)

ところで、「おせっかい」のレビュー、読ませて頂きました。さすがとういうか、フロイドの音楽に勝るとも劣らない、壮大な論を展開されていますね!(笑)でもって「徹底した繊細さによって描き出されるのは、人間感情の無機質への解体」の部分には共感しました
Commented by onomichi1969 at 2004-11-20 23:46
ブッチャーは、アフリカ・スーダン出身というのは自称で、実はカナダのウィンザー出身だそうですよ。アフリカ系のカナダ人なんでしょうね。あと、これは有名かもしれないけど、タイガー・ジェット・シンも凶暴なインド人というのは全くのギミックで、本当は裕福なカナダ人なのです。同じカナダ人同士で仲が良かったのか、悪かったのか、それは分かりませんが。。。w

レビューは、、、相変わらず訳の分からないこと書いてますが、ポイントを抑えていただき有難うございますw
Commented by Roko at 2004-11-28 23:50 x
onomichi さん始めまして。
わたしのブログにコメントいただいてありがとうございます。

onomichi さんのブログって、奥が深いですねぇ。
ところで、ブッチャーネタだったので、すかさず食いついてしまいました。
わたしもブッチャー大好き!自伝も読んじゃいました。
彼はインド系とアフリカ系のハーフで、カナダ人であります。

「吹けよ風、呼べよ嵐」を聞くと、もう条件反射でブッチャーだーって叫んじゃいます。
Commented by onomichi1969 at 2004-11-29 00:14
Rokoさん、こちらこそはじめまして。
Rokoさんのブログもロックと映画のとこを読まして頂きました。
新たに始まったボーカル評はこれから楽しみにさせていただきます!

ブッチャーの自伝ですかぁ
かなり面白そうですね、、、って、結構すごいとこ突いてきますねw
Rokoさんはプロレス好きなのですか???
僕は全日のガイジンだとやっぱりブロディが好きでしたねw

プロレスネタになるとは思いもしなかったのですがw
まぁ今後とも宜しくお願いします。
Commented by Roko at 2004-11-29 22:43 x
ブルーザー・ブロディ 、だーい好きでした。 (^_^)V
プロレスラーとロッカーって、結構共通項が多いんですよね。
Commented by onomichi1969 at 2004-12-02 01:00
Roko様
コメント有難うございます。
プロレスとロックってそういう関係なのですかね。
確かに僕は両方好きだなぁ。
小学生の頃は毎週、新日、全日、国際と欠かさずテレビで観てましたから。
今はどちらかと言えば総合格闘技が好きですけど。。。
アクセスカウンター